とも さん プロフィール

  •  
ともさん: お気楽整体師物語〜楽にいきましょうよ!〜
ハンドル名とも さん
ブログタイトルお気楽整体師物語〜楽にいきましょうよ!〜
ブログURLhttp://tameya.net/
サイト紹介文資金なしでも、技術なしでも、経験がなくても整体院を開業して成功させる方法はあるんです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 126日(平均5.5回/週) - 参加 2018/08/10 10:11

とも さんのブログ記事

  • ノストラダムスの大予言 2019年
  • 「1999年7の月、空から恐怖の大王が来るだろう、アンゴルモアの大王を蘇らせ、マルスの前後に首尾よく支配するために」 これはフランスの予言者、ノストラダムスの詩の一遍です。 その昔、日本のある作家さんが、それを人類滅亡とつなげて、ノストラダムスの大予言として発表して、有名な詩となりました。 もっとも人類終末に関する部分は、その作者さんの創作であったことが判... [続きを読む]
  • 個人治療院の経営戦略9
  • なぜあなたの治療院に患者が来るのか? この患者さんはなぜ自分の治療院を選択したんだろうって考えたことありますか? 個人治療院の経営戦略ではマーケティングから自院独自の強みを持ち、なにかに特化することをお勧めしているわけですが、実は患者さんがあなたの治療院をリピートする理由が、あなたの治療院の強みでもあるんですよね。 ただ、どの治療院にも共通し... [続きを読む]
  • 週末、雪マークがでてます
  • 北陸福井に冬がきます。 今年の大雪のことが記憶に新しいのでちょっと怖いです。 1〜2月は昭和56年以来となる豪雪で大変でした。 電車、バスともに終日全運休、都市機能はほぼ麻痺状態です。 私自身、56年豪雪を体験していますから、雪の怖さは知っているつもりです。 限度を超える降雪になると一面真っ白になり、まず平行感覚が失われます。 そこに吹雪が重... [続きを読む]
  • 易学とは?
  • 易とはなんでしょうか? 単なる占いとはちょっと違うようです。 昭和天皇が易を学ばれていたのは有名な話です。 怪しげな占術なら天皇陛下が学ばれるはずはありませんよね。 易は天体や自然の動き、変化を見て、それを人の生き方に応用していく学問で、その起源は1万5千年前にさかのぼります。 伏義(ふっき)が易の基本を作り、4000年前の周の時代に文王が易... [続きを読む]
  • 個人治療院の経営戦略8
  • 「副収入って、あったほうがいいですか?」 副収入が欲しいという方はよくおられますが、それは収入を増やすことが目的であって、本当に副業がしたいというわけではないのでは、と思います。 つまり、本業以外のもう一つの仕事を望んでいるわけではない、ということです。 今の仕事が嫌で、本当にもう一つの仕事が欲しいのなら、それは副業ではなくて、転職ということになりますよね。 なので、い... [続きを読む]
  • ついにでた!「スーパーシティ計画」
  • 今朝のニュースでやっていましたね。 政府がスーパーシティ計画の概要をまとめたそうです。 とりあえず、ニュースの内容では、スーパーシティに指定された都市では自動化運転自動車のみが走行する街になるということですが、そんな単純な話ではありません。じつは個人の生活からすべてが根本的に変革してしまうような未来がくるのです。 以前にこのブログのなかで自動化運転とスモー... [続きを読む]
  • 個人治療院の経営戦略7
  • 「レッドオーシャンで戦わないこと」 たぶん70歳以上の方だと実感をもって納得していただけるのではないでしょうか。 昔と今は違う、ということを。 50年前だと医者の花形は内科でした。 外科や整形外科は二流の医者がなるものだったんです。 いまでは信じられませんよね。 ですから当時は整復、整体の技術者の数自体が足りていませんでした。 なので、整復・整体の看板をだ... [続きを読む]
  • 個人治療院の経営戦略6
  • さて、マーケティングの基本はご理解いただけたでしょうか。 誰に(これは最も重要です!) なにを どこで いくらくらいで どのように この5つです。 例えば、 近所の高校野球の選手A君に  ⇒この「誰に」というのが最初に必要です 肘を痛めているので、肘の整復を  ⇒関節の矯正専門のケア 練習場から通いやすい近くの施術所で  ⇒練習後の通いやすさを優先 アマチ... [続きを読む]
  • 未来の懐かしい話
  • 未来のネコ型ロボット!? 先日テレビのニュースを見ながらびっくりしたことがありました。 ヤマト運輸さんが自動運転の自動車による宅配を実験的に行うという話題でした。 神奈川県藤沢市のほんの一部のコース限定ということですが、通称「ロボネコ」と言う自動運転自動車が無人で荷物を運ぶのだそうです。 ただ、ニュースにも驚きましたが、それを見て自分に湧き上がってきた感情... [続きを読む]
  • 個人治療院の経営戦略5
  • ターゲットはただ一人! マーケティングではまずセグメンテーションをします。簡単に言うと「分ける」ってことです。 患者様を分けるなんてって思われるかもしれませんが、現代医療はどれも分けてますよね。 そして、それぞれの専門領域を確立しています。 整体だって同じですよ。 老人と、スポーツ選手に提供する整体や筋トレ、ストレッチが同じなは... [続きを読む]
  • 個人治療院の経営戦略4
  • デザイン思考とは アップルのスティーブジョブズさんが言いました、「顧客は自分の欲しいものを知らない」と。 いきなりスティーブジョブズです(笑)ちょっと大仰でしょうか。 でも患者さんも同じだなと思うんです。 治療の本当の目的を知らない、改善の要求のポイントがズレいている、自分の本当の欲求をしらない、などなど。 ただ痛みだけ取れれば... [続きを読む]
  • 個人治療院の経営戦略3
  • これからの具体的なマーケティング戦略を考える 基本的なマーケティングというのは患者さんのニーズを把握し、それに合わせて施術、そのほかのサービスを提供するってことです。 患者さんに必要なものを提供し、信頼を得てリピートしていただく、そして当院の良さを口コミで広めてもらうのも目的となりますよね。 では、そのニーズってどう把握すればいいのでしょうか。  ... [続きを読む]
  • 個人治療院の経営戦略2
  • さて、今回はマーケティングについてです。 マーケティングの起源は20世紀初頭のアメリカです。 昔むかしはマーケティングの必要ななく、ただ人の集まる場所がイコール仕事の場所。それが集客だったんです。 もう少し具体的に言えば、メインストリートに店をだすってことですね。 でも、交通網が発達し、情報ネットワークが発達した現在、メインストリートに店を出... [続きを読む]
  • 個人治療院の経営戦略1
  • ここでは治療院集客のまったく新しい視点からの戦略を提案させていただきます。 それは、いままであったような辛い、量で押すような戦略ではなく、「楽しく」を前提にします。 さて、ネットで検索すると治療院集客における戦略はいまも変わっていないことがわかります。 どの経営コンサルタントの集客戦略をみても、とにかく量で押す。 ネット広告に金をかける、サイ... [続きを読む]
  • 整体師の収入、その厳しい現実
  • まず、整体師とは 整体師とは、関節や筋肉の矯正をすることで人を健康へ導く人のことなんですが、いろいろなスクールで「整体師の資格を取得」できます!と宣伝していますよね。 でも、整体師にいわゆる「資格」はありません。 完全に民間資格です。 つまり、そのスクールが勝手に発行している免状であって、なんの効力もありません。 ですから、整体師のレベルもピ... [続きを読む]
  • 柔道整復師の将来性、その真実
  • そもそも柔道整復師は、その存在価値を間違って認識している 柔道整復業界の裏側と、将来性を本音で語ります。 なので、覚悟して読んでくださいね(笑)。 私がこの業界に入った30年前、当時の整骨の先生方は「30年前とは事情がだいぶ違うからね」と言ってました。 どういうことかと言うと、そこからさらに30年前は整形外科が普及しておらず、捻挫、脱臼、骨折... [続きを読む]
  • 人工肉っておいしいのか?
  • 2013年にイギリスで人工肉のハンバーガーが作られた、と発表されたのを覚えている方も多いのではないでしょうか。 ただ、牛の幹細胞から培養された人工肉から1枚のパティをつくる製造費は約32万5千ドル(日本円で3500万!)もするそうで、実用化はされませんでしたが、とても衝撃的なニュースでした。 だからといって、人工肉を食べたい!とは思わないんですけどね(笑) ... [続きを読む]
  • 増え続ける癌、なぜ増える?
  • ゆったりとお風呂に浸かると良い気分になり、血の巡りが良くなり、元気が戻ってくる。なぜでしょうか? それは、体温が上がり、血液の粘度が下がって血流が多くなり、疲労が回復するという人間の生体反応が正しく反応していることに他なりません。 夏は我慢できても、冬の寒さ耐えられない、昔はよく「今年の冬は越せないかもしれない」などと言ったものです。 これら全ては「動物に... [続きを読む]
  • 人口「増加」で破綻する日本
  • 人口減少の間違いじゃないの? いまの問題は「減少」ですよね。 でも、かつては人口増加で破綻すると言われていた時代もあったんですよ、日本には! 私も最近知ったので、ちょっとびっくりです。 さて、人口減少に関するニュースを見ました。 15歳未満の子どもの数は1571万人(4月1日時点)で、前年より17万人減り、36年連続の減少で、ピ... [続きを読む]
  • 昆虫絶滅に恐怖を感じます
  • 私的にはかなり衝撃的なニュースでした。 過去27年間で「羽を持つすべての昆虫類」の生息量の75%以上が減少していたことが判明したというのです。 これはドイツの自然保護区でのことです。 ニュースによれば、昨年(2017年)発表された研究論文にて、すべての羽のある昆虫のバイオマス(ある空間内に存在する生物の量)は、ドイツの自然保護区域において、過去 27年間で... [続きを読む]
  • 潜象整体への道2(経絡を整える整体とは)
  • そもそも「気」や「経絡」にはなんの興味も無い、というかたも多くおられます。 いや、そういう方のほうが多いのでしょう。 ですが、気の世界は潜象界といって、現象世界とは表裏一体の別世界です。 つまり「気の世界」はこの世の半分なんです。 現象界は目で見えている世界。気の世界は潜んで見えない世界。 両者は表裏一体の存在で、気の世界を知ら... [続きを読む]
  • なぜ「幸せ」じゃないのか?
  • 今の日本人は自由に暮らせるお金や時間は手に入れ幸福絶頂、のはずなのですが、国別の幸福度調査ではなぜか今年も下位のほうで、世界第51位でした。 もっと別の事がしたいとか、なぜか楽になった気がしない、将来が不安、このような悩みを多くの方が感じているようです。 それは何故なのでしょうか。 どういう方がそのような悩みを抱えているのかというと、意外な事にすでに成功し... [続きを読む]
  • 潜象整体への道
  • らくっと整体では、次の目標を実現するために努力してまいりました。 1、いかに最速でプロとして通用する技術を修得するか 2、安心して、気楽に開業するための準備方法 3、開業資金がない、資格取得費用がない、時間がかけられないを解決する方法 次の段階として、技術の幅を広げるために「気流診」を取り入れた整体技法の構築を目指すことにしました。 &nbs... [続きを読む]
  • 「ありがたい」について
  • 最近読んだ本に「ありがたい」を漢字で書くと、「有り難い」となる。つまり、なかなか有りえない事、めったに無いことが、「ありがたい」の語源である、ということが書かれていました。 他人から親切にしてもらうことが、よほど珍しいことだったから、という解説もありますが、もともと単に「有りえないこと」を言っていただけなのに、いつの間にか感謝の言葉として用いられるようになったという解説もあります。 ... [続きを読む]