あくび さん プロフィール

  •  
あくびさん: アラサー女の孤独な闘い
ハンドル名あくび さん
ブログタイトルアラサー女の孤独な闘い
ブログURLhttps://ameblo.jp/akubichan0716/
サイト紹介文崖っぷちメンヘラアラサーの呟き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 71日(平均12.9回/週) - 参加 2018/08/13 14:04

あくび さんのブログ記事

  • 私は全く興味がありません
  • 人の心は移ろいやすい。 ことアバター系ゲームでは恋愛感情が生まれたりもするだろう。 そうして擬似恋愛を楽しんでいる人がたくさんいるのは紛れもない事実だ。 けれど私は興味がないので肯定も否定もしない。 仮装空間のみの恋愛感情… これがリアルに発展すればこの上ない縁となるが大抵はネット上だけだろう。 お互いに飽きてしまえば関わりを断つのも一瞬だ。全て消してしまえばいいのだ。 ネットだから出来る事だ。 [続きを読む]
  • OK!
  • お前ら今日は良くチケット手に入れたな!俺達のライブに来てくれてありがとう! それじゃあイカれたメンバー共を紹介するぜっ! ボーカル!磯辺巻きっ! ギター!納豆餅っ! ベース!砂糖醤油餅っ! ドラム!きな粉餅っ! カスタネット!チーズ餅っ! トライアングル!ピザ餅っ! リコーダー!お汁粉っ!      \ キャァァァァァァー? / みなさんは誰推しですか?ちなみに私はギターのファンです。 [続きを読む]
  • 計画節電
  • 町内のあらゆる施設が計画節電を行っている。 これは私も参加しなければ!「うち、今日計画節電してるんだけど遊びに来ない?」 「うそー!?行く行く〜♪」  懐中電灯をカチリ。 「ほら、どこ照らして欲しい?顔?首筋?それとも……」「キャー///」 ってな感じで男性は女性を部屋に連れ込めます。 是非トライして下さい。  私はやりません。 [続きを読む]
  • 20代があらわれた!
  •  アラサー ノ コウゲキ!  ドモホルンリンクル!  20ダイハ コウゲキヲカワシタ!  20ダイノ コウゲキ!  「ワタシモ モウスグ サンジュウニ ナッチャウ〜ヤバイ〜」  アラサー ガ ゼンメツシタ  その後アラサーの行方は誰も知らなかった…… [続きを読む]
  • 将来有望
  • 今朝もウォーキング。 陸上競技場の横を歩いていると中学生たちが野球の試合をしていた。 保護者も応援に来ていて、かなりのギャラリーとなっていた。……ので!足休めにちょっとだけ座ってギャラリーに混じってみた。  マウンドでは未来の花婿候補達が駆け回っている。  ふふ、お姉さんが優しく教えてあ・げ・る♪ 今そこで黙れババァと言ったそこのあなた…… そこに正座しなさい。 [続きを読む]
  • 心理士さん
  • 私は主治医の他に心理士さんとカウンセリングもしている。 しかし、私のカウンセラーさんはとにかく患者の話を訊く手法で攻めてくるタイプなのだ。 コミュ障な上に、ずっと家にいるから会話のネタがない私は45分の設けられた時間で、ひたすらキョドっている。 この間、二連続であくびを噛み殺そうとしていたのを目撃してしまった。 誰か……誰か私に話術を……。 [続きを読む]
  • あっ…
  • 温かいっ…… 久々だからもう我慢出来ないのっ…… 今すぐ頂戴っ……早く…早くっ!! という感じで、昨日パン屋さんに予約していた食パンがやっと手に入りました。 卑猥な想像をした方は今すぐグラウンド10周! [続きを読む]
  • 出待ち
  • 我が目を疑った。 眼の前の陳列棚が軒並みガラガラなのだ。 肉も魚もパンも買い占められている。 コンビニもスーパーにも何もない。 誰だ!買い占めている奴らは!朝から並んでいるのだろうか…… 「キャー!肉ちゃ〜ん!」「魚ちゃ〜ん!」「パンちゃ〜ん!」  ……と出待ちしているのだろうか。  私もサイリウム持って並ばなきゃ! [続きを読む]
  • 北海道胆振東部地震
  • 深夜3時、スマホが「地震です!地震です!」と音を立てた直後、震度4の地震に襲われました。 2階で寝ているのでグラグラグラグラ。 タンスの上の物たちが床にゴロゴロゴロゴロ。 直後の停電。 朝起きても停電はなおっておらず更にピンチな事にその日は通院日。 営業はしているとの事だったので信号のないまま隣町の病院へ… 無事に薬を貰って夕方帰宅するも停電が直っていない。 仏壇からロウソクを持ってきてチーン…と [続きを読む]
  • 本当です
  • あっ!今空港内にあくびさんが現れました! あくびさんっ!あくびさんっ! ダイエットが失敗したというのは本当なんですか!? 「………」 カシャカシャパシャパシャ あんなに宣誓していたのにわずか数日で失敗したんですか!? 反動で怒涛の食欲が押し寄せているというのは!? 「すみません、急いでるので…」 カシャカシャパシャパシャ あくびさんっ!あくびさんっ! 「語ることは特にありません…」 カシャカシャパシャパシャ [続きを読む]
  • バレンタインのこと
  •  えんだああああああいやあああああああうぃるおおおおるうぇいずらぶゆううううう  あれはいつぞやのバレンタインでの事。 私の頭の中で冒頭の音楽が鳴り響いた。 世界中のすべてが私を祝福しているかのようだ。 そう、主治医が私の超本命チョコを受け取ってくれたのだ。 しかし、私の理想では「先生?本命チョコです?私ごと受け取ってください?」 「あくびさん……結婚しよう」 「はい…?」 ……だったのだが、現 [続きを読む]
  • LINEグループ
  • 今日は患者友達のお茶会に参加してきた。 メンバーは私を入れて6人。皆30代の女性だ。 そこで繰り広げられるトークは勿論それぞれの主治医へのLOVEに他ならない。 「うちの主治医はとにかく優しい?」「うちの主治医のおかげで元気が出た?」「うちの主治医は話をしっかり聞いてくれる?」 「あっ!この問題、昨日の主治医の話で出たやつだ!」「あれ…全然わからなかったのに主治医の話でスラスラ解ける…」「主治医の話 [続きを読む]
  • 出来ちゃった…
  • 私…出来ちゃったみたい… 先週の採血の結果に+反応が出たの… まだ男の子か女の子か猫かハウスダストか花粉症かはわからないけれど… 一昨日も午前中に採血に行ってどれが原因か調べに行ってきたわ。 結果が出るのは一週間後らしいけど… このエンドレスな鼻水… 私…アレルギーが出来ちゃったみたい… [続きを読む]
  • 保健室の情事
  • 気がつくと腹を撫でられていた。 その冷たく細い指先が僕の上半身を直に撫で回している。 その冷たさでパッと目が冷めた。 僕の上にのしかかっていたのは保健室の麻美先生だ。 僕は慌てて起き上がり保健室のベッドから起き上がろうとするが先生は鼻先に指を一本立て「シッ」と一言しゃべり僕を再びベッドに戻した。 半袖の制服の中に再び冷たい先生の指が入り込む。 生理現象には逆らえず僕は次第に下肢を熱くした。 …っ [続きを読む]
  • 妄想大爆発
  • 今日のウォーキングですれ違った犬を引っ張るおじいさん。否、犬に引っ張られるおじいさん。 その光景を見た私は勝手に物語! 僕の名前はコテツ。 おじいさんは僕が生まれた時からずっとずっと毎日一緒だった。 おじいさんは一人暮らしで毎日僕のお世話をしてくれる。 散歩も毎日欠かさずに連れて行ってくれた。 でも、段々僕を引っ張っていたおじいさんは僕に引っ張られるようになってしまった。 ある朝のことだった。 [続きを読む]
  • 老化
  • 子供の頃、毎週CD売上のカウントダウン番組を見ていたが父や母にその話をしてもまったく通用せず、私は思った。 自分は大人になっても子供と流行りの曲の会話が出来るようになろう!と。 ……が、今現在、流行の曲がまったくわからない。 精々、西野カナが逢いたくて震えているのを知っている位だ。 それ以外は自分の好きなアーティストしか聴かなくなってきた。これが考え方の老いなのだろう。 その前に自分の子供がいないから安 [続きを読む]
  • 前々職
  • 前々職で働いていた接客業の求人が出ているのを見つけた。 地元の某有名ウィスキー観光地の、売店でのレジや品出しだった。 何故辞めたのかと言うと、女だらけの人間関係に中間管理職の方がどっちつかずの対応しかしてくれないことに失望してしまったからだ。 ストレスから職場で嘔吐するようになってしまい辞めざるを得なかったのだが、戻りたいという気持ちもある。 しかし、既に辞職してから6年くらい経っているので、もう仕 [続きを読む]
  • 空気度MAX
  • 小学生の頃はまだコミュ力があってクラスに友達もいて、楽しい日々を送っていた。  ……が、中学に上がると、まさかの全ての友達とクラスが離れてしまい私の存在は空気化してしまった。 今でも心に残っているのは、見学旅行の班決めの時に5人くらいリーダーを決めて、黒板に入りたいリーダーの名前を各々書いていく……というものだった。 しかし、どのリーダーとも親しくない私はどのチームにもはいることが出来ないでいた。 [続きを読む]
  • はーい、席に着いてー
  • 今日は先生、みんなに聞きたい事があるんだ。 みんな目を瞑って自分に当てはまったら手を挙げてくれー。 まずは、山田くんの給食費を盗ったのは誰だー?先生誰にも言わないから正直に手を挙げるんだぞー。 よし、わかった。次はあくびさんの婚期を盗ったのは誰だー? よし、わかった。後で職員室に来なさい。 次は今月二回もある三連休についてだ。 デートの予定が入っている人ー?男女混合で遊びに行く人ー?家に引きこも [続きを読む]
  • 名探偵わたし
  • 私は目を見開いた。 いつもと変わらない静謐な朝のリビングで事件は起きていた。 そう、ふと足元を見ると大量の真っ白な粉末がごっそりとそれはもう富士山のようにこんもりと積もって居たのだ。 この粉末はなんだ?私の中の名探偵の血が騒ぐ。 粉末をそっと指につけた。 ペロッ… こ、これは青酸カリ!!! …で、あるはずもなくただの砂糖だった。 そして犯人は重大な証拠を残していた。 粉末の上にところどころに足跡 [続きを読む]
  • 金太郎
  • 私は酷い剛毛でくねくねの天パだ。 それもブスの要因だったのだが、高校に入ってからどうしてもストレートに憧れて、何を思ったのか男性用のバキバキに髪を固めるスプレーを買い、金太郎のような髪型をして高校に通っていた。 酷いありさまである。 高校を中退した後、縮毛矯正という存在を知り、私の人生は変わった。ブス度がマイナス5になった!てれれれーてーれーてってれー♪ [続きを読む]
  • 準備はいーい?
  • 夏も終わりということで今日は皆さんにやって欲しい事があります。 まず、人気のない場所へ移動して下さい。 次に、服を脱ぎます。 恥ずかしがらずに一糸まとわぬ生まれたままの姿になりましょう。 さて、ここからが本番です。 右足から一歩前に乗り出しましょう。ゆっくり、ゆっくりです。 最後に左足を一歩前に乗り出します。恐怖心は捨てて下さい。 皆さん、如何でしたか? 何キロ太っていましたか? 私は絶望しまし [続きを読む]
  • 後悔している事
  • 私は成人式に出ていない。何故なら引きこもっていたからだ。親も何も言わなかった。 写真だけでも撮ろうみたいな言葉を待っていたが我が家の経済事情的に無理だったのだろう。 七五三も何もやっていないし、記念の写真が何もない事が悲しく思う。 このままだと結婚もしないし、私がパキッとキメた写真は今後存在しないだろう。 ただ、今になって振り袖に凄く憧れがある。もう30を過ぎてしまったが、30の時にでも記念に一枚撮って [続きを読む]
  • 先生
  • やっぱり私は主治医の先生が好きだ。 院内恋愛をしているという噂もあるし、?も何個かあるらしいのだがそれでも私は全てが大好きなのだ。 でもこのままじゃあ、私が病院を卒院しない限り可能性は0。 ……の前に痩せなきゃ!脱げない!っていう杞憂をひたすら繰り返している。 [続きを読む]