Fumama さん プロフィール

  •  
Fumamaさん: 英語講師Tomoのブログ
ハンドル名Fumama さん
ブログタイトル英語講師Tomoのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/olympia0719/
サイト紹介文幼稚園児から高校生まで英語指導16年の経験から、英語学習のヒントをお話ししていきます。生徒さん募集中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 111日(平均3.9回/週) - 参加 2018/08/16 18:15

Fumama さんのブログ記事

  • つまづいたところからやり直そう
  • 12月になりましたね。11月はとても忙しく、飛ぶように過ぎてしまいましたブログの更新もなかなかできません近くの森は落ち葉の雨が降って、綺麗です落ち葉の上の散歩は犬もご機嫌です学校の2学期ももうすぐ終わりです。英作文の授業は相変わらず苦戦が続いています。彼は学校で何を教えていますか?という英作文でWhat teaches he at school?という回答が…この生徒は一般動詞の疑問文は動詞をそのまま前に移動するという独自のル [続きを読む]
  • 「何もない」贅沢
  • 私の家の側には、森があります。犬を飼う前はほとんど森の中を歩く事はありませんでしたが、犬を飼ってからはよくここを散歩します。何もない森です。子供の遊び場も、気の利いたお店があるわけでもありません。でも何もないからこそ、季節の移り変わりを五感で感じる事ができます。土日は子供連れの人がやってきて散歩したりしていますが、平日は犬と私と森だけという時間もあります。今の季節は森も秋を迎えて、ひっそりと静か [続きを読む]
  • 東京オリンピックボランティア面接受けました
  • 日曜日に東京オリンピックの都市ボランティアの面接を受けました東京でオリンピックの開催が決定して最初の頃は絶対ボランティアやりたい‼?と意気込んでいたのですが、ボランティア募集が始まる頃にはすっかりその熱も冷めて(飽きっぽい性格なので)応募しようかなぁ、どうしようかなぁと迷った末、やらないでする後悔より、やってする後悔の方がマシ!と思い定め、ギリギリで応募しました。語学ボランティアで応募したのです [続きを読む]
  • 英作文間違いあるある
  • 英作文のレッスンをしていると、生徒達が間違えるいろいろなポイントが見えてきます。なぜこうなるかな?と思うような間違いを多くの生徒達がするのです。彼女の目は青いですか?(目は複数で)という英作文でDoes her eyes are blue?と書くんですよねなぜbe 動詞の疑問文にdoesが…と思うのですが、結構な数の生徒がこのような疑問文を書きます。きっとあれ?疑問文だと前に何か付けるんだよな…herってあるからdoes をつけるん [続きを読む]
  • 芸術の秋ですね
  • 今年は11月に入っても、半袖で過ごせるような日もありましたが、季節は確実に進んでいるようです。犬の散歩をしていると、季節の移り変わりを感じることができます秋と言えば芸術の秋などと言われますが、私も芸術的イベント(?)に参加してきました。私が住んでいる市は合唱が盛んらしく46団体が参加しました。プロなの?と思う程のレベルの方達、楽しく歌うことを目的とされている団体、正直歌のレベルは⁇という団体でも、心 [続きを読む]
  • TOEICのまぎらわしいリスニング問題
  • 高校のTOEIC講座のテキストが新しくなったので、問題確認のため週末に解いてみました。TOEICではPart 2でAの人が話した内容に、最も適切と思われる返事を3択の中から選ぶという問題があるのですが、こんなの間違うよ〜という問題がありました。まずAがDo you know when the stationary order was placed?と言います。3択(A)No, but Anna might.(B)Over there on the shelves.(C)Yes, it did happen at the station.という問題です [続きを読む]
  • 子育てが辛かった時
  • ブログを読んでいると、皆さんが素晴らしい子育てをされているなぁと感動する事があります。子供さんと喧嘩になっても、最後には抱きしめて仲直り私もそういう風にしてあげられれば良かった今になってそう思います。娘が幼稚園に入るまでは、子育てを辛く感じる事が多かったです。とてもよく泣く子で、一度泣き出すと何時間も泣きやまず、頑固で言うことをなかなか聞いてくれず、我慢しようとしても、プチッと切れて怒鳴ってしま [続きを読む]
  • 英検一次試験結果と情報求む??
  • 今回も英会話教室で担当している生徒さん達が英検を受験しました。今回は全員が合格しました英検の結果が全てとは思いませんが、英検コースという事で指導しているので、やはり合格してくれると嬉しいです直前はやはり過去問を中心に個々の生徒さんの弱点を補強していくという対策をとっています。指導歴が長くなったので、やはり合格させるコツみたいなものは把握できてきた気がします。準2級を受験した生徒さんは、ほぼ満点とい [続きを読む]
  • 英作文、aとtheの問題
  • 前回のブログで高校生に簡単な英作文を出してトレーニングをすることにしましたと書きました。意外と…完璧にはできなかった??特に冠詞 a定冠詞 theこれを忘れてしまうんですよねこれは本物の花ではありませんをThis isn’t real flower.としちゃうんですよねaとthe は日本人の英語学習にとって永遠のテーマだと思います。日本語では私はひとつのリンゴを食べました。とは言わないと思いますし、そのテーブルの上に [続きを読む]
  • TOEIC Speaking & Writing
  • しばらくブログお休みしてしまいましたでもフォローしている皆さん、いいねを下さる皆さんのブログは楽しみに読んでいますお会いした事もないのに、なぜか友達のような気持ちで読んでいます。そして、いろいろな事を教えて頂いています。ありがとうございます高校での授業が後期からTOEICのSpeaking とWriting になりました。テキストはこちらですTOEIC Speaking & Writing 公式 テストの解説と練習問題3,024円Amazon高校1年生で [続きを読む]
  • 祖母のこと
  • 10月10日電車に乗っていて、ふっと亡くなった祖母の事を思いだしました。考えてみると今日は祖母の誕生日です。たまには思い出してよという事なのかな、と思いました。祖母の事を思い出して、電車の中で何度も泣きそうになりました。年をとると涙もろくて困ります祖母は明治生まれの人でした。子だくさんの家に生まれたので、里子に出されたようで、その家庭で苦労して小学校にも行かせてもらせなかったようです。なので、祖母は [続きを読む]
  • 日日是好日
  • 「日日是好日」を先行上映で見て来ました。この言葉はにちにちこれこうじつと読むのが正式らしいです。日日是好日の意味は「日日是好日」は、表面上の文字通りには「毎日毎日が素晴らしい」という意味である。そこから、毎日が良い日となるよう努めるべきだと述べているとする解釈や、さらに進んで、そもそも日々について良し悪しを考え一喜一憂することが誤りであり常に今この時が大切なのだ、あるいは、あるがままを良しとして [続きを読む]
  • 4歳の可愛い生徒さん
  • 今月から、私が地元の公民館でやっている英会話教室に4歳の男の子が来てくれるようになりました。最近は小学生以上を教えていたので、4歳児ってこんなに小さくて可愛いんだ??と思いました。娘もこんなに小さくて、可愛い時があったんだなぁ。可愛いと思う余裕のない必死の子育てをしてきたのが、ちょっと残念です4歳くらいの子供は、本当に何でもリピートしてくれます。What’s your name?と聞くと、My name is〜と答えるのでは [続きを読む]
  • 英会話教室遍歴
  • 英語学習の進捗状況などをブログにアップされている方もたくさんいらして、いつも素晴らしいなぁ、と読ませて頂いています。私は仕事がらみの英語学習はもちろんやりますが、自分のTOEICスコアのアップなどの勉強をコツコツとなかなかやれません何事もコツコツやる、というのが私の人生の課題のようなものですという訳で今までいろいろな英会話教室に席をおいてきました随分昔通った教室もあるので、あくまで参考程度にして下さい [続きを読む]
  • 子供の人生を豊かにするもの
  • 子供の習い事、人気なのは水泳、ピアノ、サッカー等いろいろですよね。ブログで頑張っている子供さんの姿を書いていらっしゃると、とても微笑ましく、応援したくなります。うちの娘も一時期バレエに熱中していました。娘がバレエを始めるまで、知らなかったのですが、バレエって週5日とか練習に行くんですもちろん本当に単なる趣味なら週1日とかでも大丈夫ですが、一生懸命にやると週4〜5日レッスンに行く事になるんです4歳から始 [続きを読む]
  • メルカリ「悪い」をつけられた理由
  • ブログを始めたり、仕事が忙しくなったりでメルカリの出品をお休みしていましたが、冬物の新しい服を購入して、保管場所を確保するため、また出品を始めましたメルカリをやっている皆さんなら評価って気になりますよね。悪いが付いている人とはお取り引きしませんという方もいるので、評価は重要です。購入側で悪いと評価されることはあまりないと思いますが、販売側だと品物のちょっとした事に納得いかないという事で、悪いをつ [続きを読む]
  • One of the most favorite places, Hawaii!
  • 直感に従いハワイへで書かなかったこぼれ話をいくつかハワイに行ったらアサイーボウルを食べよう!と決めていて、ガイドブック等で調べて、王道のモアナサーフライダーのアサイーボウルを食べましたメチャメチャ美味しかったすごいボリュームでしたが、完食しました。9年ぶりに訪れたホノルルの町に行列が…なんと、丸亀製麺に外人さん達が並んでいる日本人は見る限りいないようでした。それはそうでしょうね…うどんって外国人に [続きを読む]
  • マイペースで100投稿を目指す
  • ブログを始めた時に100投稿まではブログを続けてみよう(とても飽きっぽいので続けられるか自信がありませんでした)と思っていました。100投稿、できればれ毎日やってみよう!と思っていたけれどなかなか大変ですね途中で、50投稿まで毎日投稿したら、あとはマイペースで100まで続ける、と目標を変えました。昨日めでたく(?)50投稿達成ブログを始めたのは、自分の英語指導から得た経験を誰かにお伝えできるかな、というのと、細々 [続きを読む]
  • 留学体験記⑤ 泣いてしまったプレゼント
  • 留学体験記今回は続けてです現地の小学校で、幼稚園から6年生くらいまでの生徒さんに日本語を教ていました。授業の内容はほとんど留学生任せなので、それはとても大変でした。折り紙折り紙は紙飛行機を作って体育館で飛ばす、というイベントが人気でした。習字習字は字を書くのは大変なので、筆を使って絵を描きました。美術の先生と一緒に日本の歌スライドショー今だったらiPadに写真を入れて行けばいいですね。神社の写真、富士 [続きを読む]
  • 留学体験記④忘れられないハロウィーンとクリスマス
  • 留学体験記とびとびですみません今でこそハロウィーンは日本でも一大イベントになっていますが、私がアメリカに行った頃はまだ日本人はハロウィーンって何?という頃だったので、オリンピアで過ごしたハロウィーンは今でもよく覚えています。まず、ハロウィーンに飾るカボチャを選びに農場に行って、何個かカボチャを買って戻るところから気分は盛り上がります家に帰って、カボチャの中身をくり抜き、中にロウソクを立てて、ハロ [続きを読む]
  • 大好きな樹木希林さん
  • 樹木希林さんがお亡くなりになりました。全身癌であることを公表された後も精力的に活動されて、時々、本当に全身癌なのかな?と思ったりもしていました。飄々と生きるという言葉がぴったりの素敵な人。どんな映画に出演されても自然体で、それでいて強烈な存在感を残される稀有な女優さんだったと思います。最近の作品で印象に残っているのは「あん」という作品。実のお孫さんと一緒に出演されていました。元ハンセン病の老女が [続きを読む]
  • 大坂なおみさんフィーバー
  • 大変な大坂なおみさんフィーバーになりましたよね。日本人初のグランドスラム制覇ということで、マスコミが騒ぐのも分からないではありません。ただ、記者会見の質問は酷かったテニスのことではなく、日本で何をしたいですか?何が食べたいですか?日本語で好きな言葉は何ですか?(こんな質問ある⁈)ファンに一言日本語でお願いします。(この質問はなぜか2回も)日本語、日本語って彼女の母国語は英語なんだから、彼女に敬意 [続きを読む]
  • 直感に従いハワイへ②
  • ハワイには6月末に行きました大好きなハワイ9年ぶりに訪れたハワイはすごく変わっていてビックリ10年ひと昔って言いますものね泊まったホテルからの景色ハワイって到着が朝で、チェックインは15時ですよね。時差ボケで結構つらいし、着替えもしたい。で、ハレクラニなどにはホスピタリティールームの利用ができます。いろいろな形がありますが、ホテルの空いている部屋を無料で貸してくれたり、専用のラウンジがあったり。私の泊 [続きを読む]
  • 直感に従いハワイへ
  • 頭にふっと浮かぶ考えには、意味のあることが多いです。今年の3月に今年は海外に行こうと思いました。私は2年に一度くらいは海外旅行に行くので、これは全然不思議ではありません。今回はひとり旅ひとりで旅行するなら、やっぱりパリかな(現在フランス語学習中です)と思っていたのですが、なぜかハワイが頭に浮かぶ。ハワイは大好きな場所ですが、ひとり旅するところではないと思い、今までだったら考える事もなかったのですが、 [続きを読む]
  • 私が生徒さんに残したいもの
  • 私の通っていた英語塾の先生のことは前少しお話しました。 とても厳しい先生で、あまり笑った顔の記憶がありません。長い棒を持っていて、同じところをを間違うとその長い棒で叩かれたりしていました。 今ならパワハラですね でも不思議と嫌いではなかったです。 先生は昔イギリスの修道院でシスターをしていた(記憶が曖昧です)という事で、ところどころその片鱗を感じられるところがありました。 レッスンの最初に生徒全員 [続きを読む]