harucota さん プロフィール

  •  
harucotaさん: コータのわくわく昆虫記。
ハンドル名harucota さん
ブログタイトルコータのわくわく昆虫記。
ブログURLhttps://harucota55.hatenablog.com
サイト紹介文いきもの大好きコータ。昆虫採集への誰にも負けないこだわりと情熱で、わくわくの昆虫観察日記を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 53日(平均6.6回/週) - 参加 2018/08/12 18:13

harucota さんのブログ記事

  • 少年時代。
  • ?夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう〜? 青空に残された 私の心は夏模様〜「少年時代」真っ最中のコータです。夏が行き、少しだけブログを休んでいる間に、季節はすっかり秋色へ。朝夕の気温も下がり草むらの主役はもっぱら、秋の虫たちに。コータの虫捕りの相手も夏のトノサマバッタから、秋のコオロギへと変わりました。過ぎてしまえば、あんなに暑くて厳しかった今年の夏も懐かしく、汗 [続きを読む]
  • 虫捕りがなぜ脳育に良いとされるのか?を検証。
  • ある日、昆虫女子のお母さんが、「虫捕りする子は頭が良くなるらしいよ?」と言ってある本を紹介してくれました。聞くところによるとこの本、以前TVでも紹介され話題になったそうです。虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)養老 孟司,池田 清彦,奥本 大三郎 小学館 2008-12-01by ヨメレバにわかには信じ難いタイトルですね。日々の昆虫採集のどこに、頭が良くなる要素が [続きを読む]
  • トカゲの飼育 パート2
  • 前回のトカゲ捕獲から数日後、続けて2匹目のトカゲを捕まえたコータ。昆虫記が、“爬虫類記”になりつつありますが、無類のいきもの好きという事でご容赦ください??今日捕まえたトカゲは、前のより体も大きく、尻尾の長ーいニホンカナヘビの子供です。体の長さに対して、尻尾はその倍はありそうです。もはやお約束となったトカゲの“寝かしつけ”。多少大きなトカゲでも仰向けにしてお腹をさすれば、コテッとなったまま [続きを読む]
  • トカゲの子供捕まえたけど、どうしよう⁉?
  • 午前中から降り出した雨は、午後になってすっきりと晴れ上がりました。「雨が降った後はカニが増える!」というコータの言葉通り、家の近くの水路にはサワガニがいつもより結構いました!中にはお腹に沢山の卵をもったカニも!卵は意外と大きいし、お腹から溢れてる割にはお腹に全部くっついてるし!産卵途中だったのかな?いえ、どうやらこのまま2、3日すると孵化して、産まれたてのカニは、そのままお母さんのお腹にし [続きを読む]
  • 長崎あぐりの丘 昆虫採集記 その4。
  • 長崎で昆虫採集スポットと言えば?と聞かれて「あぐりの丘」を挙げる方は多いと思います。私たちも同感?この夏一番多く訪れた「あぐりの丘」を今回は特集します!50ヘクタールもある広大な敷地は、東京ディズニーランドとほぼ同じ広さ。5つのエリア「街・門・畑・憩・村」はテーマ別に分かれています。里山まで入れればその広さは100ヘクタール以上!スゴいです??昆虫は、どこのエリアでも採集できますが、中でも「畑、村 [続きを読む]
  • カエルの寝たフリ?
  • 1匹のアマガエルを捕まえたコータ、仰向けにしてお腹をさすると…。youtu.beえー何で何で???コータ何したの、催眠術かけた?(笑)寝たフリかなー、ホントに寝たの?コータが言うには、お腹をさすると気持ちよくて寝るんだそうです。ホントのところはどうなんでしょうね??カエルの寝たフリ?の貴重映像でした!つづく。\韓流の原作「グッドドクター」が見放題!/ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 採集後記“コータの小部屋”「トミカ」編
  • コータが昆虫採集に負けずとも劣らないくらい愛して止まないもの、それは「トミカ!」。これまで集めに集めたトミカが何台あるか数える!と一人で並べ始めました。pin.it先頭を「カーズ/クロスロード」のミス・フリッター、Dr.ダメージ、アーヴィーにして、一台、一台…大きさや車種も考えながら…一台、一台…ブツブツ言いながら、並べていきます。何かの形にするようです。そして遂に出来たのが…ジャーン?「トミカツ [続きを読む]
  • 唐八景公園 その3
  • 今夏3度目の唐八景公園です。暑い暑い夏もようやく一段落して、朝夕は少しだけ涼しい風も感じられるようになりました。が、草むらの熱はまさに今が最高潮!次から次に飛び跳ねるトノサマ、ショウリョウ、モドキにオンブ、唐八景バッタオールスターズ!といった様相にビックリ仰天??‼?コータが追えば、バッタが跳ねる!コータが走れば、「チキチキ!」「ブーン!」ざわつく草むら!写真では分かりづらいですが、一度にもの [続きを読む]
  • 草むらに愛を。
  • 雨上がりの虹がキレイ?と思わずパチリ。今日の虫捕りは、夏休みの終わりを心待ち(?)にしている、平日担当のコータ母(意外に昆虫女子!)であります。イボバッタを捕まえました。顔はまるで覆面!完全に保護色に覆われた迷彩バッタ。目まで回りの色に溶け込んでます。仮面ライダーのモデルにどう?仮面ライダーアマゾンに対抗して迷彩ライダーIBO(イボ)とかね(笑)確かに首の後ろに小さく突起があります。そしてウチの [続きを読む]
  • 採集後記“コータの小部屋”「DOSドス!にハマる」編
  • 今日から始まる“コータの小部屋”では面白グッズやこだわりの品々、おすすめの話題やスポットなどをご紹介していきたいと思います!我が家のカードゲームと言えば、大富豪、ポーカー、神経衰弱、そしてUNO(ウノ)!昆虫採集が終わったら、みんなでワイワイUNO!のパターンが多かったこの夏ですが、皆さん…DOS(ドス!)って知ってます?8月初旬に日本で発売されたばかりの、その名も「DOS(ドス!)」YouTuberの間で [続きを読む]
  • 長崎市民の森 その2
  • ここは、長崎市民の森。思えば今年、コータと昆虫たちとの熱い夏はここから始まりました。harucota55.hatenablog.com階段になった細い小道は「涼風の丘」へと続きます。まだまだ涼しいとはいえないこの季節ですが、小高い丘からの眺めと時折吹いてくる海風が、その名の通り、心地いい場所です。テントを張って、親子キャンプ体験などができる広場。山歩きを楽しんだ後は、焚き火で調理したり、野外活動をしたりと大自然の [続きを読む]
  • ナナフシ観察日記。
  • 待望のナナフシが、我が家の飼育ケースに仲間入り。ただ今、ナナフシは4匹になりました。harucota55.hatenablog.com ナナフシのー…かお!意外と可愛い顔してますね??でもその横顔にはビックリ!え!正面の顔と全然違うし??ナナフシは口が発達しているらしいのですが、その口から何やら2本出てます。一瞬アンコウを思い出し。目玉はピンポン玉にペンでチョン!って書いたみたいに飛び出しちゃってます??ナナ [続きを読む]
  • カマキリの棲む森。
  • ここは、長崎県北部某所。今日もコータと昆虫採集に来ています。まだまだ、残暑の厳しい夏。気温も35℃近くまで上がってますが、セミたちもゆく夏を惜しむかのように、精一杯元気に鳴いています。桜の木が多いこのエリア、この木なんて幹が太く、葉も広く生い茂った立派な桜です。??満開の春はさぞ、見応えあるでしょう!??幹の真ん中に何かいる!ほらあそこ緑色の!カマキリだーっ!しかも、ハラビロカマキリ!! [続きを読む]
  • 夏のトンボたち。
  • 池にかかるウッドデッキの水際にヤゴの抜けがらを発見。抜けがら好きの収集家、コータはもちろんヤゴも好き??あ!赤トンボ!網を上手にさばいて、難なく捕まえました。図鑑で調べたら、捕まえた「赤トンボ」の名は、ネキトンボ。漢字で書くと「根黄トンボ」羽根のつけねあたりが、綺麗なオレンジ色をしています。童謡ではお馴染みの赤トンボ?こんな間近で、マジマジ見たのは初めて、羽根に走る赤くて細〜いすじと、眼の深 [続きを読む]
  • ナナフシ探訪記。
  • 夏の始めに、私とコータで一つの大きな目標を立てました。「この夏、ナナフシを3匹捕る!」しかし、アッと言う間に夏休みも残りわずか。この夏、色んな森や山に出かけては探しましたが、まだ一匹も見つけられません。夜行性でしかも、相手は枝や枯葉になりきる擬態のプロ。なかなか見つけられず、諦めかけていた頃、ナナフシ探しの有力情報をGET!それは「桜の葉」を好んで食べるということ。草食性とは知っていました [続きを読む]
  • その昆虫、凶暴につき。
  • ある日、家に帰るとコータがこんな昆虫を捕まえてました??面長で目がテン、ショウリョウバッタ風の、愛嬌のある横顔をしています??一瞬、ヤブキリ?とも思いましたが、よく見れば違う。正面から見ると…、うゎ、なんだこの口????うそ!怖っ!口のまわり赤っ!何コレ!?調べてみましたら、この昆虫↓カヤキリというそうです。体長10cm!まぁまぁデカくて、重さズッシリ!ヤブキリが「薮に棲むキリギリス」なら、 [続きを読む]
  • 琴の尾岳 後編(コータVSオニヤンマ)
  • 展望台を下に降りれば、ここから先へと続く自然歩道の案内板。「この森には、こんな野鳥もいますよー!」と、紹介してくれてます。「こんな昆虫いますよー!」の案内板もあったら嬉しいですね??自然歩道の脇に広がる草地はバッタエリア。狙うはもちろんトノサマバッタ(大物のみ)!草地から見上げる展望台、空を見回せば…いるいるトンボの群れ。シオカラトンボに、ヤンマの小さいのやら、茶色いトンボ(名前知らず)!し [続きを読む]
  • 琴の尾岳 前編
  • 長崎県諫早市と長与町にまたがる、標高451mの大村湾県立公園「琴の尾岳」。眼下に広がる大村湾、長崎空港は目と鼻の先。大村市街地も一望でき、眺めは抜群。「次代に残そう長崎百景」にも登録された、最高のビュースポットです!と、素晴らしい景色も楽しみたいところですが、もちろん私たちの目的は、昆虫採集!ここは「昆虫の宝庫」とも言われる、琴の尾岳。否が応でも期待値が上がります??森への小道を入ると、一斉に [続きを読む]
  • 夏の自由研究。
  • 「このカマキリ、もう一回脱皮するよ。」と、コータが言っていたオオカマキリ。ある朝、起きてふと飼育ケースの中を覗くと、今まさに古い皮から脱け出ようとする瞬間!「あぁーっ??あのカマキリだ??」自分が予想した通りに脱皮を始めたカマキリ。だから、余計嬉しいのでしょう??ケースにかぶりつき、脱皮の行方を見守るコータ。無事成功することを祈ります。なぜならこの脱皮、いつものじゃありません。最終形態、翅 [続きを読む]
  • あぐりの丘 その3
  • 今日は再び、あぐりの丘に来ています。向かった先は「畑のエリア」里山の南側にあって、野菜の収穫イベントなども行われる畑が広がっています。今は休耕でしょうか??、きれいな緑の草で覆われていました。セミの鳴く木立に、広々農園。捕まえたセミは、カゴからリリース!いた!オニヤンマ!数分の格闘の末、見失いました!捕るのがホント難しい??農園には、トノサマバッタやショウリョウバッタなどが隆盛期を迎えて [続きを読む]
  • 昆虫たちのララバイ。
  • 昨日脱皮したカマキリは、きれいに皮も脱げ、また更に大きく成長しました。羽化まであともう少しというところです。このブログを始めて1ヶ月。昆虫採集スポットの情報を交えながら、身近な虫捕りの楽しさや日々の飼育観察を通して、昆虫の生態や本能といった昆虫の世界で起きるありのままの出来事を、コータ(8)の目線で綴ってきました。しかし一方、「ありのまま」であるがゆえに、弱肉強食の自然界で生きる厳しさや、昆虫 [続きを読む]
  • 崎野自然公園 その1
  • 長崎市から北へ車で30分。長崎空港の浮かぶ大村湾に突き出た半島、ここは、崎野自然公園。海に囲まれた自然豊かな公園は、キャンプ場や草スキー場、アスレチックなどが楽しめる、憩いの場。入り組んだ地形は、なんとなーくカブト虫に見えないこともありません、面白い形してます??管理棟のある広場、草スキーやキャンプ場はこちらで申し込みできます。最近仲間入りした黒と茶の2匹のヤギ。黒が「さき」ちゃんで、茶が「 [続きを読む]
  • カマキリと遊ぼう!
  • 我が家には只今8匹のカマキリがおりまして。名前こそつけていませんが、みんな元気に成長しております??たまに飼育ケースから出して、こうして遊ばせてます。何度目かの脱皮を経て、今では体長6〜7cmと結構大きくなってますが、コータ曰く。「もう1回くらい脱皮するよ、羽根がまだ出来上がってないから」ということで、これからさらに大きくなるそうです??手のひらや腕にのせると、カマキリって結構面白いんです。リ [続きを読む]
  • キアゲハ観察日記 (飛翔編)
  • キアゲハの幼虫を再び見つけたコータ。この夏巡ってきた2度目のチャンス!今度こそ!アゲハチョウの羽化を見たい??前回の反省を踏まえ、割り箸にしっかりと体を固定できるよう、キャベツは少し離してセット。徐々に小さくなっていき、色が濃い緑に変わり始めると…2日後、無事サナギヘと変貌しました。と、ここまではヨシ??そして待つこと10日?。ついにその時が!????やった??キターーーー [続きを読む]
  • ホンケとモドキ。
  • ここで、コータから昆虫クイズ??2匹のトノサマバッタです。さてどっちがホンケで、どっちがモドキ?うーん。うーん。こっち??←ブ、ブー??正解は…こっち→どこで見分けるの?「顔。」「・・・。」トノサマバッタに似たバッタは、クルマバッタ、クルマバッタモドキなどがいますが、コータはトノサマ以外、全部「モドキ」と呼んでおります。ハイ。図鑑見ると、ホントの見分け方ってある [続きを読む]