K さん プロフィール

  •  
Kさん: Kの日記 -歴史編-
ハンドル名K さん
ブログタイトルKの日記 -歴史編-
ブログURLhttp://rekishi.dunamis-cl.info/
サイト紹介文歴史のセミナーを行う弊社社長による、歴史に関する考えを徒然なるままにつづるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 13日(平均1.6回/週) - 参加 2018/08/21 12:26

K さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Kの日常からのご報告
  • 株式会社デュナミス、弊社からのご案内です。 8月25日の村上ポンタ氏の特別講演会は皆様のお陰で、盛況に終わりました。感謝申し上げます。 昨年、10月より始めました弊社のセミナーも、まもなく一年を迎えようとしております。ひとえに、セミナーにご参加いただきました皆様のお陰でございます。重ねて、御礼申し上げます。 弊社におきましては、今年10月より、今迄にまして、より充実した一時を皆様にお過ごしいただく […] [続きを読む]
  • 第二回 西郷隆盛弐
  • 西郷隆盛には、日本人が昔から好む清貧という考えがあった。そこが、多く共感を呼ぶ部分でもある。 西郷隆盛は西南戦争で、勝つ気持ちはあったのだろうか?形としては、川路大警視による西郷暗殺計画に対して、『政府に尋問の筋、これあり。』ということで、東京に向かう訳だが。見通しの甘さがあったことは避けれない。熊本城では谷干城らが、薩摩軍に寝返ることを予測するなどである。しかし、政府に尋問することが、本来の狙い [続きを読む]
  • 第一回 西郷隆盛弌
  • 西郷隆盛は仁徳の人である。ここでは、西南戦争における西郷隆盛について述べたい。 西南戦争において、薩摩軍の死者は尋常ならざる数である。言うまでもなく、政府軍の死者の数の多さも言うまでもない。特筆すべきは、田原坂で政府軍が放った弾丸の数の凄まじさ、これは精神論で覆るものではない。西南戦争における、薩摩軍の敗因は、弟西郷従道の諜報戦略と木戸孝允が死に際に『西郷、もうやめんか』と叫んだ近代兵器の凄まじい [続きを読む]
  • 過去の記事 …