まりん さん プロフィール

  •  
まりんさん: FX初心者ブログ
ハンドル名まりん さん
ブログタイトルFX初心者ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/munuminu2/
サイト紹介文FX初心者のためのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 1日(平均35.0回/週) - 参加 2018/08/07 00:25

まりん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 為替レートは変動する
  • 為替レートは変動します(変動相場制)。昨日は米ドル円の為替レートが110円だったのに、今日は109円になっているという具合です。何らかの理由で米ドルよりも円を欲しがる人が多くなれば、円高になります。その逆ならば円安になります。そして、この変動を上手に利用すれば、利益を出すことができます。(1)1米ドル=100円のときに1米ドル買いました(100円支払いました)。(2)その後、1米ドル=110円で米ドルを売りました(1 [続きを読む]
  • FXの資金とレバレッジ
  • 「FXとは」で触れたように「通貨と通貨の交換」が取引になりますが、資金には円でなく外国通貨を準備する必要があるでしょうか?いいえ、資金には外国通貨は必要ありません。資金は日本円をFX会社に預け入れて、それを担保に取引します。このFX会社に預け入れる資金(担保金)のことを「証拠金」といいます。商品先物取引などでは、預けた資金の範囲内で取引が出来る仕組みですが、FXの場合、資金となる証拠金の数倍(最大25倍) [続きを読む]
  • FXは2通貨間の金利差も利益に
  • FXの取引では、2通貨間の金利差が利益になることがあります。金利の低い通貨で金利の高い通貨を買うと、金利差分が受け取り金利になります。外貨建て預金の金利と考えれば合点が早いでしょう。たとえば、円を売って豪ドルを買うという取引をした場合、日本の金利が0.10%、オーストラリアの金利が2.00%だとします。金利差=2.00−0.10=1.90%この金利差分の利益を受け取ることになります。また、この金利差を「スワップポイント [続きを読む]
  • 取引できる通貨ペアは?
  • ユーロができる以前は、数多くの為替レートがありました。固定相場制の例とは異なりますが、ドイツの昔の通貨はマルクでした。そして、フランスはフランでした。マルクとフランは別々の通貨でしたので、それらを交換するために為替レートがありました。すなわち、FXの取引もできたということになります。もっとも、日本ではそのころ個人向けFXサービスは存在しませんでしたが。今では、ドイツもフランスもユーロを使っています。 [続きを読む]
  • FXとは
  • FX(エフエックス)とは、とても簡単に説明するならば「通貨と通貨の交換」です。例えば・・・日本で使われている通貨と言えば円です。そして、米国(アメリカ合衆国)で使われている通貨は米ドルです。 通貨の交換 日本で米ドルを使ってモノやサービスを買うのは大変です。米国でも同様でしょう。ニューヨークあたりで円を出しても、「ドルを出してよ!」と怒られてしまうかもしれません。そこで、円と米ドルを交換します。通貨 [続きを読む]
  • 過去の記事 …