フルゐ さん プロフィール

  •  
フルゐさん: グラ戦記
ハンドル名フルゐ さん
ブログタイトルグラ戦記
ブログURLhttps://grampus-analysis.blogspot.com/
サイト紹介文グランパスを応援して、盛り上げるブログ。サッカー日本代表も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 12日(平均6.4回/週) - 参加 2018/08/05 17:55

フルゐ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • プレビュー 鳥栖 vs 名古屋
  • まずは、次節対戦する鳥栖の前節(vs川崎)のダイジェストから。〈見どころ〉両チームとも前節のスタメンを前提としています。鳥栖は4−4のブロックを作って引いて守ってくる。川崎相手に27本のシュートを打たれ、押し込まれていても、バランスを崩さず粘り強く守備をしていた。わかりやすい守備の穴も無かった。正直、引いて守られないような展開にしたい。ショートカウンターやセットプレーからの先制が重要になってくる。 [続きを読む]
  • レビュー 横浜FM vs 名古屋
  • まずは、22節 横浜FM戦のダイジェストから。4 - 名古屋はJ1では2013年7月〜8月以来、5年ぶりの4連勝を記録した(当時は5連勝)。夏風。 pic.twitter.com/TqwAhRj9vw― OptaJiro (@OptaJiro) 2018年8月15日 内容的には、どちらが勝ってもおかしくない試合で、前節の鹿島戦に続き決定力の差で勝つことができました。この1勝は残留に向けてデカい、デカすぎる。〈雑感(良いところ)〉名古屋は前半、勝つための大人のサッカーをし [続きを読む]
  • レビュー 21節 名古屋 vs 鹿島
  • 名古屋4−2鹿島で3連勝を飾りました。まずは、ダイジェストから。<雑感>名古屋と鹿島の勝敗を分けたのは、2点。崩し切ってからシュートを打っている事、シュートが上手い事であった。この試合も前田様のおかげで勝たせていただいた。全4得点に絡み、走行距離1位、スプリント1位、終盤まで守備意識高く、バーを叩くシュートもあった。日本の特産品である、テクニック・スピードのあるアタッカーとしてドイツ辺りに引き抜かれな [続きを読む]
  • プレビュー 21節 名古屋vs鹿島
  • まずは、次節対戦する鹿島の前節(vs清水)のダイジェストから。前節の鹿島は、終始硬直した90分の終了間際にセットプレーで1点をあげて勝ち切りました。ターンオーバーでスタメンを変更しており、週2回6連戦の最終戦であったことも考えると鹿島にとって価値ある1勝です。伝統の勝負強さが戻ってきている気がして、難敵だなぁと感じさせられました。〈見どころ〉両チームとも前節のスタメンを前提としています。鹿島の攻撃は両SB [続きを読む]
  • 私的サッカー用語集
  • 正しい意味か分かりませんが、ブログ内で使っているサッカー用語の説明です。訂正あればお願いします。アイソレーションWBなどを再度に張らせて、1対1を仕掛ける戦法。協力なサイドアタッカーがいると効果的。ダイアゴナル斜めって意味。ダイアゴナルパスは、横パスよりも効果的で、縦パスよりも通りやすい。横パスはカットされると速攻を受けるし、縦パスは守備側がボールと敵を同時に見ることができるので守りやすい。ハーフスペ [続きを読む]
  • レビュー 20節 ガンバvs名古屋
  • まずは、20節 ガンバ戦のダイジェストから。 156 - 名古屋は今季2度目の連勝を記録。ホームでは第2節の磐田戦以来、156日ぶりに勝利を挙げた。おどろまい。#JZN― OptaJiro (@OptaJiro) 2018年8月5日 逆天王山、2点差を逆転、2連勝はデラでかい!後半、プレスラインを上げて“あえて”早めにオープンなカウンターの打ち合いをするような展開にすることで、3点を入れて逆転することができた。カウンターを仕掛ける選手とCBの力関 [続きを読む]
  • プレビュー 20節 ガンバ戦
  • まずは、次節対戦するガンバの前節(vs磐田)のダイジェストから。〈見どころ〉両チームとも前節のスタメンを前提としています。ガンバはビルドアップに苦慮していた。ボランチを経由したビルドアップができず、藤本・倉田が下がってくるか、初瀬のロングボールか、というように選択肢が少なかった。よって、後半は遠藤を投入していた。初瀬をしっかりマークすることができるかが鍵になる。また、ハイプレスからのショートカウン [続きを読む]
  • レビュー 19節 仙台戦
  • まずは、19節 仙台戦のダイジェストから。このブログを始めた初戦が16試合ぶりの勝利!!うれしい。今節のプレビュー記事はこちら。〈雑感(良いところ)〉ジョーと前田の位置が近く、ジョーのロングボールの落としを前田が納める場合が多かった。ジョーとシャビエルは下がってボールをもらいたがる傾向にあるなか、前田は前線に張って裏を取る役割をしてパスコースを確保していた。前田は、スプリント回数23回で両チームト [続きを読む]
  • プレビュー 19節 仙台戦
  • まずは、次節対戦する仙台の前節(vsセレッソ)のダイジェストから。〈見どころ〉両チームとも前節のスタメンを前提としています。仙台は、クロスやセットプレーからの得点が多い。名古屋のディフェンス陣はしっかり跳ね返せるか?蜂須賀選手に簡単にクロスを上げさせないように、櫛引選手に期待です。また、両CBが8得点の西村選手を好きにさせないことも重要。新加入選手はフィットしてくる?前節、名古屋は丸山・中谷・ネット [続きを読む]
  • 17節広島戦と後半戦への期待 
  • 実は、ワールドカップ中はDAZNを解約しており、広島戦見ておりません・・・再契約は8月に入ってからと思っていました。中断期間中に加入した、ネット、中谷、丸山、前田直がそろって先発しました。連携はまだまだという事ですが、首位相手にクリーンシートという事で、これからに期待です。5 - 名古屋が無失点で試合を終えるのは、第12節のC大阪戦以来5試合ぶりのこと。直近4試合では計10失点を喫していた。きっかけ? pic.twitte [続きを読む]
  • グランパスの応援ブログ始めます
  • 2017年 グランパスはJ2に降格してしまいました。私は名古屋在住ではなく、ゆるいファンです。ほとんどスタジアムには足を運んでません。(ちなみに、Jリーグ創成期のお荷物球団のころから応援しており、1996天皇杯、2000天皇杯、2010Jリーグ、それぞれ優勝の瞬間には、それぞれ生観戦していることが自慢です。)しかし、J2降格によって何故か逆に興味がわいてしまって、人生で初めて1シーズン全試合(42試合+プ [続きを読む]
  • 過去の記事 …