なつ さん プロフィール

  •  
なつさん: いちごとビールと虎と鹿
ハンドル名なつ さん
ブログタイトルいちごとビールと虎と鹿
ブログURLhttps://ameblo.jp/nauknow/
サイト紹介文東方神起勝手な妄想です。ホミン☆ミンホどちらもあります。R18。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供528回 / 127日(平均29.1回/週) - 参加 2018/08/07 17:16

なつ さんのブログ記事

  • 夜の楽しみ 6
  • ☆ホミン☆『チャンミン…少しいいか?』僕は自分の部屋に戻ってユノヒョンが眠るのを待とうと思っていたけれど少し話があると呼び止められる『チャンミン、この間は悪かった』「えっ?」あれから何も言うことなく僕から聞くこともなく、お互いに忘れようとそう言っていたことそれをユノヒョンは今話そうとしている『この間は…ジユに会ったんだ』ジユさん…ユノヒョンの元カノ寝言でも言っていたジユさんの名前をあの日…に会った [続きを読む]
  • 飛ばされたのですね…
  • 仕事がおわり今帰宅したのですが、ミンホの『もう限界2』が飛ばされたんですね…チャンミンがユノに目薬をさしてあげただけなんですけどね(^^;それだけユノがエロいってことなのでしょうか?だとしたら、チャンミンが我慢できないのは許してあげないとですね(≧∇≦)挿れる←これがダメなのかなあとで飛ばします。すみません。にほんブログ村">にほんブログ村 [続きを読む]
  • 少しの逢瀬 第二章 6
  • ☆ミンホ☆パラレルです。その日、チャンミンは約束通り部屋にやってきたたくさんの食材を買い込んで、とても楽しそうに料理をし、そしてたくさん食べ、いつもよりも酒は飲まず、どうしたんですか?と聞けば勃たなかったら困るしねなんて小さな声で呟いてとにかくやる気が溢れていたベッドで男二人裸で抱き合うそんなこと何回もやってはいたけれど、今日はいつもと違う俺だってさすがに緊張はするあの日…初めて社長室に連れていか [続きを読む]
  • もう限界
  • ☆ホミン☆『チャンミン…早く…お願い早くして…もう無理…早くいれて』「………」はぁ…口も開けて舌がテロテロと…もっと聞きたい…『チャンミン!早く…あ〜もう限界』ユノはそう言うと横になっていたソファから起き上がる『チャンミン!なんでだよ!もう早くしてくれよ、目が痛いよ』今朝起きたユノは目が充血していて眼科で目薬を処方してもらっていたそれで目薬自分ではできないから、チャンミンやってなんて頼まれてゴロン [続きを読む]
  • 少しの逢瀬 第二章 5
  • ☆ミンホ☆パラレルです。『いいのか?こんなとこにいて社長についてるのが秘書だろ?』それにさ、ここの唐揚げ旨いんだよ、たまには息抜きも必要だろ?>>俺とドンヘが社食でお昼を食べているとキュヒョンがやってきて当然のように俺の横に座り食べ始めるチャンミンがアメリカに行っている間はこうやってよく食べていたけれど、帰ってきてからはこんな時間はなくなっていた>俺が大切に取っておいた唐揚げを掴むとパクっと口の中に [続きを読む]
  • 自己満足妄想 17
  • ☆ミンホ☆『チャンミン明日から日本だな』「そうですね」『またnauknowさんに会えるな?』「あっ!ユノ、nauknowさん名前変更してます次はなつです本当に良かった!ユノとは関係ない!まったく想像できない名前になりました」『………』「ユノ?」『なんだか…寂しいな一緒にベッドで寝た仲なのになつ…か…』「ぐわぁ!!それ言うな!また思い出したじゃないか!!とにかくもう名前はあまり言わないで、デレデレするはずだから」 [続きを読む]
  • 二人の関係〜大喧嘩2〜
  • ☆ホミン☆あの…これどうだろう。ちょっと心配。なので、何でも大丈夫な方だけでお願いします。『おまえ!何やってんだよ!こんなの!』「いいだろ!僕だってたまにはこうやりたいんだ!ユノのために我慢してたけど!これは僕の本能だ!!僕はいつだって欲してた!でもユノは嫌かと思って我慢してたんだ」『そうかよ!じゃあそれを喜んで受け入れるやつと付き合えばいいだろ!俺は…無理だ』大喧嘩をした…こんなに怒鳴りあった喧 [続きを読む]
  • 欲の違い 後編
  • ☆ミンホ☆あれからチャンミンは俺を誘うことをしなくなったきっと俺の言葉で、もうどうでよくなったのかもなそして、誰かとすることで満足なのだろうやっぱり俺たちはこんな関係なんだ好きだと伝えあった言葉は俺たちしか知らない終わってしまえば誰にも知られずそれも終わってしまうしばらくして俺たちは日本での生活ここでは二人で住んでいただから、触れあって求められて毎日ベッドで一緒だったけれど…今度はどうなるのかなや [続きを読む]
  • 酔っぱらいの戯言13その後
  • ☆ホミン☆『チャンミン、上で頑張ってくれる?』俺の言葉に頷いたチャンミンは俺のズボンと下着を下ろしそしてチャンミンも脱ぎ始める本当に自分からしてくれるの?いつもはここまで大胆になることはないチャンミンに自分がお願いしたとは言え少し戸惑い始めた大丈夫なのか?チャンミン…いや俺か?ヤバいな…俺の息子チャンミンが服を脱ぐだけでどんどん起き上がるそれを見たチャンミンはフッと笑うと嬉しいと一言呟いた「ユノ… [続きを読む]
  • ご連絡。
  • いつも読んでいただきありがとうございます。いいねもコメントも本当に嬉しいです。突然ではございますが、名前をnauknowから『なつ』に変更させてもらいました(^^;元々、アメブロに登録するときにユノ溺愛のあまり勢いでつけた名前でして…なんて読むの?って思われてるかな?と心配だったりしたんですよね。それで、いまさらか?と思いつつ今ならまだ大丈夫なのでは??と思いました。すみません。これからもよろしくお願いしま [続きを読む]
  • ヤキモチ妬き 4
  • ☆ホミン☆「やめろよミノ〜」>「意外ってなんだよ!俺は大きいんだよ!」今日は家にキュヒョンとミノが来て朝までゲームをすることに僕がシャワーを浴びようとすると、ミノも一緒に入りますなんて本当に可愛い弟だ背中なんかも流してもらえば気持ちが良くなって「ちょっ!触るなよ!」>なんだよ可愛いって…僕は男なのに…>「あ〜ミノがふざけてさ」リビングに二人で戻ればキュヒョンは慌ててスマホを置いた「?なに?」「ふーん [続きを読む]
  • アイスはまた買ってあげるから
  • ☆ミンホ☆やはりミンホバージョン書いてしまいました(#^.^#)僕はずっとユノが好きで、でもこの気持ちは絶対に表に出してはいけないものだと思っていたそれがきっと僕たちに求められたもので、僕たちがうまくいくものだと思ったからだけど兵役もおわり一年を過ぎた頃…もしかしたらユノも同じ気持ちなのでは…そう思い始めたんだだから僕は…「好きなんです…付き合いませんか?僕たち…うまくいくと思います」そう伝えた…自信が [続きを読む]
  • 酔っぱらいの戯言 13
  • ☆ホミン☆なぜ消されましたか?少し直しました…いやでも何がダメ?『寝ちゃってもいい?』「………ダメに決まってる」チャンミンはキュヒョンたちと飲んでいたはずだっただから俺も友達と遊びにいき楽しんで帰宅したら…そこにはほろ酔いのチャンミンがそして、なぜだか俺はベッドでうつぶせにされその上にチャンミンが…そして、僕がマッサージしてあげるよなんて別に疲れてないしって言葉はまったく無視されて俺の背中から腰を [続きを読む]
  • 過去の自分 番外編
  • ☆ホミン☆『……チャンミン…あのこれ…また洗ってくれなかったの?』「えっ?あ〜香りついてたんで」僕はやっと素直になってそして今またユノとやり直せているそうなるときに決めたこと「香りがついたものは洗わないって言いましたよね?僕はユノのお世話をすることは大好きですまったく苦になりませんだけどそれとこれは別!」『……じゃあいいよ』ユノはさすがにちょっとムッとしてその洗濯物を持ってリビングを出ていった自分 [続きを読む]
  • 欲の違い 中編
  • ☆ミンホ☆僕たちは付き合っている大好きで大好きで毎日でも抱きたくて、そんな恋人はいつでも僕にそっけない昔は毎日抱いていた、抱いても抱いてもそれでも欲しくなって僕はどんだけユノを好きなんだよなんて自分でも呆れるほどそれがユノから言われた言葉で一瞬にして崩される『チャンミン少し会うのはよそう』「はっ?なんでですか?」『毎日じゃ…辛いそれに何回もじゃ限界だよ』どうして?毎日愛したいんだ、僕がどれほどあな [続きを読む]
  • これは本能
  • ☆ミンホ☆『あっ…悪い』「いぇ…」僕はユノヒョンが好きだ、そしてその好きな人は隣の部屋でいつも寝ている週のほとんどはそこに出向いて断られても負けることなくベッドにお邪魔しているけれど…たまには一人になりたいことだってあるんだそれは悶々としたときとか…ムラムラしたときとか…ギンギンのときとかさすがにユノヒョンにお願いはできないしこんな僕を見られるのは恥ずかしいだから今日は部屋で…僕は自分の昂りに手を [続きを読む]
  • 出逢えて良かった人 5後編
  • ☆ホミン☆パラレルです。ユノはゆっくりと話し始めたでも、そこに迷いはないような真っ直ぐに僕を見てそして少し微笑みながらゆっくりと話してくれた『私は…両親が高校の時に亡くなってそれは僕のせいなんです僕が自分のために両親を旅行に行かせた、そこで事故にあってずっと僕はそれを自分のせいだと思っていますでも…ハナがそれは違うとそう言ってくれました一人で苦しむ私を支え一人じゃないとそう言ってくれました』ユノの [続きを読む]
  • 欲の違い 前編
  • ☆ミンホ☆「ユノ…今日…いい?」俺は耳元でチャンミンにそれを言われ体の奥底からゾワッと沸き上がる欲望次の仕事までの待ち時間で俺は友達と今日の連絡を取り合っていただから後ろにチャンミンがいたことに気づかなくて不意打ちは体に…くるな俺たちの関係…それはなんだかよく分からなくなっていた始まりは確か付き合ってくださいから始まって、俺もチャンミンが好きだよってことになってそれで、あっという間に繋がった体はお [続きを読む]
  • 二人の関係〜やっぱりあなたは〜
  • ☆ホミン☆目が覚めると早くユノに会いたかった会って謝ってそして…彼女のことを話そうちょっとだけ拗ねたようにだけど僕は恋人だそこは自信をもって余裕ぶって伝えようきっとユノは許してくれる…僕の不機嫌の理由を知って呆れるかな?それでもチャンミンらしいと笑顔で言ってくれるかな?楽屋について中に入ればそこにはその女優さんとユノがいてユノは僕を見て少し気まずそうにそして彼女は赤い顔をして帰っていった『チャンミ [続きを読む]
  • 少しの逢瀬 第二章4
  • ☆ミンホ☆これでどうだ!!直しました。パラレルです。「ユノ…本当に本当に浮気…してないよね?」ベッドで俺の上に覆い被さり見つめながら言ってくる『してませんよ、キュヒョンから聞いているんでしょ?』チャンミンはまたムゥって顔をして俺を睨む本当に可愛い…親友に自分の秘書に嫉妬して「キュヒョン…もう嫌だなんで親しくなってるんだよ…僕のことは社長なのにねぇ本当にキュヒョンとはなんでもない?一緒に眠ったりした [続きを読む]
  • 凄いけど見るのは僕だけでいい
  • ☆ホミン☆今日のネタバレみたいなものが少し含まれてます。感想的なもの書いてます。↑ここでのチャンミンとユノの会話のその後を妄想しました。「……」『チャンミン?どうした?機嫌が悪いな』「……なんであんなこと」ライブでユノの腹筋も凄いと話したら、楽しみにしててねと言ったんだ楽しみ…なんで?あの腹筋は僕だけのものでだからちょっと自慢したくて言ったのにユノの腹筋も凄いんですよ、僕は毎日見ているしあの割れた [続きを読む]
  • 凄いけど見せるのは無理
  • ☆ミンホ☆今日のネタバレ?も少しあります。なんでも大丈夫なかただけどうぞ。今日の感想的なもの書いてます。↑それで気になったチャンミンとユノのやり取りのその後を妄想しました。「ユノ…なんであんなこと言ったんですか?」『へっ?』「楽しみにしててねって」僕がユノの体も凄いとファンのみんなに伝えたらユノは楽しみにしててねって言ったんだ楽しみに?楽しみは僕だけでいいまぁ話をふってしまったのは僕だけどでもまさ [続きを読む]
  • 終わりました。
  • 終わりました。帰りの電車の中です。いつものことですがうまいレポとか書けませんので伝えたいことだけ。席は一階スタンドチャンミン側ユノの腰が何度もうつりました。それをうつしてくれたカメラマンさんに何か品物を送りたいです。二人は始めからとても楽しそうで、かなりパワフルでした。ユノ何度もカメラにニヤッと笑うので、私はギャーと声が出て早い段階から喉がガラガラです。チャンミン何度もカメラ目線をくれるので、グァ [続きを読む]