yo-chan さん プロフィール

  •  
yo-chanさん: NEXT REHABILITATION
ハンドル名yo-chan さん
ブログタイトルNEXT REHABILITATION
ブログURLhttp://pt-oyakudatiblog.biz
サイト紹介文うつ病を抱えたPTが知識の共有や仕事の在り方についてout putしていくblogです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 109日(平均3.7回/週) - 参加 2018/08/02 21:51

yo-chan さんのブログ記事

  • 臨床中に起こる心拍数の変化が示す病態とは?
  • こんにちは。yo-chanです。臨床中の現場で、いつもより心拍数が高かったリ、低かったりしますよね。まだ今日のカルテには反映されていないタイムリーの変化な時もあります。その時、看護師や医師に相談するのはもちろんですが意外と本人は大丈夫だったり また認知症やそもそもコミュニケーションが取れない方の時にはまずい変化なのかどうなのかそもそもわからないときがありますよね。そんな時に役立つように心拍数の変化から [続きを読む]
  • 不安など精神状態の変化で起こる血圧変動について
  • こんにちは。yo-chanです。リハビリを実施している際のバイタル変動で何が起こっているのか考えるのってすごく難しいですよね。そこまで知る必要あるの?って思うこともあるかと思います。しかし、臨床では先生・看護師よりもはやく状態変化にでくわす場合が結構あります。そんな時バイタル変動、状態変化に気づけないといけません。特にあるのは血圧変動です。きのうまでは大丈夫だったのに今日高くないか?こんなとき血液データ [続きを読む]
  • ICUにおける急性腎不全(AKI)の概要
  • こんにちは。yo-chanです。ICUや急性期病棟における疾患の合併症に急性腎不全があります。腎不全の病態理解は非常に難しいと言えます。私は腎臓リハビリテーションを専門に実施していますが勉強すればするほどなんだかよくわからなくなります(笑)特に薬剤投与や利尿については医師の移行を聞かないと理解できません。ですが無視できることでもありませんよね。予後に十分関わってくるため理解は必要です。今回は少しでもそのヒン [続きを読む]
  • 全日本病院学会へ参加してきました。
  • こんにちは。yo-chanです。先週、平成30年10月6.7日に第60回全日本病院学会に参加してきました。 私はポスター発表にて透析関連の発表を行いました。 全日病学会では、衆議院議員の小泉進次郎氏がスペシャルゲストで講演されていました。講演の前には、とんでもない行列ができておりすぐ満席になっていましたね。さすが人気衆議院議員なだけあります。また皇族もいらっしゃっててびっくりしました。 会場がお台場だ [続きを読む]
  • 心房細動には脳梗塞・出血の発症リスクがある!その評価法とは?
  • こんにちは。yo-chanです。リハビリ中しかり病棟で心房細動が起こっている患者をよく目にしますよね。致死的ではないため、結構見落としがちがこの心房細動には多くのリスクがあります。おそらくですが、リハビリを実施する際にハイリスクであることのほうが少ないでしょう。ですがそのハイリスク群を見逃さないためには、ある程度の知識は必要です。今回は簡単に心房細動発生誘因と抗凝固療法におけるリスクを調べてみたので提示 [続きを読む]
  • 人工呼吸器期間が鎮痛・鎮静に対する合併症を低下させる
  • こんにちは。yo-chanです。鎮痛・鎮静は呼吸器装着している患者に実施することが多いですよね。 なんでやるのか?というと患者の快適性・安全性の確保痛みに対する有害な生理的ストレス反応の抑制呼吸器との同調性の改善などのために行われます。しかし、多くの合併症を呈することがあります。鎮痛・鎮静に対する合併症(ASAC)を減らすためには、適切な鎮静・鎮痛が不可欠です。そのため、鎮痛・鎮静における合併症について勉 [続きを読む]
  • 横紋筋融解症って何?
  • こんにちは。yo-chanです。横紋筋融解症ってたまに目にします。横紋筋融解症??????ってはじめはなりました。いまだによくわかりまん(笑)分からな過ぎて概要を知らべてみました。 概要横紋筋融解症(rhabdomy olysis)は骨格筋の傷害とそれに続く筋肉細胞内組織{ミオグロビン、クレアチンキナーゼ(CK)、乳酸デヒドロキナーゼ(LDH)、ヒドロゲナーゼ、AST、アルドラーゼなどの酵素、カリウム?カルシウム? リン酸など [続きを読む]
  • 無気肺と呼吸リハビリテーション
  • こんにちは。yo-chanです。ICUに限らない話になりますが、肺炎症例を見ていると無気肺画像もよく目にします。そんな患者さんは、苦しくて離床が困難である場合が多いですよ。bed上の呼吸リハビリテーションが重要になりますが体位変換をする際に、「何となくこっちのむきに・・・」にならないことが重要です。 今回は、無気肺の病態からその予防策として「体位変換」について呼吸リハビリテーション一部を紹介したいと思います [続きを読む]
  • ICU(集中治療)における呼吸リハビリテーション
  • こんにちは。yo-chanです。ICUにおいて呼吸器疾患の理解は重要です。そのため、超急性期の呼吸器患者のエビデンスを本日は紹介しようと思います。 急性期呼吸リハのエビデンス急性期呼吸リハの効果についてはARDSにおける腹臥位療法についてすでにエビデンスが確立されています。ARDSにおける腹臥位療法は、メタ解析において無作為化後3日問にわたって酸素化を有意に改善することが示されています。また生命予後についてもRC [続きを読む]
  • 敗血症患者におけるリハビリと適切な運動時期とは?
  • こんにちは。yo-chanです。敗血症患者がICUに入院され、リハビリを実施することが多くみられます。敗血症は予後が非常に悪く、自宅から入院された患者は、再度自宅に帰れないことが多いです。まだ、合併症も多い病態です。全身状態管理も非常に重要になります。現在では重症敗血症、敗血症ショックは死亡率が高かったが、敗血症に対する標準治療が普及し、その生存率が改善しつつあります。しかしながら、生存退院した患者でもその [続きを読む]
  • ICU(集中治療)のおける作業療法士の役割とは?
  • こんにちは。yo-chanです。ICUでの超急性期リハはADL能力を向上させるためには作業療法士の役割が非常に重要です。うちのICUにも作業療法士の介入がありますがこれと言って、作業療法士らしさが発揮できていないような気がしていました。。。。。。 指導するにも、作業療法士のICUでの役割が私にものいまいち理解がでいていない現状にあります。そこで今回は、ICUでの作業療法士の役割を調べてみました。 今回参考にした本は [続きを読む]
  • 入院患者におけるせん妄・精神機能のアセスメント
  • こんにちは。yo-chanです。入院患者の精神状態は非常に不安定です。パニック障害とうつ病を持つ私もきっと入院したらせん妄になってしまうような気がします。そこで今回、入院患者の精神状態について勉強しました。 精神機能のアセスメント早期離床におけるアセスメントのポイント集中治療の現場(ICU、術後回復室など)では意識,精神状態変容に伴うさまざまな症状に遭遇します。これらの精神機能の障害は、離床を進める上で [続きを読む]
  • 長期臥床はなんで悪いのか? 〜内部障害の影響から〜
  • こんにちは。yo-chanです。内部障害分野で仕事していると「長期臥床」というキーワードが良くとびかいます。 人間は寝ている約7−8時間以外すべて抗重力位で生活をしています。そのため、長期臥床によってさまざまな影響が体に起こります。今回は長期臥床による呼吸器・循環器・消化器の影響を勉強していきたいと思います。 呼吸器への影響機能的残気量機能的残気量は自然に呼気を行った後、肺内に残っている残気量のこと [続きを読む]