くー さん プロフィール

  •  
くーさん: FPパパのマネーラボ
ハンドル名くー さん
ブログタイトルFPパパのマネーラボ
ブログURLhttps://www.fpkuu.com
サイト紹介文FPによる家庭の3大出費である教育、家、生命保険を中心に「お金」に関する話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 66日(平均5.6回/週) - 参加 2018/08/15 10:08

くー さんのブログ記事

  • 目標はオール「5」 中学校 定期試験の勉強法 【数学編】
  • うちの子は中高一貫校に通う中学2年生。高校入試がないからと言って手を抜けば、あっという間に大学入試。今の学習の取り組み方が、今後受験勉強をスムーズにできるかどうかに直結する。中学受験は、学校の成績がすべて「よくできる」があたり前の世界。大学入試も、同様の受験層の中で、高校入試が過度な負担とならないように中高一貫校にお願いしたのだ。基礎学力の確認である「定期試験」は、絶対評価でオール「5」としておいて [続きを読む]
  • 中高一貫校の保護者向け進学ガイダンスに行ってきました。
  • 今回は珍しく(?)、外部の先生が担当されるということで、参加してきました。2020年から国公立大学の入試制度が変わることもあり、保護者の方々の関心も高く、盛況でした。うちの子も中2の後半になっており、ちょうど新制度に当たります。近い将来の仕事環境の変化、現実の就職事情、新「大学の入試制度」、このあたりが説明の大きな柱。私も聞いておきたかった分野なので、簡単にまとめておきます。・ロボット&AIの進化。仕事 [続きを読む]
  • 中古マンションは1年でどれくらい価格が下がるのか?
  • 一般的に、自宅マンションや戸建ては、新築価格から1年ごとにどのくらい価格が下がっていくのでしょうか?私の自宅マンションを売却の際、担当をした営業マンは、「だいたい1年間で100万〜150万円」と言っていました。不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」で面白いデータがありました。引用:https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/ms_chuko/mc_knowhow/s0tks000/これを参考に個々のケースを当てはめれば、 おおよその時価をつ [続きを読む]
  • 不動産を早く、高く売る方法。NO2、「販売戦略を立てる」
  • 1、販売戦略を立てる「売却することにしたけど、一体いくら位で売れるのだろう?」まずは、自宅の相場を把握しておく必要があります。で、一般的には、近所の不動産屋やチラシを見て、連絡を入れて、相場を聞くことになると思います。この際注意点する事は、※査定する際、誤って買取査定と混同してはいけません。買取価格は、不用品をリサイクルショップに持っていくのと同じで、相場より非常に安い価格の提示になります。不動産 [続きを読む]
  • 不動産を早く、高く売る方法。NO1、「自宅を売却するまでの流れ」
  • 急な転勤や住み替えなどで、「購入した不動産を売却したい」場合、どうすれば少しでも早く、高く売却できるのか?仲介不動産会社の案内や広告はよく目にしますが、売却する当事者の声は少ないようです。通常、一生に一度あるか、ないかの事なので少ないのは当然ですが、私は既に、購入や売却を経験していますので、まとめておきたいと思います。ただ、手順が煩雑になりがちなので、何回かに分けて整理してみます。まず、売却の前提 [続きを読む]
  • 中学受験「合格するための塾との付き合い方」〜実体験から考える〜 2
  • ・入塾の目的を見直す。前回、大手塾での体験から、いろいろと述べましたが、→中学受験「合格するための塾との付き合い方」〜実体験から考える〜 1では、私は親として、どうしたか?まずは、子供に与えるテキストや問題集を見直すために、子供の今の実力を正確に知ることに努めました。成績の上がらない、大方の生徒は、授業が身につかず、素通りしています。理由は、単純で、「わからない」からです。子供が「わからない」程度を [続きを読む]
  • 中学受験「合格するための塾との付き合い方」〜実体験から考える〜 1
  • 子供が中学受験をするなら、塾は必須!?。塾についても、これまでの親としての体験から整理しておこうと思います。・受験の予定はなかった。子供を始めて塾に入れたのは、小学3年生になる春。当時、中学を受験する気は全くなく、地元の公立中学校に入れるつもりでした。ただ、「勉強もスポーツもを疎かにせず、健康に育ってくれさえすれば」と塾に対して、軽い気持ちでいました。近所に名の知れた塾=Nができるというので無料の [続きを読む]
  • 中学入試「中高一貫校生の英語力」
  • うちの子は、運よく中学入試で合格をいただき、志望校に入学して、今は2年生になっています。カリキュラムは、公立中学校より早く、予定通りに定期試験をこなしています。毎回、各教科のクラスでの席次、学年での席次、平均点が保護者にも通知されます。個々の生徒の出来は別にしまして、全体的な傾向だけを見ますと、どうも英語の出来がよくありません。生徒達にあまり自覚がないのかも知れませんが、いずれ彼らが文系、理系や学 [続きを読む]
  • 中学受験「中高一貫校生の英語力」
  • うちの子は、運よく中学入試で合格をいただき、中高一貫校に入学して、今は2年生になっています。カリキュラムは、公立中学校より早く、予定通りに定期試験をこなしています。毎回、各教科のクラスでの席次、学年での席次、平均点が保護者にも通知されます。個々の生徒の出来は別にしまして、全体的な傾向だけを見ますと、どうも英語の成績がよくありません。生徒達にあまり自覚がないのかも知れませんが、いずれ彼らが文系、理系 [続きを読む]
  • 中学受験 「実践済み。役に立った!参考書・問題集。」 国語 読解編
  • 国語は「もっとも偏差値を上げにくい」、「勉強法がわからない」教科とされます。そのためか、「こう聞かれたら、こう答える」、「この言葉が来たら、ここを読め」という解答の仕方や、「問題を先に読んで、本文に戻れ」という問題の取り組み方を指示する指導をされている方もいらっしゃるようですし、本もあります。この辺りは、(私が)「大学受験したときと変わっていないなあ」という印象です。どれも間違いではないですし、受験 [続きを読む]
  • 中学受験「志望校を決める」子供が伸びる時期には個人差があります。
  • 中学を受験するに頃は、本人がまだ十分に自立していないため、何かと親が首を突っ込みたくなります。私もそうでした。いつの間にか、親の志望校=子供の志望校となります。ただ、関わり方が間違っているなら・・、子供にとっては大迷惑です。教育機関とそこに通う学生との関係は「教育経済学」という比較的新しく、興味深い学問分野があって、実証分析も進んでいるようです。高等教育レベルで、医師国家試験の合格率の質については [続きを読む]
  • 中学受験「受験をする小学生におすすめの文房具。」2
  • ・大容量!ペン入れしっかり勉強するためには、赤ペンや青ペン、付箋、蛍光マーカーなどいろいろと常備して、なおかつ、すぐに取り出す必要があります。「どこにある?」と探している時間がもったいない・・。ということで、コンパクトで大容量の筆箱を探していました。これは、なかなかの優れものです。必要なペン類はもちろん、定規、はさみ、コンパスなども1つに収まります。子供も、今までの普通タイプでは小さくて困っていた [続きを読む]