FX初心者講義 さん プロフィール

  •  
FX初心者講義さん: FX初心者講義
ハンドル名FX初心者講義 さん
ブログタイトルFX初心者講義
ブログURLhttp://zipangcasino1.biz/
サイト紹介文FXが初めてという初心者に向けたFX講義を展開。FXにまつわるコラムや用語集など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 40日(平均2.8回/週) - 参加 2018/08/01 08:43

FX初心者講義 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • (無題)
  • BREXITとは、イギリスのEU離脱を示す現地の言葉です。国民投票でEU離脱を決定した際には、外為市場は荒れに荒れました。筆者が保有していたポジションも一部損切りを余儀なくされたので、一定の影響を受けた一人です。あれだけ大騒ぎをしたBREXITですが、その後どうなったのかという報道はあまり見かけなくなりました。もちろん、FXに与える影響もほとんど見られません。あれはいったい何だったのか?その後どうなったのか?今後ど [続きを読む]
  • (無題)
  • 今回も米中貿易戦争がFXに与える影響について考えてみたいと思います。ここからは筆者の個人的な見解も含まれているので、あくまでも最終的な判断はご自身で行ってください。この貿易摩擦はまるで、「世界経済の減速」を招くといった論調すら見受けられますが、そもそもこうした論調を掲げている人は中国のアメリカに対する貿易依存度がどれくらいあるのか知っているかな?と不思議に思います。というのも、中国からアメリカに輸出 [続きを読む]
  • (無題)
  • 米中貿易戦争がFXに与える影響について、今回からいよいよ本題に入りましょう。トランプ大統領が関税をかける決定をしたというニュースが流れると、まず反応したのは株価でした。アメリカだけでなく日本、そして世界各地の株安となって反応しました。東証平均株価は700円程度の下落になったので、なかなかのインパクトだったことが分かります。株安が起きると相関関係として、円高が起きます。この相関関係は10年近く続いているの [続きを読む]
  • (無題)
  • トランプ大統領が就任して以降、何かとFXの舞台でも主役になることが多いわけですが、2018年の3月にはまたもやこの人がFXトレードに大きな影響を及ぼす話題を提供してくれています。その話題とは、鉄鋼やアルミニウムの輸入品に高い関税を課すという、事実上の貿易制裁の発動に署名をしたことです。この関税の目的は、明らかに中国からの輸入品を狙い撃ちにしたものです。もっと正確には、日本からの輸入品も対象になっていると言 [続きを読む]
  • (無題)
  • トランプ大統領が就任して以降、何かとFXの舞台でも主役になることが多いわけですが、2018年の3月にはまたもやこの人がFXトレードに大きな影響を及ぼす話題を提供してくれています。その話題とは、鉄鋼やアルミニウムの輸入品に高い関税を課すという、事実上の貿易制裁の発動に署名をしたことです。この関税の目的は、明らかに中国からの輸入品を狙い撃ちにしたものです。もっと正確には、日本からの輸入品も対象になっていると言 [続きを読む]
  • (無題)
  • 前回までに続いてダイバージェンスの解説を続けてきていますが、そもそもダイバージェンスはなぜ発生するのでしょうか。これを知るには、オシレーター系チャートがどうやって算出、描画されているかを知る必要があります。オシレーター系チャートは、相場の温度感を知るためのものです。買われすぎや売られすぎを知るためには、レート変動を分母として計算をするため、分母が大きくなるほどオシレーターに与える影響は大きくなりま [続きを読む]
  • ダイバージェンスに関する記事を更新するカテゴリです。 [続きを読む]
  • (無題)
  • 前回までに続いて、ダイバージェンスの解説です。ちなみに、ダイバージェンスの反対語は「コンバージェンス」といいます。要するにトレンド系チャートとオシレーター系チャートの両方で同じ方向感が出ている状態のことです。この場合は意見が一致しているので相場観を組み立てやすいのですが、ダイバージェンスはそうではない場合です。それなら相場観を組み立てにくいのでは?となるのですが、ダイバージェンスには大きな特徴があ [続きを読む]
  • (無題)
  • 今回からは、FXのチャート分析でぜひとも知っておきたい「ダイバージェンス」の解説をしたいと思います。名前は聞いたことがあるという方は多いと思いますが、実際にどういうものなのか、どう活用すればよいのかというところまではイマイチ分からないという声も多いので、ここでしっかりと解説してみたいと思います。ダイバージェンスをしっかりと理解すると、とても確度の高い相場の転換点を知ることができます。それはつまり、逆 [続きを読む]
  • (無題)
  • 2016年頃から始まった仮想通貨ブームは2017年に花開き、投資家の数も一気に増えました。そして、2018年にはネムという仮想通貨の巨額流出という事件によって、仮想通貨ブームに若干冷や水が浴びせられる形となりました。このネムの流出時にも指摘されたことですが、昨今の仮想通貨ブームは日本人や中国人が主体となって牽引していることが改めて浮き彫りになりました。何せ、流出したネムの被害者はほとんどが日本人と中国人の投資 [続きを読む]
  • (無題)
  • ここまで数回にわたって解説してきたダマシ相場について、今回はその最終回として簡単に総括しておきたいと思います。ここまで解説を見ていると、外為相場は投機筋など大口の投資家に支配されているかのように思えてきます。もしそれが本当なら、個人投資家はFXトレードをするべきではないでしょう。しかし、実際にはそうではありません。少数の大口投資家と、大多数の個人投資家。それぞれ数と投資額はまるで異なりますが、思惑は [続きを読む]
  • ダマシ相場の第2ランドは、直近レンジブレイクを果たしたレートです。上方ブレイクだった場合、直近のレンジ上限がサポートラインになると、前回お話しをしました。筆者がもしダマシを仕掛けた投機筋なら、このサポートラインも割り込んでさらに下値を追い、利益を上げようと考えます。なぜなら、直近のレンジ上限をサポートラインとして機能させないことに成功すれば、次はレンジ相場があった頃のレンジ下限まで利食いの幅を広げ [続きを読む]
  • ダマシのレンジブレイク相場に順張りで参戦するのは、最後の1回に損失を食らう覚悟でスキャルピング参戦も有効であると述べました。確かにこれはもっともなのですが、あまり初心者向きではないことだけ付け加えておきます。レンジブレイクしたものの、これがどうもダマシではないかと思う時は仕掛けた側が利食いを始めるまで待つのも安全性の高い戦略です。「やっぱりダマシだった、これは下がるぞ」と思ったら、一気に売りで乗っ [続きを読む]
  • (無題)
  • ブレイクアウトもどきに順張りでついていったものの、逆にやられてしまった・・・。こうしたダマシを回避するには、どうすれば良いのでしょうか。いよいよ逆襲編の本題です。偽物のブレイクアウトを自分の味方につける戦術は、大きく分けて2つです。1つ目は、「簡単にブレイクアウトを信用しない」という戦略です。当メルマガでも解説しましたが、それまで続いていたレンジ相場が突然ブレイクアウトしても、投機筋など大口の市場参 [続きを読む]
  • (無題)
  • 前回に続いて、ダマシに乗っかって利益を上げる方法の解説です。よくダマシが発生するブレイクアウトの例で解説していきます。ちなみに、レンジ相場がブレイクするブレイクアウトはダマシ相場の典型的なパターンなので、市場ではブレイクアウトフェイクとも呼ばれています。ダマシによって発生するブレイクアウトというのは、本物のブレイクアウトではありません。潤沢な資金力を持つ投機筋などが、その資金力を背景にレンジ相場の [続きを読む]
  • 過去の記事 …