のんこ さん プロフィール

  •  
のんこさん: のんこのハッピー人生ブログ
ハンドル名のんこ さん
ブログタイトルのんこのハッピー人生ブログ
ブログURLhttps://happyjinsei.com
サイト紹介文アラフォーママのつれづれ日記です。 こころと身体の健康、美容、妊活などについて書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 34日(平均5.8回/週) - 参加 2018/08/17 09:42

のんこ さんのブログ記事

  • 妊娠する前に子宮頸がん検診を!
  • 先日、自治体が行っている子宮頸がん検診に行ってきました。どのがんも早期発見が肝心ですが、子宮頸がんは早期発見できれば治療も比較的簡単で済みます。「比較的簡単に治療できる」という言葉だけ独り歩きすると、発見が遅くなってしまいそうですが、早期発見できたらの話ですからね 2016年の段階で、日本で子宮頸がんによってなくなった方は年間3000人弱はいらっしゃるようです・・。乳がんもこわいですが、当たり前ですが、 [続きを読む]
  • 妊活の大敵冷え性と養命酒
  • 冷え性は万病のもととよく言いますよね 肌寒くなってから、手足が冷たくてなかなか温まらない!ということで冷え性を自覚する方も多いのではないかと思います。 私もひどい冷え性です足に湯たんぽ使ってもなかなか温まらない・・足湯でやっと足が温まっても、やめればすぐに冷たくなる・・ そりゃそうですよね根本的原因が解決しない限りはどれも一時的なものに過ぎません。 今回は冷え性と妊娠との関係、そして、その対処法の一 [続きを読む]
  • 安室ちゃん、25年間有難う
  • ついに今日、2018年9月16日をもって、安室奈美恵さんが引退されます。引退するという発表があってから、あっという間でした 私も、ただただ、「本当に、お疲れさまでした。本当に有難う。」を伝いたいと思います。 私より少しだけ年上の彼女は、デビュー当時から憧れであり、いつもかっこよくて、いつもかわいくて、いつもきれいで、その「いつも」を当たり前のように思ってしまっていました。 昨年、引退宣言があったときに、「 [続きを読む]
  • 「産み分けしたい」と「早く授かりたい」どちらを優先するのか
  • まだ妊娠出産しておらず一人目を妊活中でなかなか授からない方あるいは、35歳以上のいわゆる高齢出産を目指し妊活中という方 悩みませんか・・?悩まずとも、一度や二度は考えませんか・・? 産み分けをしていていいのだろうか・・産み分けをしている場合なのだろうか・・ と。 いろいろな考え方があると思います。「産み分けをやってそれで授かれなければそれでいい」と思えるならば、自分が出来得る限りのことをやるだけかもし [続きを読む]
  • 頑張って報われなくても
  • 私は物心ついたときからネガティブでしたいつも、自分が考え得る最悪のことを想像して、心の準備をしておく、というようなことをしていました・・それは、ドーンと構えておく、というような 余裕をもつため ではありません。 自分が傷つく度合いを最低限にするため です。 なので、最悪の状況になった時の心の準備をしつつ、実際そうはならないように、必死になっていました。やれることは全てやる、という勢いで必死に頑張 [続きを読む]
  • ママが知っておくべき災害時に必要なものとその理由
  • この数年、悪天候や地震などによる大きな自然災害が多発していますね・・。海外でも自然災害が増加しているようですが、地球全体規模でおかしいことが起こり始めているなかもしれません・・。 いま一度、家族が生き延びるために、そして、最低限の生活をするために何が必要なのか、主婦ママの視点から考え、調べ、まとめてみました。 結局何がどれくらい必要なんだっけ?と思っている方をはじめ、日頃から備えている方にもご参考 [続きを読む]
  • 着床の窓(インプランテーションウィンドウ)
  • 「着床の窓」。体外受精に進まれている方はご存知だと思いますが、妊活中の方の中には聞いたことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、その「着床の窓」について調べ、まとめてみました。 「着床の窓」とは 精子と卵子が無事受精して、分裂もうまく進んだとしても、その胚が子宮内膜までたどりついて、さらに子宮内膜に着床しなければ妊娠のスタートになりません。着床についての研究はまだまだ未解明の部 [続きを読む]
  • 妊娠率を高める産み分け方法
  • 今回は、一般的には妊娠率が低下してしまう産み分けにチャレンジしたい場合に、少しでも妊娠率向上に向けてできることがないのかを考えました。この記事に興味がある多くの方はご存知だと思いながらも念のため書きますが、少しでも妊娠率を上げたい場合は産み分けはおすすめしません。こちらの記事は、それでもとりあえずは産み分けにチャレンジしたい、と思っている場合に、産み分けをしながらもどうにか妊娠率を向上できないの [続きを読む]
  • 卵子の老化を防ぐ卵子凍結
  • 同い年の友達は私と同じ年に第一子を出産。二人目の話になったとき、「二人目はもう少し先に考える。5年前の受精卵がまだあって焦らなくていいから」と。その友達は、5年前に体外受精を試み、4個受精卵ができ、一回で成功・出産。あと3個残っているということでした。 妊活における5年って大きいですよね。特に30代を超えてくると。その間に、卵子の老化により急激に妊娠率が低くなりますし(流産率は増加)、染色体異常等も増え [続きを読む]
  • 子育てで忙しくてもキレイな髪 ②
  • 前回の記事に書きましたが、子育てや家事等で忙しくても髪の毛がきれいなお母さんたち、たくさんいますよね「ヘアケアはどうされてるんですか?」と、聞きたくなりますが、なんだか聞けず・・。元々髪の毛の質がいい方もいるとは思いますが、自分でいうのもなんですが、私もかつては髪は漆黒(=うるしをぬったように黒くて光沢がある)でした「かつては」といっても、計算してみたら、もはや20年以上も前の話・・染色やパーマな [続きを読む]
  • 息抜く力は生き抜く力
  • 昨日、たまたまテレビをつけると、羽生選手が今年の夏に福島県楢葉町に訪問した際の取材が放送されていました。楢葉町の方々も、数年感、避難指示を受け、仮設住宅暮らしや引っ越しを余儀なくされてしまっていました。数年前に、羽生選手が、当時はまだ仮設施設で行われていた楢葉町の方々の裁縫教室を訪問し、今回は、楢葉町に無事移ることができたその裁縫教室を再訪する、という内容でした。こうやって、訪れるだけで人々が笑 [続きを読む]
  • 産み分けのバイブル?
  • 以前書きましたが、女の子の産み分けについて勉強中ですネットで検索すれば、ある程度の情報は得られるのですが、大事なのはパパにも知ってもらうこと。いくら私が頑張って知識を得ても、一人でどうにかできるものではないので。私は説明がうまくないし、自分の捉え違いを誤って伝えてしまっても困るし、自分で読んだ方が自分ごとになってくれるかなと思って、本を買ってみることにしました産み分けの本はいろいろ出ていたのです [続きを読む]
  • ミトコンドリア妊活サプリNINCaL
  • 最近二人目妊活を始めましたが、1ヶ月って、普段は結構すぐに過ぎるものですが、妊活という面からみると、長いですよね生理痛がひどい私としては、そんなに頻繁にこないでほしいと思いつつ、妊活を考えると、2週おきの周期で回ってほしいとも思ってしまいますがどうやったって、妊娠できたかできないかを知るには、1ヶ月間、ただただ待つしかできません その間、自分ができることとしては、妊娠しやすい体づくりと、赤ちゃんを授 [続きを読む]
  • 子育てで忙しくてもキレイな髪
  • 白髪、抜け毛、髪質の低下・・アラフォーになってくると、顕著に感じてきます 白髪は白髪染めなどでなんとかして、抜け毛はホルモンの問題な気がするので簡単にはどうしようもないし個人的には髪質の低下(ヤツレ髪と私は呼んでいます)が気になっています ヤツレ髪とは髪の毛にうるおいがなく・・光を反射しない感じ・・そして、鏡を見たときに、頭から数本ピンピンと出てしまっていて、「疲れてますねぇ」と思わず声をかけたく [続きを読む]
  • コスパ抜群&時短! 薬用アクアコラーゲンゲル美白EX
  • 最近、明らかに白髪が増えてきました・・アラフォーで白髪が全くない方っていらっしゃるんですかね白髪って、目に見えるから分かるだけで、目に見えない肌の内側もこうやって老化しているんですよねテレビでも雑誌でもよく見ますよね・・特殊なカメラで顔を見ると、一見きれいな肌の人も全面シミだらけ 隠れジミ(潜在ジミとも呼ぶ) というやつですね。 大まかな経緯は下の方に書いていきますが、結論的には、タイトルの書いた化 [続きを読む]
  • 産み分けについて
  • 世の中にはいろんな思想や考えがあります。産み分けにも賛否両論あると思います。昔、男の子の方が望まれていた時代や家系があって、男の子を産めなかった女性は悲しい扱いを受けたこともありましたよね。。いろいろあるので、なんともいえないですが、アラフォーでもある私としては、どちらであっても、授かること産まれてきてくれることは奇跡であって、性別はどうであれ、無事授かることができて、元気に生まれてきてほしい、 [続きを読む]
  • さらに求めたっていい
  • 一人目妊活のとき、子連れで不妊治療クリニックにくる人を見ては、「もう一人いるんだからいいじゃない」と思っていた時があった気がします。 自分自身も、一人でいいから授かりたい、そう思っていました。ほんとは子供はたくさんほしかったのに。 今思うと、「もう一人いるんだからいいじゃない」って意味不明ですね。 「あなたは美人なんだから、スタイルなんてどうでもいいでしょ」みたいなものですよね。 世の中は平等じゃない [続きを読む]
  • 東京西川のエアー4Dピロー
  • 私は普段からひどい肩こり、頭痛持ちですおまけに、寝ても夜中や早朝に目を覚ましてしまいます運動不足という原因もあると思うけれど、運動嫌いだし、そもそも、何をやればいいんだ・・(何ならやれるのか・・) ヨガは一時期、YouTubeで見ながら自分でもやれそうなやつをやってみていたけど、継続することができません どうしていいのか結構行き詰っていましたが、毎日の睡眠不足や肩こりは苦しいので、まずは寝具をちゃんとした [続きを読む]
  • 妊活準備③ 葉酸
  • 妊活している方、されたことある方、出産されたことがある方ならほとんどの方がご存知だと思いますが、妊活時には葉酸摂取が望ましいです最近はCMもやってますね〜。勿論、サプリからの摂取がなくても健康な赤ちゃんを産んでいる方々の方が多いと思うので、摂らなかったからといって確実に何かが起きてしまう、というわけではありませんが。 葉酸を飲んで妊娠しやすくなるかという点に関しては諸説あるようで、ネット検索すれば [続きを読む]
  • いろんな人生
  • 今年のはじめに「隣の家は青く見える」という、深田恭子さん、松山ケンイチさんが出ているドラマがありました。 何の問題もなさそうな家族、幸せそうな家族、仲がよさそうな家族・・そういう家族でも、実はいろんな悩みをもっている そんな家族たちの日常を描いたドラマでした。 私もよく隣の芝は青く見えてしまいます。いえ、見えてしまっていました。(過去系) 今はもう、人は人、人の人生は人の人生 と思えています。(たまに [続きを読む]
  • ワンステップ排卵検査薬
  • 前回排卵検査薬について書きましたが、ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬クリア 今月初めて使ってみました。汚いですが、以下がその写真です↓↓分かりにくいので、同じ日の分は黒い線で囲っています。 ワンステップ排卵検査薬の尿中LH検出感度は20mIU/mLで、薄っすらでも判定線が出れば陽性と判断していいということ。うーん。私は全く判定線が出ない日はありませんでした8/16(D13)の夜と、8/17(D14)の朝はすぐに [続きを読む]
  • 妊活準備② 排卵検査薬
  • 排卵検査薬個人的には、これなしでの妊活は考えらえないと思っています前回の記事にも書きましたが、基礎体温は一般的に排卵後に高温になります。なので、高温期になってからではなく、高温になる直前の数日が妊娠の確率が最も高くなります。事前に排卵日を推定する主な方法は二つ。①病院で検査②LHサージのチェック勿論、基礎体温やおりものの性状チェック等他の方法もありますが、以上の二つが排卵日特定に関しては確度が高いの [続きを読む]
  • 妊活準備① 基礎体温
  • 一人目のとき、授かるまで約1年半その頃は、周期はほぼ30日ぴったり。排卵検査薬を使って排卵日を特定していましたが、排卵日も大体D17-19とかで一定でした。なので、タイミングを間違っていたわけではありません。病院で検査しても、ホルモン値異常なし。原因不明不妊と言われました。こういう方、多いのではないでしょうか。ただ、一つに気になっていたのは、高温期がやたらと短かったこと。以下、こそだてハックさんから画像を [続きを読む]
  • 二人目を考えたいけれど・・
  • 昔から、漠然と、子供は二人ほしい と思っていました。自分にもきょうだいがいるし、いてよかったと思う。ケンカもしてきたし、冷戦状態のときもあったけれど、いろんなことを共有してきたし、両親のことについても同じ気持ちを共有できる。血が繋がっていることに、それほど強いこだわりというのはないけれど、でも、やっぱり、いつか訪れるかもしれない両親の死などについては、きょうだいだからこそ悲しみを分かり合えると思っ [続きを読む]
  • ふたりめ
  • うちのチビくんは4歳。年少さんです。子供が生まれるまでは、自分がこんなに子供好きになるとは思っていませんでした。わが子は勿論溺愛ですが、子供たち、みんなかわいい・・ ちなみに、私は、女の子がほしかった、というより、娘ができると思い込んでいたため、妊娠中のエコー検査でお〇ん〇んが見えたとき、ん・・・?と暫く、フリーズしました。男女は50/50の割合で生まれるとはいうものの、自分に関しては、絶対女の子だ [続きを読む]