NORI さん プロフィール

  •  
NORIさん: その学びは、「メシが食える」大人になりません!
ハンドル名NORI さん
ブログタイトルその学びは、「メシが食える」大人になりません!
ブログURLhttp://noriseed.citylife-new.com/
サイト紹介文これからの社会を生き抜く子供たちに必要なスキル、よのなか科やアクティブラーニングの取組を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 2日(平均73.5回/週) - 参加 2018/08/08 10:41

NORI さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 学力テストの結果から思うこと
  • 平成30年度の学力テスト(全国学力・学習状況調査)の結果が公表されました。結果が出て、教育委員会や学校は一喜一憂していることと思います。この学力テストの目的は何か、今一度確認してみましょう。文部科学省は、次のように示しています。①義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図る。 ②そのような取組を通じて [続きを読む]
  • 子供たちにどんな力が必要か、今一度、問う!
  • お久しぶりです。しばらくブログの更新を辞めていました。それには理由があります。私は公立学校教員を3月で早期退職し、「子供と地域をツナグ学びの場」を創ろうと動き出しています。そのためには、地域で活動されている方々の取組を拝見させていただいたり、お手伝いさせていただいたりしました。その中で感じたことは、学力定着の問題です。「テストの点数が低いから、できれば平均点を取らせたい。」「何とか公立高校に合格さ [続きを読む]
  • 道徳が教科化されるホントの理由は・・・
  • 今年度から小学校で「道徳」が教科になりました。先日、NHKのクローズアップ現代+で、「道徳が教科化に。戸惑う先生・子ども」という内容を取り上げていました。番組では「道徳的な価値をどう教えるか。」ということが中心となっていましたが、少し違和感を感じました。学校で道徳の授業が行われたのは昭和33年の学習指導要領からなのです。そうです!学校で「道徳」の授業は60年近く行われてきたのです。ですから、「価値を [続きを読む]
  • 地域には素晴らしい大人がいる!
  • 地域には子どもの教育に関心のある大人がいます。また、さまざまな知識、技能や特技をもっている大人がいます。「子どもたちに手芸を教えたい。」「子どもたちに将棋を教えたい。」という年配の方もいらっしゃると思います。「プログラミングを教えられます。」「英会話を教えられます。」といった学校教育につながる技能をもった方もいらっしゃると思います。「勉強を教えてあげる。」という高校生や大学生もいらっしゃるのではな [続きを読む]
  • 子どもは地域の宝〜地域で子どもを育てる仕組み創り〜
  • 子どもは地域の宝です。地域の宝である子どもたちと、地域の未来のため地域全体で学び合い支え合う仕組みづくりとして「学校と地域でつくる学びの未来」というプロジェクトを文部科学省と厚生労働省で推進しています。ふた昔前子どもたちは近所の大人たちに守られ、叱られ、褒められ地域の中で育っていきました。商店街ぐるみで地域の子を知っていたり子どもが集う駄菓子屋のおばちゃんがいたりしました。子供会も活発に活動し、イ [続きを読む]
  • これからの子供たちに必要な力は「情報編集力」
  • (藤原和博氏の夏季研修会より)「21世紀の成熟社会」を生きる子供たちに、どのような力を付けることが必要でしょうか。「20世紀の成長社会」においては、速く正確に答えを出す《情報処理力》が求められました。ようするに、《頭の回転の良さ》です。もちろん、この力は今でもこれからも必要で、小学校の学習の9割はこの力を付けています。ところが、正解を速く見つけることは、コンピューターやAIには叶いません。ですから [続きを読む]
  • 明日4月17日は全国学力テスト
  • 明日4月17日は、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)です。ご存知だった方はどれぐらいおられるでしょうか?学校に勤めてなければ、もっといえば、管理職か、小6か中3の担任でなければ、気にすることもない日です。しかし、各学校は、明日のテストに向けての対策に余念がなかったかと思います。ここでは、その是非について書くことは控えさせていただきます。このテストで測られるのは、A問題が「知識」、B問題が「活用」です [続きを読む]
  • 成熟社会に必要とされるのは「納得解」
  • これからの成熟社会を生き抜く子供たちに、どのような力を付けなくてはならないかを述べる前に、これから子供たちが生きる未来(そして現在)はどのような社会なのかをもう一度おさらいします。(藤原和博氏の夏季研修会より)私たちが子供の頃(1970〜80年代)は《成長社会》で、世の中の物事に正解が1つありました。この時代は【みんな一緒】の時代でした。ところが、21世紀になり《成熟社会》に突入し、世の中に正解が [続きを読む]
  • 新入社員の研修こそ納得解を導く研修に!
  • 都内の公園にスーツを来たフレッシュマンの集団です。聞くところによると、入社した会社のゆかりの地をオリエンテーリングして回るという新人研修だそうです。チェックポイントには会社の上司がいて、班を確認したら、新人たちは次の場所へ。それって正解をなぞるだけの研修じゃないかと思って見ていました。もちろんルート選択には皆で知恵を出し合うでしょうが、それも、みんなで正解を導くだけにしかないと思います。納得解を導 [続きを読む]
  • 地域と子どもの良い関係を作るのは、簡単なようで実は難しい?
  • 皆さんが子供の頃、地域の大人とどんな関係でしたか?住んでいた場所によって、その関係は異なると思います。(それは今も)町内会や自治会、子供会などの組織がしっかりしていて、地域の大人との関係が密だった人もいるでしょう。反対に、隣は何をする人ぞ、といわんばかりに地域との結び付きが希薄だった人もいるでしょう。今、多くの町内会が高齢化しており、子供たちに何かをしてあげたい、という気持ちはあるのですが、毎年同じ [続きを読む]
  • 子ともと地域をツナグ場所を創る
  • 《子ども達に必要な資質》について半年ほどほぼ毎日更新してきました。訳あってあまり具体的なことを書いてきませんでした。これからはより具体的なことを発信し、たくさんの方のご意見をいただきながら、形作っていきたいと思います。子どもは地域の宝です。そしていずれ地域を支えていくのは、今の子ども達なのです。そんな子ども達が社会で生きていく力をつけるのは、《家庭》《地域》《学校》の責務です。三者が連携・協働する [続きを読む]
  • 正解の替わりにあるのは「納得解」
  • 成熟社会は正解がありません。正解のないよのなかは混乱しているでしょうか。意外とそうでもありません。それは多数が納得する答えをみんなが出しているからです。これを「納得解」と言います。物事にはメリットデメリットがあり、そして折り合いをつけています。この納得解を導き出すためには、『観察』『仮説』『検証』『証明』というプロセスを経て、他者を納得させなくてはなりません。そのために必要な資質を身につけさせるの [続きを読む]
  • 成熟社会で求められるのは、レゴ型学力
  • 正解主義の世の中では、1秒でも速く正解にたどりつくための「情報処理力」です。遊びで例えるなら、ジグソーパズル型の学力と言えます。ジグソーパズルは、決められた与えられたピースの絵を素早く組み立てていく遊びです。一方、正解がない成熟社会で必要なのは、ブロックを組み合わせて新しい答えを生み出していく「情報編集力」です。遊びで例えるなら、レゴブロックです。 [続きを読む]
  • よのなかから消えた『正解』
  • 日本は経済が成長を遂げ、よのなかに「正解」が失われました。今、親である世代の大人の子どもの頃に正解が確かにありました。家族の団らんはリビングにあるテレビで、『ザ・ベストテン』『ひょうきん族』『金八先生』を一家で見て過ごしました。家庭生活では、「テレビがほしい」「エアコンがほしい」「自家用車がほしい」という共通の目標がありました。進学、就職もそうです。いい高校に入って、いい大学に進めば、大きな会社に [続きを読む]
  • まず「勉強」を忘れよう
  • 藤原先生は著書で、「まず『勉強』という2文字を忘れよう。」とおっしゃっています。勉強とは、「勉(つと)めて強(し)いる」という意味です。「勉める」は、ひたすら努力をすること。「強いる」は、無理やり教えること。そんな勉強は面白いでしょうか?面白くないと言う生徒がいて当たり前なのです。先生が無理矢理選んだ「夏目漱石の『こころ』」を読まされ、読者感想文を書かされるようなものです。そうして、読書が嫌いになった [続きを読む]
  • 『たった一度の人生を変える勉強をしよう』藤原和博著
  • 中高生は、この本を読むといいです。この本は、よのなか科の授業を提唱した藤原和博氏が、中高生向けに書いた、これからの社会を生き抜くために、どのような力が必要かが書かれてあります。今までの「勉強」とこれからの「勉強」は何が違うのか。この本を読めばわかります。成長社会を生き抜いた親世代の学生時代とは違い、これからの子供たちは、成熟社会を生き抜いていかなくてはならないのです。「ちゃんとしなさい」「早くしな [続きを読む]
  • 柔らかアタマで未来を切り拓く
  • 子供たちに向けての最後の授業(離任式での挨拶)**********************自動車のタイヤを知っていますよね。ゴムでできていて、丸くて、黒いですよね。では、今までにないタイヤを頭の中で考えてください。(考えタイム)これから皆が生きていく未来は、今までにないものを生み出していかなくてはなりません。そのためには、頭を柔らかくして考える力をつけてください。******************* [続きを読む]
  • 過去の記事 …