さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: 神戸 ピアノ 好き 女子のひとりごとな日記
ハンドル名さくら さん
ブログタイトル神戸 ピアノ 好き 女子のひとりごとな日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/mymemo-kobe/
サイト紹介文神戸のピアノ好きな女子の独り言です。四季を感じた暮らし音楽のある生活をつずっていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 12日(平均7.0回/週) - 参加 2018/08/06 02:21

さくら さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お盆のあと ピンチです。お財布が・・・そんなときのメニューは
  • お盆のあと ピンチ!お財布が・・・そんなときのメニューは・ こんにちは。 お盆もおわりましたね。「母のお盆の時の手料理が」もう 食べれないんだなと思うと さみしく、元氣な時 もっと味わって食べておけばよかった そう感じた、お盆でした。 同時に 強く思い決めたことがあります。 「自分の大切な人に、想い出に残るような手料理」 を、今度こそ、続けて創ってあげる。 自ら、自然にそう思えることが、嬉しいです。 少 [続きを読む]
  • チョット 苦手な 朝日新聞
  • チョット 苦手な 朝日新聞 高校野球 開会式が 甲子園で ありました。  若い人が 全力で 熱中する姿は 胸を打つものが あります。  明日からいよいよ熱戦が はじまります。  が、主催する新聞社は チョット私は 苦手であります。  新聞はここ10年 どこのも読んでいません。   わたしのまわりの友人たちもおなじです。  ただ 妹 その家族とかは 読んでいるようです。   私 テレビもみていません。受信 [続きを読む]
  • 忘れられないあの夏の花火
  • 「忘れられない あの夏の花火」 今年も 神戸みなと花火大会は海に浮かぶまばゆい光が 美しかったようです。  平成のこうべみなと花火大会は 見納めでした。 平成という御代は 私にとって 人生のある意味一つの自分を乗り越えねば ならないステージでした。  自分の新しいステージへと 進むための厳しい時代でもありました。  今はそこに かけ上げるための課題を急速にやっている、そんな感じでしょうか。   今はあち [続きを読む]
  • 健康つくり していますか?
  • 「健康つくり していますか?」 今、ほしいものが 私にはあるのです。 でも、迷ってるんです。「タニタ」の コレっ! コレっかな? 色違いは どうよ タニタのこれら 体組成計の優れ点は スマートフォンと、対応しているところ世界初。」筋質が わかる。  特に 「筋肉の質がわかる」→筋肉量fだけではなく、筋肉の質にもアプローチできるのが すばらしいと 思ンです。   二年前から 一日 二万歩以上歩いてます。 [続きを読む]
  • 神戸 スイーツ「大切なあの人に お取り寄せ」
  • 神戸 スイーツの隠れた 人氣!「モン・シェリ」   密ひそかな人気のお店「モン・シェリ」  私の大切なスイーツ お取り寄せのコンフィチュール。  コンフィチュールとは 「生ジャム」です。   毎週、金曜日12:00〜16:00 お店で実際 試食して お気に入りを選ぶことができます。  ↑の画像はコンフィチュールとアイスやクッキー チーズとの組み合わせを提案くださって供してくださったものです。   選りすぐりの素材 [続きを読む]
  •  「雑感」あなたはどこかで 達成感を感じてますか 
  • 姪のNちゃんは ピアノが好きでずっと続けています。イメージです小学生のころ、学校へ行く前に必ず、ピアノ練習。専門的にやるって訳でもなかったのですが キラキラした瞳が 忘れられません。 イメージです中一の頃まで 地元のピアノコンクールで入賞したり、学校の合唱コンクールの伴奏したり、生き生きとしたその姿には 私も勇気と元気をもらったものです。中学時代は吹奏楽とも取り組み、ピアノとの練習を両立した彼女は]大 [続きを読む]
  • あのマドンナが60歳!! 「究極のカッコ好さ」の秘密
  • あのマドンナが60歳!! 「究極のカッコ好さ」の秘密   美しい。綺麗。カッコイイ。「マドンナ」 60歳 って 信じられない。 女子は 「何歳になっても、きれいでいたい」とおもいます 私も 自分の素材は たなのうえにあげて、ココロからそう思います。 そう思いながら、何もせず、歳を重ねて・・・情けないイヤイヤ 私は 気付いてハッとしています。 そして、どうにかする。。するぞ。 「マドンナの現実」を 見てきい [続きを読む]
  • 氣になる本 「大人こそ絵本」
  • なつねずみ, はなに いろを ぬる かかり。さいごは ふゆねずみ ,ちいさな つめたい あし してる。きせつが 4つで よかったね。一つ へったら どう なる ことか。一つ ふえたら どう なる ことか!               絵本 「フレデリック」から引用絵本【フレデリック】         ちょっとかわった のねずみの おはなし上記の詩のような お話は絵本に 登場する、ノネズミの「フレデリック」が 冬の備えと [続きを読む]
  • ピアノから受け取ったもの
  •  ピアノ好きになるためには ピアノの音は 美しいですね。静かな心になって 一音響かせてみると 心がザワザワしていたことも スッと引いていくそんな感じになります。   大人の初心者の方にとって ピアノは1曲 何か弾けると それだけで嬉しくて  楽しくなります。 演奏が稚拙で あっても ピアノが好きで向き合ってる大人女子の姿は 美しいのです。  ピアノを習わせてるお母さま方の いちばん多い悩みNo.1は  [続きを読む]
  • 食事
  • アツい時って 私の場合、食欲は 落ちないンです。でも今年は異常なこの暑さ。ヒンヤリ冷たいものが 異常に 食べたくなるのだ!私はネ!これは メロン。フルーツの糖分は ヘルシー。デパ地下まで お買い物はちょっと いえ、かなり厳しい。こんな時お取り寄せ 最高。「しっかりした食事」をとるためにも フルーツで元氣にネ! [続きを読む]
  • 神戸の街
  • 母が 愛おしんだ街 神戸の街六甲山を抱える神戸港。海の対岸にある、「メリケンパーク ハーバーランド」目の覚めるような鮮やかな蒼い空の色。  母は大好きでした。  生まれたのも 育ったのも 母は 神戸では ありませんでしたが。。『エトランジェだから。神戸が好き』  異人 流れ者 他国人 そんな感じでしょうか。  母は自分のことを そう感じていたのでしょうか?そんな自分を優しく抱擁してくれるような 神戸の街 [続きを読む]
  • あるピアノ 好きな 大人女子の物語ふう
  • このアメーバブログで 自由な感じで投稿したいと思った 「さくら」です。どうぞよろしくお願いします。私、さくらが 初めて神戸で暮らし始めたのは 旦那さまの大阪への転勤が きっかけでした。チャキチャキノ江戸っ子だった彼は「住むなら 神戸」の一言で 決まりました。海が好きだった彼でしたが ほどなく、難病に倒れ、あちらの世界へと 旅立ちました。二人でピアノを 囲んでよく歌い、笑った楽しい生活から私は一人ぼ [続きを読む]
  • 過去の記事 …