ロレックス -ROLEX- さん プロフィール

  •  
ロレックス -ROLEX-さん: ロレックス -ROLEX-
ハンドル名ロレックス -ROLEX- さん
ブログタイトルロレックス -ROLEX-
ブログURLhttp://fanblogs.jp/rolexwatch/
サイト紹介文ロレックスの時計は最高品質の原料から製作され細部に至るまで注意を払って丁寧に組み立てられています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 116日(平均5.3回/週) - 参加 2018/08/09 09:35

ロレックス -ROLEX- さんのブログ記事

  • 時計はどうして「とけい」という名前なの?
  •  「時計」は、中国周代に用いられた緯度測定器 「土圭」の当て字とあります。 棒を立て、その影の長さを測るものが粘土で出来ていたので土圭と呼ぶことに由来します。 倭漢三才図会によれば土圭は、8尺の板を地面に立てて日影を測る日時計であると書かれています。 この「とけい」という音に対して、日本では、土圭、斗鶏、自鳴鐘、時計、斗景、土計、時辰儀 等の文字を当てています。  鶏が時を告げるので斗鶏なんて良く [続きを読む]
  • 4時のローマ数字はIIII? それともIV?
  •  ローマ数字の時計の文字盤をみると大抵4時は、IIIIと書かれてます。(因みに英国のビッグベンはIVと書かれていますが) この理由には諸説があります。1. 14世紀、フランス王シャルルV世が宮廷の塔時計を作らせた時に、王の称号のVからIを引くのは縁起が悪いとして変えさせたのが発端との、「シャルルV世」説。2. 対称な位置にあるVIIIとのバランスが軽い、VIより重いIIIIの方がよいとする、「バランス説」。3. 文字 [続きを読む]
  • 1秒の長さは何で決まっているの?
  •  これは、とんでもなくわかりにくい決め方をしています。 1秒とはセシウム133の基底近くの或る2準位間の放射の9,192,631,770倍と定義されています。 元々の定義は平均太陽日の24*60*60=86,400分の1と定まっていましたが、1951年、地球の自転誤差が判明し、1956年に国際度量衡委員会が太陽年の31556925.9747分の1と定義。 その後、地球の歳差運動や自転速度の遅れが判り、1967年の国際度量衡委員会で現在の定義となりました [続きを読む]
  • なぜ、1日は24時間で、1時間は60分?
  •  1日が24時間なのは、紀元前1300年頃のエジプトの日時計に遡ります。 当時、日中を10分割し、宵を2分割、夜を12分割しておりました。 これを合わせて24分割になります。 東洋では御存知のように12分割した時法が用いられていましたが、エジプトでは24分割であったようです。 1時間が60分で、1分が60秒なのは、紀元前300-100年のバビロニアの計算方法にまで遡ります。 60は2,3,4,5,6,10の倍数に [続きを読む]
  • 2012年 スカイドゥエラー発売
  •  第2時間表示機能に加えて、年次カレンダー機能を搭載。 月は文字盤の外周の小窓で確認可能。 世界中を飛び回るビジネスマンに向けて開発されたスタイリッシュなモデルです。ロレックス スカイドゥエラー 326933 ブラック[中古]メンズ [並行輸入品]中古価格¥1,854,000から(2018/12/2 16:00時点) [続きを読む]
  • 2008年 デイデイト2発売
  •  「デイデイト」同様、プラチナとゴールドのみを素材に使用したハイクラスモデルです。 前モデルより大きめにデザインされていて、存在感と高級感が格段にアップしました。ロレックス ROLEX デイデイト II 218206A 中古 腕時計 メンズ中古価格¥5,880,000から(2018/12/2 15:55時点) [続きを読む]
  • 2008年 ディープシー発売
  •  深海1万メートルに到達した潜水艇・トリエステ号に設置された、ロレックスの試作モデル「ディープシー・スペシャル」を由来としている防水性抜群のモデルです。ロレックス ROLEX シードゥエラー ディープシー 126660 新品 腕時計 メンズ [並行輸入品]新品価格¥2,000,000から(2018/12/2 15:51時点) [続きを読む]
  • 1992年 ヨットマスター発売
  •  自家用クルーザーやヨットを楽しむセレブ向けに開発されたのが「ヨットマスター」です。 独特のベゼルデザインがなされ、ロレックスの中でも高級ラインに位置づけされているモデルです。ロレックス ヨットマスター 16628 ブルー W番[中古]メンズ [並行輸入品]中古価格¥2,143,000から(2018/12/2 15:49時点) [続きを読む]
  • 1971年 エクスプローラー2発売
  •  従来の耐久性に加えて、24時間針とGMT機構(時差を読み取り第2時間帯を表示する機能)を搭載。 夜光塗料で暗闇での視認性を高めた洞窟探検家向けのモデルです。ROLEX エクスプローラーII (ExplorerII) [新品] / Ref.216570 [並行輸入品] [rx550]新品価格¥806,890から(2018/11/17 09:44時点) [続きを読む]
  • 1954年 GMTマスター発売
  •  パイロット向けに開発され、時差を読み取り機能を搭載したのが「GMTマスター」です。 アポロ計画の飛行士や、人類初の音速突破を果たしたパイロット、チャック・イェーガーにも愛用されたモデルです。[ロレックス]ROLEX GMTマスターII 116710LN ブラック文字盤 116710LN メンズ 【並行輸入品】新品価格¥1,190,000から(2018/11/17 09:35時点) [続きを読む]
  • 1953年 サブマリーナーが発売
  •  水中で活躍するダイバー向けに製造され、驚異的な防水性を誇るのが「サブマリーナー」です。 ジェームス・ボンドが映画「007」で使用していることでも有名です。[ロレックス]ROLEX 腕時計 サブマリーナー デイト ブルー 116613LB メンズ [並行輸入品]新品価格¥1,599,000から(2018/11/17 09:33時点) [続きを読む]
  • 1953年 エクスプローラー1が発売
  •  探検家・エドモンド・ヒラリーがエベレスト初登頂時につけていたとされる、ロレックスのスポーツモデルの先駆けになった1本です。[ロレックス]ROLEX エクスプローラー1 ブラック文字盤 アラビアインデックス SS 腕時計 Ref.214270 メンズ 【並行輸入品】新品価格¥1,451,210から(2018/11/17 09:31時点) [続きを読む]
  • 1945年 デイトジャスト発売
  •  午前0時で日付が変わる「デイトジャスト機能」、優れた防水性を誇る「オイスターケース」、自動巻き「パーペチュアル」といった、ロレックス三大発明の全てを搭載したモデルです。 1945(昭和20)年といえば、日本では第2次世界大戦が終わった年。 日本では食うや食わずだったころ、こんなすごい腕時計が外国では売られていたのですね。[ロレックス]デイトジャスト 10Pダイヤモンド 腕時計 ステンレススチール/SSxK18YG/K18YG [続きを読む]
  • なぜ、ロレックスは時計のトップブランドとして君臨しているのか?
  • ■ 完璧な製品づくり―「三大発明」と「同一モデルの改良」 ロレックスは、世界初となるような「三大発明」と「同一モデルの改良」をしてきたことで、今の地位を獲得したと言っても過言ではないのです。 三大発明とは、「オイスターケース」「パーぺチュアル」「デイトジャスト」のことです。 「オイスターケース」とは、文字盤の裏の防水性が高く牡蠣のようになっているケースのことです。 「パーペチュアル」とは、自動巻き [続きを読む]
  • 電波腕時計
  •  電波腕時計とは、時計の時間を自動で標準時間に合わせる機能がある腕時計です。 世界には、ドイツ・中国・米国・英国・日本の5箇所に「標準電波送信所」という、標準時間のデータとなる標準電波を発信している送信所があります。 電波時計は、内部のアンテナでその標準電波を受信し、電波が届くところにある時には自動的に標準時間を示してくれます。 しかし、電波時計にも弱点があります。 それは、標準電波が届きにくいと [続きを読む]
  • インデックス
  •  インデックスとは言葉自体の意味は簡単で、針がある時計の文字盤の時間を表す目盛りや数字、マークのことをいいます。 この呼び方はマニア向けでもあり、「文字盤の数字」とは呼ばず「インデックス」と呼びます。 簡単に伝えることもできるとともに、恰好をつける意味もあります。 ただ、専門業者や時計が好きな人など、みんな共通でいうわけではなくそういう呼び方もあるといった認識のほうがいいと思います。 なので文字盤 [続きを読む]
  • 手巻き腕時計
  •  腕時計は大きく分けるとクォーツ式と機械式に分かれ、機械式の中でも自動巻きと手巻きに分かれます。 この手巻き腕時計とはリューズを自分でまき上げないと時計が動かないというもので、時計好きの中にはこの手巻き腕時計ばかりを集めると言う人もいます。 内部の構造が他のものと比べて部品が少ないので、摩耗が少なく耐久性があり、メンテナンスの費用も低く済みます。 構造がシンプルなので時計自体の厚みが抑えられている [続きを読む]