ユキ さん プロフィール

  •  
ユキさん: 新日本プロレスのニュースを深読みブログ
ハンドル名ユキ さん
ブログタイトル新日本プロレスのニュースを深読みブログ
ブログURLhttps://www.njpwfun.com/
サイト紹介文新日本プロレスのファンブログです。レポートや考察、試合のキュレーションなどを配信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 133日(平均13.4回/週) - 参加 2018/08/05 22:30

ユキ さんのブログ記事

  • 海野翔太と鷹木信悟の一戦は海外遠征への最終準備なのか?
  • 新日本プロレスの2018年最終シリーズが例年通り、聖地・後楽園で行われる。12月14日の対戦カードも魅力的なカードが目白押しだ。メインイベントでは中々肌の触れる機会がなかったケニー・オメガ選手と棚橋弘至選手が激突。セミファイナルはオカダ・カズチカ選手VS外道選手という異色の試合が組まれた。だが、ある意味で第2試合がこの日の肝とも言えるのかもしれない。『ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン』6人目のパレハ・鷹木 [続きを読む]
  • イッテンヨンの対戦カードにモヤモヤを抱えているあなたへ
  • 新日本プロレスが2018年12月10日、『ワールドタッグリーグ2018』一夜明け会見を行った。優勝者であるEVIL選手&SANADA選手の会見だけなく、ここでイッテンヨン『レッスルキングダム13』の対戦カードが発表されたわけだが、Twitterでは賛否両論の声が散見される結果となってしまった。年間を通して新日本マットを盛り上げた後藤洋央紀選手やタイチ選手、矢野通選手の名前はなく、鈴木みのる選手やKESについても未発表のままである。 [続きを読む]
  • 内藤哲也がペンタゴンメイクでクリス・ジェリコを挑発
  • 新日本プロレスの『ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン』内藤哲也選手がクリス・ジェリコ選手を挑発する動画をTwitterで公開した。クリス・ジェリコ選手のペンタゴンメイクをオマージュし、アメリカ版のシャツを着用。世界を股に掛ける大スターに対して、139秒間自論を説き続けた。2018年12月9日の『ワールドタッグリーグ2018』最終戦で強襲を予見されていたクリス・ジェリコ選手だったが、襲来はなし。自身の目の前に現れない [続きを読む]
  • 『CHAOS2.0』が生み出す新しい混沌に夢が広がる
  • 新日本プロレスは2018年の主要シリーズも全て終了し、いよいよ年内最後の後楽園ホール大会2試合を残すのみとなった。『ゴールデン☆ラヴァーズ』の復活や『バレットクラブ 』内での抗争からの分裂。6人目のパレハ、ジェイ・ホワイト選手、外道選手、邪道選手の離反。そして、オカダ・カズチカ選手と棚橋弘至選手、KUSHIDA選手、ロッキー・ロメロ選手によるドリームチームの結成だ。多くの話題が生まれた2018年の新日本プロレスを振 [続きを読む]
  • 『NO LIMIT』と『GBH』。僕が見たい景色について
  • 新日本プロレスヘビー級タッグの祭典『ワールドタッグリーグ2018』、最終日に2つの事件が起こった。第4試合で高橋裕二郎選手が内藤哲也選手を指名したこと。次に、第5試合ではバットラック・ファレ選手に蹂躙される矢野通選手を、真壁刀義選手が救ったことである。『NO LIMIT』と『GBH』。新日本プロレスを代表するタッグチーム。である両チーム。真壁刀義選手&矢野通選手の『GBH』は2008年に『IWGPタッグベルト』を戴冠すると4度 [続きを読む]
  • 『NEVER無差別級』真の“主役”について考えてみる
  • 新日本プロレスが『ワールドタッグリーグ2018』の最終戦にとんでもないカードを仕込んできた。優勝決定戦や『NEVER無差別級タイトルマッチ』は元々発表になっていただけにサプライズはなし。ただし、3つの試合が目を引いた。全91試合が行われたリーグ戦。疲労困憊な選手たちが集まる中で、シリーズ最終戦に合わせて『ジ・エリート』が集結。棚橋弘至選手と記者会見以来のイデオロギー対決の前哨戦がようやく始まる。次に第2試合。 [続きを読む]
  • ジェイ・ホワイト選手のReal RnR 2.0宣言とバウンサーの献身
  • 『ワールドタッグリーグ2018』が中盤戦に差し掛かった、新日本プロレスが行った11月29日の後楽園ホール大会は伝説の一夜となった。オカダ・カズチカ選手と棚橋弘至選手の越境タッグのみならず、天山広吉選手のムーンサルトや飯塚高史選手から飛び出した魔性のスリーパー、不穏な動きを見せたチャッキー・T選手まで挙げればキリがないほどのベスト興行だったように思う。そんな中、メインイベントで大ブーイングを浴び、リング内外 [続きを読む]
  • 『ワールドタッグリーグ2018』優勝決定戦進出チームの行方
  • いよいよ終盤戦に突入した新日本プロレスヘビー級タッグチームの祭典『ワールドタッグリーグ2018』。シングルベルト保有者は全員不参加という状況に物議が挙がったのは開幕前のこと。いざ戦いの火蓋が切って落とされれば、全国各地の会場を熱狂の渦に巻き込んでいる。局面を迎える『ワールドタッグリーグ2018』は今回から1リーグ制となっており、2018年12月7日の秋田・ナイスアリーナ(由利本荘アリーナ)大会で優勝決定戦に進出す [続きを読む]
  • チャッキーT選手の狂気に僕が恐怖を覚えた理由
  • チャッキーT選手の狂気。僕はその瞳に映る影に圧倒的な恐怖を覚えた。今回はその理由について考えてみたい。下馬評の通りにいかないのが、新日本プロレスの面白いところだろう。開催前の空気とは異なり大きな盛り上がりを魅せている『ワールドタッグリーグ2018』。オカダ・カズチカ選手、棚橋選手選手、内藤哲也選手、ケニー・オメガ選手や現在、シングルベルトを戴冠している後藤洋央紀選手、クリス・ジェリコ選手、Cody選手が不 [続きを読む]
  • これからもCHAOSと本隊の越境チームは誕生していくのか?
  • 連日連夜、新日本プロレスのメインイベントでは、胸を熱くする光景が広がっている。棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手、KUSHIDA選手、ラッキー・ロメロ選手の電撃越境チーム結成だ。発表と同時に多くの波紋が巻き起こった『CHAOS』と新日本本隊の二枚看板による共演劇は、連日の後楽園ホールを札止めにするほどの影響があった。事実、それぞれの選手がタッチをするだけで会場は大きく沸く。連携を見せようものなら目がしらが自然 [続きを読む]
  • 柴田軍VS真壁軍の日米対決?KUSHIDAのナイショ話が神回だった
  • 新日本プロレスが贈るPodcast『KUSHIDAのナイショ話』が約3ヶ月の沈黙を破り更新された。新日本プロレスジュニアのトップ選手であるKUSHIDA選手がナイショ話(裏話や胸中)を忌憚なく語る番組は非常に聞き応えがあり楽しい時間を提供している。2018年11月日に更新された最新回のテーマは『ワールドタッグリーグ2018』、『CHAOS』と越境タッグ、2019年のイッテヨン『レッスルキングダム』に至るまで52分のボリュームで言及した。更 [続きを読む]
  • 2018年11月のNJPWFUN
  • いつもお目通しありがとうございます!NJPWFUNの管理人ことカワノ・ユウキです。さてさて、今回もやって参りました一ヶ月の締めくくり。2018年11月のNJPWFUNです。今回で4回目となる月間の振り返り記事。普段と文体が全く違うので、改めて説明しますと、舞台のカーテンコール的に中の人が出てきてありのままの気持ちを伝える記事となっています。2018年8月からスタートした本ブログもたくさん嬉しいお声が届くようになりました。今 [続きを読む]
  • 内藤哲也選手は再び後楽園ホールに姿を現わすのか?
  • 内藤哲也選手は再び後楽園ホールに姿を現わすのか?棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手のドリームタッグが結成する前日。僕の脳裏にはこの言葉がよぎった。2018年11月29日は新日本プロレスの歴史の世界線が変動する日になるのかもしれない。棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手が同じコーナーに立つ。更に“タイムスプリッター”KUSHIDAが第3の男として登場。ブシロード新体制が幕開けして以来のドリームタッグが結成される瞬間だ [続きを読む]