route66ram さん プロフィール

  •  
route66ramさん: 離婚日記
ハンドル名route66ram さん
ブログタイトル離婚日記
ブログURLhttps://route66ram.hatenadiary.com/
サイト紹介文50代で離婚を決意しました。 その道のりを綴りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 40日(平均3.1回/週) - 参加 2018/08/17 16:22

route66ram さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 名刺
  • 俺様は女遊びはできないと思っていた。めちゃくちゃイケメン、めちゃくちゃダンディー、めちゃくちゃ優しい、めちゃくちゃお金持ち―既婚者でも、そういった「プラスのなにか」がないと女性はリスクを背負ってまで寄りつかない。そんなものは無く、なにしろ自分が一番、自分が最優先という俺様に女性の影があるはずがない。だからそんな心配はしたことがなかった。そう、浮気はしない。これまでもこれからも、する人ではない。浮気 [続きを読む]
  • 遺伝
  • 私がある事件の被害者のように位置づけられ、結婚できないのではないかと考えた両親は、すぐに行動に出た。それまで何度か我が家に顔を出していたひとったらしは、私の両親に当然好かれている。俺様を気に入った両親は、俺様の家に、私の知らない間にあいさつに行ってしまったのだ。言いたくはないが、汚く狭い家。昼間からお酒を飲んでいる俺様の父親。俺様のひとったらしをつくった愛想のいい母親が出迎える。当時私の父は、一部 [続きを読む]
  • 日常にもどる
  • 俺様が折れて、終戦記念日騒動は幕を下ろした。エアコンのリモコンの設定温度騒動で離婚の文字がはじめて私に降りてきて、終戦記念日騒動で初の交渉を試みた。今現在我が家はどうしているかというと、普通に皆過ごしている。我が家の騒動は、もっと深刻な離婚騒動の渦中にいる夫婦から見れば茶番のようなものだと思う。俺様と私は合わないというだけで、俺様からひどい暴力を受けたり、生活費を入れてもらわなかったりするような不 [続きを読む]
  • 俺様が折れる
  • 「俺は誰にも迷惑をかけていない。誰も頼っちゃいない」俺様は毎回それを言う。そうなんだ。俺様は人を頼らない。何か頼まれた記憶があまりない。人に寄り掛かるのが嫌い、すなわち頭を下げるのが嫌い。もう少し掘り下げれば、俺様は人に頼むまでテリトリーを広げない。通常何かを頼むということは、範囲や容量が多すぎて自分の手に負えないことがあるからで、俺様はその範囲を極力狭くしているから、他の手を借りるまでもなく処理 [続きを読む]
  • 俺様の逆襲
  • www.youtube.com昔のカップヌードルのCMソング。これと同じくCMソングだった鈴木雅之の「ガラス越しに消えた夏」。曲調がめちゃ似ていると思ったら、同じ大沢誉志幸が作曲している。どおりで、どちらもいい曲!私は若かりし頃、レコード会社のディレクターまわりをしていたことがある。作詞家を志していて、当時小比類巻かほるや研ナオコの曲を担当してみないかという、うれしいお話もいただいて。でも結局、力不足でボツだった [続きを読む]
  • 息子の反撃
  • 娘の話に俺様が反論する。「そんなこと、あったか?お父さん、怒ったことなんかないだろう」比較的娘には優しい口調。俺様のこれは嘘のない言葉だ。覚えちゃいない。自分の言動によって、人を傷つけることも寂しい思いをさせることも、喜ばせることも愉しませることも、何も気にしちゃいない。全て自分の気持ちや自分なりの常識が優先であり、正しいこと。これは家族に限ったことではなく、友達であったり、仕事仲間であったりして [続きを読む]
  • 娘の訴え
  • 物事にはプロセスがある。そうなるまでの道のりが。俺様はそこを省く。そこは関係ない。結果だけが全て。そうなる過程にどんなやりとりがあり、感情があったのかなんていうのは、考える必要がない。何度も体当たりをしてやっと、俺様がそういう人間だと最近になって気づいた。どんな人にも、コイツの頭の中をかち割って見てみたいと思う相手が、ひとりやふたりいるだろうか。私の場合は俺様。いや、もうひとりいた。息子が中学時 [続きを読む]
  • 訴え
  • だいたい、私は俺様に何を望んでいるのか。この一連の騒動の始まりだった、エアコンの温度設定でのひと悶着。そのときに離婚の文字がはじめて自分に降りてきて、子どもたちにもそれを話した。子どもたちはずっと前から私に離婚することを勧めている。特に息子は。息子は、俺様が暴れた後の片づけをしている私を見るのが辛いらしく、一度俺様に「自分でやったものくらい自分で片付けろよ!」と言ったことがある。「なんでお母さんが [続きを読む]
  • 交渉
  • 俺様には毎月所定の給与の他に、自身で起業もしてるのでその収入もある。給与の額は把握しているが、別口の収入は私には知らされていない。このシステムこそが、私たち夫婦の脆弱性の原点だということに私自身はとっくに気づいてはいたが、やめることもやめさせることもできなかった。どんな家庭でも、お金の出入りが統一されている方が望ましいはず。私たち夫婦がその望ましい形ではなくなった流れについては、またゆっくり記して [続きを読む]
  • 気持ち悪いくらい横柄なさま
  • 離婚をしながらも今までと何も変わらずに過ごしていく―これは世間一般では難しいことだろうと思う。でも私にはできる。何故なら・・俺様の方はまったくもってわからないが、私自身は夫婦としての関係はとっくに破綻していると思っているから。私はもう何年も前から、夫婦としてではなく同居人として暮らしている。私の家族は子どもふたりだと思っている。でもきっと俺様も世間一般の人も、離婚をしながら同じ屋根の下というのは無 [続きを読む]
  • 同じ屋根の下で暮らす離婚
  • 娘を迎えに行く前に、離婚の話を私から切り出しておいた。「もうはっきり言って耐えられないから、離婚したいと思ってる」これまでも同じようなことを言った覚えはある。それは、こう言いたい私の気持ちをわかってという希望的観測がおそらく含まれている。わかってほしい・・わかってもらえない・・いつもその繰り返しだった。でも今回は違う。本気で離れたい自分がいる。わかってもらおうなんてことは、もう微塵も期待していない [続きを読む]
  • 同じ屋根の下で暮らす離婚
  • 娘を迎えに行く前に、離婚の話を私から切り出しておいた。「もうはっきり言って耐えられないから、離婚したいと思ってる」これまでも同じようなことを言った覚えはある。それは、こう言いたい私の気持ちをわかってという希望的観測がおそらく含まれている。わかってほしい・・わかってもらえない・・いつもその繰り返しだった。でも今回は違う。本気で離れたい自分がいる。わかってもらおうなんてことは、もう微塵も期待していない [続きを読む]
  • はたして離婚ができるのか・・
  • ここで簡単に我が家の説明を。私は何を隠そう、専業主婦。我が家は俺様の収入一本で成り立っている。当然ながら俺様の所得は高い。その所得があるからこそ、俺様は俺様として君臨している。俺様― 50代半ば。 学歴は私よりも低い。 職人気質の親に育てられ、お世辞にもいい家柄とは言えない。私― 50代半ば。 かれこれ20年近くほぼ専業主婦。 没落家系なので、気位だけは高い。 少し発達に障害があるかもと自分では感じてい [続きを読む]
  • はたして離婚ができるのか・・
  • ここで簡単に我が家の説明を。私は何を隠そう、専業主婦。我が家は俺様の収入一本で成り立っている。当然ながら俺様の所得は高い。その所得があるからこそ、俺様は俺様として君臨している。俺様― 50代半ば。 学歴は私よりも低い。 職人気質の親に育てられ、お世辞にもいい家柄とは言えない。私― 50代半ば。 かれこれ20年近くほぼ専業主婦。 没落家系なので、気位だけは高い。 少し発達に障害があるかもと自分では感じてい [続きを読む]
  • 開戦日
  • 終戦記念日だった。娘は部活、息子は昼過ぎからバイト。俺様は地元の同級生とゴルフ。そう、俺様の趣味はゴルフとテレビ。ゴルフは月に3〜4回のペースで行く。テレビはほぼ見っ放し。リアル放送から録画もの、スカパーのゴルフ番組。仕事から帰ればソファーの指定席にきっちりと座る。ソファーの肘掛には、テレビとブルーレイレコーダーのリモコンがきれいにふたつ並んで常時置いてある。そこに自分のスマホをもうひとつ並べて、座 [続きを読む]
  • 開戦日
  • 終戦記念日だった。娘は部活、息子は昼過ぎからバイト。俺様は地元の同級生とゴルフ。そう、俺様の趣味はゴルフとテレビ。ゴルフは月に3〜4回のペースで行く。テレビはほぼ見っ放し。リアル放送から録画もの、スカパーのゴルフ番組。仕事から帰ればソファーの指定席にきっちりと座る。ソファーの肘掛には、テレビとブルーレイレコーダーのリモコンがきれいにふたつ並んで常時置いてある。そこに自分のスマホをもうひとつ並べて、座 [続きを読む]
  • 離婚が落ちてきた・・
  • たぶん7月の最後の日曜日だったと思う。俺様と昼ご飯を食べていた。何をつくったのか覚えてはいない。ちなみに・・「俺様」とは、近いうちにおそらく離婚することになる旦那のこと。あまりに俺様主義なので「俺様」とここでは書くことに決めた。なんとも満足できる呼び名だ。その日、もちろん暑い。でも俺様は、昼ご飯を食べるまでは何とも言ってなかった。エアコンの設定温度は冷房で28度。私はいつもこのパソコンもあるダイニ [続きを読む]
  • 離婚が落ちてきた・・
  • たぶん7月の最後の日曜日だったと思う。俺様と昼ご飯を食べていた。何をつくったのか覚えてはいない。ちなみに・・「俺様」とは、近いうちにおそらく離婚することになる旦那のこと。あまりに俺様主義なので「俺様」とここでは書くことに決めた。なんとも満足できる呼び名だ。その日、もちろん暑い。でも俺様は、昼ご飯を食べるまでは何とも言ってなかった。エアコンの設定温度は冷房で28度。私はいつもこのパソコンもあるダイニ [続きを読む]
  • 過去の記事 …