にきねこ さん プロフィール

  •  
にきねこさん: ニキビゼロ活動
ハンドル名にきねこ さん
ブログタイトルニキビゼロ活動
ブログURLhttp://nikizero.main.jp
サイト紹介文ニキビに15年以上悩まされてきた私がニキビを治すために学んだこと、試したことを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 119日(平均1.7回/週) - 参加 2018/08/18 19:24

にきねこ さんのブログ記事

  • アキュテイン(トレティヴァ)1クール終了。その効果と感想まとめ
  • アキュテイン(イソトレチノイン)服用から8ヶ月経過レビュー1日20mgを3ヶ月間服用し、ニキビに対する高い効果と、副作用や体調に問題ないことが確認できたため、その後、服用後のニキビ再発率を軽減するため服用量を1日40mgに増量。アキュテイン服用開始から8ヶ月が経ちました。この記事ではその経過と効果について詳しく書いていこうと思います。 服用から3ヶ月までの経過レビューはこちらの記事をご覧下さい。 アキュテイン(イ [続きを読む]
  • ニキビの症状に似ている脂漏性皮膚炎と酒さとは
  • スキンケアや生活習慣に気を使っていてもニキビが中々改善しない場合はもしかするとそれはニキビではなく他の皮膚炎の可能性があります。特に顔に赤みがある場合は「脂漏性皮膚炎」や「酒さ」である場合があります。脂漏性皮膚炎とは脂漏性皮膚炎は体の中でも皮脂がたくさん分泌される部位に炎症を起こす皮膚炎です。顔の場合はおでこや鼻などのTゾーンにできやすく、はっきりした赤みやブツブツなどの湿疹が出たり、稀にかゆみを [続きを読む]
  • ビタミンとニキビの関係
  • ビタミンをしっかり摂って肌荒れを改善しようバランスのとれた食生活を心がけることは体の健康だけでなく、肌の健康維持にも大切なことですが、その中でどうしても不足しがちなのがビタミン類です。ビタミンは数ある栄養素の中でも肌と大きな関わりがあります。ビタミンの摂取量に日頃から気を使い、十分な量を摂ることで皮膚の正常なターンオーバーを即し、ニキビや肌荒れの改善に繋げていきましょう。 肌に関わるビタミンの種類 [続きを読む]
  • 炭水化物の食べ過ぎはニキビの原因になる?
  • 炭水化物とは炭水化物は米や小麦などの穀類やいも類、砂糖などの主成分で、タンパク質と脂質に並んで重要な栄養素の1つです。健康な体作りに欠かせないエネルギー源となっています。そのため、必要な量の炭水化物を摂取することは健康を維持する上でとても大切であり、その摂取量が適量であれば炭水化物が原因で肌荒れやニキビを引き起こすことは基本的にありません。 炭水化物に含まれる糖質とは糖質は炭水化物に含まれる栄養素の [続きを読む]
  • 乾燥肌、敏感肌に効くヒト型セラミドとは
  • セラミドの役割セラミドには、肌の中の角質層にある細胞同士を繫ぎ止めるはたらきと、スポンジのように水分や油分を抱え込んで蓄えるはたらきがあります。このセラミドが不足すると、肌に水分や油分を保持することができず、乾燥が進み、肌のハリもなくなってしまいます。また、それと同時に肌のバリア機能の低下を招き、空気の乾燥や、紫外線、摩擦など、様々な外的刺激から肌を守ることができなくなってしまいます。このようにセ [続きを読む]
  • もしかすると重症ニキビの原因はインナードライ肌?
  • インナードライ肌(乾燥性脂性肌)とはインナードライ肌とは隠れ乾燥肌とも呼ばれ、肌の表面はオイリーで潤っているように見えて、実は内側の水分は不足して乾いている状態。のことです。肌の内側の乾燥に反して、表面は皮脂の過剰分泌によりテカったりべたついたりしているため内側の水分不足に気がつきにくい傾向にあります。肌は乾燥すると防御機能がはたらいて皮脂の分泌を増やすため、インナードライ肌は一見、脂性肌や混合肌と [続きを読む]
  • 便秘による大人ニキビと改善方法
  • そのニキビ、腸内環境の乱れが原因かも?日頃からニキビ予防のために食生活やスキンケアに気を使っていたり、ニキビ治療のため通院していても一向に改善がみられず、ニキビを繰り返してしまう場合は腸内環境に問題があるかもしれません。慢性的な便秘や下痢の症状に悩んでいる方は要注意です。 腸内環境とニキビの関係肌は内臓の鏡と言われるように、肌の状態と腸内環境は密接に関わっています。腸内環境を整えると肌も健康になり [続きを読む]
  • 便秘によるにきびを改善する『エネマ』とは?
  • ストレス性の便秘とニキビや肌荒れの関係日頃から食生活や睡眠、適度な運動やスキンケアに気を使っていてもニキビや肌荒れが改善しない場合はストレスによる自律神経の乱れや、ホルモンバランスの乱れが原因である可能性があります。これらの影響により血行が悪くなると新陳代謝が落ちてしまい、肌のターンオーバーが乱れてニキビや吹き出物といった症状を引き起こします。また、ストレスは腸の働きと密接に関係しており、強いスト [続きを読む]
  • 肌のターンオーバーってなに?
  • 肌のターンオーバーの仕組みターンオーバーとは皮膚の新陳代謝とも言われ、肌(皮膚)が新しく生まれ変わるサイクルのことです。皮膚は表皮、真皮、皮下組織という3つの層からできています。表皮の基底層でつくられた新しい皮膚が変化しながら表面へと押し上げられて角化細胞になった後、アカとして自然と剥がれ落ちて皮膚が入れ替わることをターンオーバーといいます。肌はこの正常なターンオーバーにより健康な状態を保つことがで [続きを読む]
  • 肌のターンオーバーってなに?
  • 肌のターンオーバーの仕組みターンオーバーとは皮膚の新陳代謝とも言われ、肌(皮膚)が新しく生まれ変わるサイクルのことです。皮膚は表皮、真皮、皮下組織という3つの層からできています。表皮の基底層でつくられた新しい皮膚が変化しながら表面へと押し上げられて角化細胞になった後、アカとして自然と剥がれ落ちて皮膚が入れ替わることをターンオーバーといいます。肌はこの正常なターンオーバーにより健康な状態を保つことがで [続きを読む]
  • 肌質は4種類に分けられる
  • 肌質の種類顔の肌質は健康な状態である普通肌の他に乾燥肌、脂性肌(オイリー肌)、混合肌、敏感肌の4つに分けられます。自分の肌質がどれに該当するかを知り、自分の肌の状態に合った正しいスキンケアを行いましょう。乾燥肌乾燥肌とは皮膚の水分保持力が損なわれ、乾燥して皮膚のバリア機能が衰えている状態です。皮膚のバリア機能が低下するとそれを補おうと角質層を厚くする過角化と呼ばれる現象が起こります。こうなるとカサ [続きを読む]
  • 肌質は4種類に分けられる
  • 肌質の種類顔の肌質は健康な状態である普通肌の他に乾燥肌、脂性肌(オイリー肌)、混合肌、敏感肌の4つに分けられます。自分の肌質がどれに該当するかを知り、自分の肌の状態に合った正しいスキンケアを行いましょう。乾燥肌乾燥肌とは皮膚の水分保持力が損なわれ、乾燥して皮膚のバリア機能が衰えている状態です。皮膚のバリア機能が低下するとそれを補おうと角質層を厚くする過角化と呼ばれる現象が起こります。こうなるとカサ [続きを読む]
  • 重傷ニキビを治す最終兵器!アキュテインとは
  • アキュテインとはアキュテイン(イソトレチノイン)は、通常の薬や抗生物質などによるニキビ治療では改善しない重症ニキビや紫ニキビ等の難治性のニキビに絶大な効果を発揮する内服薬です。その治療効果の高さから「最も効果があり最も再発しにくい」ニキビ薬として欧米を中心に、世界各国で重症ニキビの治療に用いられており、多くの治療実績があります。ニキビ治療の先進国であるアメリカでは1982年にFDAの認可を受けています。 [続きを読む]
  • 重傷ニキビを治す最終兵器!アキュテインとは
  • アキュテインとはアキュテイン(イソトレチノイン)は、通常の薬や抗生物質などによるニキビ治療では改善しない重症ニキビや紫ニキビ等の難治性のニキビに絶大な効果を発揮する内服薬です。その治療効果の高さから「最も効果があり最も再発しにくい」ニキビ薬として欧米を中心に、世界各国で重症ニキビの治療に用いられており、多くの治療実績があります。ニキビ治療の先進国であるアメリカでは1982年にFDAの認可を受けています。 [続きを読む]
  • 3種類の代表的なアキュテイン(イソトレチノイン内服薬)
  • アキュテイン(イソトレチノイン)についてアキュテイン服用によるニキビ治療で使用者が多く、入手しやすい製品についてそれぞれの詳細をご紹介します。Accutane、Roaccutan、Roaccutane製薬会社:Roche(ロシュ)製品名:Accutane、Roaccutan、Roaccutane(アキュテイン,ロアキュタン,ロアキュテイン)成分:Isotretinoin(イソトレチノイン)アキュテインとは実はRoche社の製品名です。Roche社のイソトレチノインには、その他にロアキュ [続きを読む]
  • ニキビ治療薬 | 皮膚科で処方される7つの塗り薬
  • ニキビ治療で処方される外用薬(塗り薬)この記事では皮膚科で主に処方される7種類のステロイドフリーの外用薬の効果や、使い方、副作用について紹介していきます。ディフェリンゲル外用薬ディフェリンは2008年から国内で使用が始まったアダパレンが主成分のニキビ治療薬です。ディフェリンは医療保険が適用されるニキビ治療薬の中で今までにない非常に効果の高い薬です。今まで皮膚科の保険治療で処方されていた塗り薬は抗菌薬ば [続きを読む]
  • ニキビ治療薬 | 皮膚科で処方される7つの塗り薬
  • ニキビ治療で処方される外用薬(塗り薬)この記事では皮膚科で主に処方される7種類のステロイドフリーの外用薬の効果や、使い方、副作用について紹介していきます。ディフェリンゲル外用薬ディフェリンは2008年から国内で使用が始まったアダパレンが主成分のニキビ治療薬です。ディフェリンは医療保険が適用されるニキビ治療薬の中で今までにない非常に効果の高い薬です。今まで皮膚科の保険治療で処方されていた塗り薬は抗菌薬ば [続きを読む]
  • ニキビ治療薬 | 皮膚科で処方される4つの飲み薬
  • ニキビ治療で処方される内服薬(飲み薬)この記事では皮膚科で処方されるステロイドフリーの内服薬の効果や、飲み方、副作用について簡単に紹介していきます。シーピー配合顆粒内服薬シーピー配合顆粒はシナールのジェネリックです。1g中にビタミンC(アスコルビン酸)200mgとパントテン酸カルシウム3mgを含有する複合ビタミン剤です。シーピー配合顆粒はニキビ治療薬ではありません。ビタミンの補給を目的として、炎症後の色素沈着を [続きを読む]
  • ニキビ治療薬 | 皮膚科で処方される4つの飲み薬
  • ニキビ治療で処方される内服薬(飲み薬)この記事では皮膚科で処方されるステロイドフリーの内服薬の効果や、飲み方、副作用について簡単に紹介していきます。シーピー配合顆粒内服薬シーピー配合顆粒はシナールのジェネリックです。1g中にビタミンC(アスコルビン酸)200mgとパントテン酸カルシウム3mgを含有する複合ビタミン剤です。シーピー配合顆粒はニキビ治療薬ではありません。ビタミンの補給を目的として炎症後の色素沈着の軽 [続きを読む]
  • ニキビができる場所とその原因
  • ニキビができる場所はな・まゆ間(Tゾーン)顔の中でも眉間と眉毛の上、そして鼻はもっとも皮脂腺が多い場所です。ここにできるニキビの原因は、そのほとんどが皮脂による毛穴の詰まりによるものです。元からオイリー気味な人や、思春期やストレスでホルモンバランスが不安定になっている人にできやすい場所と言えます。おでこ(Tゾーン)おでこのニキビの主な原因は思春期のホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌、そして前 [続きを読む]
  • ニキビができる場所とその原因
  • ニキビができる場所はな・まゆ間(Tゾーン)顔の中でも眉間と眉毛の上、そして鼻はもっとも皮脂腺が多い場所です。ここにできるニキビの原因は、そのほとんどが皮脂による毛穴の詰まりによるものです。元からオイリー気味な人や、思春期やストレスでホルモンバランスが不安定になっている人にできやすい場所と言えます。おでこ(Tゾーン)おでこのニキビの主な原因は思春期のホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌、そして前 [続きを読む]
  • 安心して利用できるニキビ治療薬輸入代行サイト5選
  • 医薬品の個人輸入とは?医薬品の個人輸入と聞くと、つい敷居の高い印象を受けますが実はとても簡単です。普通の通販サイトを利用する感覚で欲しい薬を購入することができます。海外医薬品の個人輸入代行サイトではニキビ治療薬に限らず、主に国内で処方薬扱いの薬や、国内では入手困難なジェネリック、サプリメント、化粧品などを取り扱っています。医薬品の個人輸入の最大のメリットはなんといっても医師の処方箋なしに処方薬を安 [続きを読む]