kameroch さん プロフィール

  •  
kamerochさん: 水換えに忙しい
ハンドル名kameroch さん
ブログタイトル水換えに忙しい
ブログURLhttps://kamero.hatenablog.com/
サイト紹介文2匹のニホンイシガメの飼い主による愛亀の写真や動画と長文を晒すブログ。ときどきアクアリウム。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 127日(平均1.1回/週) - 参加 2018/08/05 03:05

kameroch さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 愛亀たちの日常②
  • 鈴左:メロンちゃん♀ 右:カメーロ♂「とうとうこの飼い主、カメに鈴を付け始めたぞ!こりゃ親バカも重症やな。」と思った人もいることだろう。「ネコじゃあるまいしカメに鈴て!」と思った人もいるだろう。確かに僕は親バカを自負しているが、鈴を付けたのはそういうことではなく、迷子防止対策として鈴を付けてみたのだ。僕は今までに自分の不注意が原因で2匹のイシガメに脱走されてしまっている。どちらのイシガメも外で遊ば [続きを読む]
  • 少食になってしまったカメーロ♂
  • ベビーの頃のカメーロ♂去年の2017年7月にカメーロを家に迎える日のこと。石亀ファームさんで2017年のニホンイシガメ最初のベビーが販売開始となったとき、その販売ページでベビーたちの写真を見た僕は個体番号No.1の仔を一応、予約という形でキープしてもらった。予約とは言っても、実際に見てから最終的に気に入った仔に決めてもいいとのことだったのでまだ決定していた訳ではなかった。そして石亀ファームさんに出向き実際にベ [続きを読む]
  • カメーロ♂が求愛行動の新技
  • 幻の新技家のカメーロ♂は暇さえあればメロンちゃん♀をストーキングして求愛行動をしているが、しつこいカメーロをメロンちゃんは鬱陶しそうにしている。鬱陶し過ぎてイラッとすることもあるのだろう、極稀に噛まれていることもあるカメーロだが、噛まれても一瞬だけ怯むことはあっても、めげずに求愛行動を続ける強者だ。そんなカメーロだが、夕べ僕が何の気なしに水槽のほうを見たとき、変な動きをしているカメーロが目に入った [続きを読む]
  • 苔まみれのニホンイシガメ
  • カメは体にも苔が付くメロンちゃんが家に来て数日ほど経った頃、僕はメロンちゃんの異変に気づく。何やらメロンちゃんの体がじわじわと緑色っぽくなってきている気がするが、気のせいか?と思い始める。当時はイシガメを飼い始めて間もないホントの初心者だった僕ではあるが、さすがにカメの甲羅に苔が付くことくらいは知っていた。けれども、苔かな?とも思いながらも、甲羅だけでなく頭や前足もじわじわと緑色になってきていたこ [続きを読む]
  • 愛亀たちの日常①
  • なんでもない日常の様子特にこれと言って書くネタもないけれど、せっかく動画を上げたのでブログにも載せとこうと思いまして。大したオチもなく、ホントにただの日常の風景を撮っただけの動画。この先、このような動画を上げることも少なくないだろう。そんなときは数字だけ変えてこのタイトルにすればタイトル付けるのが楽ちんだ。chカメーロ - YouTubeいつも纏まりのない長文になってしまい読むのに疲れるブログになっているので [続きを読む]
  • 足を喰い千切られた野生個体
  • 準絶滅危惧 (NT)カメを飼っている、若しくはカメに興味のある者からすれば、ニホンイシガメ(以下イシガメ)は言わずと知れた環境省レッドリストの準絶滅危惧種。正確には準絶滅危惧(NT)というらしい。レッドリストのランクとしては、完全な「絶滅」を一番上として「準絶滅危惧(NT)」は上から7番目の下から3番目に位置する。どの程度の状況かというと、現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移 [続きを読む]
  • かわいい侵入者
  • 数日前、帰宅してエンゼルフィッシュの稚魚にエサ(ブラインシュリンプ)をあげようと思い、部屋に入るなりブラインシュリンプのハッチャーの方へと視線を向けると、それの横に置いてあるブラインシュリンプの塩水を洗い流すための水が入ったタッパーの中にちびっ子ヤモリが浮かんでいた。おやっ?コイツはこないだ廊下にいたちびっ子ヤモリではないか?僕は家の中にヤモリがいても放置する派なのだが、コイツを2回ほど廊下で見かけ [続きを読む]
  • 『たらい食堂』始めました
  • 『たらい食堂』とは多くの先人たちが『たらい食堂』を実践しているのをネット上で見て知ってはいたが、どんな塩梅で効果があるのかどうかは実践してみなければ分からない。ということで、やっとこさウチの愛亀たちも『たらい食堂』始めました。『たらい食堂』とは、水棲ガメの飼育者には付いて回る「凶悪な水質悪化スピードによる水換え頻度との闘い」から少しでも開放されるために、先人たちがあみ出した素晴らしい水棲ガメ給餌 [続きを読む]
  • 愛亀たちの母亀
  • 2匹は兄妹か否かうちの2匹の愛亀の生まれ故郷である東大阪市の石亀ファームさん(以下敬称略)には、カメーロ♂とメロンちゃん♀のそれぞれの母亀がいる。それぞれ母亀が違うということで僕は最初から2匹は兄妹ではないと決めつけて見てきたのだが、当然それぞれの父亀もそこにはいる。何匹かいる♂の中でどれが父亀なのかはDNA鑑定でもしない限り判らないが、父亀が同じの兄妹だという可能性もなくはない。というのも、生後間も [続きを読む]
  • カメーロ提訴される
  • 先日の↓この記事での出来事が波紋を呼びカメーロ氏がメロンちゃん氏に提訴されるという事柄が発生した。関連記事kamero.hatenablog.com事はメロンちゃん氏が1日の疲れを癒やすため、何時ものようにシェルターの上に登り甲羅干しを満喫していたときに起こった。誰がどう見ても先客のメロンちゃん氏が甲羅干しをしているシェルター上で、まるでメロンちゃん氏の姿が見えていないかのようにズカズカと上がったうえに、あろう事か甲 [続きを読む]
  • エンゼルフィッシュが産卵していたが
  • エンゼルフィッシュ夫妻先ずは動画をご覧ください。この動画を撮り2日ほど経ってエンゼルフィッシュ水槽を見ると、卵が綺麗さっぱり無くなっていた!こりゃいかん!と思い、エンゼルフィッシュの産卵に関していろいろ検索してみると、とにかくエンゼルフィッシュの産卵は珍しいものではなく、わりと頻繁に見られるということと、親エンゼルが卵を食べてしまう食卵が多いということがわかった。エンゼル夫妻の初産卵では稚魚を見 [続きを読む]
  • ニホンイシガメの表情
  • ニホンイシガメは当然、爬虫類に分類される生き物であり感情のない生き物とされている。しかし、ニホンイシガメを観察しているとそうは思えないほど表情が豊かだと感じる。たぶん、ニホンイシガメだけでなくカメを飼っている人の多くはそう思っているのではないだろうか。この動画の2匹の表情がそのまま2匹の感情を表しているかどうかはわからないが、面白い表情をしていたので動画に撮ってみた。特にカメーロのこの涼しげなと [続きを読む]
  • 愛亀を家の庭に放してみた
  • 頑張り屋のイシガメカメーロが家に来た去年の夏、家の庭の一部にレンガを積んで周りを囲い、簡単にその範囲から出られないようにしておいた上で、その中に放して遊ばせていた。そのレンガが去年のまま放置してあるのだけれど、当たり前だが去年のままの高さでは今のカメーロたちにとって低すぎて簡単に乗り越えてしまうので、レンガを積み直して高さを修正してその中に放して遊ばせてみた。愛亀たちを見ていていつも思うのだけれ [続きを読む]
  • カメーロに水槽を見せてみた
  • エンゼルフィッシュに睨まれる僕はときどき愛亀たちに熱帯魚の水槽を見せてみる。カメを熱帯魚の水槽に入れるというのではなく外から覗かせるだけだが、けっこう興味深そうにキョロキョロと魚たちを見ている姿がおもしろい。カメーロを水槽に近づけてみると、縄張り意識が強くけっこう気も強いアルビノのエンゼルフィッシュが近寄って来てカメーロの顔の真ん前に来てジーっと睨んでいるように見える。そして睨まれているカメーロが [続きを読む]
  • 愛くるしいやつを繋げてみた
  • 愛亀の寝ぼけまなこ集YouTubeに動画だけ上げてこのブログに書くのを忘れていたやつ。長々とようわからん文章を書く前に、たまにはいきなり動画を貼り付ける。撮影時期はカメーロ生後3ヶ月頃、メロンちゃんはカメーロよりも1ヶ月ほど遅れてウチに来たので生後2ヶ月ちょい頃。二代目メロンちゃん上の動画のラストに登場するメロンちゃんの名前の説明というか話を少し。このブログでは初代メロンちゃんと二代目メロンちゃんが [続きを読む]
  • 愛亀カメーロに男の戦いを挑んでみた
  • カメーロ vs 飼い主前回までは回想録的なことを書いてきたけれども、ここらへんからは現在進行形の愛亀たちのことを書いていこうと思う。愛亀たちのことを書くと言うものの、我ながらしょうもないネタ動画を作ってしまったので、それを恥ずかしげもなく晒したいと思う。何の説明もなしにこの動画を見せられた人は、ポカーンとなる可能性が高いかもしれないので一応、説明しておくほうがいいだろう。甲羅のコケ掃除専用歯ブラシで [続きを読む]
  • カメは脱走の名人
  • 初代メロンちゃん前回、「初代メロンちゃんは今現在のメロンちゃんとは別亀」という話に少し触れたが、それはどういうことかというと、初代メロンちゃんはいなくなってしまったということ。そう、またもや脱走されてしまったのだ。自分の油断からカメ郎に脱走させてしまい、そのことで精神的ダメージを負い、悔んで悔んでシクシク泣いていたクセに、またやらかしてしまったのだ。しかも、初代メロンちゃんを迎え入れて1週間ほどし [続きを読む]
  • ニホンイシガメ探しの旅
  • イシガメの世話がしたいある日突然カメ郎を失い、志半ばでイシガメ飼育を断たれてしまった僕の心は病んだ。自分の不注意を悔い、ポツンと寂しく置いてあるカメ郎のいない飼育ケージを見る度にシクシク泣いた。やりきれない気持ちの?日で無気力状態になり仕事も辞め、もちろんまっ昼間から酒浸りの日々…  と、そこまで荒れはしなかったが、地味にダメージを引きずって常に何やらモヤモヤしたような気持ちでいるような日々を過ご [続きを読む]
  • カメ郎ロス症候群
  • カメ郎僕がニホンイシガメを飼い始めたのは、仕事中の土場で偶然ニホンイシガメのWC(野生)個体を発見したことがきっかけとなる。まだ生まれて間もないようなそのニホンイシガメのベビーの可愛らしさに心奪われ、思わず家に連れて帰ってしまい「カメ郎」と名付ける。この日からイシガメ中心の生活が始まった。↓早足で逃げようとしていた野生のカメ郎↓頭を完全に引っ込めてちっこい体で防御態勢になる野生のカメ郎脱走前記事で家 [続きを読む]
  • 愛亀ブログ始めました
  • 猫を飼っていたのを最後にかれこれ20年以上も生き物を飼っていなかった僕が、去年(2017年)の初夏頃から、ある日突然ニホンイシガメを飼い始めた。仕事で土場の草刈り等をしていたとき、小さい小さいニホンイシガメのベビーが早足で逃げようとしているのを発見してしまい、あまりの可愛らしさに連れて帰って来てしまったのだ。それ以降の僕は「全動物界の中でニホンイシガメが最も可愛らしい動物」だと思って疑わない。あと、ニホン [続きを読む]
  • 過去の記事 …