寺田レモン さん プロフィール

  •  
寺田レモンさん: 宝塚歌劇に行こう
ハンドル名寺田レモン さん
ブログタイトル宝塚歌劇に行こう
ブログURLhttps://zuka-zukka.com
サイト紹介文宝塚歌劇団の楽しさをたくさんの人に伝えたい!宝塚歌劇団情報を綴っています
自由文宝塚歌劇は夢の世界。魅力的なタカラジェンヌさんや楽しい公演情報など宝塚歌劇団の魅力を伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 14日(平均11.5回/週) - 参加 2018/08/06 16:14

寺田レモン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • すでにベテランの域に! 輝月ゆうま(きづきゆうま)
  • いよいよ2018年8月から始まる、『エリザベート -愛と死の輪舞-』ではマックス役を演じる輝月ゆうま(きづきゆうま)さんです。なんだか最近奇抜な役が続きその度に新しい一面を見せてくれていた輝月ゆうま(きづきゆうま)さん。ベテラン勢が演じることが多いマックス役ですが、安定の場所のような。むしろフランツを輝月ゆうまさんでそして美弥るりかさんのルキーニが見たかった。・・・のは置いといて。私が初めて輝月ゆうまさん [続きを読む]
  • 花組トップ「明日海りお」のインタビュー記事を読んで
  • トップ就任5年目。気がつけばもう一番トップ歴が長くなっている。最近の明日海りおさんの出入りの写真がSNSで流れているのを拝見しているとひたすら自分と向き合う修行僧のような、自分と向き合う張り詰めた空気すら感じています。ファンに媚びるわけでもなく、笑顔を振りまくわけでもない。ひたすら芸の道に集中しひたむきに突き進む。「とにかくステージの上の私を見て」と。そんな声が聞こえてくるような・・・全て私の妄想です [続きを読む]
  • 宝塚歌劇団の演出家一覧(2018年8月現在)
  • 演出家入団代表作出身校 植田紳爾(うえだ しんじ)1957『ベルサイユのばら』『風と共に去りぬ』早稲田大学第一文学部演劇科 柴田侑宏(しばた ゆきひろ)1958『うたかたの恋』『激情−ホセとカルメン−』関西学院大学文学部美学科 酒井澄夫(さかい すみお)1959『ガイズ・アンド・ドールズ』『セ・マニフィーク』早稲田大学第一文学部演劇科 岡田敬二(おかだ けいじ)1963『ル・ポアゾン 愛の媚薬』『シトラスの風』早稲田大学第 [続きを読む]
  • 男役10年ますます磨きがかかってきた朝美絢(あさみじゅん)
  • 朝美絢(あさみじゅん)さんは、宝塚歌劇団雪組に所属する男役さんです。2017年に月組から雪組に組み替えしてから役付きがよくなり、ますます磨きがかかってきましたね。月組当時から本役で美弥るりかさんやトップの龍真咲さんの役を新人公演で演じることが多かったかと思います。ということで雪組では、雪組での美弥るりか的ポジションか、それともこのまま雪組のトップまで上り詰めるか・・というポジションになってきましたね。 [続きを読む]
  • 柚香光(ゆずかれい)全国ツアー単独主演の次は?
  • 柚香光(ゆずかれい)さんは、入団期95期生の宝塚歌劇団の花組の男役さんです。現在、トップスター明日海りおさんの下の2番手です。そして最近注目度が上がってきている柚香光(ゆずかれい)さん。長身で小顔。個性的な美しいビジュアルの持ち主です。誰も真似できないあの妖艶さは柚香光さんしか出せませんね・・・。2018年11月から柚香光さん主演の『メランコリック・ジゴロ』全国ツアーがあります。トップスターさんではないジ [続きを読む]
  • 背が低くても魅力的!宝塚歌劇団・男役の世界
  • 宝塚歌劇団の男役と言うと、背がスラッと高くて・・・というイメージは誰でも持っているかと思います。宝塚歌劇団の男役さんといえば、170センチ以上は必要?・・・・と思われているかもしれません。しかし!!!160センチ代の男役さんで活躍されているタカラジェンヌさんがたくさんいます。公称の身長は165センチ以上と出ていますが、実際に見ると本当はもう少し背が低いかな?という方もたくさんいらっしゃいます。身長160センチ [続きを読む]
  • 【タカラジェンヌも御用達】宝塚大劇場周辺のおすすめのお店
  • 宝塚大劇場にきたら必ず寄りたいタカラジェンヌ御用達のお店。観劇を楽しむついでに、タカラジェンヌが立ち寄るお店も行ってみよう。宝塚はタカラジェンヌが普通に歩いている街です。タカラジェンヌとすれ違うこともあるかも〜!でも、たとえバッタリと出会っても声をかけてはいけません。・・・という宝塚ファンの暗黙のルールです。サンドイッチ ルマン宝塚南口本店待合スペースを備える気取らない店内で、ビーフカツサンドやフ [続きを読む]
  • 宝塚歌劇団各組の2番手、3番手は誰?(2018年夏)
  • 月組トップ・・・・ 珠城りょう(94期)2番手・・・・美弥るりか(89期)3番手・・・・月城かなと(95期)?2番手の美弥るりかさんが若手のトップ珠城りょうさんをしっかり支えているように見える2番手さんです。しっかり支え、いい空気を出しているのが舞台の上でも、いろいろな映像から伝わります。美弥るりかさんが2番手だからこそ今の月組の良さができているのだと思います。もう、誰が2番手とか3番手とか関係なく、「組全体の [続きを読む]
  • 宝塚歌劇を題材にした小説
  • づかメン!お父ちゃんたちの宝塚宮津大蔵宝塚に関わる男たちの短編小説集。宝塚の舞台裏などもわかります。宝塚の世界をこんな男の人達も支えている。阪急電鉄退職後にいきにり「生徒監」に任命された男の話。宝塚歌劇団に入りたい一心で吃音を直して頑張る妹を応援する兄。どの話にも登場するサンバさんとか、タカラジェンヌが成長していく姿、裏方の大道具さんで働く兄ちゃんと、縫い子のさりげない恋愛とかもある微笑ましい作品 [続きを読む]
  • 歌上手すぎ!留依蒔世(るいまきせ)の年齢は?
  • 2018年の宙組『WEST SIDE STORY』 がただいま梅田芸術劇場メインホール公演中ですが、歌唱力抜群と評判が高い留依蒔世(るいまきせ)さん。留依蒔世(るいまきせ)さんとはどんな人物なのでしょうか?留依蒔世(るいまきせ)さんは、宝塚歌劇団宙組に所属している男役さんです。入団期は97期生です。同期では、城妃美伶、海乃美月、永久輝せあ、綺城ひか理、佳城葵、など。現在入団8年目となります。男役10年と言われる宝塚歌劇で [続きを読む]
  • 宙組『WEST SIDE STORY』梅田芸術劇場メインホール公演の感想
  • 2018年7月24日(火)〜 8月9日(木)宝塚歌劇団宙組『WEST SIDE STORY』梅田芸術劇場メインホール公演の感想を紹介します。留依蒔世(るいまきせ)さん!声がよく通り、お歌も演技もいい!!!!!まさにミュージカル俳優でした! これからの本公演でももっと活躍して欲しいです。留依蒔世(るいまきせ)さんはほんとにうなる上手さ。台詞もくっきりで歌も上手いし、とにかくリアル不良でした。ルイマキセは尼崎の星です。本当に素 [続きを読む]
  • 演技派の男役、春海ゆう(はるみゆう)の実家は
  • 春海ゆう(はるみゆう)さんは、宝塚歌劇団月組の男役さんです。96期生です。同じ96期生には、和希そら、紫藤りゅう、綺咲愛里がいます。退団した雪組元トップ娘役の咲妃みゆ、花組元トップ娘役の花乃まりあも。2017年には、バウホール、専科公演の『神家(こうや)の七人(しちにん)』で、ルイス・フィッシャー役を演じた。ベテラン勢の専科の中でも臆することなく、延び延びと個性を発揮した演技が素晴らしかった。2013年11月公 [続きを読む]
  • 月組愛希れいかの後任、次期トップ娘役は美園さくらさんに決定
  • 月組愛希れいかの後任、次期トップ娘役に美園さくらさんが発表されました。先日の月組で公演されていた「雨にうたえば」で珠城りょうさんの相手役を務めて落ち着いた演技と高音の効いたキレイな歌声がとても好評でした・・・・・これは・・・・と思いましたので、やはりといったところでしょう。美園さくらさんは東京都江戸川区出身。2011年に宝塚音楽学校を入学、その後2013年に宝塚歌劇団に首席で入団し初舞台を踏む。2014年には [続きを読む]
  • 新人公演でルドルフ役の彩音星凪(あやおとせな)とは?
  • 彩音星凪さんは101期生の宝塚歌劇団の月組に所属する男役さんです。2018年注目のエリザベート−愛と死の輪舞(ロンド)−では、新人公演でルドルフを演じる予定です。(本役:暁千星、風間柚乃)彩音星凪(あやおとせな)のプロフィール入団期101期生生年月日6月21日出身地北海道雨竜郡身長173センチ愛称かのん初舞台月組公演『1789 バスティーユの恋人たち』入団時の成績14番北海道が生んだ野生児というキャッチフレーズ。出身は [続きを読む]
  • 宝塚歌劇団全国の公演ホールの座席表PDF一覧
  • 宝塚大劇場座席表SS席:194席S席:1408席(1F 1063席 345席)A席:475席(1F 286席 2F 189席)B席:473席(2F)合計:2550席宝塚大劇場座席表PDF東京宝塚劇場座席表SS席:133席(1F)S席:1092席(1F) 348席(2F)A席:229席(2F)B席:263席(2F)合計:2065席東京宝塚劇場座席表PDF宝塚バウホール座席表席数:526席宝塚ハ゛ウホール座席表その他の劇場日本青年館ホール座席表1階 811席 車椅子席 4席2階 434席合計席数:1,24 [続きを読む]
  • 過去の記事 …