ワニ男 さん プロフィール

  •  
ワニ男さん: 人生と宗教
ハンドル名ワニ男 さん
ブログタイトル人生と宗教
ブログURLhttps://sinnjitutruh.exblog.jp/
サイト紹介文人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 38日(平均5.5回/週) - 参加 2018/08/14 00:57

ワニ男 さんのブログ記事

  • 駅前でチラシ配り
  • 最近、東武東上線の沿線でよく顕正会がチラシと新聞を配っている。私は元創価学会で公明党のチラシを配った経験がある。駅前でなくデパートの前でやらされた記憶がある。今考えるといいように使われていたしよくあのようなバカバカしいことをしたと思う。顕正会の話に戻るが彼らも本当に真剣だ、だが間違えたことまた日蓮大聖人の意に沿わないことを大変な結果を及ぼすだろう。顕正会は正統な血脈相承を受... [続きを読む]
  • 今後の投稿について 何をテーマにするか。
  • このブログですが今後、何を書いていくか考えてみました。宗教全般のことも書き対のですが膨大な量の書き込みになるのである程度限定しないといけません。それ以外にも宗教に隣接する政治の問題とかを書きたいです。創価学会でどんなことをしてどうなったかも書きたいとも思っています。①創価学会時代の体験談などを今後書く(害毒について)②政治のこと宗教と密接に関連すること(日本会議と... [続きを読む]
  • リチャードドーキンスの本を読んで、
  • タイトルはリチャードドーキンスの本だが、ドーキンスは面白いことを言っている。ヒットラーとスターリンは無神論者であったのかである。キリスト教の人たちは両者が無神論者だから悪いことをしたという、スターリンに関しては母親に神学校に無理やり行かされたことは有名だ。成績も悪くついていけなく放校処分になった。その恨みで宗教、特にロシア正教の教会を破壊していったと思われる。スターリンに関しては無神... [続きを読む]
  • アメリカの日本に対する対応
  • これは私見ですが米国は日本やアジアから軍隊を抜き孤立主義の道に進んでいると推測できる。すでにロシアはかつての敵ソ連とは違うし中国も経済的な関係では切り離せなくなりつつある。世界が分業体制などができたりまたテロや災害は起きた国の近隣で軍事活動や救助を行えばよいだろう。すでにアメリカなしでも世界は経済政治軍事などでも動くようになっている。もはや世界の警察官も不要だ。今後求められるのは各地域ご... [続きを読む]
  • 英会話スクール2
  • ▼ありそうでなかった、スマホで“量”も“質”もこなせる話すトレーニングアプリ登場【まずは2週間無料お試し!】https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPFQZ+FA564A+41QO+626XVたった6つのポイントで「英語が話せない」は解決できる!どうしたら日本人が英語を話せるようになるかを、研究して、ついに日本人が英語を話... [続きを読む]
  • 創価学会は弱くなってきている。
  • このことは日本が弱まっているから創価学会も弱まっているという見方が妥当だがそれだけではないようだ。日蓮正宗から池田大作氏が破門されるまでは創価学会は強かった。正確には戸田先生の時代よりは勢いはなかったがそれでも今よりは強いだろう。このことはなぜかと言えば宗教的教義的問題としてみれば偽本尊を拝むからだろうが、創価学会は折伏をしなくなったからだ。日蓮正宗いがいの宗教を否定し謗法としていた... [続きを読む]
  • 創価学会が靖国に提灯奉納、これこそ新時代到来か
  • 私が脱会したのは去年(2017年2月)である。まだ日が浅いため覚えている。よく原田会長が新時代到来と言っていたが何かと思えば、大御本尊様の否定、謗法を行ってもいいとの考え、おそらく近いうちにまた教義の変更ということもあるだろう。これらは何を意味するのかが問題である。今、創価学会は転換期に来ているのであろう。すでに宗教というよりも政治団体になっていることはわかるであろう。安倍政権は極端に極... [続きを読む]
  • 信者たちの寄付
  • このテーマでいろいろ書きたかったのだが非常に難しいと思ったところも有る。お布施とか寄付、または供養に関しては各宗教宗派によって違うだろう。邪教とよばれる宗教こそ供養は高額を要求しているように思える。またこのテーマで考えがまとまったら書くつもりだ。  ★☆★大人のためのコミュニティサイト★☆★+・+・+・+・+・恋愛・婚活におすすめ。30歳から始める大人の社交場。安... [続きを読む]
  • 新時代到来とは靖国神社に寄付することか。
  • 靖国神社に寄付した創価学会  ←こちらを確認してください。創価学会が靖国に提灯奉納 ネット騒然 みたままつりに提灯を奉納していた。これはいかがなものかと思う。日蓮正宗時代からの謗法厳戒の教えを破った件、また戦犯を祭る神社を否定してきた創価学会が平和主義という考えを放棄したのは会員に対する裏切りだ。原田会長はこの件についてまだコメントはないが聞いてみたいものである。... [続きを読む]
  • 今後の書き込み
  • 今後の書き込みは仏教のこと、創価学会や顕正会の過ちを指摘すること、その他は世界の問題や社会の矛盾店などに焦点を置いて書き込みをしたいと思います。にほんブログ村にほんブログ村 政治ブログにほんブログ村にほんブログ村 社会風刺にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログにほんブログ村にほんブログ村 創価学会 批判・告発にほんブログ村にほんブログ... [続きを読む]
  • 閉塞感
  • 現在、日本では閉塞感を感じます。すべての原因は宗教にあるのです。それを話したかったのですが、今回は世間的な考えで話します。就職氷河期は大学生や若い方にとっては今後の将来に直撃してくることです。中高年のリストラや非正規の方なども同じですね。また大量の会社が倒産してますね。こんなんでは生きていく気力も失せますね。自民党と公明党に政策をよく考えて選挙の投票をしてください。... [続きを読む]
  • 日本会議と創価学会
  • 日本会議と創価学会についてだ、日本会議とは簡単に話せば右翼の連合体で支持している団体はほぼ宗教団体である。温度差はあるにせよ目的は「大日本帝国の復活」である。創価学会の目的は戦後間もないときは国立戒壇などということも言っていた。日蓮正宗の大御本尊様を安置する場所を国家が建設することをめざし日蓮正宗の国教化を目指していた。しかし67世の御法主上人様がこれは便宜的に明治以降用いたものとして否... [続きを読む]
  • 東アジアと日本
  • 現在、北朝鮮とアメリカの間で和平が結ばれそうだ。この動きに関連して北朝鮮に接近する周辺国が出てきている。ロシア、中国、韓国、などは接近の度合いは日本などよりもすごい。韓国ではこのままだと米軍は全部撤退する。日本はどうかだ。日本も米軍は撤退の方向性に行くだろう。そうであってほしい。そうすることにより米国から離れていけば日本は閉塞感からも解放されるだろう。そうした場合、政界は流動化するの... [続きを読む]
  • なぜ人生はうまくいかないのか。
  • これは一言でいえば人には生まれる前の過去から現在に生きてきた総合結果にほかならない。どうしたらかわれるのかが問題である。仏さまは人々に徳を積み本来持つ宿業を消す教えを残されました。結論から言えば『日蓮正宗の御本尊様に題目(南無妙法蓮華経)と唱えること。これを自行、日蓮正宗の教えを人々に話すこと化他の実践により本来持つ宿業が消え、貧病争から抜けられるのです。』詳しくは動画... [続きを読む]
  • 右傾化する日本
  • このテーマではブログをたくさん書きたかった。なぜかというと日本の傾向性は民族や国家に熱狂数若者が非常に多いことだ。安倍総理が中国敵視的なことをしたりまた中国との仲を悪くするために靖国神社参拝などすると若い人たちを中心にして拍手喝采になる。その他の経済政策では新自由主義などの経済政策を取り入れて貧富の格差を誘発することを繰り返しておりそのつけが低学歴低スキルの大半の若者に直撃を受け生活困難にな... [続きを読む]
  • 世界的陰謀などはあるのか・?
  • ユダヤ人の陰謀論など世の中陰謀論がお好きのようだ。ないとは完全に断言できないが、世界を少数の人間が支配することをたくらむ組織があるのはどうかと思う。こうした陰謀論の本は売れるから各方もおられる出版社も売り上げや利益の拡大を狙い発売しているのだろう。面白い話にするため歴史的な裏付けをとるためユダヤ人が太古の昔から世界を支配するために暗躍したとの内容が多い。大体の概要はユダヤ人がエジプト... [続きを読む]
  • 不幸になっているのに信心で乗り越えたという創価学会員2
  • 不幸になっているのに信心で乗り越えたという創価学会員に続きです。最近の傾向だと不幸の現象でもそれでも不幸でも屁理屈を言う創価学会員が多い。ある大きな創価学会の会合で両眼摘出体験談があったらしいがこれは罰の現象ではないのか?論理的に考えてなぜ創価学会に不幸な現象があるのかは『偽本尊』の影響を受けていることは言うまでもないのだ。御書にもそのことは裏付けがある。『開眼供養せざれば家に主なき... [続きを読む]
  • 不幸になっているのに信心で乗り越えたという創価学会員
  • 偶然、創価学会員にあった。驚いた。不幸になっても「乗り越えたのだからこの信心はすごい。」等と言っていた。これを聞いて私は驚いた。その方は教宣部もやっておられたみたいで現在は壮年部で創価長をしてるそうだ。その方の詳しい内容は話せないが、最近の創価学会員は子供が死んだり家族がなくなったり倒産、リストラ、破産、病気などが頻繁に減少として出てくるのに、乗り越えたとか、この信心をしてるからこの程度... [続きを読む]
  • 元Googleエンジニアが人工知能を神とする宗教団体を設立
  • 元Googleエンジニアが人工知能を神とする宗教団体を設立させたことをネット上で知り驚いた。「未来への道」という団体らしいのだが・・・・・そんなこと現実にありえないのではと思う方もいるかもしれないが事実である。この目的が気になるところだろう。よく考えてみればAIが人間社会に入り込んでいる。クレジットカードで買い物も、行政などの住民の税金や社会保障などの関連はすべてAIが管理... [続きを読む]