リリィ・ホー さん プロフィール

  •  
リリィ・ホーさん: ちっこいサボテンを育てるのが好きなもので
ハンドル名リリィ・ホー さん
ブログタイトルちっこいサボテンを育てるのが好きなもので
ブログURLhttps://www.hanatane.info/
サイト紹介文固まる砂や抜き苗でよく売られている小さなサボテンと暮らしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 130日(平均1.2回/週) - 参加 2018/08/10 19:57

リリィ・ホー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 冬のサボテン管理ネジラミ対策で2度目の薬剤散布の受難
  • 気をつけていたつもりでいたのに夏の間にいくつかネジラミのついた鉢が出てしまいました。そのため今年はいつもより慎重になっておりますわたくし、いつもは怠ける冬場の薬剤散布2回目を行ないました。ええ、私は真面目になったのです。しかし私は実感しております。真面目になるって我慢がセットよね。 目次 2度も薬剤を散布するわけ大誤算 2度も薬剤を散布するわけネジラミ防除は薬剤散布2度が鉄板と言われます。1 [続きを読む]
  • ミニサボテン冬の管理10月末〜2月の間の水やりとすることしない方がいいこと
  • 寒くなってきました〜。夏から秋にかけてよく育っていた我が家のサボテンずも、さすがに冬の休眠に入ったかなという感じです。ちびサボたちが春に目を覚ましてぐんぐん育つためには冬の間の管理も大事です。他の季節と同じような管理をしてしまうことで冬の間にお亡くなり〜ってこともあります。そんでもって、小さい子たちは水やりをどうするかが悩ましい〜!ミニサボテン栽培の、冬場にしておきたいこととしない方がいいことにつ [続きを読む]
  • 真夏に鉢増ししたブカレンシスは思惑と違う方向に歩み始めた
  • そろそろ夜間の気温が一けたの日もちらほら出てきたのでサボテンずを屋内に取り込む準備をしなくちゃです。ついこの前気温37度の中でブカレンシスの鉢増しをしたと思ったのに、季節はめぐるのねぇ。水やりに悩む日々がやってきます。さて、ブカレンシス1号は暑い中いじったにも関わらず元気にしております。元気にしてるのはいいのですが、ちょっとね、私の思惑と違うんだわ…。暑くても育ったブカレンシス多くのサボテンは真夏 [続きを読む]
  • 白檀(紐サボテン)をもりもりの花盛りにする育て方
  • にょろにょろ長くてたくさん仔を吹き、春になるとオレンジの花をいっぱい咲かせる紐サボテンの白檀。メルカリやラクマに子株が出品されてるのを見かけます。白檀は管理が楽で簡単に根づくので初心者向けサボテンの代表だといわれます。放っといても勝手に育つというのがあながちウソじゃないくらい。ただ、管理を間違うとつぼみが少なくなったり子株があまり出なかったりします。白檀を鉢いっぱいにあふれさせててんこ盛りの花を咲 [続きを読む]
  • 根がほとんどなかったサボテンの根出しにメネデールは効果があるか
  • 固まる砂から抜いてみたらほとんど根がなかった。植え替えたけど根が伸びてないっぽい。小さいサボテンを育ててるとこういうトラブルに度々見舞われます。そういうとき私はメネデール浴をさせて根出しを図ります。3ヶ月ほど前に買ってきた固まる砂1.5号鉢の花笠丸が見事な坊主根でした。メネデール浴をさせて植えつけましたが先日抜いてみたのでどうなってたかの報告です。 目次 メネデール浴とは?固まる砂出身の花笠丸は [続きを読む]
  • あんなに元気だった短毛丸が長雨のお陰でネジラミ被害に遭う
  • エキノプシス属は基本的に強健でほったらかしでも勝手に育つといわれます。我が家の短毛丸もめきめき育ってあっという間に子沢山になりました。それが秋になってからどうも縮んできたような気もするし新しい仔もトゲも出してこないし。根詰まりだと思っておったのですが…まさかのネジラミでした。うっそぉ〜ん 目次 元気だった短毛丸にトラブル発生!雨降りとサボテン 元気だった短毛丸にトラブル発生!春の植え替え [続きを読む]
  • 高砂はサボテン入門にお勧め?白サボの名前と育て方覚書
  • リリィ・ホー主に我が家の白サボテンずです。名前はほぼ確定しているものと多分そうじゃないかなーなものが混ざってます。ミニサボテンはその丸っこい姿に魅せられて植物を育てたことがない人ですら思わずレジに連れて行ってしまう魔力があります。特に白いサボテンは女性人気が高いです。そう、女性は丸っこくて可愛いものが好きなのであります。集め出すとキリがないと分っていながらどんどん種類が増えてしまう白サボ、恐るべし [続きを読む]
  • 宇宙殿やわらかな体と壮大な名を持つサボテンの正しい株分けの仕方
  • エキノケレウス属の宇宙殿がさぼてんズの仲間入りをしました。それにしても『宇宙殿』ですよ。なんと壮大なロマンを感じる名前でしょう。名前だけ聞いたら金髪碧眼の美しき英雄ラインハルト・フォン・ローエングラムと見る角度によっては東洋系イケメンに見えなくもない若き指揮官ヤン・ウェンリーが出てくる宇宙戦争物語を連想します。新たに迎えた宇宙殿ですが、わたくしは正しいところがなに一つない株分けをしてしまいました。 [続きを読む]
  • 豊明丸よメンヘラ彼女の如き君よ花をそろそろ咲かせてくれないか
  • 豊明丸、かぎトゲのマミラリアの代表的な種です。かぎトゲマミラリアには月影丸という忍者みたいな名前の子もいますが、かぎ棘が長く出てるのが豊明丸です。ある程度育ってくるとてっぺんに白い綿毛が出てきて、赤いかぎトゲとのコントラストがうつくしーサボテンです。マミラリア属らしい小さな花を冠のように咲かせます。…が、我が家の豊明丸はうちに来て今年で5年目になろうかというのに未だに花を咲かせてくれません。仔も出 [続きを読む]
  • 銀手毬という群生する小さなサボテンがいかに性悪かを熱く語る
  • サボテンというものは樽のように巨大になるものがある一方で単体の大きさはもっぱら数センチ前後がMAX、せっせと仔を吹いて大家族になっていくものがあります。銀手毬は大家族系のサボテンです。小さい白い痛くないと、女子人気が上りそうな要素をたくさん持っています。そうなんだ とにかく可愛いのよ。ちっこいのにぽこっと仔がついてね。超ラブリー きゃー♪妊娠のお守りにすりゃいいくらい次々と仔を吹くこのサボテンを、ザ [続きを読む]
  • マグニフィカスが割れたー!サボテンは水やり多めで必ず腐るわけではない
  • 機嫌よく育っていたマグニフィカスがある日突然、ぱっくり割れました(涙)きゃー!ホラーよ!仔が出てきたのでもう少し大きくしてから外そうと思って水やってたらこのザマですよ。サボテンは水をやりすぎると腐りますとどのサイト見ても本読んでも書いてあります。そう、それは正しい。確かにサボテンは水やりが過ぎるとよく腐る。しかし100%腐るわけではなく、時にはこのように鮮やかに割れてみせるのであります。反省しつつの [続きを読む]
  • ミニサボテンは黒く塗った素焼き鉢でよく育つのである
  • サボテンは球体サイズに対して大きすぎる鉢に植えるとうまく育たないことが多いといいます。また、サボテン栽培に一番適しているのはプラスチックの黒い鉢だとも言われます。サボテンを何十年も育てておいでの名人方のお手元にあるサボテンの多くが黒いプラ鉢に植えられてます。ただ、私は思うのであります。年季のいった女子の目線でもプラ鉢は可愛くないのよ!鉢カバーつけると水管理が難しくなるのよ!我が小さなサボテンずは黒 [続きを読む]
  • 真夏の植え替えは良くないけど根詰まりしたブカレンシスを鉢増しする
  • サボテンの植え替え適期は3〜5月、真夏は植え替えには向かない時期です。というのがサボテン育成のセオリーです。そんなことは百も承知なのですが、そうは言っても真夏でも鉢を換えたいことだってあります。そういう時どうするか。鉢増しという手段があるじゃないか!我が家に最初にやってきた48円ずのひとりのブカレンシスが絶賛根詰まり中なんです。人間が詰まったら武田漢方便秘薬とかスルーラックなんかを飲めば解消するかも知 [続きを読む]
  • マクドガリー似の謎サボは暗黒王さまではありませんか?
  • 先日連れ帰ったマクドガリー似のちびサボを2号鉢に植え替えました。ポリポットは手軽でいいけど、持ち上げたときに土が動いてしまうので根がきちんと出るまではよろしくないのよね。で。つらつら考えておったのです。買ってきたときはマクドガリーに似てると思ったけど、見れば見るほど似てない気がしてきました。マクドガリーのトゲはまっすぐだけどこの謎サボのトゲはゆるくカールしてるんだよなぁ。そーしたところが、調べ物を [続きを読む]
  • 満月のトゲが抜けてハゲサボテンになった原因と対策を考えてみる
  • タイトルの通りです。固まる砂に寄せ植えされていた満月がぶつぶつ恐怖の人が見たら全身鳥肌モノの見事なハゲサボテンになりました。サボテンのトゲがトゲ座ごとぽろっと取れてしまうことは珍しいことではありません。とは言え、まともな状態ではないことは確かです。ミニサボテンのトゲが取れちゃう問題について原因と対策を考えてみます。 目次 サボテンが部分ハゲになる原因根元近くがハゲになってる植え替えたら [続きを読む]
  • 瀕死のグラキリスとマクドガリー似の謎サボテンを連れて帰ってきた
  • 私のサボテンライフの始まりは売れ残ってしょぼくれているミニサボテンに哀れを感じて助けられるかどうか分らないけど連れて帰ってしまったことに始まります。で、その初心をぐりぐり刺激するようなちびサボをまた連れて帰ってきてしまいました。1つはツルビニカルプス属のグラキリス、もう一つはオルテゴカクタス属のマクドガリー似の何か。マクドガリーであることはほぼないと思う。なぜなら固まる砂に植えられていたから。しか [続きを読む]
  • ミニサボテンが根腐れ?アウトとセーフの見分け方と起こしやすい環境とは
  • サボテンは水をやりすぎると根腐れして死んじゃいますよとサボテンサイトには必ず書かれてますね。可愛いサボちゃんに根腐れは怖い。ただ、根腐れした状態が具体的にどういう感じなのか、見たことないとよく分らないと思います。そのため、ぜんぜん問題ないのに根腐れだと勘違いしておろおろしたり、なんとか助けようと無謀な胴切りに挑戦したりしてみすみすダメにしてしまうケースがあるようです。…というか、手探りでちびサボを [続きを読む]
  • ミニサボテンについたネジラミはキンチョールで駆除できるか
  • 桜が咲いて霜の心配もなくなってきたらサボテンの植え替えの季節です。植え替え作業が好きすぎる私にとって待ちに待ったこの季節♪しかーし!抜いてびっくりネジラミにやられてる子がたくさんありました。サボテンは冬場は水を切るのがセオリーですが、水を切るが故に発生しやすくなるネジラミ退治にキンチョールが使えるか?!という実験です。 目次 ネジラミとはネジラミ被害の見分け方しぼんで小さくなる鉢に小さ [続きを読む]
  • 固まる砂からミニサボテンを救出してうまく植えつける極意
  • ホームセンターや雑貨屋さんでよく固まる砂に植えつけられたミニサボテンを見かけます。あれは可愛い。ちょこんと飾っておきたくなる。でも、固まる砂に植えたままではいずれしぼんで枯れてしまいます。即刻植え替えてあげましょう!小さなサボテンを固まる砂から救出して上手に植え替えるためのミニサボテンに特化したコツを紹介します。 目次 固まる砂からレスキューします!植え替えのために用意しておくとよいも [続きを読む]
  • 過去の記事 …