カセプロブログ さん プロフィール

  •  
カセプロブログさん: 「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ
ハンドル名カセプロブログ さん
ブログタイトル「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kasegerupurocon
サイト紹介文診断士合格後の新人診断士が通う塾が運営するブログ。合格直後の診断士が何を考えているか垣間見えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 68日(平均7.8回/週) - 参加 2018/08/10 12:05

カセプロブログ さんのブログ記事

  • 診断士1年生
  • 皆さん、こんにちは!18期生の中津井徹です。無事、10月1日付けで中小企業診断士として登録され、登録証と木箱に入った会員中小企業診断士バッジが届きました。バッジは貸与ですが、番号の書かれたシールが貼られているので、木箱もきちんと保管しておかないといけないのですね。まずは5年後の更新に向けて、「知識の補充要件」と「実務の従事要件」をきちんと満たせるようにしていきたいと思います。「実務の従事要件」につい [続きを読む]
  • 晴天の霹靂
  • みなさん、こんにちは!稼プロ18期の杉山です。「好事魔多し」というか、「禍福は糾える縄の如し」というべきか。先月末、私は、思いも掛けないアクシデントに直面し、予定が大きく狂う事態となってしました。その日は9/28、30年上半期の最終営業日でした。私の所属する部署は、まずまずの営業成果を挙げ、とくに大きな問題なく半期を終えることができました。加えて、人事異動があり、私も10月から新しい部署への赴任が決まり、そ [続きを読む]
  • プロフェッショナルとは
  • 16期生の大石泰弘です。一、仕事の実践を許された私は、全生涯を人道に捧げる一、恩師に尊敬と感謝を捧げる一、良心と威厳を持って仕事を実践する一、顧客の健康と生命を第一とする一、顧客の秘密を厳守する一、仕事の名誉と尊い伝統を保持する一、同僚は兄弟と見なし、人種、宗教、国籍、社会的地位のいかんによって、顧客を差別しない一、人間の生命を受胎の初めより至上のものとして尊ぶ一、いかなる強圧に遭うとも、人道に反し [続きを読む]
  • ブログ集計結果
  • 稼プロ18期生の清水祐樹です。集計の引継ぎが完了しましたので、遅くなりましたが集計データを見ながら、内容を確認したいと思います。集計期間は、2018/7/1〜2018/9/30までになります。まずはページビュー数(全体のビュー数から、見られている割合)ページ割合東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ28.4%「中小企業診断士」の英語名称について3.6%変化(CHANGE)がチャンス(CHANCE)を呼 [続きを読む]
  • 水素社会なるか
  • 皆さま こんにちは。稼プロ18期の舌歯 昌洋です。稼プロブログの5回目になります。今回はトヨタのSORAについての話題です。SORA?このキーワードだけで内容がわかる方はかなりの事情通ですが、念の為説明しますと、トヨタ自動車が販売する量販型燃料電池バスの商品名がSORAになります。SORAの由来は、地球の水の循環を表しており、Sky、Ocean、River、Airの頭文字をつなげたものだそうです。燃料電池自動車?通常のガソリン車は [続きを読む]
  • ゴルフをやりませんか?
  • 皆さんこんにちは。事務局の渡邉です。先日の稼プロ!杯ゴルフカップは雨天順延となり残念でしたが、12月2日に再度予定されております。出場される方は是非優勝目指して頑張りましょう。本日はゴルフのお話です。この20年余で日本におけるゴルフ関連の市場規模は半減したと言われております。ピーク時と比べゴルフ人口は3分の2以下、ゴルフにかける単価も半減している様です。(参考URL: https://toyokeizai.net/articles/-/171547 [続きを読む]
  • コミュニケーションとは?
  • 最近、コミュニケーションについてよく考えます。日本人同士であれば直接の「会話」(最近はSNSを介したチャット等も含まれますが)があれば問題ない、と考えていましたが、そうではない事を実感しています。数社の企業の方々で構成されたあるプロジェクトに参加した際ですが、同じ単語でも異なる企業文化の中では異なる定義を持っており、このGAPに気づかずにプロジェクトが進行して滞った苦い経験があります。重要なワードは常に [続きを読む]
  • 温活
  •  稼プロ!18期生の佐々木(晋)です。こんにちは。京都大学の本庶特別教授がノーベル賞を受賞したニュースは盛り上がりましたね。受賞理由の“免疫のブレーキを外してガン細胞を攻撃する原理”は、話題のオプシーボにも活用されているそうです。免疫力強化はここ何年か様々なメディアでよく見聞きしますね。私も以前、ある中小企業さんのサポートで免疫力強化について調べたことがあります。その中で、“温活”という言葉に出会っ [続きを読む]
  • 東京五輪ボランティアエントリーの件
  • 皆さんこんにちは。講師の富岡淳です。9月26日から、2020年東京オリンピック・パラリンピックボランティアの募集が始まりました。募集人数は8万人です。私はかねてからボランティアをやってみたいと思っていたので、初日に応募しました。インターネットを通じての応募です。最初に「応募完了まで30分くらいかかります」と出ました。「出来るかなー」ドキドキたしかにけっこう入力には手間がかかりました。写真を登録しなければいけ [続きを読む]
  • 床屋さんについての一考察
  •  稼プロ!18期生の小野澤です。 今日は床屋さんのお話です。私は家から歩いて10分ほどのところにある床屋さんにもう30年近く通っています。だいたい月に1回くらいの頻度で床屋さんに行きますが、長く通っていると床屋の主とも親しくなり、毎回いろいろな話で盛り上がります。たわいのない話ばかりですが、床屋さんは地域のいろいろな人が利用するため、地域の様々な情報が集まるので、私のように普段東京の方に仕事に出ている者 [続きを読む]
  • 広告稼業の棚卸 その5「商品・サービスの開発・改良」
  • 稼プロの関係者の皆様。18期の市原です。前回、発想についてお話ししましたが、みなさまの妄想活動は捗っていますか?今回は「商品・サービスの開発・改良」と、少し具体的な作業の話をしたいと思います。「商品・サービスの開発・改良」の基本は、価値の定義から始まります。そして、現在の状況や商品等に、制約や課題があるのか、を問います。そしてこの解決策を導く。言葉にすると簡単です。少し考えてみましょう。初めは価値か [続きを読む]
  • お客様と向き合う姿勢 〜お客様と向き合うとは〜
  • 塾長の鴨志田栄子です。私のお客様と向き合う姿勢について綴ってみたいと思います。今夏、10日間連続で、東京を離れ、国内地方都市を巡っていました。私は、最初に宿泊したビジネスホテルに忘れ物を一つ、途中、移動するための高速バスのチケット売り場にも次の忘れ物を一つ……。いずれも直後に忘れたことに気づいて先方に連絡をし、それがあることを確認して「後日、郵便で返送してもらうための封筒を送りますのでご返送をお願い [続きを読む]
  • 名コーチと診断士
  • 稼プロ!18期の石川 健です。全米オープンテニスでの大坂なおみ選手優勝は大きな話題になりました。彼女のチャーミングな人柄もあり、連日テレビやネットで取り上げられています。その大坂選手の躍進に大きく貢献したのが、皆さんもご存じ、ドイツ人コーチのサーシャ・バイン(ベイジン)氏です。彼が大坂選手のコーチに就いたのは2017年12月です。当時の大坂選手の世界ランキングは68位でしたが、今回の全米オープン優勝の結果、 [続きを読む]
  • 『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』HILLTOP(株)の企業訪問
  • みなさん、こんにちは!稼プロ18期生の石垣雅裕(いしがきまさひろ)です。65年続く企業の3代目という立場で日々奮闘しています。(企業概要:愛知県、金属加工製造業、従業員20名) 先日、京都にある「24時間無人加工の夢工場」という独自の仕組みを構築している未来型町工場「HILLTOP株式会社」に企業訪問をしました。最近自社についての本を出版され、書籍ランキングでも上位になっている人気企業です。*山本 昌作(2018)『デ [続きを読む]
  • ヒアリング
  • 引き続き、来年1月の「診断実習」へ向けて「中小企業診断士が中小・零細企業の社長と向きあう際に必要な事」を中心に、ブログを記載して行きたいと思います。第3回目の今回は、「ヒアリング」について記載します。ヒアリングは、その良し悪しによって、その後の改善指導や報告書が大きく影響する、重要なイベントです。「稼げる!プロコン育成塾」では、公的機関の相談員等の窓口相談業務を円滑に行うため、また日々接する中小企 [続きを読む]
  • キャリアビジョンのブラッシュアップ
  • こんにちは、稼プロ!18期の阿部です。昨日から本日にかけて稼プロ!夏合宿が千葉県で行われました。参加された皆さんにおかれましては本当にお疲れ様でした。合宿でのメインテーマは「自身のキャリアビジョンの明確化」でしたが自身にとって期待していた以上に実りのある場となりました。自分自身は企業内診断士ではありますが将来の選択肢として独立も考えてスキルを磨くべく稼プロ!に参加していました。これまで、自分自身はキ [続きを読む]
  • 電子化の波
  • こんにちは。18期の木村祐介です。先日、社用でSAP Concur Fusion Exchange 2018というイベントへ参加しました。ご存知ない方のために簡単に書きますと、Concurとは世界中で利用されているクラウド型の経費、出張精算サービスです。ホテルの会場で行われていたのですが、非常にたくさんの人が訪れていました。そこでは電子化を大きなテーマに様々なセッションが行われていました。たとえば、エストニアという国は電子政府化が進み [続きを読む]
  • 群馬県産ひよっこ診断士の日記#4
  • 皆様、こんにちは!稼せプロ!18期生の吉田晃です。突然ですが、最近「時間は有限」だと言うことを本当の意味で理解しました…。なぜそんなことを今さら気づいたかと言いますと、現在の私の「やりたいこと」を以下に挙げますね。・診る、書く、話す、聴くの基本を学びたい・事業承継、事業再生について学びたい・執筆経験をもっと積みたい・セミナー講師のスキルを伸ばしたい・業種別審査辞典の執筆・パワーポイントを勉強したい・ [続きを読む]
  • ボランティアとプロボノ
  • こんにちは。事務局の金岩由美子です。ボランティアとプロボノの違いをご存知でしょうか?どちらも社会貢献活動ですが、前者は単なる労働力の提供、後者は専門知識や技能を活かすことに特色があります。例えば、企業のマーケティング部長がチャリティ・バザーの受付やテント張りをやればボランティア、NPOのマーケティング戦略を支援すればプロボノです。大阪にいた際、阪神淡路大震災に見舞われました。私が住んでいた大阪は、さ [続きを読む]
  • 単身赴任生活
  • こんにちは。18期生の森です。私は今単身赴任をしています。入社以降20年以上働いていた広島の工場から、今働いている千葉の工場に転勤になり、9月で単身赴任生活が丸3年になりました。さすがに3年も単身赴任生活をしていると、この生活にも慣れてきましたが、帰省先から誰もいない単身寮に戻るとちょっと寂しい気分になります。たまにしか家族に会えず寂しい生活になることは単身赴任のデメリットと思いますが、それ以上に子供た [続きを読む]
  • 原監督に学ぶ
  • 皆さん、こんにちは。18期生の平野康晴です。9月前半の3連休、青山学院大学の駅伝チームが新潟県の妙高高原に合宿に来ておりました。OBである私は、採れたばかりの新米コシヒカリ30キロを持って、激励に行ってきました。うれしいことに原監督もいらっしゃり、15分ほど立ち話をすることができました。チームの状態、最近の若者気質、学生スポーツ界のパワハラ問題から各大学駅伝監督の個性まで、いろいろとお話することができ、刺激 [続きを読む]
  • 業種別審査辞典
  • わたしが診断士になって、初めての本格的なお仕事が、業種別審査辞典の執筆でした。そう。みなさんが診断士合格の直後の実務補習で初めて触れた、あの辞典のような書籍です。「できれば4業種書いてね」優しく問いかける塾長。あれは2014年の秋のこと。当時通っていた「稼プロ!」という経営コンサルタント養成塾の塾長からのご紹介でした。塾長曰く「最低4業種はやって欲しい」とのことでしたが、執筆など全く経験も無いわたしは [続きを読む]
  • 日本酒と小さな酒屋さん
  • 皆さん、こんにちは!18期生の中津井徹です。福島県福島市での生活も8月から2年目に入りました。駅前よりも街道沿いにお店が集中するクルマ社会ですが、クルマの運転があまり好きではないので徒歩と自転車での生活です(でも痩せません…)。さて、福島県で有名なものの1つに日本酒があります。毎年5月に発表される「全国新酒鑑評会」で、福島県は受賞銘柄数日本一の連続年数を史上初の6年連続と記録更新中です。未だに原発事故によ [続きを読む]
  • 節電と省エネ
  • みなさん、こんにちは!稼プロ18期の杉山 佳正です。今年の9月は台風、地震と大きな災害が続きました。被災地の皆様には心からお見舞い申し上げます。北海道で震度7を計測した大地震では、震源地近くにあった主力の火力発電所が緊急停止。道内全域で停電するブラックアウトが発生し、復旧した後も、経済産業省が10〜20%の「節電」を呼びかける事態となりました。ところで、みなさん「節電」と「省エネ」の違いってご存知でしょ [続きを読む]
  • 挑戦!
  • 講師の亀田です。本日より、大学でマーケティングの講義を週一回100分間、行うことになりました。講師の依頼が来た際には、金曜日の4限(15時30分〜17時10分)のため、会社の勤務時間と重なり、会社を説得できるのか、そして、業務との両立ができるかと悩みました。ただ、大学の講師という未知なる体験ができること、自分の知識のたな卸しになること、マーケティングの面白さを伝えられること、など、魅力がいっぱいありましたの [続きを読む]