taxiszeiri さん プロフィール

  •  
taxiszeiriさん: 会計事務所タクシス 個人のつぶやき
ハンドル名taxiszeiri さん
ブログタイトル会計事務所タクシス 個人のつぶやき
ブログURLhttp://t-axis-zeiri.com/private/
サイト紹介文あらゆる話題を発信していけたら、という思いで増設しました。
自由文豊島区池袋の会計事務所(税理士事務所)。ITに強い30代若手税理士が代表です。
コラム(http://t-axis-zeiri.com/blog/):お知らせ、会計、税務に関することや、仕事、事務所全般
個人のつぶやき(http://t-axis-zeiri.com/private/):個人的関心事、仕事以外のこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 16日(平均13.1回/週) - 参加 2018/08/01 07:27

taxiszeiri さんのブログ記事

  • 税理士試験官報合格か院免除か・・・私の考え方
  • 税理士試験の官報合格を目指して勉強を始めたものの、途中で大学院に切り替える人が最近では少なくありません。最近の登録者の内訳では、大学院の2科目免除者のほうが多く、試験合格者のほうが少数派になりつつあるというのも実際のところです。私の個人的な意見としては、資格取得のためのいろいろな選択肢があることは良いことだと思っていますし、その属性で能力や資質を判断すべきでないと考えています。私はいろいろ理由があ [続きを読む]
  • 税理士試験は一年トータルの勝負と心得るべし
  • 今年の税理士試験が終わってもうすぐ一週間が経過しようとしています。世間はお盆休み、受験された方の中には試験後の時間をのんびり過ごしているという人も多いのではないでしょうか。もしくは、自己採点をしたり、情報収集したり、次に受ける科目を検討中の場合もあるのでしょう。ネットを見たりしていると既に再始動している猛者もいるらしい・・・。とはいえ、通常の年間の講義だと、どの科目も9月開講の講座が多いので、新た [続きを読む]
  • 税理士試験 続・2科目同時学習のススメ
  • 前回記事:税理士試験 2科目同時学習のススメ以前の記事で、2科目を同時並行にて学習することのメリット・デメリット、注意点について書きました。今回は、そのデメリットであるボリューム、負担が2倍になってしまうという点についての解決策を、私の体験を交えていくつか示していければと思います。それでは、どのように負担を減らしながら合格までたどり着くのが良いか、そして、私自身がどのように2科目同時学習をしていって、 [続きを読む]
  • 今更ながら相続税を勉強しようと画策中
  • 相続税、実はそれは私にとっては未知の領域です。元々、税理士になろうと思ったきっかけは、端的に言うと、経営に関わる仕事、それも経営をサポートする側に回りたいと考えていましたため、どうしても法人税法、消費税法の勉強は必須でした。そして、後の一科目は戦略上の理由から所得税法を選択しました。※詳細は下記の記事をご覧ください。記事:税理士試験 法人税法&所得税法W受験の妙味となると、相続税については、自ら勉強 [続きを読む]
  • 税理士試験受験時代に活用した「Studyplus」というアプリ
  • 私が税理士試験の勉強を始めた初期のころ、いかに勉強を習慣づけるかというところが非常にネックでした。長年資格の勉強をされてきて、その流れで税理士試験の勉強を始めた方だったらまだしも、資格の勉強に関しては数年のブランクのあった人間がいきなりコツコツ勉強しようと思ってもやはりそれは大変なことでした。そんな中、何か効率的なやり方はないかな、と探っていたところ、勉強管理用のSNSである「Studyplus」というアプリ [続きを読む]
  • 税理士試験の記事をアップしている理由
  • 先日より、税理士試験に関する記事を続けてアップしていますが、試験が終わって間もない時期ということもあって、多くの方にご覧頂いております。書く側としては、大変ありがたく思います。自分自身がここまで熱心に税理士試験の記事を書いているのには理由があります。一つは、私が受験生時代にはネットを調べてもあまり参考となる情報が転がっていなくて、情報収集に苦労した経験があったこと、そしてもう一つは、自分自身も苦し [続きを読む]
  • 税理士試験 自己採点するかしないか
  • 税理士試験が終了すると、各予備校から模範解答(模範といっても予備校ごとに解答が分かれることもあるから、模範というべきか微妙)と配点(これも各予備校の見解)が公表されます。そして、週末あたり各予備校で解答解説会が開催されるかと思われます。最近はWEBで配信という場合も多いです。何となく受験された方の動向を見ていると、自己採点する人がほとんどなのでしょうかね。私の場合、自己採点した時としなかった時があり [続きを読む]
  • 税理士試験 税法の理論回転表
  • 私は、税理士試験の最終年に、「理論回転表」をExcelにて作成、運用していました。最終年は、法人(2回目)と所得(初学)という重い科目を二つやっていましたので、どうにか効率的に、かつモチベーションを落とさずに学習するかというところが大きなテーマでした。特に、上記の二科目は理論が重いこともあって、理論の学習をいかにコツコツとこなしていけるかが、合格する上でのカギとなっていました。その一環で作成したのが、「 [続きを読む]
  • 豊島区「地域福祉サポーター」学習会に参加
  • 先日の話にはなるのですが、先日登録した「地域福祉サポーター」の学習会に参加してきました。参考記事:豊島区の「地域福祉サポーター」に登録しました内容としては、グループホームを運営されている支援団体の方や、元・路上生活者の方のお話を聞いて、それを基に参加者でディスカッションしていくというものです。参加するにあたって事前に関心を持っていた点は、どのような経緯で路上生活者となってしまったのか、そして、何が [続きを読む]
  • 税理士試験 継続するか、撤退するか
  • 本年度の税理士試験は、本日(8/9)で終わり。受験された方、本当にお疲れ様でした。これまで無理をされてきた方も少なくないと思います。人生のうち、オーバーホールする期間も大事ですので、ゆっくり休んだり、これまでできなかったことに取り組んでください!中途半端に休むのは良くないので、休む時も真剣に!どうでも良いことですが、私にとって8/9はある意味終戦記念日ですね。去年の法人、所得の試験日でしたので。税理士試 [続きを読む]
  • 税理士試験 2科目同時学習のススメ
  • 昨日から税理士試験が実施されていますね。去年の今頃(税理士試験2日目)は、午前の法人税法の試験を終え、15時からの所得税法の試験開始に備えて、早稲田の駅前の喫茶店で涼みながら理論集をパラパラ眺めていたように記憶しています。今回も受験仲間や知り合いがたくさん受験していますので、こちらとしても少しソワソワしています。さて、現時点でもう既に今年の試験が開始していますので、そろそろ来年以降受験される方向けに [続きを読む]
  • 豊島区探訪シリーズ1 豊島の森(豊島区役所10F)
  • 昨日の午前中、豊島区役所近辺にて商談があり、次のアポまで時間があったので区役所の中を巡ってみました。豊島区役所の庁舎は、2015年に完成した「としまエコミューゼタウン」という高層ビルの中にあります。完成して間もないことから設備もかなり新しいものの、建物の中は木材がたくさん使用されていることから、暖かみのある空間となっていました。さて、本題ですが、エレベーターホールにたどり着いた際に、「10F豊島の森」と [続きを読む]
  • 税理士試験回顧(簿記論編) その2
  • 【その1の続き】さて、その年の9月から予備校の講座を受講することにしましたが、時間の融通がきくDVD通学を選択し、基本的には土日のうちどちらかを講義の日として確保していました。開始当初はスケジュール通りに講義を受講していましたが、慣れない勉強をスタートしたこと、そして休日出勤も時々あるような勤務環境で講義のカリキュラムを遅れずにこなそうとしていたことで、徐々に身体的にも精神的にも負荷がかかっていきまし [続きを読む]
  • 税理士試験直前 受験される方へエール
  • いよいよ来週、税理士試験が実施されますね。自分も昨年までは税理士試験を受ける立場でした。正直なところ、この1年いろいろありすぎて、当時のことは何だか懐かしい良い思い出になりかけてしまっております。しかし、今こうやって税理士としてのスタートを踏み出せたのも、勉強を開始して以降諦めずにがんばり続けたから。がんばれば報われる、などと簡単に言うつもりはないですが、挑戦する以上は最後までやり抜くことが必要で [続きを読む]
  • 税理士試験回顧(簿記論編) その1
  • 先日アップした財務諸表論編に続いて、簿記論編をアップしていきます。興味ない方はスルーしてください!【受験歴】1回(第64回・・・合格)【予備校】TACレギュラーコース DVD受講【答練・模試の成績】答練は提出せずのため、順位不明。模試も受験せず。【使用した教材】TACレギュラーコーステキスト・トレーニング、TAC直前テキスト【受験直後の手ごたえ】全然できなかったが、周りもできていなさそう。自己採点した結果、合格 [続きを読む]
  • 開業税理士登録すると、営業電話とDMが大量に来る件
  • こんにちは(こんばんは)。当サイトの「個人のつぶやき」では、様々な話題を投稿していく想定でしたが、結局今のところは税理士試験か開業前後のことしか書けていませんね。徐々に方向転換しようかと考えていますが、今日も開業前後のお話です。さて、タイトルの通りなのですが、今年3月に税理士登録して以降、3月末から4月にかけて、いろいろな営業電話とDMがひっきりなしに来ていました。そのカラクリとしては以下。・日税連( [続きを読む]
  • 税理士登録、開業前の名刺を公開
  • 私は、昨年(第67回)の税理士試験に官報合格してから、すぐに勤務先を退職、独立準備を開始しましたが、その時作成した名刺がコレです。名刺というより、自己紹介カードといった趣ですが。※もちろん、今は新しい名刺を作成して、使用しています。まだ税理士登録も済んでいない時期でしたし、事務所の場所も決めていなかったので、名前と連絡先のみのシンプルな名刺にしてしまっていました。なお、税理士登録が完了していない段階 [続きを読む]
  • 税理士試験回顧(財務諸表論編) その3
  • 【その2の続き】財表の理論にも税法の理論にも共通して言えることですが、先手先手で覚えていくと有利です。計算は短期間で急激に伸びる可能性がありますが、暗記はどうしても一朝一夕ではいかない部分がありますからね。あと、正直なところ、合格点を獲るという観点でいくと、そのポケットサイズのテキストをほぼ正確に暗記することができれば、ほぼ問題ないです。年明けからの上級コース、そして直前期TACの「完全合格コース」の [続きを読む]
  • 顧問税理士に対する不満は正直に伝えるべき
  • 仕事柄、様々な業種の社長さんや経営者の方とお会いしたり話したりする機会があります。その際に話題に上がる内容として多いのが、顧問税理士に対する不満です。私がそのような仕事をしている人間だから話してくださるのかもしれませんが。ただ、その割合の多さからしても、税理士に対して不満を持っている経営者の方が少なからずいるというのは事実なのでしょう。具体的によく聞くのは、「対応が良くない」とか「レスポンスが悪い [続きを読む]
  • 税理士試験回顧(財務諸表論編) その2
  • 【その1の続き】「完全合格コース」に入った私は、講義のペースに追いつくため、後追いのDVD受講をできる限り早いペースでこなしていき、何とか9月の中旬には教室講義に合流することができました。さて、話は変わりますが、財表の勉強を始めてしばらくして感じたこと。計算、かったるい決して、財務諸表論の計算が簡単だと言っているわけではありません。私の場合、簿記論の受験を経験してからの受講でしたので、おそらくそのせい [続きを読む]
  • 税理士とは、肩書か?職業か?資格か?
  • 開業してからは、個人情報を書くときに、職業欄に「自営業」と書いています。名刺には、「税理士・経営コンサルタント」と書いています。開業届には、「税理士業」と書きました。どれも間違いではありません。元々独立開業をするつもりで考えていましたが、独立開業する決め手となったのは、税理士試験に受かったからであって、そういう意味では「税理士」という肩書からは逃げられなくなりました。おそらくこれからも、「税理士」 [続きを読む]
  • 税理士試験回顧(財務諸表論編) その1
  • 先日アップした消費税法編に続いて、財務諸表論編をアップしていきます。興味ない方はスルーしてください!【受験歴】1回(第65回・・・合格)【予備校】TAC完全合格+上級コース 5月開講コースに8月中旬からDVDで後追い、9月から合流【答練・模試の成績】ほぼ上位3割以内、模試はA判定【使用した教材】TACの上級コーステキスト・トレーニング、TAC理論テキスト、理論ポケットテキスト【受験直後の手ごたえ】おそらく受かったであ [続きを読む]
  • 税理士として開業する際の事務所、私はどうしたか
  • 税理士として開業するにあたっては、事務所の場所を申請しなければなりません。その際に検討することの一つとして、「自宅開業」か「オフィスを借りる」かという点です。私自身は、オフィスを賃貸するで即決しました(理由は後記)が、それぞれメリットとデメリットがあります。自宅開業の場合・家賃や水道光熱費を事業の経費とすることができる(事業に関連する部分のみ)・自宅とオフィス間の移動が不要・来客を招くことが困難  [続きを読む]
  • 税理士試験 理論暗記に王道なし
  • 今回は理論の暗記についてです。税理士試験を通じて感じたことは、理論暗記には必勝法はない、理論で合格点をとるには愚直に地道に覚えるしかないということです。裏を返せば、「覚えれば勝ち」なのです。税理士試験の理論問題では、条文をそのまま書かせる所謂「ベタ書き」問題と、応用問題の2パターンありますが、応用問題でも結局のところ、条文を覚えていることが前提ですので、条文の暗記は必須と言えましょう。個人的には、 [続きを読む]