スイングトレード さん プロフィール

  •  
スイングトレードさん: スイングトレード
ハンドル名スイングトレード さん
ブログタイトルスイングトレード
ブログURLhttp://jackpotcity1.biz/
サイト紹介文スイングトレードの研究サイト。普段、相場に張り付けなくてもスイングトレードば大丈夫です♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 23日(平均4.9回/週) - 参加 2018/08/18 13:56

スイングトレード さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • (無題)
  • ごく普通の主婦がFXで億を稼いだ!という宣伝文句があふれる一方で、ネット上には「FXで全財産を失った」「○百万円やられた」という話もあふれています。FXには勝つ人と負ける人がいるのでこれは当たり前のことかも知れませんが、こうした大負け伝説というのはどこまで信憑性があるのでしょうか。主に大負け伝説はブログや掲示板サイトなどで見ることができます。大きなインパクトのある相場があった直後にそういったコメントや話 [続きを読む]
  • (無題)
  • デモ口座という安全な資金を使った恐怖体験として、ナンピン地獄も見てみたいところです。ナンピンとは含み損が出ているポジションと同じ方向のポジションを追加で建てて取得レートを平均化して損失を和らげる手法ですが、どうせデモ通貨ということで思う存分ナンピンを入れてみてください。果たしてそのナンピン作戦がどの程度の確率で成功するのかを見ることに大きな意義があります。実際にやってみると損失が拡大する一方でどう [続きを読む]
  • (無題)
  • 含み損が出ているポジションを損切りせず、そのまま持ち続けるとどうなるか?その行く末をデモトレードで見届けることの重要性を引き続き解説します。あり得ないような金額にまで膨らんだ含み損がどうなるかという道筋は大きく分けて2つあります。さらに含み損が拡大して証拠金が足りなくなり、強制ロスカットとなってデモ口座とはいえ手持ち資金の全額を失います。もうひとつのルートは、含み損が大きくなったまま相場が膠着状態 [続きを読む]
  • (無題)
  • ほとんどのFX取引会社には、デモトレードといって現実のお金を使うことなくFX投資を体験できる機能があります。ほとんどの方は初心者や未経験の人向けに「トレードを体験」することが目的のサービスだと思われていること思いますが、実はこのデモトレードには初心者だけでなく中上級者にもぜひ活用していただきたい活用法があります。それは、「負け」を知ることです。FXを始める方全員に共通しているのは、「勝ちたい」「儲けたい [続きを読む]
  • (無題)
  • ほとんどのFX取引会社には、デモトレードといって現実のお金を使うことなくFX投資を体験できる機能があります。ほとんどの方は初心者や未経験の人向けに「トレードを体験」することが目的のサービスだと思われていること思いますが、実はこのデモトレードには初心者だけでなく中上級者にもぜひ活用していただきたい活用法があります。それは、「負け」を知ることです。FXを始める方全員に共通しているのは、「勝ちたい」「儲けたい [続きを読む]
  • (無題)
  • ドテン+倍返しについての解説続編です。あまり初心者の方にオススメはしないと言いつつ、この戦法が機能する局面についても解説しておきたいと思います。倍返しをする場合、しない場合どちらにも共通することですが、ドテンを発動する決断はとにかく早め早めを心がけましょう。というのも、ドテンを検討するということは自分の相場観が外れたことを認める必要があるわけで、気を取り直してリベンジとなると前回の相場観を引きずっ [続きを読む]
  • (無題)
  • 前回まで数回にわたってドテン注文の解説をしてきましたが、今回はその延長線上にあるもうひとつの禁じ手、倍返しです。初心者の方が発動することはほとんどないと思いますが、知らずにやってしまうとかなり危ないので解説しておきたいと思います。ドテンの意味についてはバックナンバーをご覧いただくとして、ここでいう倍返しとは、ドテンの時に損切りをしたポジションの倍額を投資することです。それでは、ここでも実例を交えて [続きを読む]
  • (無題)
  • 米国雇用統計では大きく外為相場が動くので、毎月第一金曜日はお金儲けのチャンスと考えているFX投資家はたくさんいます。そこで有効な戦術として、前回解説した逆指値とドテンを組み合わせた方法を提案したいと思います。指標が「予想よりも良い」と予想したら、買い注文を入れることになります。その思惑が外れてしまった場合(つまり指標がネガティブサプライズとなった)、ドル円は急落します。もちろん買いポジションを建てて [続きを読む]
  • ドテン注文の成功例、やや成功例を前回ご紹介しましたので、今回は最大の懸案である失敗例をご紹介します。前回に続いて、110円で買った買いポジションを109.50で見切り、同時に建てた売りポジションがあるという想定です。この相場が109.50で下げ止まり、再び110円を目指して動いたとしたら、この投資家の収支はどうなるでしょうか?もうお分かりですね、110円から109.50に下げた時の50pips分、そして次はドテンで建てた109.50の [続きを読む]
  • (無題)
  • FXに限らず相場での取引をする際にはドテンという手法があります。FX取引システムによっては自動的にドテン注文を実行できることもありますが、実際のところドテンについて正確に知識を持っている方はあまり多くありません。しかも、ドテン注文には高いリスクがあるのでFX初心者の方にとっては禁じ手と思っていただいた方が良い代物なのです。それではまず、ドテン注文についての解説から始めましょう。すでに保有しているポジショ [続きを読む]
  • (無題)
  • ナンピンを入れたところ、相場が思惑通りに反転して含み損をうまく処理してポジションを決済できた・・・ということが最も危険であると前回述べました。結果オーライではありますが、これの何がいけないのでしょうか。最大の理由は、結果オーライであることを忘れてしまい、「相場に勝った」と思ってしまうことです。人間は成功体験にとても弱く、うまくいった時のイメージを強く記憶します。そのパターンで勝てるというイメージを [続きを読む]
  • (無題)
  • FXにおける3大禁じ手の2つ目として、ここではナンピンを取り上げたいと思います。ナンピンを漢字で書くと「難平」となり、困難な状況であってもそれを平均化するというような意味合いがあります。ナンピンのことをあまり詳しくご存じない方のために、簡単に解説しておきましょう。ナンピンとはすでに持っているポジションとは反対方向にレートが進んでしまい、含み損が出ている時に再び同じ方向のポジションを建てることで損失を平 [続きを読む]
  • ドル円でマーチンゲール法を実践する方法を前回に続いて解説します。前回は2回負けて3回目に突入するところまで解説しました。この調子で負けが続いた場合、3回目は4lot、4回目は8lot、5回目は16lotという具合にlot数が増えていきます。2のn乗だけlot数が増えていくので、6連敗、7連敗あたりからlot数が結構大きくなってきます。最初から10lot(1万通貨単位)で始めるとすぐに100lotを超えたりしてしまうので、FXでマーチンゲール [続きを読む]
  • マーチンゲール法という「法則」をご存知でしょうか。もともとはギャンブルの世界で古くから使われてきた必勝法のひとつで、今もネットカジノなどでこのマーチンゲール法を使った錬金術が多くの人たちに使われています。マーチンゲール法という名前だけを見ると見慣れない方も多いと思いますが、いわゆる「倍返し」です。白か黒という2択の予想をするゲームがあるとして、そこで白と予想して外れたとします。次は最初のゲームの倍 [続きを読む]
  • 過去の記事 …