アラサー再受験医大生 さん プロフィール

  •  
アラサー再受験医大生さん: アラサー再受験医大生のブログ
ハンドル名アラサー再受験医大生 さん
ブログタイトルアラサー再受験医大生のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/waffle-lovers/
サイト紹介文公務員→地方国立医大生のブログです。社会人経験を経ての、いわゆる再受験医大生の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 13日(平均6.5回/週) - 参加 2018/08/15 23:23

アラサー再受験医大生 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 年齢を重ねて医学部に入った学生のあるべき姿
  • 先日、再受験(社会人経験あり)の友人と飲みに行ったときにちょっと話題に出て考えたことがある。 それは、 「再受験生の医学部の6年間は他の学生と同じように過ごしてよいのか」 ということである。 もっと端的に言えば、 「卒業して医者になった時、再受験生は若い同期と同じスタートラインで医者になっていいのか」「再受験生医師は、+αの要素をもってなければいけないのではないか」 ということである。 私は、入学当初から [続きを読む]
  • 医学部入試における年齢差別(年齢制限)を許容する―①原理原則論編
  • 今日は医学部入試(将来医師として働く人間を選抜する試験)における年齢差別、すなわち、多浪・再受験生差別について、2回に分けて30代で再受験入学した立場から書きたいと思います。 医学部に入学し、講義を受けて卒業したからと言って、必ずしも全員が医師として働くとは限りません。医学部を卒業してから民間企業で働く人もいるでしょうし、研究の道へ進む人もいるでしょう。しかし、大多数の人間が臨床医として勤務している [続きを読む]
  • 最近の大学生④―保守化の進行
  • イマドキの大学生は、本当に保守的だなあと感じる。(政治的な意味ではない) 具体的に、どのように保守的なのかと言うと、以下のような点においてである。(しばしば、部活などで見受けられる。) ・「変化よりも安定」、「安定こそ人生の目標!」という発想が大勢を占める・「今までこれでやってきたから」といった理由で新しいやり方を試みない・「こーゆー雰囲気だから」と雰囲気で物事を決める・集団の調和(というか馴れ合 [続きを読む]
  • 最近の大学生③−マザコン
  • 最近の大学生は、親子関係、特に母子関係が密であると思う。 私が触れ合う大学生は概して家庭環境が良かったためだろう。親からの愛情をたくさん受けて育ってきた学生が多い気がする。医学部は特に経済環境が恵まれている家庭が多いためか、この傾向はさらに顕著である。 また、単に親子関係といっても様々なものがあるが、医学部女子学生のマザコンは非常に顕著なものがある。(卒業後は「親元に帰る」という女子が何と多いこと [続きを読む]
  • 最近の大学生②―基本的に優しい
  • 最近の大学生、特に男は基本的に他人に対して優しい。 どう優しいかというと、まず怒らない。他者を傷つけるようなことは言わないし、学校や社会に対して怒ったりすることもない。 とにかく「怒り」という感情が表出することがなく、「自分が我慢すればいい」といった感じで怒りを収める。弱肉強食のサバンナに行ったらすぐに食べられてしまいそうな感じである。安保闘争をした世代からは想像しがたいくらいの草食っぷりだろう。 [続きを読む]
  • 東京医大入試不正事件に対する識者のコメントについて
  • 東京医大入試不正事件について、最近新たに思ったことがある。数々の識者の意見を読んだが、医師以外の意見はだいたいが以下のようなものである。 ・入試における女性と多浪・高齢受験者に対する差別はまことしやかに囁かれていた・医療現場における女性の低戦力化と入試における差別は別問題である・したがって、不正入試許すまじ・日本はOECD平均と比べ〜女性が〜・・・・このような女性差別は医療だけではなく、他の民間企業 [続きを読む]
  • 最近の大学生①−勝手にカテゴライズするな!
  • 最近、とみに「最近の若者は…だなあ」(決して悪い意味ではない)と思うことが増えた。これはつまり、「最近の若者」を対象化している証拠であって、つまるところ自分がもはや「最近の若者」とは異なる他者である、ということであろう。(非常に悲しいというか、切ない) ちなみに、私は現在32歳である。私よりもずっと年上の方々からすれば、私もまだまだ若者であるのだろうが。 さて、ここでふと思い出すのは、自分が一回目の [続きを読む]
  • 「医学部は狭い世界」という言葉
  • 医学部生と話していると、半年に一度くらいは、「医学部は狭い世界だから」という言葉を聞く。この言葉が出てくる文脈は、主に二通りである。 ①「医学部は狭い世界、だからすぐに色々な噂が広まる」 ②「医学部は狭い世界だから、視野が狭くなる。」 なるほど、①については確かに否定しない。噂が(真偽は別にして)すぐに広まるというのは医学部、というより少数コミュニティに備わるDNAのようなものだろう。 ①の発言の裏に [続きを読む]
  • 東京医大の不正入試について
  • 女性の労働環境の改善云々については、語るだけの知識・経験がないのでここでは語らない。 今回の事件に対する私の感想(意見)は、以下のとおり。 ①大学入試については一般に高度な公正性(募集要項に記載されている内容の忠実な履行)が求められるものであるが、今回の事件はこの大学入試の公正性を根本から損なうものであり、さらに医学部入試に対する社会的信頼性を著しく低下させた。 ②医学部入試は将来の職業選択に直結 [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 〜略歴〜公務員→圧倒的フリーター→地方国立医大生です。 1回目の大学生の時(10年以上前)に、ある人に言われた 「今を記せ」 という言葉がどうしても忘れられませんでした。(この言葉、つまるところ「日記を書け」ってことです。) 今を記すために、日々の雑感を中心にブログを書いていきたいと思います。 ☆★☆医学部受験、公務員生活、医学部生活に関する質問、できる限り対応します☆★☆ コメント欄にどうぞ〜 Q1.ニッ [続きを読む]
  • 過去の記事 …