千祥 さん プロフィール

  •  
千祥さん: ジコカイジ
ハンドル名千祥 さん
ブログタイトルジコカイジ
ブログURLhttp://exgirlfriend.hatenablog.com/
サイト紹介文2度の乳がんサバイバーの著述家が、治療後の日常とテレフォン人生相談、占いまで語るブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 78日(平均5.9回/週) - 参加 2018/07/31 16:07

千祥 さんのブログ記事

  • 毎度、胸騒ぎの定期検診
  • 今日は定期検診の日。我が家から1時間半の病院へ遠足気分を装って行く。装ってというのは実際は毎度毎度、検診に行く度に胸騒ぎがするからだ。クリアできると思ってはいるのだけど、まさかということもないわけではない。長距離移動の面倒くささと、まさかの可能性を考えると、腰も気分も重くする。だからこそ遠足気分で盛り上げないと。今回は血液検査と胸部エコー、最後に主治医の触診。どれも問題なし。ほっとする。抗がん剤 [続きを読む]
  • 脱毛からを時系列に⑨ 2018年8月〜9月 大爆発中。
  • 脱毛から発毛までを時系列に書いていたのだけれど、8月から書くのを忘れていた。8月、9月の2か月分をここに記録しておく。exgirlfriend.hatenablog.com8月末の発毛状況。髪は着実に伸びているが、髪が寝るほどの長さがないため、大爆発。9月末の発毛状況。髪はさらに伸びているが、髪が寝るほどの長さがないため、大爆発。結局、この2か月は常に大爆発していて、大爆発に甘んじるほかないのであった。あと3〜5か月 [続きを読む]
  • 医療用ウイッグ2種類かぶり比べ
  • 私の持っている医療用ウイッグ2つ。ウイッグをかぶるようになって、早いもので1年2か月経った。ウイッグをかぶることは、もう私の日常になっている。昨年夏、抗がん剤投与直後にウイッグを買いに行ったアクアドールの東京サロン。自然なウィッグ・エクステの専門店アクアドール公式通販サイト通販でも購入できるけど、できればサロンに試着に行くことをおすすめしたい。exgirlfriend.hatenablog.comこのとき購入したウイ [続きを読む]
  • 9月30日に生まれた東山紀之と私の人生の傾向
  • トルーマン・カポーティ、五木寛之、石原慎太郎、内田樹。この4人に共通しているのは、物書きであること、屈託のある性格、そして9月30日生まれであることだ。私も彼等とおなじ9月30日生まれ。物書きの末端のほうにいて、そして屈託がありあまる性格である。屈託がないというのは誉め言葉だけれど、屈託があるというのいただけない。しかし9月30日に生まれた麗しい人もいる。東山紀之がその人である。東山紀之 - Wikipedia【 [続きを読む]
  • 17年前の今日、誕生日に入院した私
  • 家族が運転する車に乗って、一路鎌倉方面に向かう。入院準備は万端だったはずなのに途中サービスエリアで休憩したとき、保険証を忘れたことを思い出す。なにやってんだか。シラケた気分で病院へ向かう。17年前の9月30日、私は入院したのだった。バースデーケーキもシャンパンもない誕生日だ。そして翌日、10月1日に手術することになっていた。病室に通され、パジャマ姿でベッドにひとり腰かけていると、心の声が聞こえない。波立 [続きを読む]
  • 私のがん保険が消えた日
  • 嫌な予感。私が20歳になったばかりの頃だった。帰宅すると、母と母の古くからの友人Yさんがいた。私が帰るや否やいきなり母が、あんた印鑑持ってきなさいよ、と言う。は?なんの話よ?いつものことながら、母は話の起点をはしょるので、印鑑持ってきて、の意味が全くわからない。話しを聞いてみると、母の旧友のYさんは、保険外交員だという。私がまだ生命保険に加入していないことを知り、勧誘しにきたのではない。母はすで [続きを読む]
  • 三島由紀夫も私も動物占いでは、ひつじである。
  • 三島由紀夫が言った、自分のために生きるのは飽きると。三島由紀夫のインタビュー動画を見た。www.facebook.com感動を通り越して敗戦して世界は終わると思っていたのに、なにも変わらなかったことの驚きと戸惑いを、そして、なんのために生きるのかを語る。人間は理想なり何かのためということを考えているので、自分のためだけに生きることにはすぐ飽きてしまう。そうすると死ぬのも何かのためということが必ず出てくる [続きを読む]
  • 乳房温存療法を広めた、ふたつの乳がん患者会の終焉 
  • 特定のがん種だけの患者会から、がん種を超えた会へ今朝ネットニュースを見ていたら、目に入ってきたこの記事。毎日新聞2018年9月25日東京朝刊に掲載されたものらしい。mainichi.jpあけぼの会は1978年創設された、おそらく乳がんの患者会でも古参の部類の患者会である。乳がん患者のための相談会や勉強会、講演、ピンクリボン運動への協力など、乳がんの患者会の中でも最大勢力だったと思う。その会長を勤められたワット隆子さ [続きを読む]
  • 2018年9月、預言カフェ再訪。
  • 今日、大雨の中、赤坂の預言カフェを再訪した。1年ぶりだ。exgirlfriend.hatenablog.com平日にもかかわらず、店内はほぼ満席。店内を見まわすと預言するスタッフ2名がフル活動中である。オーダーしたのは預言ブレンド850円也。注文するやいなや、預言してくれるお姉さんが着席され、スマホのボイスメモも立ち上げると、いきなり預言開始だ。コーヒーまだ出てきていないけれども。預言は必ず録音することを推奨。というかマスト [続きを読む]
  • あの日、私に乳がんの手術跡を見せてくれた人へ
  • 前回の記事で、2001年 9月11日に乳がんの告知を受けたことを書いた。exgirlfriend.hatenablog.com9月11日からは怒涛の日々。この週には、セカンドオピニオンに慶應の近藤誠のところへ行くと言ったら、絶対10年後生きていないから!と怒声を浴びせられ、その翌週には近藤外来から神奈川県のO病院A医師のもとへ送り込まれ、9月30日には入院していた。告知〜セカンドオピニオン〜転院〜さらに転院(というか手術と抗がん剤、放射 [続きを読む]
  • CTやMRI受ける時のジェルネイル問題。
  • みんな知りたい、ジェルネイルのこと。先日のスーパーJチャンネルの取材時にウイッグやジェルネイルなど、治療中のアピアランスケアのことをお話しした。そのせいだと思うのだけど、ジェルネイルについて知りたいと思われた方が多くこのブログに来てくださるようだ。乳がんで妹亡くし自らも…つらい闘病隠さない理由以前にも書いたのだけど、私は生来爪が薄くて弱い。反り爪で、ほんの少し長くなっただけで、横から亀裂が入り [続きを読む]
  • 見放されていると思う時こそ、自分で自分にしがみつく時。
  • 8月が終わった。この平成30年の夏。がん治療が終わって最初に迎えた夏だった。酷暑の夏で、ウイッグで過ごしている私には辛い夏だった。ジャパンキャンサーフォーラムで登壇したり、テレビの取材も受けた。それがご縁でこのブログを読んでくれている方もいらっしゃると思う。有難いことです。治療が終わったので、そろそろ仕事を本格的に再開したい。暇を託った8月が終わったけれど、9月はどうだろう。よくわからない。今の [続きを読む]
  • 「このヅラがいいね」と君が言ったから8月25日はカツラ記念日
  • ウイッグを使いだして1年が経った。Facebookが昨年の投稿を教えてくれる機能がある。どうやら昨年2017年の8月25日にウイッグをかぶり始めたらしい。ウイッグを極める気まんまんである。極めてはいないけど、不自然でもなく、結構いい感じでウイッグを使えている。この暑さの中でかぶっているのが辛いときもあるけれど、気分が変わる。特に抜けていく最中、また抜けきっているとき。メイクをして、着替えて、ウイッグをか [続きを読む]
  • ヘルプマークを卒業して1か月経ったけれど。
  • いい気になってヒール履いて足首ねんざ…かれこれ1か月ほど前のこと。7月に入り、手足のしびれもマシになってきて、ヘルプマークをバッグに付けて外出しなくなった。そしてあの猛暑到来である。夏気分マンマンで、素足に大好きなウエッジソールのサンダルを履いて出かけてみたところ…足首ねんざ。なんでここで転ぶの?と、自分で自分に問い詰めたいたいような平坦な道で、足がもつれた。もつれた原因は、足のしびれを庇いつ [続きを読む]
  • 反響がありました
  • 10年間音信が途絶えた人から電話がかかってくるくらいのインパクト8月16日のテレビ朝日スーパーJチャンネル内で放映していただき、その後はテレ朝ニュースでの動画配信、ライブドアニュース、yahoo!ニュースへの転載など、ずいぶんと拡散したようだ。見てくださった方々、有難うございます。それも手伝ってか、このブログのアクセス数も今まで見たことのないケタ数となったり、10年間音信不通の人から電話があったりするくらい [続きを読む]