Taro さん プロフィール

  •  
Taroさん: Taro's blog 報道されづらい真実(転載)
ハンドル名Taro さん
ブログタイトルTaro's blog 報道されづらい真実(転載)
ブログURLhttps://ameblo.jp/tarokojima/
サイト紹介文https://tarokojima.themedia.jp/ からの転載記事+α
自由文何故,こんな酷い社会問題が解決されずにいるのだろう?という問題が日本には溢れている。
司法がもし法と正義を守る機関では無かったら?
深刻な社会問題を票読みから見て見ぬふりする政治家ばかりだったら?
大手報道が取り上げをタブー視する人権問題があったら?
市民を言論弾圧するスラップ訴訟が横行していたら?
今,市民の勇気をもった情報発信が求められている
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 14日(平均7.0回/週) - 参加 2018/07/31 12:05

Taro さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 裁判官が教えてくれる裁判所との闘い方
  • 「奈良判定」の比ではない「拉致・児童虐待支援判定」日本の権力者たちの中でも,裁判官の権力は突出している。職務内の如何なる横暴にも誰も成す術が無く手の着けられない状況だ。本サイトで注視している子の拉致を優遇し動機づけている拉致司法問題においても証拠と共に徹底抗弁すると最終的には,事実ねつ造や単なる言い切りのヘイトで被害者を弾圧し,親子の引き離しという児童虐待と人権弾圧を行うことが確認されている。 「 [続きを読む]
  • イデオロギー対立を煽る報道機関の無恥
  • 「子どもの連れ去り親子断絶問題」という非文明的な社会問題が日本にあることを知るまでは,媒体に拘り無く,目につくニュースに一様に感化されていた。右も左も意識したことは無かった。様々な社会問題の市民活動に参加していると,どうしても「リベラル」とレッテル貼りされる方達の知り合いが多くなる。元々,自由奔放な校風の高校出身なので,リベラルな友人が多い。左翼と揶揄される人脈に抵抗はない。住まいの隣が神社なので [続きを読む]
  • イデオロギー対立に巻き込まれる社会問題
  • 「子どもの連れ去り親子断絶問題」という非文明的な社会問題が日本にあることを知るまでは,媒体に拘り無く,目につくニュースに一様に感化されていた。右も左も意識したことは無かった。様々な社会問題の市民活動に参加していると,どうしても「リベラル」とレッテル貼りされる方達の知り合いが多くなる。元々,自由奔放な校風の高校出身なので,リベラルな友人が多い。左翼と揶揄される人脈に抵抗はない。住まいの隣が神社なので [続きを読む]
  • イデオロギー対立を煽る報道機関の無恥
  • 「子どもの連れ去り親子断絶問題」という非文明的な社会問題が日本にあることを知るまでは,媒体に拘り無く,目につくニュースに一様に感化されていた。右も左も意識したことは無かった。様々な社会問題の市民活動に参加していると,どうしても「リベラル」とレッテル貼りされる方達の知り合いが多くなる。元々,自由奔放な校風の高校出身なので,リベラルな友人が多い。左翼と揶揄される人脈に抵抗はない。住まいの隣が神社なので [続きを読む]
  • 片親疎外という児童虐待を促した大罪
  • 片親疎外が完成すれば裁判所は介入せず日本は片親に因る子どもの拉致及び洗脳虐待を違法化せず優遇している裁判所実務の運用があることは,国際社会に広く認知されているが,国境を跨ぐ連れ去りに関しては違法とする国際条約に批准している為,日本人同士の係争でも国境を跨げば違法とすることが稀にある。家裁→高裁→最高裁→高裁という長い法的救済手続がようやく報われ,母親に連れ去られた子どもが,ようやく父親の元に引き渡 [続きを読む]
  • 離婚後共同親権において選択制は有効か?
  • 離婚後も双方に責任を…「共同親権」新制度検討本日(2018.7.15),政府が離婚後の「選択的」共同親権を来年度から法制審議会で審議するかどうかを検討しているというニュースが配信された。政府が、離婚後に父母のいずれか一方が親権を持つ「単独親権」制度の見直しを検討していることがわかった。離婚後も双方に親権が残る「共同親権」を選べる制度の導入が浮上している。法務省は親権制度を見直す民法改正について、2019年 [続きを読む]
  • 親子の引き離しという児童虐待
  • 報道機関が取り上げ続ける移民親子の引き離しという児童虐待アメリカのトランプ大統領が,国内の雇用政策としての移民対策により,親と引き離される子ども達の問題がクローズアップされ,国際的に注目を集めている。2歳の女の子が泣く。今、アメリカとメキシコの国境で親子が引き離されている悲しいストーリーを伝える写真に、注目が集まっています親子分離強要は子どもの人生において取り返しの着かない心身共に傷を負うと学識者 [続きを読む]
  • 人権弾圧により奪われ続ける報われない命
  • 子どもを連れ去られた父親が飛び降り自殺をしたという知らせが届いた。嫌な予感はしていた。未だ続きそうな予感がしている。存在を否定されているかのような日本国内の拉致問題の被害親達が自死することは珍しい事では無い。子の連れ去られ断絶被害者の自死は,クリスマスや年末年始,父の日が多いが,目黒の虐待死事件で,「前のパパがいい」という報道も,子を連れ去られたまま何処でどうしているかもわからなくされている親達に [続きを読む]
  • 止まらない虐待死と存在を否定されている親権剥奪された実親の無念
  • ニュースには,余りにもその現実を直視するのが辛いものがあり,情報を把握することが困難になるものもある。「パパ、ママ、もうおねがい ゆるして ゆるしてください」 東京・目黒の虐待死女児、生前に悲痛な手紙と報道された記事のことだ。*産経新聞ニュース公開記事より「パパ、ママ、もうおねがい ゆるして ゆるしてください」 東京・目黒の虐待死女児、生前に悲痛な手紙東京都目黒区のアパートで3月、船戸結愛ちゃん= [続きを読む]
  • 報道しない自由-日本も拉致国家
  • 朝鮮半島の戦争終結の祝いムードの中,日本は蚊帳の外にされずに,北朝鮮拉致家族全員の帰還を成し遂げることが求められている。既に死亡したという供述の変遷が,仮に真実となってしまったとしても納得のいくまで捜査をすべきだろう。日本は,この問題について,アメリカの庇護を活用する戦略しか打開策を見いだせていないように見える。アメリカに対し,北朝鮮に拉致された家族全員の帰還の実現への協力を要請し続けて居る。一方 [続きを読む]
  • 認知のずれと報われない命-子の拉致断絶問題をめぐって
  • 法務省及は先日,ある写真をホームページやツイッターで紹介した。平成30年4月27日に上川法務大臣が駐日ブルガリア大使や駐日イタリア大使らの表敬を受けたと報じられている。EU28か国が連名で上川法務大臣に書簡を提出した件についてのミーティングだ。法務省:上川法務大臣がコストフ駐日ブルガリア大使,ピック駐日フランス大使及びモリーニ駐日イタリア公使による表敬を受けました(4月27日)。上川法務大臣がコストフ駐日 [続きを読む]
  • DV防止法の悪用問題-問われるべき弁護士自治
  • 本日,子どもの連れ去り断絶問題で苦しんでいる方達が注目した「希少な判決」についての報道があった。(本来は当たり前の事なので「画期的判決」とは表現しづらい)虚偽DV見逃しは違法 妻と愛知県に異例の賠償命令 名古屋地裁 支援悪用、父子関係絶つ子供を連れて別居中の妻が捏造(ねつぞう)した家庭内暴力(DV)の話を警察官がうのみにした結果、不当にDV加害者と認定され、子供と会えなくなったとして、愛知県に住… [続きを読む]
  • 過去の記事 …