KekePapan さん プロフィール

  •  
KekePapanさん: 父はアルツハイマー型認知症
ハンドル名KekePapan さん
ブログタイトル父はアルツハイマー型認知症
ブログURLhttps://kekepapankaigo.hatenablog.com/
サイト紹介文父がアルツハイマー型認知症と診断された。この先どうなるんだろう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 18日(平均7.4回/週) - 参加 2018/08/02 21:14

KekePapan さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 父、母のところへ。介護には休みも必要。
  • 皆さんこんにちわ。スターを付けてくださる方、ご購読いただいてくださる方、いつもありがとうございます。今日は平穏は平穏ですが、父が1人で母のところに行ったようです。母より電話が来て、無事に帰れたみたいなのでなにより。行くとは思っていましたが、やっぱりでした。服薬をちゃんとしてるかなと思いつつ、今日くらいは俺もゆっくり休むと決めています。久しぶりに、朝からゲームをして、昼寝して、またゲームをするという [続きを読む]
  • 父帰宅。
  • 本日、無事に父帰宅しました。土曜にも関わらず、ケアマネージャーさんも見に来てくださり、至れり尽くせりです。ショートステイを利用始めたころよりは、調子もよさそうで、自分で服薬ができれば完璧なのにと思うけど。今まで服薬の習慣がついていなかったので、習慣づけば忘れないようになると思うのですけどね。口うるさく、「良くなったのは薬のおかげだからね。」と、言っております。長期不在にしていたので、郵便物の整理と [続きを読む]
  • 明日ショートステイ退所。
  • 明日、ショートステイが終わって父が帰宅になります。昨日、母から電話が来て、入院がもう少し長引くという話。母の入院が長引くということは、アルツハイマー型認知症を患った父が、1人でいる期間も長引くということになる。平日の朝夕は、俺が血圧と服薬の管理、食事の準備で行きますが、母が退院するまでは、ほぼ父1人で生活することになります。ショートステイの一時帰宅の時は、1泊だったということもあり、不安障害のような [続きを読む]
  • ぼうぼうの草をむしる父。
  • 今日は父の歯医者でした。何事もなく終わりました。そのあと、おやつを買って、少し家によりました。とにかくじっとしていない父。一時帰宅はありましたが、長期間家を空けているので、ぼうぼうの草を時間のある限りむしっていました。帰ってきたらいくらでも時間があるのだから、帰ってきたらやればいいのにねと、俺は思う。いよいよ、父の帰宅は明後日です。落ち着いていてくれるのか、母に無理をさせないか、心配なことは山ほど [続きを読む]
  • 原野商法。
  • 今回は介護の話ではないです。親が「原野商法」にあっていました。今日はっきりと確認できたのですが、どのようなものなのかはWikiをご覧ください。原野商法 - Wikipedia経緯などはお話しませんが、今では特に高齢者を狙った悪徳商法です。父からちらっと聞いてはいたのですが、認知症を持っているので半信半疑でいました。母に確認したところ事実だったようです。売買契約書を結んでしまっているので、個人ではもうどうにもできな [続きを読む]
  • 母の入院長引く。
  • 少し前にお話ししたかと思いますが、どうやら、父のほうが早く帰宅になりそうです。母が先に帰宅してくれることが理想だったのですが、こればかりは仕方ありません。で、介護限度額上、父のショートステイが18日の朝までなので、18日の昼食、夕食の準備と、服薬確認しますが、19日は一人でやってもらう予定。多分、服薬はできないであろうと予想。服薬してくれればそれに越したことはないんですけどね。20日の朝行ってどうなってい [続きを読む]
  • 午前受付時にあった診察券が午後受付時にない。
  • 今日は父の内科と泌尿器科の受診がありました。内科は午前で、泌尿器科は午後なので、昼に一度実家に帰って改めて病院に行くという日程。先週の泌尿器科に比べると、今日はまだ空いていた方で、16時前には終わりました。先週は17時過ぎまでかかりましたからね。それでもさすがに疲れます。午前の受付の時にはあった診察券が、午後の受付の時にないという状況。父に渡して「しまっておいてね。」と言いましたが、しまったところを忘 [続きを読む]
  • 記憶障害。
  • 昨日、父には見当識障害があると書き込んだが、今日、記憶障害にとれる出来事があった。朝6時、父から電話が来た。この時は寝ていて出る気にならなかったので、スルーした。起きてから留守電に入っていたので聞いてみたら、「あとで電話ください。」と入っていた。電話したところ、「朝電話した?」と聞いてみたら、「してないよ。」との返答。これ以上、朝の電話の件には触れなかったが、電話したことを忘れている。これは記憶障 [続きを読む]
  • 見当識障害。
  • 多分、父は見当識障害なんだと思う。一昨日、ショートステイに送る前に、次の受診日を伝えた。昨日の夜、電話がかかってきた時には、受診があることを忘れていた。その時にメモを取っていたようだ。今朝、電話がかかってきた。受診日が今日だと思っていたらしい。「13日の月曜日、明後日だよ。」と伝えると。「あー、13日な。」という感じ。メモを取っていても今日が受診日だと思っていたようで、曜日感覚がずれているんだろうと感 [続きを読む]
  • 父と母のほぼ同時帰宅は避けたい。
  • 今日はショートステイに送る日でした。朝8時半くらいに実家に行ったのですが、昨日に引き続き、調子のよさそうな父。しかし、服薬は忘れてしまうようです。血圧や、結石の薬でいままでの倍くらいに数が増えたのですが、嫌がらずに服薬してくれたので一安心です。午前中はのんびりと過ごし、気になっていた台風の影響もほぼなかったので、午後は父と一緒に、母のところへ行ってきました。調子の良さそうな父を見て、母も安心してい [続きを読む]
  • 歩き方で調子の良し悪しがわかる。
  • 今日は一時帰宅のため、ショートステイに迎えに行った。父の調子は歩き方で少しわかる。調子の良くないときは、ズッ、ズッ、と、前のめりになり、つま先を擦るような歩き方。つまづいたらすぐに転倒しそうな感じ。調子の良いときは、足が上がって、しっかりと地に足がついている感じ。今日はというと、しっかり足が上がってて、調子がよさそうでした。アルツハイマー型認知症の薬は、進行を遅らせるというだけで、治すものではない [続きを読む]
  • 平穏だったが、考えさせられた。
  • このブログを多くの方々にご覧いただきましてありがとうございます。お気に入り?スター?(よくわかっていないんですが)ぽちっとしてくださる方々ありがとうございます。今日は久しぶりに平穏な1日でした。母が入院し、父がショートステイに入所し、アルツハイマー型認知症と診断され、血圧やら結石やらで、毎日バタバタしていたのを忘れるくらい平穏でした。明日はショートステイの空きがない日なので、午前に迎えに行って、明 [続きを読む]
  • 救急車をタクシー代わりに使った父。夜間診療代100円
  • 昨日から今日の受診までが、すごく長かった気がする。午前は内科受診。血圧での受診だが、ショートステイで記録して頂いた書類を見てもらう。「これはだめだね」ということで、アムロジピンOD 2.5mgだったものが、アムロジピンOD 5mgになり、バルサルタン錠 40mgも追加された。午前はこれで終わり。一旦自宅に帰りお昼を食べてから出直し。午後は昨日から待ち望んだ泌尿器科。泌尿器科が終わるまで約4時間。かなり疲れた [続きを読む]
  • 不穏解消のためカテーテルを入れたはずが、よけい不穏になる。
  • 今日はショートステイから一時帰宅の日。朝の5時ごろに電話が来ていた。寝てて気づかなかったけど。7時に電話が来たときは気づいて出た。「おしっこの出が悪いんだけど、結石かも」「病院に行きたいんだけど」という2日続けての病院に行きたいという内容。父は慢性?の結石で、無数にあることは知っている。昔、結石で入院したこともあったので、認知症の不穏でしょ、ということだけでは済まされないことではあったが、今日は日曜 [続きを読む]
  • 病院嫌いが病院に行きたいと言う。
  • ついさっき、父から本日二度目の電話があった。正確にはショートステイから1回。父から1回。ショートステイから来た電話は、「本人が胸焼けなどを訴えていて、病院に行きたいと言ってますがどうしますか?」みたいな内容。さすがに今日は無理。父と母も、もちろん家族だが、俺にも妻と子供がいる。家族サービスがあるのだから、毎回のように行けるものではない。何も予定がなければ行っていたかもしれないが、冷たいと思われるなら [続きを読む]
  • 病院から脱走。
  • 認知症と診断される前。ショートステイを利用する1年以上前。父は内臓疾患で救急搬送され病院に入院し手術も受けた。高齢者だけではないが、特に高齢者は、術後、混乱したり、幻覚を見たりということがよくある。もちろん父もそういうことがあったようだ。俺は直接見てないのでよくわからないが、看護師の腕を力ずくでつかみ、払いのけたという話も聞いた。そんな入院中、大きな事件があった。明け方に、病院から抜け出し、家に帰 [続きを読む]
  • ショートステイの利用。
  • 現在、父はショートステイを利用している。ショートステイを利用することになったことが、認知症外来を受診するきっかけになった。母の入院が原因。母が入院して4、5日後に、「動けないから助けてくれ」と俺に電話をしてきた。しかも、夜中の2時。父は内臓疾患を持っていて、以前に入退院を繰り返したこともあった。今回も?と疑ったが、話をしているとどうやら違うようだった。一人で家にいることが不安になり、混乱したようだっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …