ラメール さん プロフィール

  •  
ラメールさん: 薬剤師によるゼロから学ぶ漢方〜備忘録
ハンドル名ラメール さん
ブログタイトル薬剤師によるゼロから学ぶ漢方〜備忘録
ブログURLhttps://ameblo.jp/lipofaepharmacist/
サイト紹介文ゼロから漢方の知識を積み重ねる備忘録的ブログです。一緒に階段を昇りませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 3日(平均25.7回/週) - 参加 2018/08/07 18:06

ラメール さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ■東洋医学と西洋医学の考え方の違い
  • 前回のブログでは■東洋医学を理解するための基本事項 ということでお話ししました。 具体的に東洋医学と西洋医学の違いを見ていくことにします。 大まかにいえば ①診断の概念と方法の違い②治療法の概念と手法の違い ということになると思います。 実際の西洋医学の診断では患者は例えば内臓だとか首だとか体をパーツパーツに分けて考え、診断に基づいた『病名』が与えられます。すべてがそうとは言いませんがそのパーツにつけら [続きを読む]
  • ■東洋医学を理解するための基本事項
  • ●東洋医学と西洋医学は違うことだと認識する もちろん西洋医学という観点において相通じることもありますがそういう認識だと必ず行き詰まります。 西洋医学の知識を捨てることはいりませんが東洋医学というものをハードとしたときに東洋医学に適したソフトを使わなければ上手くいかないことも多いと思います。 まだ勉強を始めて間もないですが、そういうことを意識しないと東洋医学について理解することが難しいというか行き詰ま [続きを読む]
  • 東洋医学における『気』を理解する
  • 東洋医学における『気』とはエネルギーみたいなものと理解すれば合点がいくような気がします。 大まかにいえば『気』の証は ●気逆(一方的に上に上がる)気逆:発作性頭痛・動悸発作・臍傍悸の緊張・イライラ怒りっぽい・冷えのぼせ・発作嘔吐(吐き気なし)処方例)加味逍遙散 ●気鬱(停滞している)気鬱:情緒不安・抑鬱傾向・心下痞硬・喉の閉塞感・胸腹部膨満感処方例)半夏厚朴湯 ●気虚(気が足りない)気虚:眼光無力・食 [続きを読む]
  • 漢方は約束処方と考えるとわかりやすい
  • 西洋医学でいう約束処方とは別次元で考えたほうがいいのかもと思います。例えば一つ一つの漢方処方に入っている生薬名を暗記するのではなく、何千年の歴史もあるものなので先人がなぜこのような組み合わせにしたかそれを服用してどのような効果が得られたかということを莫大な検証・症例数があるはずなのです。 例えば大黄が含まれる漢方をみたときに甘草が含まれていることが多いと思います。大黄と甘草を組み合わせることで大黄 [続きを読む]
  • 東洋医学における『証』の診断方法
  • 東洋医学における『証』の診断方法四診:望・聞・問・切●望診:体格、舌、皮膚、態度●聞診:咳嗽、喘鳴、声、臭い●問診:経過、症状、便通、食欲●切診:腹診、脈診 診察の順番 望・聞・問・切 例えば悪寒がして熱がある場合は優先順位から問診(表寒)>切診(表熱)となる 診察の方法 舌診:全体の色→赤みが強ければ強いほど熱舌診:苔の有無→苔があれば裏、なければ表 歯痕→水毒の特徴胖舌(ばんぜつ)(厚ぼったい)→ [続きを読む]
  • 東洋医学でいう『証』とは何か?
  • 東洋医学の概念 どのようにして状態=証を表現するか●冷えている、熱い●乾いている、湿っている 治療→中庸にいかに近づけるか 状態=証を表現する言葉 表裏、寒熱陰陽、虚実気血水表=体の表面:皮膚、関節裏=体の奥:胃、腸、肺半表半裏=表と裏の中間:気管、口腔 1日1歩の応援になります。↓↓↓↓↓ [続きを読む]
  • 西洋医学的観点ではなく東洋医学的観点で症状を把握することが大事
  • 東洋医学は難しい・・・と思っていればいるほどかなりとっつきづらくなっているような気がします。実際は学べば学ぶほど奥が深いのでしょうが・・・・ ただ東洋医学は日常生活から生まれてきたものなのであまり難しく考えすぎないことが理解への第一歩のような気がしています。 光があるから影がある。光が強いほど影が明確になる。 東洋医学においては光=陽、影=陰といいます。 黄帝内経素問 陰陽応象大論では『陰陽は天地の道 [続きを読む]
  • 漢方の勉強をあきらめる理由
  • 漢方についての勉強をあきらめる理由は何か?これは私の経験ですが漢方の番号順に入っている生薬名を覚えようとしてたからかな?と思います。 いくら勉強しようとしても何か生薬の羅列で覚えられないと私自身このような負の連鎖に陥っていました。 番号なんて覚えなくてもいい、漢方名なんて後回しにしてブレンドをみているとなんとなくですが漢方の本質が少しずつですが見えてきたような気がします。 この生薬が何に使われるのか [続きを読む]
  • このブログ開設について(最初にお読みください)
  • よく漢方ってわからない。Drの処方意図がわからない。でもなんか覚えるとおもしろそう。 こんなことって薬局にお勤めの薬剤師なら多いと思います。(自分だけかも・・・)ほとんどといってもいいほど私には知識がありません。そういう薬剤師さんと一緒に勉強できればと思い、このブログを開設しました。 漢方にお詳しい先生からみれば変なブログになるかもしれませんが優しい先生がいらっしゃりましたらコメント等にて修正やアドバ [続きを読む]
  • 過去の記事 …