ひよこよ さん プロフィール

  •  
ひよこよさん: ひよこよさんは豆鉄砲食らいました。inロシア
ハンドル名ひよこよ さん
ブログタイトルひよこよさんは豆鉄砲食らいました。inロシア
ブログURLhttps://ameblo.jp/hiyokoyo13/
サイト紹介文子ども2人と犬を連れて、ウラジオストクとモスクワで豆鉄砲を食らうブログ。
自由文ロシアに駐在中。
ウラジオストク、モスクワを中心に更新中でございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 36日(平均4.9回/週) - 参加 2018/08/19 13:32

ひよこよ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 備えあれば。
  • 「へい、ちょっとこちらへ。」先週の水曜日、長男(5歳)を迎えに行った際に担任のMr.Pが手招きをした。「息子さん、ちょっと吐いてしもうてな。保健師の先生が今診てくれとるよ。」おやおや大変、と長男のところへ向かうとケロリとした様子で先生と着替えをしているところであった。「お母さん、ロシア語いける?息子さんおやつの時間にいきなり吐いてもうてん。でも熱はないんや。本人も元気そうやし、家で様子みてな。」長男に話 [続きを読む]
  • 必殺!宅配人。
  • デリバリー。それは料理も出掛けるのも億劫で、しかも冷蔵庫に何もない日の強い味方。現在モスクワではデリバリー出来るお店がたんまりとある。しかも注文は電話ではない、アプリという素晴らしい神の思召しで注文が出来るのだ。主に『Delivery Club』と『Яндекс Еда』というアプリが主流かと思われる。ひよこよさんは『Delivery Club』を使っている。例えば上のバーガーキング。注文は300ルーブル(約600円)からで、30分 [続きを読む]
  • ええかお嬢ちゃん。
  • 先日お伝えした通り、故障したBOSCHの食洗機を修理した。修理のおじさんの生尻を眺めながらのアメージングでセクシーな修理タイムだったわけだが、棚を取り外したりなどの少し大掛かりなものとなった。そして回答が、「お嬢ちゃん、塩とリンスや。」だった。はて。塩とリンス…。「ええかお嬢ちゃん、ロシアの水は硬水やろ。石灰を多く含んどるんや。その石灰がたんまりの硬水で食洗機を使うとな、配管に石灰が溜まってまうんよ。 [続きを読む]
  • ついにパンダが。
  • 半年焦らされてたパンダ。(画像はネットより引用。)開店!!!!開店したのにがらがら。長らく、長らくお待たせいたしました。МЕГАМОЛЛ химукиにて無事にオープン。仕組みは日本と同じで、ボウル=おかず1種類+麺orご飯プレート=おかず2種類+麺orご飯ビッグプレート=おかず3種類+麺orご飯お子さまにはおかず1種類+麺orご飯+飲み物で249ルーブル(約500円)もあり。おかずは…パンダエクスプレスといえばのオレンジ [続きを読む]
  • 日常の刺客。
  • ひよこよさんは6時10分に起きる。起きるというか、目覚ましが鳴る。すぐに体を起こせず、ごろごろしたり横にいる次男の頭のにおいを嗅いだりしたいがために、起きる時間の10分前に目覚ましが鳴るようにしている。若い頃は目覚ましなど必要なかった。なぜか体が目覚ましの鳴る3分前に目覚めるような体質であった。今はもう歳のせいかそんなことはまるでなく、目覚ましにお世話になりっぱなしである。起きたらまずはカーテンを開け [続きを読む]
  • 望まぬ偶然。
  • 食洗機が壊れた。子育ての強い味方、食洗機。我が家の食洗機はドイツメーカーBOSCHのもので、毎日使っていただけに非常に痛い。手洗い必須となったが、大きなフライパンが入らないくらいにシンクが狭く不便なことこの上ない。翌日、修理屋さんに来てもらった。何やらぶつぶつと言いながら食洗機に体を突っ込んでいく修理屋のおじさん。食洗機はスタートボタンを押してから1分でピーピー鳴りだし、止まってしまう。おじさんが首を [続きを読む]
  • 焦らすパンダ。
  • アメリカ発祥のチャイニーズレストラン、『PANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)』。(画像はネットより引用。)現在世界で展開する店舗数は2000店。日本でも今年、千葉県木更津市の『三井アウトレットパーク木更津』に日本国内2号店をオープンした。(1店舗目は神奈川県川崎市のラゾーナ川崎店)そして例に漏れずロシアにも、じわじわと進出している。最初に見かけたのはモスクワに来たばかりの今年の4月、モールのフードコートでのこ [続きを読む]
  • 頭が迷走。
  • 長男の新しい靴下が一足もないことに気がついたひよこよさんは、アビアパーク(АВИАПАРК)にいた。砂いじりが大好きな長男の靴の中はいつも砂だらけ。学校から帰ってくる時には靴下が真っ黒になっているため、こまめに交換せねばならない。なので大型スーパーのアシャン(АШАН)へ。生鮮食料品はそんなに『鮮』を感じないので、ひよこよさんは生活用品専門でАШАНを利用している。カートを引っ張り出すと…充電器付き [続きを読む]
  • 晴れの舞台は突然に。
  • 9月3日は長男(5歳)の通うインターの始業式であった。モスクワに来たばかりの4月に受けたプリスクールの入園面接の時では、『9月に年度が変わりますが、息子さん次第では幼稚園から小学校に上がらず、そのまま幼稚園に残る可能性もありますよ。』という話であった。なので今の長男の英語の状態からいって、余裕で幼稚園残留が考えられる。華麗に進級をスルーだ。インターに着くと、慎ましく風船が飾られていた。するとすれ違ったど [続きを読む]
  • なぜなら肉は肉だから。
  • 皆さん、前回のブログでの励ましありがとうございました。『応援しとるで!』的なコメントが来て、驚きと感動であわあわしました。と共に色々頑張ろうと思いました。それでは皆さん、ここでひよこよさんにエールを…せーの!!Ты можешь это сделать!…誰も言えんわありがとうございます。気負わず頑張ります。…一昨日、スープ的なものを飲みたくなったひよこよさん。子どもたちのウケは悪いがボルシチでも作 [続きを読む]
  • ブログの立ち位置。
  • 8月31日。ひよこよさんと子どもたち(5歳3歳)の夏休みが終わった。ウラジオストクのインター時代の3ヶ月からすれば、現インターの2ヶ月の夏休みは小躍りものである。とはいえ。とはいえやっぱりきつかった。2ヶ月あった夏休みのうち、出かけない日は次男が熱を出した日の1日だけであった。その他の日はすべて出かけ、外食に偏らないように出来る限りお弁当をこしらえた。ひよこよさんはいつもにこにこしている母親ではないが、2ヶ [続きを読む]
  • アイコンの力。
  • 「ひよこよサン、すみまセン。明日は僕の誕生日なのデ休みます。」げにげにー(ロシア人、この度39歳)が言った。8月20日はげにげにーの誕生日であった。ロシア人が自分の誕生日に仕事を休むのは珍しいことではない。何歳になってもお祝いはお祝いなのであり、休むべきものなのである。「あ、休むんね。おっけー了解。お誕生日おめでとう。良いバースデーを!」そう言って笑顔で別れた。お菓子好きなげにげにーに日本のお菓子を詰め [続きを読む]
  • 荒れ果てた地にあるもの。
  • さぁ、時は8月27日。ヨーロッパNo. 1の電気量販店『Media Market』がロシア撤退まであと5日。“残りあと5日”の看板を立て、さぞや投げ売り大売り出しのことだろう…。想像しただけでにやにやが止まらない。ブレンダー欲しい。ミキサーも気になる。余裕があればダイソンのドライヤーも…。この3週間、こまめに店舗に通い目星をつけてきた。買いたいけどまだ高い…もう少し経てば値下がるはず。30%OFFでは手を打ちたくない。そう思 [続きを読む]
  • 振り向けば全裸。
  • すっかり秋めいてきたモスクワの朝の気温は1桁台である。公園で思い切り遊べるのも冬が訪れるまで。今のうちに太陽からビタミンDを摂取したい。今日はお友だちと遊んだ子どもたち。おすすめの公園へ行ってみた。場所は以前ご紹介したタガンスキー公園の近く、赤いポイントの場所が今回の公園。Таганский Детский парк。タガンスキー子ども公園。ここは子どもがとにかく楽しいであろう公園。それは…巨大砂場 [続きを読む]
  • 俺の一番。
  • 深夜に携帯が定期的に鳴り、目が覚めた。『なんやねん…』携帯画面の明るさに眉間にしわを寄せながら見ると、深夜の2時。その間も携帯は受信していた。『誰やねん…』見るとおじさん(ウラジオストク在住48歳)からだった。おじさんとひよこよさんの軌跡→こちら。「ひよこよ。今年の夏はどうだい。」深夜にどうだいもくそもない。おじさんはウラジオストク時間、朝の9時頃に送ったのだろう。「ひよこよ、元気にしているか。俺はト [続きを読む]
  • やる気の温度差。
  • 先日書いたこちらの記事から10日あまり。どんな感じになったのでしょう。(前回も今回もАВИА ПАРК店)8月末で完全撤退のお店も8月半ば、『90%OFF』のチラシが追加されてる。黄色のシールは全て60%OFF。家電系は前回、いっても30%ほどの値引きだったのに対して今回は40%後半から60%OFFのものが目立つ。よしよし。ひよこよさんが一番狙っているのがロボット掃除機なのだが、店の一番奥のところで一番やる気のない置き方をされ [続きを読む]
  • 今日の公園シリーズ⑤《ПАРК ДУБКИ》
  • 朝晩は寒くなり、すっかり秋めいてきたモスクワ。冬に備えて出来るだけ太陽を浴びておきたい。昨年の12月のモスクワの日照時間は10分なかった。12月の31日間、太陽は10分も姿を見せなかったのだ。太陽から摂取出来るビタミンDをなるべく今のうちに。晴れた日は公園へ。【ПАРК ДУБКИ】ドゥブキ公園へ行ってみよう。公園案内図はこちら。それほど大きくない公園なのがありがたい。背の高い木々がたくさん。マイナスイオン [続きを読む]
  • ひよこよきっちん:プロフ
  • ロシアにはウズベキスタンやカザフスタンなどの中央アジア諸国から入ってきた食べものがたくさんある。その中で、おそらくお米系のロシア内人気No.1が『плов(プロフ)』だろう。(画像はネットより引用。)ピラフではない、プロフである。中央アジア版ピラフが『プロフ』。5歳の長男がこのプロフが大好きで、外出先でもプロフを注文する。そして昨日、バターチキンカレーを食べている時に長男が言った。「ママ、プロフ作って。」 [続きを読む]
  • 『今に見てろよ!』
  • 「さぁ、一緒に『ну погоди』を見よう」おじさん(ウラジオストク在住48歳)が、かつて子どもたちによく言っていた。『ну погоди(ヌゥ、パカヂー)』とは、ソ連時代からごく最近の2012年まで放送されていたロシアの国民的アニメである。(画像はネットより引用。)話の流れはほぼ100%決まっていて、ウサギをオオカミが捕まえるために奔走するが、なんだかんだでウサギにしてやられるというもの。そして最後にオオカミ [続きを読む]
  • 水族だけに非ず。
  • 「まま、ここよ。こーこ!」次男がそう言って指差したのは『すいぞくかん』のページだった。恐竜好きは相変わらずだが、少し前からサメやらエイやらにも興味が出てきた次男。色々興味があるのはいいことである。水族館に行きたいというのなら行ってみよう。モスクワにも何ヶ所か水族館がある。一番新しいところは先日お伝えしたВДНХの中にあるのだが、入り口から2キロほど離れているらしく、自分の中ではサヨナラ水族館認定 [続きを読む]
  • ウシ科、秘密結社に敗れる。
  • ロシア周辺への出張がたまにある夫。お土産も楽しみだが、ひよこよさんは他に楽しみなものがある。お金である。日本の紙幣も面白い。千円札、五千円札、一万円札それぞれの裏表に『ニホン』と文字が隠されていることを知った時の衝撃たるや。(画像はネットより引用。)他国にも同じような秘密があるのかどうかは分からないが、見るだけでも楽しいので今回はカザフスタンとウクライナの紙幣をご紹介。まずはカザフスタン。カザフス [続きを読む]
  • 地下から地上へ。
  • 今日の午前中は雨が降っていた。そんな日はモスクワ地下鉄博物館へ行くべく、Спортивная駅へ!ネットで下調べしたところ、博物館は南口付近の駅構内にあるとのこと。見当たらない…。ここは北口なのか。歩いていた駅員さんに聞いたところ、「そんなもんないで。」ない。ないんか。あんなに下調べしたのに。行ったひとのブログとかめっちゃあったのに。もうない。いきなり出鼻をくじかれた。駅で路線図を見ながら呆然と [続きを読む]
  • 家電決戦開幕。
  • ヨーロッパ圏にお住まいの方ならご存知、『Media Markt』。ヨーロッパ圏で売上1位の電気量販店である。が、ロシアはロシアの会社である『М.видео』が圧倒的な売上を誇っている。確かにウラジオストクでもMedia Marktはないが、М.видеоはあった。ロシアの電気量販店においてМ.видеоは圧倒的な王座についている。そしてこの度、ヨーロッパ圏売上1位を誇るMedia Marktが今年の秋までにロシアから完全撤退すること [続きを読む]
  • 今日の公園シリーズ④《ВДНХ》
  • 何も知らずに訪れてしまったヴェーデンハー(ВДНХ)。いつもの公園シリーズのノリでふらふら訪れてしまったこの場所。とにかく大きな凱旋門。上には金の麦を空高く掲げた男女がいる凱旋門。金麦凱旋門。ヴェーデンハーとはなんぞや。…ヴェーデンハーとはロシアの国営の会社が運営している博覧会場である。1950年代後半に開催されたソ連国民経済達成博覧会(Выставка Достижений Народного Хозя [続きを読む]
  • 過去の記事 …