Jack さん プロフィール

  •  
Jackさん: 国志夢走
ハンドル名Jack さん
ブログタイトル国志夢走
ブログURLhttps://jackshima.hatenablog.com/
サイト紹介文書評、内省(分野は人事、教育、政治等)のまとめ 将来官僚を目指していて、日本についての記載が多い
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 34日(平均4.3回/週) - 参加 2018/08/21 12:30

Jack さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 組織から個人へのパワーシフト、高まるHR人材の価値
  • 個人へのパワーシフトという言葉を聞いたことがあるだろうか?これからの時代を表すメガトレンドの1つである。簡単に解説すると、今までは国や組織に権力が集中していたが、徐々に個人にも権力が移っていくということだ。例えば昔はテレビなどのマスメディアによってのみ情報を発信していたが、今ではインターネットやSNSの台頭により一個人が発信できるようになっている。他にもまだ浸透仕切ってはいないがトークンの発行な [続きを読む]
  • 原体験が無いことに悩んでいるあなたへ
  • 壮大なVisionを描く人がいる。なんでそんなに頑張れるんだってくらい行動して、世界を驚かす結果を出す人がいる。起業家のインタビュー記事を見たら、過去に壮絶な原体験があったりする。その原体験から、解決したい社会課題や創りたい世界を持っていたりする。"あなたが社会に対して感じている憤りは何か?感じている使命は何か?”こんな問いにまっすぐに答えられる人が世の中を創っているのかもしれない。僕は多分、 [続きを読む]
  • MCP選挙で見えた数多の崇高さ
  • 2018年9月12日、アイセックジャパンの代表を決める選挙が行われた。コンセプトは ~諸君、狂い給へ~コンセプト通りのクレイジーなオープニングとともに始まった。www.youtube.comオープニングMovieは上の音楽を使っていた。アイセックは日本25大学に存在していて、各委員会のロールコールを曲に合わせながら軽快に、かつ力強く読み上げていく様はみんなの心を高揚させた。僕は情動を何かとつぶやく癖があるので、その時にして [続きを読む]
  • 崇高さと世俗のジレンマ
  • いきなりだが、僕は崇高でありたい。我ながら変な価値観だとは思うが、心からそうありたいのだ。自身過剰なのかもしれないし、自分に期待しすぎなのかもしれない。だけど、僕は僕の身を堕とすようなことはしたくないし自分の可能性を最大限追求したいと思っている。「ノブレスオブリージュ」はとても好きな言葉だ。高貴なるものは持たざる者に分け与えよ。それこそが高貴なる所以である。この考え方にはとても気高さを感じる。 [続きを読む]
  • "家"と"屋"が気になった件
  • インターンの参加などで投稿期間が空いてしまいました。今回は先日感じた素朴な疑問をテーマにした記事を書きます。今回のテーマはズバリ、家と屋の違いは何か?です。ピンと来た方はもうわかったはず。先日株式会社じげんという東証一部上場企業で社長が若くてイケメンで...とにかく勢いのあるITベンチャーのインターンに参加してきました。テーマは「事業をつくる力を養う」ということで普段組織について考えている僕は、右 [続きを読む]
  • 【実践】組織と個人の目的のインテグレーション
  • 今回は「個人の目的と組織の目的をいかに尊重しあって幸せに活動するのか」をテーマに記事を書くことにする。実際に所属している団体の夏合宿で実施したコンテンツの流れに沿って紹介するなぜ個人と組織の目的を考える必要があるのか?今回のテーマにおける前提となる考え方がこの図だ。当たり前のことのようで意外とちゃんと理解していないことが多いのではないだろうか?僕はつい先月、この二つの目的をどちらも尊重しなけ [続きを読む]
  • 総会の意義とは ~二総を振り返って~
  • 夏合宿の設計と参加などの理由から投稿期間が大きく空いてしまった。これからまた元のペースで発信していく。さて、先日アイセック神戸大学委員会(僕が所属している学生NPO、略称KB)で第二回定例総会が行われた。主に行うことは活動計画のプラン及び予算案の承認、メンバーの入脱会承認である。株式会社ではないので組織の意思決定は株主総会ではなく、全メンバーを議決者とした定例総会(以後、総会)において決定する。発言は発 [続きを読む]
  • 玲瓏という言葉を知っていますか
  • 玲瓏という言葉を知っているだろうか?玲瓏1玉などが透き通るように美しいさま。また、玉のように輝くさま。「玲瓏たる山月」「八面玲瓏」2玉などの触れ合って美しく鳴るさま。また、音声の澄んで響くさま。「玲瓏たる笛の音」(コトバンク)検索するとこのような説明が出てくる。透明感を伴う美しさを表現した言葉である。僕はこの言葉を時々思い浮かべるようにしている。今回はこの玲瓏という言葉にまつわるストーリーを紹 [続きを読む]
  • 【解説】U理論
  • U理論とはイノベーションを引き起こすため、人の内面状況に着目して出現する未来から学習するという一風変わった思考の理論の事だ。難解であり感覚的なものが多いため、自分自身が理解するためにもまとめることにする。過去から学ぶのか、未来から学ぶのかこの世にはジグソーパズル型の問題とルービックキューブ型の問題という二つの問題がある。ジグソーパズル型の問題とは、手間がかかるが時間をかけていけば必ず前進し解決可 [続きを読む]
  • 日本人はなぜ花火大会に行きたがるのか?
  • 先日、10年ぶりに花火大会に学生団体の後輩たちとともに行ってきた。 すごく楽しかったので行ってよかったなぁと思ったのだが、どうしてこんなに満足しているのか、これだけ多くの人が集まる一大イベントになるのかが気になったので考えてみた。花火大会がなぜいいと思うのかって、ある程度の人数が同じ景色を見ていることによる「共感覚」もあるのかなと思う。一人で見て感動するよりも、いいなぁって思ってる感情を共感して [続きを読む]
  • 皆がプロフェッショナルに出演できる社会
  • 今日はいつもとは違い、目次も何も無くただただ良いなと思う社会像について書く。過去にあげた記事が関連している部分もあるが、再度自分の理想の社会をまとめ直してみた形になる。これから作っていくべき社会は画像の通りだ。ちなみに僕はとてもプロフェッショナルが好きで、いつか出演するぞと決めている。この世界を理想とした背景は幾つかある。jackshima.hatenablog.comこのブログはかなり関係があるので参考にしてほ [続きを読む]
  • 人々を魅了するマフィア思想のただしさ
  • [目次]マフィアとはPaypalマフィアへの憧れ同じくマフィアを志す数多くの組織 松下村塾 アイセック CRAZY ソフトバンク後継者ではなく後発者ロマンとそろばんマフィアとは本記事はマフィア思想について書いていく。まずはそもそものマフィアとは何かということを知ることから始めよう。マフィアイタリアのシチリアで法の秩序に従わない、やくざ仲間。アメリカで、イタリア系移民を中心にした犯罪組織。さらに広く [続きを読む]
  • 日本初トークンコンサルタントと話して見えた未来
  • 先日、トークンコンサルタントの橋本さん橋本裕貴@日本初トークンコンサルタント(@hifukf)さん | Twitterとお話させていただいた。トークンエコノミーの発展によってどのような世界へと変わっていくのかというテーマを皮切りに、白熱した話を記事にする。[目次]なぜトークンに関わることになったのか?シェアリングエコノミーと新たな働き方国に残された役割とはこれから求められる教育終わりになぜトークンに関わることに [続きを読む]
  • 誠実さとコミュニティのあり方
  • 先日、友人のツイートがバズっていた。https://twitter.com/banjoyatakumi/status/1026826730693058560私よく病むという人がいたら声を大にして言いたいのが、「所属コミュニティを増やして!」ということです。ぼく所属コミュニティが1つの時に何回も潰れたけど、今7〜8くらいコミュニティあるから一気にましになった。居場所の量が幸福量に比例するのは内閣府のデータでも明らかになってます。― 番匠谷 拓実 | やさしい社会を [続きを読む]
  • モチベーションは言い訳
  • モチベーションという言葉をよく耳にする。日頃活動していてモチベが上がらない、モチベーションマネジメント、モチベ維持などのフレーズをよく聞く。今回はその"モチベーション"について書く。 モチベーションとは? 君のやる気にかまってくれる物好きはそういない モチベーションとの付き合い方 信用の話モチベーションとは?君のやる気にかまってくれる物好きはそういないモチベーションとの付き合い方信用の話 [続きを読む]
  • 学生団体で活動することのメリット
  • 僕はAIESECという学生団体で活動してかれこれ3年目になる。これまで活動してきた中で見えてきた学生団体ならではのメリットを書く。誤解のないように書くと、うま味があるからする・しないではなくMissionに向かって行動した先に自然と得られていることを便宜上メリットとしている。書くことができていないメリットも当然あるだろうから、実感しているが書かれていないメリットがあっても怒らないでほしい笑。また学生団体と抽象化 [続きを読む]
  • 世俗的な日本人はキャラ化する
  • 橘玲作の『(日本人)』を読み驚きと学びが多く、その衝動からブログを書くことにした。この本では日本人は協調性が高い、そんな定説をひっくり返し日本人は最も個人主義的であるという日本人論を展開している。その論証の過程が見事で、付随した学びも多くぜひ読んでいただきたい。今回は本の要約ではなく、この本の学びとduoという企業で伺った話を元に考えたことを書いた。[目次]極めて異質な日本人の特徴視座の低い日本人大 [続きを読む]
  • なぜ"美意識"を鍛える必要があるのか
  • [目次]高まるアートへの関心学校での美術教育鑑賞を通した気づきまとめ高まるアートへの関心最近アートや美意識への関心が急速に高まっているようだ。事実、山口周さんの世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?という本が大ヒットしており、アート×テクノロジーの作品を発表しているTeam Lab.の展示にはたくさんの人が押し寄せている。今回はその関心の高まっている美意識やアートについて書いていく。note.mu [続きを読む]
  • 『日本再興戦略』から学ぶ考え方
  • 『日本再興戦略』から学ぶ考え方[目次]・日本再興戦略は難解ではない・なぜこんな明確なビジョンが描けるのか・本書の構成から探る・これから変わっていくという機運が大事日本再興戦略は難解ではないあれ...落合さんの本なのに読みやすい!という驚きが最初だった。僕は、幅広い分野についての知識があり、かつ何か極めたものも持っている人に憧れている。落合さんはまさしくそんな人で、イベントで生講演を聞いて以 [続きを読む]
  • 自信を持つためには"自己〇〇"が必要
  • 自信があれば...自信があればもっといろんな経験に挑戦できたのに、後悔せずに済んだのに、そう思うことはないだろうか?僕は元々ネガティブで挑戦しなかったのでよく思っていた。(自己紹介のブログを見れば少し書いてる。)jackshima.hatenablog.com今は大分マシになったので、どんな経緯で変わったのかを書く。人それぞれだと思うので試してみるか程度に捉えてくれると嬉しい。紛らわしい"自己〇〇"という言葉今回は"自己〇〇" [続きを読む]
  • はじめまして、Jackこと島直希と申します
  • はじめましての自己紹介はじめまして、Jackこと島直希と申します。ブログは書き続けていくことで考えが整理できる、発信してみることで思わぬ出逢いがあるかもしれない、文章を書くことが結構好き、そんな理由で始めることにしました!このブログでは、学生団体運営を通した気づきなど、組織開発の話国や政治、教育などの関心分野についての話趣味、やってみようであった面白いことを書いていきますのでどうぞよろしくお願いし [続きを読む]
  • 過去の記事 …