hisdaddy さん プロフィール

  •  
hisdaddyさん: 拉致断絶との交渉記録
ハンドル名hisdaddy さん
ブログタイトル拉致断絶との交渉記録
ブログURLhttps://against-kidnappers.amebaownd.com/
サイト紹介文ある日突然,生き別れとなった愛する息子と再会する為に交渉した記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 43日(平均1.3回/週) - 参加 2018/08/05 20:18

hisdaddy さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Release
  • 家庭裁判所は中立なところか? 答えはNOだ。 今日は東京家庭裁判所に付き添いで行った。 東京家裁には何度も言っているのに、 事件の案件の支援で行くのははじめてだった。 今日の人は弁護士が最初いたけれど、 次回では自分でやることになり、 それまで弁護士相手なら質問に答えていた相手方弁護士が まともに対応しなくなり、調停委員も何も決まらないまま 相手方を帰らせたりして、も [続きを読む]
  • 人生50年目,法治国家だと誤認していたと知る
  • 2016年2月3日,4日のこと母親の連れ去りは勝率100%妻の代理人を名乗る弁護士からの裁判所ゲーム開始の電話連絡終了後に直ぐに相談する弁護士を探すことにした。インターネットなどで自分で探す時間も惜しかったのでフェイスブックに状況を投稿して,友人達にお勧めを探して教えて貰い次々と教えて貰った先にアポイントを取り相談に駆け回った。友人達からの紹介弁護士達は,本音で現実を教えてくれた。「DVや虐待,賭け [続きを読む]
  • Link
  • 過去を取り戻す未来を創る 子の連れ去り問題に立ち向かうサイト TEST 親子の再会実現委員会 (試運転中) 会いたい親子を再会させる為の情報サイト I am a Former Alienated Child… The following is an anonymous contribution from a former alienated child that approached us, [続きを読む]
  • 【1日目】離婚弁護士達との闘いの始まり
  • 2016年2月3日のこと(承前)「その日は,ある日突然にやってくる」↓楽しみにしていた節分行方不明になった息子と妻を早朝まで探し続けても,やはり心配で眠る事などできなかった。今日(2016.2.3)は,息子が楽しみにしていた節分だ。妻との入籍記念日でもある。数日前に,息子と二人で鬼のお面を作った。未だ輪ゴムで顔に着けて遊ぶのは難しいだろうから首から下げるお面にした。息子らしい優しい表情の鬼のお面ができた。 [続きを読む]
  • その日は,ある日突然にやってくる
  • 2016年2月2日のこと(承前)「プロローグ-いつもの朝は最後の朝」↓帰らぬ妻子私はいつものように息子からリクエストのあったメニューを含め,夕食の準備をしていた。その日の保育園の迎えは妻の番であった。17:15~17:30の迎えだから,徒歩圏内の保育園から18:00には戻ってくる筈だ。妻から日頃聞いていた話では,妻がお迎えの時の息子は,マンションのエレベーターを降りると「パパ居るかな?」と楽しみにし,インターホ [続きを読む]
  • 法手続き利用
  • 2016.1.6  円満調停申立2016.2.1  監護者指定審判及び離婚調停の申立てをされていた。(2016.2.2 何も知らずに保育園に預けた直後に息子を誘拐され失踪される)(2016.2.3 森法律事務所内野翠より連絡が入る)2016.2.10 監護者指定審判及び引き渡し請求及び同保全申立2016.3.9  面会交流調停申立2016.3.31 婚姻費用分担請求を申し立てられる2016.5.23 面会交流審判及び同保全申立2016.8.1  未成年者略取誘拐刑事告 [続きを読む]
  • プロローグ-いつもの朝は最後の朝
  • 2016年2月2日のこと「パパ,ぼくの刀は?」その日,私はいつものように妻子より1時間早く起きた。冬の寒い時期には,妻子が起きるまでにリビングダイニングを暖房で温めておく。そして朝食の準備をする。妻は10か月程前から味覚障害を発症し摂食障害となり食事は殆ど摂らない。心配し少しでも何か...と用意すると嫌がらせと言われ責められてしまう始末だった。息子を起こしに行く。「おはよう」と声をかけると,直ぐに飛び起 [続きを読む]
  • 過去の記事 …