そういち さん プロフィール

  •  
そういちさん: そういち総研
ハンドル名そういち さん
ブログタイトルそういち総研
ブログURLhttps://blog.souichisouken.com/
サイト紹介文世界史をベースに、社会の知識を初心者向けにわかりやすくお届けします。
自由文著者:そういち 企業勤務のかたわら、教育関係のNPOに参加するなどして、社会科系の著作・セミナーを行ったきた。著書に『“中心”の移り変わりから読む 一気にわかる世界史』(日本実業出版社)など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 76日(平均1.5回/週) - 参加 2018/08/09 23:19

そういち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2018年12月9日 世界史「超要約」セミナー開催
  • 私そういちは、世界史について語りあうセミナーの活動を行っています。2018年12月9日(日)に西新宿で下記のセミナーを開催します。今年は3月、8月に続き3回目。半日(5時間)で世界史5000年の流れを一気にみわたすというもの。今回はとくに近現代史に時間を割いて、しっかりお伝えしていきます。高校生以上の子どもさんと親子で、または高校生の参加もぜひ(これまでにも高校生とお父さんの参加がありました)。よろしくお願いし [続きを読む]
  • 古代のグローバル文明と「海の民」・前1100年代における崩壊
  • 紀元前1500〜1200年頃、西アジア(古代オリエント)では、青銅器文明が円熟期をむかえていた。しかし紀元前1100年代に入る頃から、西アジアの全体が大きな混乱に陥っていった。それまで有力だった国家や都市がつぎつぎと崩壊し、貿易も激減してしまった。そして、紀元前1000年代の時点では、西アジアにおける有力な国や民族は大きく入れ替わっていた。このような紀元前1100年代の「崩壊」は、従来は「海の民」といわれる地中海方面 [続きを読む]
  • 「文明の始まり」の時代の国家・都市国家から領域国家へ
  • 5000〜4000年前の「文明の始まり」といえる時代の国家はどのようなもので、どんな経緯で発展していったのか? この記事では、紀元前の西アジアにおける「国家のあり方」について述べる。国家のスケールの拡大や、その統合のかたちの変化などを、おおまかに追いかける。5000年ほど前の世界で、最も発展した国家は、人口数万人規模の都市とその周辺を範囲とする「都市国家」だった。のちの時代のように広い範囲を領域とする国家(領 [続きを読む]
  • 最初の近代的巨大都市・1800年代のロンドン
  • 1800年代のロンドンは、最初の近代的巨大都市である。人口が「数百万人」という規模の都市は、イギリスのロンドンが史上初めてだった。1800年代のロンドンについて、インフラなどの、おもにハード面の整備状況をみてみよう。今の都市生活の基本になるものの多くが、当時のロンドンで初めて形を整えたのだ。目次 1800年頃の100万人都市ロンドン 1800年代に圧倒的な巨大都市に 産業革命が生み出した ガラスと鋼鉄 水 [続きを読む]
  • 図書館通いのフリーライター・ロンドンのマルクス
  • カール・マルクス(1818年5月5日〜1883年3月14日、ドイツ)は、『共産党宣言』『資本論』などの膨大な著作で、後世に「マルクス主義」の教祖とされた思想家・経済学者である。今年2018年は生誕200年ということで、マルクスのことが取り上げられる機会が増えたようだ。この記事では、その学説そのものよりも彼の学問への取り組みについて紹介する。それを知ると「なぜマルクスがあれだけの大きな影響を与えたのか」について、理解が [続きを読む]
  • 世界史を学ぶのに必要な地理の基本・「地域区分」入門
  • 世界史を学ぶためには、ある程度の地理の知識が必要だ。世界地理の感覚が全然ないと、やはり世界史はわからないし、楽しめない。くわしい知識は要らないが、「ヨーロッパってどこだっけ?」「ユーラシアって何?」「西アジアって?」ということばかりだと、世界史の話がイヤになる。目 次 地域区分の発想 世界史の地域区分 地域区分の世界地図 地名の整理箱 ① 西ヨーロッパ(西欧) ②東ヨーロッパ(東欧) [続きを読む]
  • 都市とは何か・メソポタミアで生まれた「最古」の都市ウルク
  • 都市は、世界史や文明について知るうえで重要なキーワードである。ローマ帝国のローマや唐の長安のような、その時代を代表する大都市は、世界の文明の中心として繁栄した。文明のさまざまな要素は、おもに都市で生まれ、発展してきた。そもそも都市とは何か。そして、世界史上の重要な大都市の元祖といえる、メソポタミアのウルクについて述べる。目 次 都市とは何か 都市といえる人数 チャイルドによる都市の定義 [続きを読む]
  • 最初の文字はいつ・どのようにして誕生したか
  • 世界で最初の文字は、いつ誕生したのだろうか? 選択肢で考えてみよう。ア.1万年前 イ.7000年前 ウ.5000年前 エ.3000年前アは、農耕の開始の時期に近い。ウは、大規模な都市文明が誕生した時代である。イは、農耕の開始と都市文明の誕生の中間的な時期。この頃、一部の地域では灌漑(かんがい)農業がはじまり、一定規模の都市も生まれている。なお灌漑農業とは、雨水に頼らず、川などの水を利用する農業のことだ。エは、 [続きを読む]
  • 三権分立のほんとうの意味・アメリカ合衆国の基本設計
  • 「三権分立」は、教科書でもおなじみの、政治のしくみに関する基本原理である。しかし、そのほんとうの意味を理解している人は少ない。三権分立は、じつは権力の相互けん制や均衡のしくみなどではない。このことを、三権分立のしくみを最初に採用した国家であるアメリカ合衆国の政治制度からみてみよう。目 次 長持ちしているシステム 三権分立のほんとうの意味 司法の独立とチェック機能 ユニークな上下二院制 [続きを読む]
  • 戦争をひきおこした原因には、戦前の格差社会があった
  • 昭和の戦争について考えるとき、戦前の社会についてのイメージや知識が、私たちには不足していることが多い。戦前の格差社会や貧困は、戦争をひきおこしたさまざまな要因のうち、とくに根本的なものだ。目 次 格差を是正したいという正義 前提の基礎知識①:日中戦争の開始 前提の基礎知識②:太平洋戦争の開始 戦前のひどい格差社会 人口過剰(格差問題)の解決策 農民に訴える、陸軍のビジョン 陸軍パン [続きを読む]
  • ヒトラーの基礎知識・一歩深く理解するための2つのポイント
  • アドルフ・ヒトラー(1889〜1945)は、「ファシズム」あるいは「ナチズム」といわれる反民主主義の思想に立って独裁権力を手にし、世界を大戦争に巻き込んだドイツの政治家である。現代社会の源流を知るうえで、ヒトラーについてはぜひ押さえておきたい。水木しげる『劇画ヒットラー』(ちくま文庫)目 次 元ホームレスのヨーロッパ制覇 無謀な戦いと破滅 ポイント①「人間ばなれした悪魔」で片づけない 「愛国 [続きを読む]
  • 初心者のための、一気に読める第二次世界大戦の要約
  • 第二次世界大戦(1939〜45)は、ドイツ・日本・イタリアなどの「枢軸国」と、アメリカ・イギリス・ソ連・フランス・中国などの「連合国」とのあいだの戦争である。一般に1939年9月のドイツによるポーランド侵攻で始まり、1945年8月に日本の降伏で終わったとされる。第二次世界大戦は、近現代史の最大の山場だ。戦争や平和について考えるためには知っておきたい。第二次世界大戦についての基礎知識がないとよくわからない論説、文芸 [続きを読む]
  • 過去の記事 …