シルキィ さん プロフィール

  •  
シルキィさん: アマゾンツノガエルの繁殖@シルキィのブログ
ハンドル名シルキィ さん
ブログタイトルアマゾンツノガエルの繁殖@シルキィのブログ
ブログURLhttps://silky2018.blogspot.com/
サイト紹介文アマゾンツノガエルの繁殖日記。2回目の産卵に成功しました。リアルタイムで近況を報告中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 164日(平均1.2回/週) - 参加 2018/08/05 01:59

シルキィ さんのブログ記事

  • 給餌と排泄の関係@成長記録No29
  •   今日は餌とウンコのお話!以前アマゾントップブリーダーWT氏に教えてもらった「餌はウンコの次の日に体の半分の大きさの餌を与える」というのを実行してみました。 12/2糞(13g)12/3ピンクマウスM(中7日)12/10糞(14g)12/11ピンクマウスM(中5日)12/16糞(16g)12/17ピンクマウスL(中7日)12/24糞(17g)12/25ピンクマウスL(中7日)1/1糞(20g)1/2ピンクマウスL(中7日)1/9糞(22g) 上記は糞をした直後に換水 [続きを読む]
  • ツノガエル@温度管理
  •  父親似のいい感じのグリーンこの感じ、お気に入り^^今日はツノガエルの温度管理についてのお話。 温度管理といっても季節柄、冬の加温についてです。色々な加温方法があると思います。パネルヒーター・暖突・エアコンなどなど、私はエアコンで一括管理ですがそれでも色々な生き物を飼育していく上でそれぞれを好みの温度で飼育するのが理想です。今回はこのような温度計を購入したので色々計測してみましたのでご覧ください。 [続きを読む]
  • 2018.12.12 床材について。スポンジVSソイル
  •  今日はツノガエルの飼育に必要不可欠な床材のお話です。  まず現在のスポンジ飼育にたどり着いた経緯から説明します。アマゾンツノガエルの飼育を始めた頃(4年位前になりますか)ツノガエル全般、飼育方法の確立がされていませんでした。(現在もまだまだ確立されているとは言えませんがw)  そこでその頃アマゾンツノガエルの繁殖に成功していたブリーダーの飼い方を見よう見まねで試したというのが繁殖までに至ったきっ [続きを読む]
  • 2018.11.11 ツノガエルの事はこの人に聞け!
  •  11月11日(日曜日)都内で開催された両・爬虫類イベント「とんぶり市」に行ってきました。 お目当ては「WT氏のブース」とにかく個体を見てビックリ、話を聞いてビックリと、話をしているうちに「この人本物だ」と確信しました。以前からツイッターやツベの動画を見ていて「この人ヤバイな」とは思っていたのですが、紛れもなく本物です^^ 飼育環境については私の環境と大差無かったので大きく違っていた点をピックアップして [続きを読む]
  • 2018.11.04 カエル捕食事件。
  • 11月4日、餌用にアマガエルを2匹頂いたので帰宅後さっそく給餌しました。2018.11.04 左⑪ 右⑰  上記画像の状態で安心してその日は寝ました、翌日帰宅してビックリ!⑪の個体がカエルを吐き出した模様、逃げたアマガエルは壁の上のほうに張り付いていました。 目の前に差し出すと食べるのですが次は頭から入ったのですが吐き出してしまいます。でたでた、「大きさが気に入らないパターン」です。個体差もありますが同じ餌でサ [続きを読む]
  • 2018.10.15 スクスク育ってます。
  • 久々に子ガエル全部の写真を撮ったので公開します。 で詳細画像ページへ(別窓で開きます)29.以前こちらで紹介した後ろ足の出なかった個体7.母親似のグリーンバック色の個体、有名ブリーダーがそう表現していたので私も使わせて頂きます。緑の上から黄土色を被せたような色合い、パッと見ブラウンなのですがよく見ると下地に緑が入っているような表現ですね。↓の画像を見比べて頂ければわかると思いますがもっと緑が濃く [続きを読む]
  • 産卵までの道のり。
  •  今日はアマゾンツノガエルが産卵するまでに至ったまでのお話をします。 アダルトアマゾンの通常管理は アマゾンツノガエル(成体)の日常管理(←別窓で開きます)でも触れていますので省略させて頂きますが、私の場合「オス個体」が繁殖スイッチが入りやすいという奇跡的な現象?が起きていましてwwwまずその辺りからお話いたします。この緑の雄個体、実はベビーの頃から鳴いております。えぇ!信じられないかもしれません [続きを読む]
  • 2018.09.25 アマゾンツノガエル・ベビー給餌について。
  •  アマゾンツノガエルのベビーの給餌についてお話します。以前にも述べましたがアマゾンの飼育難易度が高いと言われてるのは餌食いの細さ、偏食傾向の強い個体が多い事だと思います。今回20匹前後のアマゾンベビーに色々試してデーターを取ってみました。 まずは温度、一日を通して25℃〜29℃。水替えは毎日+糞を発見次第行います。初給餌はアカヒレ、すべてのベビーにアカヒレを一度は食べさせています。次にシラス(塩抜き済み [続きを読む]
  • 2018.09.13 奇形ですがなにか?
  • 上陸時からずっと気になっている子がいました。見ての通り後ろ足が両方生えてこない奇形の子です。それでも餌食いも良く糞もちゃんとしてます。上陸時に発見した時は「後ろ足齧られちゃったかな?カエルになれないだろうな」と思いながらもプリンカップに隔離して成長を見守ることにしました。後ろ足が出てこないまま見事上陸し、餌にも積極的に飛びつく勢いです。こういった子をどこまで育て上げる事ができるかが飼育者としての [続きを読む]
  • 2018.09.10 7月に続いて第二弾きました。オス同じですが。ええ。
  • 前回の産卵時にもう一匹のメスも抱卵してそうだったのですが、オスが一匹しか居ないのと、子ガエル達が落ち着くまで手が回らないので保留にしていました。昨日オスが泣いたので「そろそろいってみますか」と冗談半分で合体させたら帰宅したら産んでました。今朝確認したときは産んでなかったので今回は白昼堂々の犯行ですw産卵スペース(台所ですがなにか?)は私が居る時間以外は薄暗い感じなので昼夜の区別がつかないのかもし [続きを読む]
  • カラーバリエーション^^
  • 親がメス(茶)オス(緑)なのでとてもカラフルな子ガエル達!成長するにつれて色に変化があったりとどんなカエルになるか楽しみです。毎日メダカを食べてスクスク育ってますが、餌をあげてるこっちが体力削られてるきがするのは気のせいでしょうか?ww現在 餌食い済み20匹、まだ餌を食べてない子が7匹です。オタマジャクシは全部上陸しました。 [続きを読む]
  • 2018.08.21 初餌!
  • 尻尾が完全になくなってから1週間でやっとアカヒレを食べてくれました^^これで一安心です。ほかの子ガエル達も早く餌を食べれるようになりドンドン成長してほしいです。初給餌完了      1匹尻尾が消えた個体   11匹上陸中の個体     17匹オタマジャクシ    18匹ここにきて凄まじい勢いで数を減らしてしまいました orz...仕事に行っている間、寝ている間に一体何が起きているのか分かりませんが上陸途中(まだ [続きを読む]
  • 長浜ですよねぇ。えぇ!
  • 井土ヶ谷駅を出てすぐ左の長浜屋さん最近というかここ5年位。博多長浜系ラーメンにはまってます^^その中でも「私的ラーメンランキング?」第3位のお店に行ってきたので報告です。京急本線井土ヶ谷駅を出てすぐ左にある長浜屋さんです。駅前店ということもありカウンターしか無い店内ですがここの博多ラーメンは「原点」を感じさせてくれる旨さです!長浜系のお店の特徴である「細麺・替え玉・からし高菜・おろしニンニク」うーん [続きを読む]
  • 2018.08.16 続々と上陸中・・・・
  • 第1号の上陸から毎日少しづつ上陸する個体がでてきました。最初に上陸した個体は尻尾が完全になくなりましたが、まだ初給餌は完了していません。赤ヒレを何度か口元に持っていきましたが反応が無く、口に当ててみても嫌がるのでこのまま餓死しなければ良いなと、とても心配ですがもうしばらく様子をみます。現在約20匹が前脚が出てクチバシが外れ上陸体制に入っております。残り約40匹がまだ前脚が出ず毎日お腹いっぱいに餌を食べ [続きを読む]
  • たまにはいいよね。
  • すでに3杯目くらい。食い散らかしててごめんなさい。久々に生ビール飲んできました。夏はこれがないとやってられません!夏じゃなくても飲むけどねw勝手にお店紹介しておきます。東戸塚駅前の「塚田農場」さんにて乾杯です!ここはおいしい鶏肉料理が食べられる居酒屋さん。この日は台風の影響でナスの入荷がなくてナス料理が食べれなくて残念です。基本ナスはあまり好きではなかったのですが歳をとるにつれて好きになってきまし [続きを読む]
  • 2018.08.10 前脚でた!
  • 帰宅したら一匹だけ前脚飛び出してましたw7/20孵化なので21日目ですね。そろそろだろうなと予測はしていたのですがやはり第一号は感動です。ここから尻尾がなくなるまで何も食わずにカエルになっていきます。前回はこの時点で落ちてしまう個体が多くて悩んでいたので今回は慎重に観察してみます。気温は一日を通して28-29.5℃なのでこのまま行ってみます。 [続きを読む]
  • アマゾンツノガエル(成体)の日常管理
  • 今日はオタマの更新ネタがないので親個体の日常の管理についてお話します。アマゾンツノガエルの飼育にあたって「難易度が高い」とされている理由が「餌を食べない」これだと思います。与える餌の種類もインターネットなどで調べると「何を与えたら良いのか分からない」と迷ってしまうかと思います。私の飼育方法をこれから話して行きますが、あくまでも「私の飼育環境」でのお話ですので皆さんの飼育環境に当てはまるかどうかはわ [続きを読む]
  • 2018.08.05 休みなので1日観察。
  • 2018.08.05今日は日曜日なのでオタマジャクシを1日観察してみました。このサイズ(後ろ足がでるかでないか)の1日のオタマの動きをお知らせします。AM6時、朝食の時間です、すでに餌を探してウロウロしています。3日間、個別飼育していたのですが個別だと活性が上がらず餌をあげても全然食べません。1日1回赤虫を5本位あげていたのですが1〜2本食べて食べ残しというやる気のない状態が続きました。DIYで作成した16匹収納可能な [続きを読む]
  • 足はえたw
  • 2018.08.027/20孵化なので今日で13日。約2週間ですね!後足が確認できました。いつもお世話になっているペットショップ「ポロロッカ足柄」に我が家のオタマがお邪魔しています。激安販売中のはずなのでそちらも宜しくお願いします。ポロロッカ足柄ホームページ [続きを読む]
  • 水換えについて。
  • 2018.07.27水換えというか塩素について少しお話します。よく「水道水ジャーっていれて大丈夫だよ」と言いますが、確かに大丈夫です。特に魚・カエルに限らず大体の水生生物は大丈夫です。ではオタマジャクシはどうでしょう?答えはアウトです。確かに大きく育ったオタマジャクシが塩素で死ぬことはないと思いますが、孵化から一週間程度の小さいオタマは死にます。現に2年前の初産卵の時に私は300近く居たオタマの約半数(140匹位 [続きを読む]
  • オタマジャクシ育成用
  • 準備する物オタマジャクシの共食い防止用のゲージ?です。用意する物鉢底ネットグルーガンコーキング用バックアップ材園芸用品のセルボックスやる気100均とホムセンでだいたい揃います。セルボックスは園芸コーナーの「苗育成用?」なのでサイズなといろいろあるので自分に合ったものを探してください。作り方はセルボックスの底に鉢底ネットを入れてグルーガンで固定し理想の水深にするために、コーキング用バックアップ材を浮き [続きを読む]
  • 2071.07.27 オタマ@元気イッパイ
  • 孵化から一週間でここまで成長しました。活イトメ・冷凍赤虫・練餌(ウナギ養殖用)など与えています。餌が豊富にあっても共食いをします。共食いというかナワバリがあるようで「近くにあるものに噛みつく」感じですね。共食いで数を減らすのを避けるためにいろいろ考えました。園芸用品の苗を植えるやつです。とりあえずこれで共食いからは回避できますが、餌やり・水換えをもっと楽にできるように改良がひつようです。このままで [続きを読む]
  • 2018.07.23 オタマジャクシ
  • 孵化から3日目やっとオタマジャクシらしい姿になりました。室温25度と29度の部屋で成長ぶりを観察してみました。氷を作るアレを使って撮影してみました。画像上段5匹が部屋の温度25℃下段5匹が29℃です。水温の違いでこんなに成長に差がでるとは思いませんでした。現在ほとんどの水槽を一日を通して28〜29.5℃くらいの部屋で飼育しています。エサ・水温・収容数など各水槽に変化をつけて成長にどのような差が出るのか試してみます [続きを読む]