こぞの さん プロフィール

  •  
こぞのさん: 外壁塗装
ハンドル名こぞの さん
ブログタイトル外壁塗装
ブログURLhttp://tosoumania.seesaa.net/
サイト紹介文外壁塗装について過去に何度も塗ってもらった経験のある現役大家のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 28日(平均7.0回/週) - 参加 2018/08/24 17:55

こぞの さんのブログ記事

  • 外壁塗装 赤本
  • 外壁塗装の赤本とやら、ざっと目を通してみたけど・・・まあ、書かれてることはこの業界にいる人には理解ができる。でも、まったくの一般の人が見たら情報の多さに混乱しちゃうかな?!ま、結局は依頼する業者が優良業者なら何処を選んでも安心なんですけどね。あとは、複数の優良業者から査定をもらい、一番安いところを選ぶのが無難なんです。複数の賃貸物件で何度も戸建てを外壁塗装してもらった経験から、断言しちゃいます。個 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料 シリコン
  • 外壁塗装の塗料でシリコンは全国共通で人気が1番だとされています。ただし、シリコンよりも良い塗料もあります。それにシリコンよりも安い塗料もあります。じゃあどうして選ばれているか?それはコストパフォーマンスがちょうど良いからです。あまり高額な塗料にしてもシリコンの2倍も長持ちはしないからシリコンでも十分なわけです。逆に、もっと安い塗料にすると3年もすれば色が退色するなどコスパが悪すぎるんです。だからち [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料 ラジカル
  • 外壁塗装の塗料でラジカルというは少し前までは流通してない塗料でした。でも、ここ最近はシリコン系と同じくらいにコストを抑えたラジカル塗料が増えたため利用者も増えています。選ばれているダントツ1位の理由は、耐久性が高いってことです。コストを抑えつつ高耐久性を実現できているのが強みです。 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料 希釈
  • 希釈は水やシンナーを使って塗料を薄めることです。実は、どの程度に希釈したら良いかは、塗料の販売メーカーによって適正の比率が発表されています。後は、その家の立地などを考慮して職人が微調整をかけるわけです。これが上手だとコストをやや抑えることができ、下手な塗装屋さんだと無題に濃くなったり、薄く成りすぎて数年で塗装がダメになるんです。選ぶ塗装屋さんによって稀釈のセンスも違うので慎重に選びたいところです。 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料 アトモス
  • 外壁塗装の塗料でアトモスというのはセラミック系のなかで最も高額なタイプになります。でも選ぶ人が多いんですが、その高くてもアトモスが選ばれる理由はずばり健康のためです。塗料に含まれるホタテ貝の細かな目が湿度を調整したり、ホルムアルデヒトを吸着してくれるなど健康につながる効果があるからです。アレルギー体質の人にとくに人気なんです。 [続きを読む]
  • 外壁塗装 サイディング 塗料
  • サイディングによって下地処理から全てが違ってきます。窯業(ようぎょう)・金属・木製・樹脂、これらサイディングがどんな素材でできてるか?、まずは見抜く力が必要です。後は、いかに下地処理を丁寧にやるか?です。いい加減な業者ほど下地処理がいい加減だったりします。 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料 ランキング
  • 外壁塗装の塗料ランキングをつけるのに選ばれているランキングとしたら?1位はシリコン塗料2位はウレタン塗料3位はフッ素系塗料私の周囲の塗装屋さんに聞くと、どこもこのランキングになりました。費用対効果が大きい順とも言えるそうです。 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料 金額
  • 外壁塗装の塗料の金額について簡単に紹介してみたいと思います。まず、最も高額な部類の断熱・暑熱塗料は1平米あたり5千円ほどです。次に、中間グレードであり利用者が最も多いとされるシリコン塗料は1平米3千円くらいです。これ以外にもアクリル系やウレタン系など1平米2千円以下のものもありますが、耐久性が低いので塗り直し回数が増えて結局は割高になることが多いですね。 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料 薄めすぎ
  • 外壁塗装の塗料は薄めすぎるとせっかく塗っても効果が半減です。もちろん、ただ分厚く塗れば良いわけじゃありませんが、薄く塗ると本来の耐用年数が7年ほどの塗料が2〜3年しかもたないこともあります。自分で塗るなら自己責任ですが、外壁塗装などを業者に依頼する際には、ちゃんと信頼できる業者を選んでおかないと儲け優先のために薄くされるリスクもあります。また、いい加減な塗装屋ほど薄めすぎる傾向があるのには費用を浮 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料比較
  • 外壁塗装の塗料比較をすると安いものから順に以下のようになります。アクリルウレタンシリコンラジカルフッ素光触媒無機1平米あたり、最安のアクリルは1,500円ほどで、最もメジャーなアクリルで2,500円ほど、そしてまずマイホームでは使うことがない光触媒や無機の塗料はなんと5,000円ほどします。足場も普通に組めるような一般住宅の場合はシリコン系の塗料で十分ですよ。 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料 色見本
  • 外壁塗装の塗料には色見本がありますが、ほんとにこだわるなら近隣で同じ色を使った家を教えてもらうべきです。というのも、私も何度も外壁塗装をしてもらった経験がありますが、いまだに色見本帳と実際の色がイメージ内に収まったことがないからですwどうしても、思ったより暗くなったり、逆に色が薄すぎて大金を払ったのに塗装した感が得られないなんてことも多々あるからです・・・ただでさえ塗装後は年々色が退色していくのに [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料 乾燥時間
  • 外壁塗装の塗料の感想時間は下地も上塗りもそれぞれ5時間ほどになります。ただし、塗料よりも時間がかかるのがシーリング剤です。シーリング剤は外壁パネルなどの継ぎ目などに注入するゴムのような素材ですが、これが固まるまでには2日ほどはかかります。また、湿度や気温が低すぎる場合にはもっと余裕を持たしてからその上からの塗装になるので、数日伸びることもあります。あとは塗装が冬なら長時間かかり夏なら4時間ほどで乾 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料 水性 油性
  • 外壁塗装の塗料には水性と油性がありますが、まず普通は油性を利用します。環境に優しいのは水性ですが耐久性がないんですよね。反対に油性なら耐久性が高いので、家の寿命を延ばす目的で行う外壁塗装の場合には油性のほぼ一択となります。ちなみに、油性塗料にもシリコン系やフッ素系などいろんな種類がありますが、高額な塗料ほど耐久性が良いということになります。ただし、費用が2倍する高額な塗料を選んだとしても耐久性が2 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料の選び方
  • 外壁塗装での塗料の選び方ですが、種類によって耐用年数が異なりますが、もっとも気をつけるべきなのは料金です。特に、悪徳業者などにかかれば、さもまともな顔をして「当社オリジナルの高級塗料」なんて言ってくることもあります。ちなみに、選ぶなら標準的なシリコン系塗料を選ぶのが無難です。それより安いアクリルやウレタンの塗料は耐久性が低いので、次の塗り替えを10年ほど先にしたいなら、シリコン系ということになります [続きを読む]
  • 外壁塗装 足場組めない
  • 外壁塗装で足場組めない場合でも、隙間が20〜30センチほどあれば現実には塗装ができることが多いです。足場には幅が狭いものもあり、まずはそれを使うわけですが、問題は隣地の許可です。依頼主であるあなたが隣地から許可を得るか、塗装屋さんが隣地と交渉をして許可をもらうか2つに1つですが、許可さえもらうことができれば、隣地の空間を利用して塗装が可能になります。隣地の建物と隙間が狭い場合には、いずれはお隣さん [続きを読む]
  • 外壁塗装 足場 時間
  • 外壁塗装の足場には設置と撤去でそれぞれ時間がかかります。ごく普通の2階建ての場合でも足場を組むのに1日〜2日はかかります。もし、家の前までトラックが入れない場合にはさらに1日2日多くかかることもあります。つまり、足場にかかる時間は合計で5日は見ておいた方が無難です。雨が降ったり足場手配のスケジュールが狂えば10日かかることもあります。もし足場作業に時間が多くかかったとしても料金が高くなることはまず [続きを読む]
  • 建物 外壁塗装 耐用年数
  • 建物の外壁塗装の耐用年数は建物の用途にとって異なります。木造の建物の場合だと住宅と店舗の場合には22年とされています。事務所は24年、飲食店は20年、その他は15年~17年ほどで用途ごとに決まっています。ちなみに、耐久年数と耐用年数は違うので、あくまでも耐用年数は税務処理上のルールの数字です。耐久性は利用する塗料によって10年未満から20年ほどまで差がありますが、一般的なレベルの塗料ならだいたい10年ほどと見てお [続きを読む]
  • 外壁塗装 費用相場
  • 外壁塗装の費用相場は、ごく一般的な2階建て住宅の場合で安くても50万円して、高いと150万円ほどとなっています。ただし、これは塗料の種類によってもまるで違ってきます。そこで、最も多く選ばれているシリコン系の塗料を使った場合ですと費用相場は80万円ほどになります。この費用相場の内訳でどうしても値切れないのが足場代の20万円ほどになります。足場はどうしても必要になるので平屋でなければ避けられません。また、 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗料
  • 外壁塗装の塗料を簡単に紹介してみました。耐久性が低いものから順に並べますと・・・ウレタン塗料→シリコン塗料→フッ素系塗料→光触媒→無機系塗料です。・ウレタンが1平米あたり2千円・無機系は1平米あたり5千円ざっくりだとこんな感じです。ウレタンは8年ほど耐久性があり無機系は20年ほどだとされていますが、塗料の色が覚めることや外壁や屋根の補修や点検も兼ねることを考えると、シリコン系あたりの塗装を10年ち [続きを読む]
  • 外壁塗装 DIY
  • 外壁塗装はDIYでやれないことはないですが、費用対効果は極めて悪いです。なぜなら、市販品の塗料では耐久性が悪いのと、下地処理がDIYでは不十分になるからです。下地処理は非常に手間がかかるので、洗浄機器と経験がないと不十分だし日数もかかります。また、サビがある部分の下地処理はDIYではまず対処できません。もし費用を抑えるために外壁塗装をするなら10年くらいで見たら損でしかないので、いっそプロに頼んで塗料を安 [続きを読む]
  • 外壁塗装 工程
  • 外壁塗装の工程は足場を組むところからスタートです。(もちろん2階建て以上の建てものならです。)それから水洗いやサビ落としやペンキ剥がし等から始まります。つまり洗浄です。ざっと工程をまとめてみました。平屋の場合には足場は無視してください。足場組↓洗浄↓ペンキ剥がしやサビ落とし↓洗浄↓養生(ペンキがつかないようにビニールカバーをする)↓塗装(数日かかることも)↓養生撤去↓足場撤去完成洗浄はサビ落としや [続きを読む]
  • 外壁塗装 種類
  • 外壁塗装の種類は大きく分けると水性塗料と油性塗料の2つです。大抵の場合は油性を利用します。その理由は耐久性が非常に高いからです。また、より細かく分けるとアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素系などがありますが、安いのはアクリルからでフッ素系が最も高額なタイプとなります。ちなみに、私は大家をしているので複数の家を塗ってもらった経験がありますが、私も周囲の大家仲間もシリコンやフッ素系はまず利用しません。 [続きを読む]
  • 外壁塗装 シュミレーション
  • 外壁塗装のシュミレーションははっきり言って私の体験上だとアテにできません。そりゃ、白から黒にするとかならイメージが分かりやすい場合もありますが、白から黄色とか白から水色ってシュミレーションと現実の仕上がりがかなり違って感じられることが多いんです。というのも、淡い色って空の色や背景や隣近所の建物などに見た目の影響を受けやすいからです。真っ赤、真っ白、真っ黒、など原色そのものならイメージ通りになりやす [続きを読む]
  • 外壁塗装 助成金
  • 外壁塗装で助成金を受けるための情報をまとめてみました。まず前提として、助成金がある自治体もあればない自治体もあります。自治体に確認するか、塗装業者さんに聞いてみればすぐに分かりますよ。さてさて、助成金と補助金という似たものが2つあるので、一緒にまとめてみました。助成金は条件をクリアしていればお金をもらうことができますが、補助金の方は審査を受ける必要があるのでちょっと面倒だったりします。でも、安心し [続きを読む]
  • 外壁塗装 時期
  • 外壁塗装の時期には向いてる時期と向いてない時期があります。向いてない時期は7月半ばから8月末までと1〜2月あたりになります。もちろん、お住まいの県や立地環境によっては無視できることもありますが、基本的には上記の期間となります。向いてない理由は塗装のノリが良くないからです。暑すぎても駄目だし寒すぎても駄目なんです。また、梅雨の時期は特にだめですね〜塗った途端に雨が降るのは論外ですし、湿度が80%を超 [続きを読む]