smile0922 さん プロフィール

  •  
smile0922さん: バイリンガルへの道のり: Little Miss SMILE
ハンドル名smile0922 さん
ブログタイトルバイリンガルへの道のり: Little Miss SMILE
ブログURLhttps://ameblo.jp/smile-lang-development/
サイト紹介文バイリンガル育児、英語教育、言語習得についてのメモです。英語講師とママの視点から書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 63日(平均2.6回/週) - 参加 2018/08/18 19:24

smile0922 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 英語での語りかけについて 追記
  • 読者の方から、英語での語りかけについて質問を頂いたのでこちらでまとめてみたいと思います。 以前、語りかけについての記事でも何回か書きましたが 流暢に英語で話しかけることだけが語りかけではないと思っています。 ■語りかけに関する記事 語りかけは必要? 英語苦手ママでも「語りかけ」はできる? もちろん、家では語りかけはせず、インタラクティブなインプットは外部のサポートを借りて、 家では、それ以外の [続きを読む]
  • わが家のバイリンガル育児:夫の役割
  • 日頃、真面目な内容ばかりなのでたまには 学術的ではない内容を バイリンガル育児を始めて4年半ちょっと。 6歳になったばかりの娘はある程度のことは英語で表現できるようになったし、 難しくないチャプターブックは楽しく読めるようになりました。 日本語も まだ小説ではなく絵本ですが、普通に読んだり、 平仮名や片仮名も楽しんで書いたりしています。 先日、レストランで待つ間、チャプターブックを読む娘を見て、夫から [続きを読む]
  • 英語のかけ流しだけで英語耳は育つ?
  • 英語の絵本や歌の音源をCDなどで流す、 かけ流し という方法、 バイリンガル育児(英語育児、おうち英語)を取り入れている家庭は実践されている方も多いと思います。 個人的には かけ流しの方法は使い方によってはとても高い効果を期待できるものと思っていますが、 では、 かけ流しだけで英語耳が育つか? と聞かれたら、残念ながら、そうならない可能性は高いです。 かけ流しの効果が発揮されるのは以下のような場合が [続きを読む]
  • 英語漬け環境でも発話が出ないケース ③:心の壁
  • 英語漬けの環境を定期的に作っていても、 思うようにアウトプットが出ないケースを数回に分けて書いています。 今回は3番目のケース、 情意フィルターができてしまっている といった場合について考えてみたいと思います。 ■ 関連記事 インプットの量と質のバランスが取れていない 発話を促す機会が足りていない に関しては3歳以降に特に多く見られるように思います。 日本語も上手になり、普段 使わない音や言葉に [続きを読む]
  • 英語漬け環境でも発話が出ないケース ②:発話
  • 前回の記事では、 英語のプリスクールに通わせていたり、 イマージョンの英会話スクールに通わせていたり(未就学児のケースに限定)と、 英語漬けの環境を定期的に作っていても、 思うようにアウトプットが出ないケースがあり、 考えられる理由に以下の点があると書きました(前回の記事★): インプットの量と質のバランスが 取れていない 発話を促す機会が足りていない 情意フィルターができてしまっている そ [続きを読む]
  • 早期英語教育をすると思考力は育たない?
  • 小学校では あと数年で英語が教科化されるなど、 英語教育がますます低年齢化する中、ここ数年、 早期英語教育の弊害 が より声高に叫ばれるようになったと感じます。 そういった内容の記事や報道も目にするようになりました。 早期英語教育をすると.... 思考力が育たない 日本語も英語も中途半端になる 中にはそんな主張もありますが、 こういった記事や報道は極端に一般化している例が多いと感じてしまいます。 「早 [続きを読む]
  • 英語拒否とうまく向き合う
  • 「幼稚園に入ったら、英語を嫌がるようになった。」 という話は周りで本当によく耳にします。 日本語の成長が著しくなり、日本語のお友達との繋がりも強くなる時期なので ある意味 自然な成長過程ですよね。 そんな時期に突入する前に(3歳くらいまでに)、 あるいはもう突入しているのなら、 その時期を乗り越えるために、 言語ルールを作っておくと後々 スムーズにバイリンガル育児を続けることができるのではないでしょう [続きを読む]
  • 家庭での取組みは 効果大
  • 北海道で起きた地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 これ以上 被害が拡大しませんように。 今日は、バイリンガル育児というよりも英語教育について、 「やっぱり!」 と改めて思うことがあったので書いてみたいと思います。 最近、わたしが 教えている初級クラスに新しく姉弟が入ってきたのですが 2人の言語成長が目を見張るほどすごいのです。 お姉ちゃんは6歳。弟くんは4歳。 お姉ちゃんの方は、幼稚園に [続きを読む]
  • 情報発信をするということ
  • 今は英語教育やバイリンガル教育に限らず あらゆる情報がさまざまな形で手に入る時代。 情報を得る側は、そんな中でどう情報を取捨選択するかというメディア・リテラシーが大事になってきますが、 発信する側は、そんな情報を受け取る側がいるからこそ留意しなくてはいけない点があります。 SUNNY BUNNYの羽織愛先生の記事がとても分かり易く、 どんな形であれ情報を発信している方にはぜひ読んでいただきたい内容なのでリブロ [続きを読む]
  • バイリンガル育児の強い味方
  • 長い目でバイリンガル育児を考えたとき、強い味方となるものは何だと思いますか? 語りかけ、動画、英語サークル、英語教室、オンラインレッスン… さまざまな要素があると思いますが、 幼児期以降、特に強い要素になると思うのが 憧れの気持ち。 お友達に対してだったり、テレビや映画に出てくるキャラクターに対してだったり、 誰かに対して抱く憧れの気持ちです。 これはアイデンティティとも関係しています。 アイデン [続きを読む]
  • クリティカルな思考を育てる
  • 本日、3日間のOn Mom's Lapのサマーキャンプが無事に終わりました。 子ども達も皆んな楽しんでくれたようで、講師としても とても有意義な時間を過ごせました。参加していただき 本当にありがとうございます。 3日間のサマーキャンプで子ども達が間接的に学んだのは クリティカルな思考。 もちろん多様性、環境、サイエンスといったテーマを3日に渡って学んだのですが、 どのテーマにも共通して盛り込まれていたのがクリティ [続きを読む]
  • バイリンガルキッズとサマーキャンプ
  • On Mom's Lap主催のサマーキャンプが始まりました! バイリンガル講師 2人のうち、わたしも講師として参加させていただいています 集まったのは、インターナショナル・スクールに通う子、おうちでの英語の取組みをしている子達 8人。 年長さんから小3のバイリンガルの子ども達です。 一日目を終了して、興奮した状態でこの記事を書いています。 参加してくれた子ども達が本当に素晴らしく 英語力ももちろんですが、難しい [続きを読む]
  • 読み聞かせは いつまで?
  • 以前、読み聞かせの効果について書きましたが、 絵本の読み聞かせはいつまで続けたらいいのでしょうか? ■ 読み聞かせに関する記事 バイリンガル育児における読み聞かせの効果①:多読 バイリンガル育児における読み聞かせの効果 ②:ライティング力 母語を育てるバイリンガル育児 :絵本 インプットの種類 自分で絵本や本を読めるようになっても読み聞かせの役割は大切。 子どもが大きくなり、読み聞かせに興味がなくなるまで [続きを読む]
  • 「英語が話せる親=バイリンガル育児は簡単」ではない
  • 以前、英語が苦手なママでも「語りかけ」はできるか、というテーマで記事を書きました(過去の記事 ★)。 では、英語が話せる親であれば、バイリンガル育児は簡単か? と言われたら、決してそうではありません。 わたしの周りには、 お母さんが英語ネイティヴで、家庭内の言語は英語、 という子どもが比較的たくさんいます。 中には両親ともに英語ネイティヴという家庭もありますが、 そんなお母さん達が苦労しているのが子ど [続きを読む]
  • 語学の向き不向きはある?
  • 言語を習得するためにはどんなことが必要だと思いますか? 「インプット◯◯時間」とも言われていたり、「0歳から始めるのがいい!」とも言われていたりしますが、 言語を習得するためには、もっともっと様々な要因が関わってきます。 中でも比較的「大きな要因だな」と感じているのは、 子どもの性格。 性格は、持って生まれた その子の特徴ですね。 大きく捉えると、性格は資質とも言えるかもしれません。 もちろん、 イ [続きを読む]
  • バイリンガル育児を続けるために
  • 以前、『誰のための英語?』というテーマでも記事を書きましたが 今日はバイリンガル育児を続けるために不可欠だと思うことを考えてみたいと思います。(過去の記事『誰のための英語?』) 子どもがバイリンガルになるのに 必要なものって何だろう? と考えたときに思い浮かぶものは何ですか? 十分な量と質のインプット アウトプットの場 ・・・の他にも色々なことを思い浮かべるかもしれませんが、 中でも重要だと考えるの [続きを読む]
  • アルファベット:書く練習はいつから?
  • 現在、英語の読み書きのチュータリング(家庭学習指導)を2件受け持っています。 両方ともお母さんは英語ネイティヴなので家での会話がほとんどが英語だけれど、 英語の読みを上達させるためにチュータリングを依頼されました。 一人は、娘と同じ歳で もうすぐ6歳。アルファベットの音は既に知っていたので 一年ちょっと前にフォニックスの基本から始め、先月よりチャプターブックに入りました。 家でもしっかり読んでくれている [続きを読む]
  • 『ペラペラキッズ』って?
  • 『英語がペラペラ』という表現、昔から頻繁に耳にしますが、 この表現、未だに慣れず、聞いたり見たりすると むず痒くなります。 英語を流暢に話す という意味で使われているのだと思いますが、とても曖昧な表現だと常々感じています。 軽い内容の日常会話ができるペラペラから、 深い内容の日常会話をこなすペラペラ、 そしてビジネス場面や国際舞台で英語を使いこなすレベルのペラペラまで。 最近は英語を流暢に話す子ども [続きを読む]
  • 英語のプレイデートについて
  • ここ最近、英語の取組み関連のブログでよく目にする「プレイデート」という言葉。 今日はそのプレイデートについて少し思うことをまとめてみたいと思います。 プレイデート(playdate)は、アメリカで一般的に使われている言葉で 親同士が遊ぶ場所や時間を決め、子どもを遊ばせるというもの。 日本国内では英語環境は なかなか作りにくいので、「プレイデート」を英語環境の場として活用している方も多いと思います。 わたし [続きを読む]
  • 母語を育てるバイリンガル育児 ②:語りかけ
  • 前回の記事では、 絵本の読み聞かせが母語の成長に良い影響を与えたと書きましたが、 今回は、 日本語を実際に使う場で意識してきたことを書いてみたいと思います。(前回の記事『母語を育てるバイリンガル育児①:絵本』)。 絵本と同じくらい、娘の日本語の発達に影響を与えたのは… 語りかけ。 それもわたし以外の大人、 人生の先輩となるべく触れさせる ということを意識してきました。 これは日本国内に住んでいるから [続きを読む]
  • 過去の記事 …