Lasaveur さん プロフィール

  •  
Lasaveurさん: 料理教室 La saveur
ハンドル名Lasaveur さん
ブログタイトル料理教室 La saveur
ブログURLhttps://lasaveur1213.blogspot.com/
サイト紹介文肩ひじ張らないメニューを中心に、普段のお料理に活かせる料理のテクニック、コツが学べる料理教室です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 5日(平均40.6回/週) - 参加 2018/08/07 09:49

Lasaveur さんのブログ記事

  • ガパオライス
  • 去年伊勢丹でやった料理教室でご紹介したガパオライス。ちょっと気になるレシピを見つけたので、バージョンアップを目指して試作中。ゆるんふるさんのセラドン焼き盛り付けると、とっても雰囲気が出ます。下に敷いているランチョンマットもゆるんふるさんのもの。ネットでもお求めいただけます。ゆるんふるhttp://www.yurunful.com/smp/ [続きを読む]
  • 3amours トロワザムール(恵比寿)
  • 恵比寿にあるワインショップ 3amoursさん。自然派ワインを多く扱っているお店で、販売されているワインをお店で飲むこともできます。※販売しているものを飲む場合、持ち込み料2000円がプラスになります。こちらはボトルで購入したフレデリック・ゲシクトのクレマン・ダルザス。※クレマンはシャンパーニュ以外で作られるスパークリングワインの呼び名です。SO2添加ゼロ、2次発酵の補糖もゼロということで、ドゥーブル・ゼロと [続きを読む]
  • タプナード考②
  • 先日購入したオリーブはこちらの2つ。自然栽培のフランス産NYONSオリーブ(右)ニヨンスは地中海地方でも、最北端に位置し、海岸地方に比べて夏は乾燥、秋は雨が多く、冬は若干気温が低くなるという特徴があります。その独特の気候にもっとも適したのがタンシュ種と呼ばれるもので、乾いた空気の中で充分に熟し、表面に僅かなしわが刻まれた頃に収穫されます。※購入はこちらからhttps://www.traveler-store.com/products/de [続きを読む]
  • <9月のレッスンのご案内>
  • ■日程 ※各日4名9/4(火)9/11(火)9/21(金)■時間12:00〜15:00※終了時間は授業の進行具合によって多少前後することがあります。■授業料6,000円■メニュー*仕入れの状況などにより、材料が変更になる可能性があります。予めご了承ください。前菜 トマトのポタージュ(ポタージュ)トマトはリコピン、ビタミンC、βカロテン、ビタミンEなどを含み、抗酸化作用で生活習慣病の予防や美白効果が期待されることはもちろ [続きを読む]
  • 鶏もも肉のコンフィ
  • 9月のレッスンのメイン、鶏もも肉のコンフィ。試作中です。 レストランでいただくものというイメージがありますが、ちょっとした工夫でご自宅でもおいしく作ることができます。他の調理法とは一味違ううまみのあるコンフィは、ぜひご自宅のレパートリーに加えてほしい1品です。 [続きを読む]
  • ヨーグルトのソルベ
  • 台風が過ぎて暑さが戻ってきました。冷たくさっぱりしたものが食べたい、ということで、先日のレッスンで作ったヨーグルトソルベを出してきました。 ストウブココットラウンドを冷凍庫でしっかり冷やしてから、形を整えたアイスを入れてあげます。ストウブのお鍋は保冷効果もあるので、夏はデザートの器に使うのがおすすめ。 [続きを読む]
  • タプナード考
  • 来月のレッスンのTapenade(タプナード)。タプナードは、オリーブ、ケイパーなどを使ったペーストのことで、ブラックオリーブ、グリーンオリーブどちらでも作られます。市販で購入できるオリーブには、種あり、種なしがありますが、やはりおいしいのは種あり。種を抜いて塩水に漬けてしまうとうまみが逃げてしまうのだといいます。もちろんタプナードを作るときにも、種ありを使っていただいたほうがよりおいしく仕上がります。今 [続きを読む]
  • サンセバスチャンへ小旅行④ サンセバスチャンの街並み
  • サンセバスチャンの街並み。新旧、アーティスティックなものが混在していて、とても面白いものでした。駅からでてすぐは、パリみたいな整然と調えられた建物。途中あった大聖堂はバイヨンヌの大聖堂とちょっと似ていました。広場に銅像、こういった景色もいかにもといった感じ。と思っていたら、この広場の右手にいきなりこんなモダンな建物が。こちらはKursaal(クールサール国際会議場)。コンベンションセンターで、コンサート [続きを読む]
  • サンセバスチャンへ小旅行⑤ バイヨンヌからの移動
  • バイヨンヌからサンセバスチャンへ。まずはバイヨンヌ旧市街からアドゥール川を渡って、バイヨンヌ駅へ向かいます。こじんまりしたきれいな駅舎です。待合の椅子にコンセントのジャックがあって、待っている間にPC作業をしたり、携帯の充電をすることも可能でした。フランスとスペインの国境にあるピレネー山脈をトレッキングに向かうのか、ストックとリュックを持った山登りスタイルの方も見かけました。駅のホームはこんな感じ。 [続きを読む]
  • 先日のワイン会のお料理
  • 今回のワイン会はアルザスワインをメインにしていたので、アルザスの郷土料理を中心にご用意してみました。前菜は、暑い日が続いているのでまず冷製スープ。Vichyssoise ヴィシソワーズ。簡易的にじゃがいもと玉ねぎで作ることもできますが、今回は王道にのっとってポロネギとじゃがいもで。ポロネギの風味はとがらず、甘すぎず、じゃがいもの味を下支えしてくれます。ニューヨークのザ・リッツ・カールトンのシェフであったルイ・ [続きを読む]
  • 先日のワイン会のラインナップ
  • この間の日曜日、フランス旅行以来仲良くしていただいているみなさんと、久しぶりの自宅ワイン会でした。初めてお会いしてから10年近く、いろいろなワインを飲む機会をご一緒してきて、今は自然派ワインをいただくことが多くなりました。独特の出汁のような旨味が特徴的で癖になり、抜栓してから落ちることもあれば、化けるようによくなっていく変化も、次のボトルを開けたい欲求を沸かせる理由で、ボトル1本1本に面白さがあるの [続きを読む]
  • 愛媛のもも
  • 愛媛県産のももをいただきました。あかつき という品種です。愛媛でももといわれてもあまりピンと来なかったのですが、岡山県もももですし、瀬戸内海沿岸の県ですから作ることできるんですよね。ももは香りをかいでいるだけで癒される。 [続きを読む]
  • <8月のレッスンのご案内>
  • ■日程 ※各日4名8/15(水)8/29(水)■時間12:00〜15:00※終了時間は授業の進行具合によって多少前後することがあります。■授業料6,000円■メニュー*仕入れの状況などにより、材料が変更になる可能性があります。予めご了承ください。前菜:ラタトゥイユ南フランス、プロバンス、ニースなどで作られる、夏野菜を使った煮込み料理です。温かいままでも、きりっと冷やしてもおいしい、常備菜にもなる一品です。メイン:鮮魚 [続きを読む]
  • サン・セバスチャンへ小旅行② バル巡り巡り
  • 駅から市場を目指す途中に立ち寄ったバル。カウンターに並ぶサンドイッチのようなピンチョや、オープンサンド風のピンチョを頼むお客さんを、女性の店員さんがきびきびとさばいていきます。 こちらはラ・ブレチャ市場そばのGorriti(ゴリッティ)1920年創業の老舗バル。立ち飲みで市場のそばにあるせいか、狭いカウンターがキュウキュウ。とはいえ、入れ替わりが激しいのでちょっと待てばすっとカウンターに入れます。場所を確保 [続きを読む]
  • サン・セバスチャンへ小旅行① ラ・ブレチャ市場
  • サン・セバスチャンにあるラ・ブレチャ市場。NHKの旅するスペイン語で訪れていたのを見て、ずっと行きたいと思っていました!駅から歩いていくと目に入るこの建物が目印。建物沿いには屋外市場が並んでいます。屋外市場を眺めながら裏までいくと、食料品を売る市場の入り口があります。市場は地下にあり、エスカレータを降りていくと、こういった感じでお店が軒を連ねています。お肉屋さんに食材店チーズ屋さんNHKの講座で出てきた [続きを読む]
  • ちゅうちゅうゼリー
  • マツコデラックスさんが出演されている番組の、おやつグランプリというコーナーで、2011年のグランプリに輝いた「ちゅうちゅうゼリー」をいただきました。保存料、香料、着色料一切使用せず、柑橘そのままをゼリーにしているので、甘さ、酸味、苦味など、それぞれの柑橘が持っている特徴がキチンと残っていて絶品です。食感もいわゆるゼリーのように固くなく、滑らかに飲み込めるので、お子様からお年よりまで幅広い年代の方に [続きを読む]
  • 河内晩柑
  • 愛媛の河内晩柑をいただきました。河内晩柑は文旦(ブンタン=ザボン)の一種で、大正時代に熊本県河内町で文旦の枝変わりとして発見されました。発祥の地である「河内」と、遅い時期に収穫される柑橘の総称である「晩柑」を 組み合わせて、「河内晩柑」と名付けられたそうです。主に熊本県、愛媛県で栽培され、ブランド名がつけられて販売されています。見た目がグレープフルーツに似ていることから、和製グレープフルーツと呼ば [続きを読む]
  • 千日紅とあじさい
  • 豪華なお花は生け方が難しくて苦手なので、いつもはグリーンを主に生けているのですが、たまたま見かけた千日紅とあじさいがかわいらしかったので、しばしの間、仲間に入れてみることにしました。 [続きを読む]
  • トマトの季節です
  • 7月のメインのお料理、いかのセート風煮込み。だし汁を使わずに作っていくので、いかとトマトの味が大事なポイントになります。通年購入できるトマトですが、露地ものであれば6月〜10月が旬になります。今月はまさに旬なので、先日のレッスンではこちらの北海道産のトマトを使いました。トマトの見分け方は・鮮やかな赤色で色のむらがない。・へたがピンと張って青々としている。・形が均一な丸みを帯びている。・身にハリがあ [続きを読む]