y2k さん プロフィール

  •  
y2kさん: 年間100冊の読書のおかげで、今の僕がある
ハンドル名y2k さん
ブログタイトル年間100冊の読書のおかげで、今の僕がある
ブログURLhttp://y2k.hatenablog.jp/
サイト紹介文資格も学歴もない僕が、転職を経て超大手企業で活躍できている理由。それは読書にあると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 16日(平均14.0回/週) - 参加 2018/08/04 13:44

y2k さんのブログ記事

  • やめないよ(三浦知良)の評価感想
  • 総合評価 ★★★☆☆【内容】日経新聞の中にあるカズの不定期コラム「サッカー人として」の書籍化。その時その時のテーマに沿って、カズが持論を展開する。引用:Search Twitter - #サッカー人として【感想】サッカーほんまに好きなんやなぁ。まずはそれが最初から感想。引用:50歳のカズが現役にこだわる理由「サッカーが好きだから」 | サッカーキングあと何せプロ意識高い。試合のわずか数分の為だけに毎日、年間通して若手よりも [続きを読む]
  • 知らないと恥をかく世界の大問題2 (池上彰)の評価感想
  • 総合評価 ★★☆☆☆【内容】アラブの春の話など。引用:【金融陰謀論③④】「アラブの春」の目的も国際金融資本家の金儲け?じわる - 陰謀インベスターぷうちんの「仮想通貨」投資【感想】分かりやすい。分かりやすいはずなんやけど、実際読み終わってみると、あんまり頭には残ってない笑でも池上さんは本当にニュースを解説するんが好きなんやろなぁ。この人は選挙出ればまぁ当選するやろけど、ガンガン突き進んで改革していくと [続きを読む]
  • 怪しい投資話に乗ってみた(藤原久敏)の評価感想
  • 総合評価 ★★★☆☆【内容】未公開株、新規公開株、和牛オーナー、海外ファンド、高金利銀行への預け入れ、FX、先物と、投資のプロであるFPの藤原氏が実際にやってみてどうなったかの体験談【感想】トータル全部こわい。素人が手を出しても、これはほんまに“どうせ負ける”で正解。投資のプロがやってこれやし。でもこの人はリーマンショックのダメージをモロに食らってるからってのはあるかもやけど。いや、でも結局一時的に儲 [続きを読む]
  • アレックスファーガソン自伝
  • 総合評価 ★★☆☆☆【内容】アレックスファーガソン元マンチェスターユナイテッド監督の自伝。【感想】分からん話はホンマにさっぱりやけど、ベタにベッカムとかクリロナ、ロイキーンとかの話は裏話でおもろかった。ここに香川真司の名前があることがすごい。往年の名選手に混じって香川の獲得は成功って言われてるし。とにかくチームの尊厳の維持が重要で、規律を重んじてステークホルダー全てになめられないようにすることを重 [続きを読む]
  • 1Q84 (村上春樹)
  • 総合評価 ★★★★☆ 【内容】殺し屋の女と作家志望の男、小学校の同級生の2人が1Q84という異世界の中で、ものすごく奇妙な形で引かれあう物語。【感想】なんかグイグイ引き込まれる。久々に少しでも時間があれば読みたいと思わせる作品に出会えた。でも奥が深すぎて、ネットの解説とか見てると自分がぜんぜん浅くしか理解してないことに気づかされた。村上春樹の独特の表現はまさに圧巻やった。なんでその部分でそんな表現思い [続きを読む]
  • めざせ「億り人」!マンガでわかる最強の株入門???
  • 総合評価 ★★★☆☆【内容】株の初心者向けのハウツー本。一部がマンガで、素人の主人公が色々教えてもらいながら知識を得ていくよくあるやつ。【感想】分かりやすかった。見開き1ページと挿し絵で一つ一つの項目の説目が完結してるし、解説も分かりやすい。ネットにも色んなサイトがあるからそれ見て勉強しようしたけど、結局証券サイトを見ながらじゃないと分かりにくいんよなー。ネットやと一つしか画面がないから、一回一回 [続きを読む]
  • 心を整える(長谷部誠)
  • 総合評価 ★★★★☆【内容】言わずと知れたサッカー日本代表元主将、長谷部誠の著書。心を整える方法というよりかは、長谷部誠の物事に対する価値観を知る感じ。一人の人間の価値観を知るという意味では、岡崎慎司の「悩む男」と似てる。 【感想】特に印象的なテーマ05.マイナス発言は自分を後退させる20.注意は後腐れなく27.監督の言葉にしない意図、行間を読む29.常に正々堂々と勝負する31.勇気を持って進言すべきときもある40. [続きを読む]
  • 伝える力(池上彰)
  • 総合評価 ★★★☆☆【内容】伝えたいことをいかに相手に分かりやすく伝えるか、池上彰が自身の言葉で分かりやいちちすく説明した内容。 【感想】結局コミュニケーションとは相手のことをいかに想えるか、なんやなぁ。この本は就活生にもオススメできる。 文書提出時はプリントアウトして、「疑い深いもう一人の自分」に確認をしてもらう。こいつの書く文章には絶対に間違いがある!っと思いながら自分の文書をチェック。→PC画面 [続きを読む]
  • 鉄の骨(池井戸潤)
  • 総合評価 ★★★☆☆ 【内容】談合がテーマ。中堅ゼネコンに新卒で入社した若手の主人公が、地下鉄工事の受注を巡って図らずも大人の汚い世界に引きずり込まれていく。 【感想】談合はあかんけど、でもこの物語を読むと談合は必要悪と納得してしまった。だってしゃーないやん、あんだけ価格を叩かれたら。現実でもリニア建設やらなんやらで談合は頻繁に摘発されてるけど、その全てが不当に、必要以上に利益を得ようとしてる訳では [続きを読む]
  • 不毛地帯(山崎豊子)
  • 総合評価 ★★★★★【内容】元陸軍の大本営参謀、まさにエリートの壱岐正の壮絶な人生。戦時中には仲間を助けるために自らシベリア抑留の地獄を体験。何とか無事に帰還した後は近畿商事にスカウトされ、参謀時代の経験を活かした知略と大胆さで凡人では想像できないレベルで活躍する。著者は全て架空というものの、伊藤忠商事の元会長 瀬島龍三氏をベースにしている。【感想】まずシベリア抑留の話は壮絶。小説とはいえ山崎豊子 [続きを読む]
  • ベイマックス (2014)
  • 総合評価 ★★★☆☆【内容】 両親を亡くして、唯一の兄までも謎の事故で失い悲劇の真っ只中にいた少年ヒロに、兄の遺作ロボット「ベイマックス」が現れた。 ヒロはベイマックスのおかげで少しずつ元気を取り戻し、ベイマックスと共に兄の事故の原因を探って行くと、実は思てるよりもヤバい大人が絡む深い話やったということが分かり・・という話。【感想】 いやいや切ないわ。ストーリー作る上でそんな家族皆殺しにして、 [続きを読む]
  • 教団X (中村文則)
  • 総合評価 ★★☆☆☆【内容】カルト宗教のやばいやつらの話。【感想】これどんな話やねん。途中教祖の話ばっかりやし、実はエロいし、ちょっとグロいやん。難しかったけど、でもアメトーークの読書芸人でも又吉とか若林がオススメや言うてたしなー。これ分からんとか言うたらお前何も分かってない的なかんじになるんかなー。ハリーポッター以上にぶっとい本、久しぶりに読んだ。オウム真理教もそうやけど、カルト宗教と性ってのは [続きを読む]
  • 実現の条件 本田圭佑のルーツとは(本郷陽一)
  • 総合評価 ★★☆☆☆【内容】スポーツ記者の本郷氏が、本田圭佑のルーツを探る。2011年出版やからCSKAモスクワ時代の内容。【感想】本田圭佑は何がすごいって、その個性がすごい。小さい時から他人と揉めることを恐れず、とにかく自分の目標に向かって純粋に突き進む力が世界トップクラスなんやろなあ。たぶんこの人には目標がない人や、目標があってもあっても中途半端にしか取り組んでない人の気持ちは到底理解ができんのやと思 [続きを読む]
  • チーズはどこへ消えた?(スペンサージョンソン)
  • 総合評価 ★★★★★【内容】目先の利益だけを求めるネズミと、先のことを見据えて行動できるネズミの末路について。【感想】薄くて一瞬で読める本やけど、内容めっちゃ濃い。この本が自分に与えた影響は大きい。二度目の転職を決意したきっかけになった本。別に前の会社の現状には大きな不満はなかったけど、将来の展望と自分の年齢を鑑みて転職活動を開始した。林修先生の「いつやるの、今でしょ」を実行に移させてくれるエネル [続きを読む]
  • マンガでわかる!マッキンゼー式ロジカルシンキング
  • 総合評価 ★★★★☆【内容】マッキンゼー式のロジカルシンキングの鍛え方について。 【感想】分かりやすい。あとは実行だけ。訓練としてまずはA4用紙を用意して・・あぁこの一歩目がなかなか踏み出されへん笑でもほんま勉強なった。ここに書かれてるやつを実践できたら確かに成長しそう。 まぁ結局ロジカルシンキングとは、難しく考えずに①相手に「なるほど!」と思わせればOK②まずは結論から③根拠を述べる時は3つ理由を述べよ [続きを読む]
  • 頭に来てもアホとは戦うな(田村耕太郎)
  • 総合評価 ★★★★★ 【内容】題名の通りの内容。でもそれ以外にも後半はサラリーマンが組織の中でいかにうまく立ち回るかという視点でも、自身の経験を基に説いてる。 【感想】まさに今の自分に必要な本やったと思う。 最近の自分はなんや知らんけど妙な正義感や使命感を持って、仕事をしない人とか上から下りてくるしょーもない施策に文句ばっかり言うてた。自分の周りに勧善懲悪を求めすぎてた‥‥ もう見下す形になっても「ア [続きを読む]
  • 夢を力に (本田宗一郎)
  • 総合評価 ★★☆☆☆【内容】日経新聞の「私の履歴書」を本にまとめたやつ。【感想】一代でここまでやれる人って、もう我々一般サラリーマンからすると絶対一緒に仕事したくない人と思う。多分他にも楽天三木谷さんとかユニクロ柳井さん、あとスティーブジョブズなんかも相当部下とか取引先は大変やったと思う。創業者やのに60代で引退は潔くてかっこいい。特に心に残った言葉。 ・会社のために働くな、自分のために働け・他人に「 [続きを読む]
  • 京大芸人式日本史(菅広文)
  • 総合評価 ★★★☆☆【内容】タイムスリップするかたちで歴史を遡り、歴史上の人物本人に直接質問したりしながら分かりやすく時代の流れとその出来事の理由を説明している。【感想】時代の流れが本当に分かりやすかった。笑い飯哲夫の仏教の本よりは、同じボケを入れてても照れ隠し感がやや少なかったように思う。話を分かりやすくする為にあえて笑いを入れてる感じ。歴史好きの人、昔歴史を専攻してて好きやった人とかはオススメ [続きを読む]
  • ブッダも笑う仏教のはなし(笑い飯 哲夫)
  • 総合評価 ★★☆☆☆?????【内容】???仏教好きの笑い飯哲夫が解説するブッダの教え。笑いを交えて分かりやすく解説。????【感想】??仏教は死んでからの話ではなく、生きてるうちにどう生きるかを説いてる。 ????それをお笑い芸人としての意地なのか、照れ隠しなのか、哲夫がずっとボケながら説明してる。????へーと思うことも多いし、日本の文化がいかに仏教の影響を受けてるかもよく分かる。????何より [続きを読む]
  • 通訳日記(矢野大輔)
  • 総合評価 ★★★☆☆【内容】サッカー元日本代表監督ザッケローニさんの通訳であった矢野大輔の、4年間のリアルな日記。【感想】本気で仕事に取り組んだ人の話。割と感動した。ザック監督が元々好きやったけどもっと好きなった。人として尊敬する。他人を尊重することの重要性を学んだ。そのリスペクトの気持ちが言動、行動に表れて、結果チーム、スタッフがザックを信じてついていくという形につながってる。本田圭佑、長谷部誠、 [続きを読む]