いち さん プロフィール

  •  
いちさん: ふくブロ
ハンドル名いち さん
ブログタイトルふくブロ
ブログURLhttps://tanabiku.com/
サイト紹介文世の中の気になることにクビを突っ込んでみたブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 36日(平均7.4回/週) - 参加 2018/08/18 13:03

いち さんのブログ記事

  • 完全ネズミ駆除はムリ 築地の次に鼠が選ぶ場所は銀座?都民の反応は?
  • 世界中のグルメな人々が訪れる東京・築地の最大級の公設卸売市場【築地市場】。1935年に開場して以来およそ83年間ものあいだ、都民だけでなく日本中の人々の胃袋を満たしてきました。そんな築地市場がこの度、老朽化により83年の歴史に幕を下ろし、豊洲新市場に移転することとなりました。すべての業務を終えた築地市場は、10月に解体が予定されています。さっさと解体が始まるんですね、早いなあ。 築地市場にはおよそ1万匹以上の [続きを読む]
  • GPS足輪を人間に装着?韓国が性犯罪者を24時間監視するわけは?
  • 韓国では2008年から、性犯罪を繰り返す犯人にGPSを内蔵した「電子足輪」を装着させる法律が施行された。(最大で30年間)犯人の再犯を防ぐために、24時間365日監視し続けます。性犯罪者だけでなく誘拐、殺人、強盗など重大な犯罪を犯せば1度でも監視対象になる。裁判所で認められれば刑期を終えて、刑務所から出る直前に取り付けます。 GPS内臓の電子足輪によって、警察に24時間365日、常に監視の対象となります。再犯を防ぐためには [続きを読む]
  • 韓国防弾少年団 秋元康との突然のコラボ中止でフアン悲鳴 
  • 防弾少年団、秋元康さんとのコラボ断念 韓国で批判受け https://t.co/21Ya7y7op3― 朝日新聞(asahi shimbun) (@asahi) 2018年9月17日韓国の人気ヒップホップグループ防弾少年団が、11月にリリース予定の新曲「Bird」の発表を取りやめました。「Bird」は、AKB48の代表プロデューサーでおなじみ秋元康氏が作詞を手掛けたことで、韓国での反感を招いたためでした。防弾少年団(BTS)とは2013年から韓国で活躍する、10〜20代が中心の7 [続きを読む]
  • 韓国防弾少年団 秋元康との突然のコラボ中止でフアン悲鳴 
  • 防弾少年団、秋元康さんとのコラボ断念 韓国で批判受け https://t.co/21Ya7y7op3― 朝日新聞(asahi shimbun) (@asahi) 2018年9月17日韓国の人気グループ防弾少年が11月にリリース予定の新曲「Bird」の発表を取りやめました。「Bird」は、AKB48の代表プロデューサーでおなじみ秋元康氏が作詞を手掛けたことで、韓国での反感を招いたためでした。防弾少年団(BTS)とは2013年から韓国で活躍する、10〜20代が中心の7人の男性で結成さ [続きを読む]
  • 米人気モデルが自分のゲジゲジ眉毛を敬愛する理由に驚愕!
  • 22歳のアメリカの個性派モデル、ソフィア・ハジパンテリ (Sophia Hadjipanteli)は、毎朝、自身の眉毛に対する誹謗中傷のコメントを目にする。だが、しかし、彼女はそんな言葉に落ち込むこともめげることもなく奮起し、自分流を貫いている。 「一本眉」の米モデル、自分流貫く姿勢に称賛の声 米国のモデル、ソフィア・ハジパンテリさん(22)は、自らの1本につながった眉毛に対する心無い中傷にもかかわらず、 https://t.co/azL [続きを読む]
  • 山陽新幹線内でまさかの刃物男騒動 またあの時の悪夢がよみがえる
  • 9月9日 午後13時50分ごろ、東京発博多行き、のぞみ19号の車内で男が刃物を持っていたことから、JR小倉駅(福岡県北九州市)でおろされ、警察官に取り押さえられました。幸いにして負傷者はいませんでした。小倉駅やその周辺では武装した警察官や、やじ馬などで騒然としていました。小倉駅の駅員によると「車内に不審者がいるのでホームに出てください」と連絡があり、改札付近にいくと既に警察官がきていた。ホームに上がると大勢の [続きを読む]
  • 絶対役立つ警視庁の防災豆知識 マジで目からうろこだよ
  • このあたりは今日も、大雨警報が発表されている。そんなに、大雨っていうほど降ってないんだけどなあ。大雨警報、今年は多い。今年に入って何回警報が出るんだよ。部活休めるからって喜んでいる、フトドキな奴が家にいるけど(笑)今年は災害がとくに多い年です。やっと台風21号が去ったと思ったら、入れ替わるように起こった北海道地震。この先、またどのような災害が起こるかわからない、まったく予測不可能です。災害が起こるのは [続きを読む]