うーふ さん プロフィール

  •  
うーふさん: 素晴らしい各地を目指す会
ハンドル名うーふ さん
ブログタイトル素晴らしい各地を目指す会
ブログURLhttps://kakutiwomezasukai.hatenablog.com
サイト紹介文自分の趣味(ロードバイク)を通じてその楽しさを皆さんに共有していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 33日(平均11.5回/週) - 参加 2018/08/19 20:19

うーふ さんのブログ記事

  • 【昔話】多摩川CRをツーリング その②
  • コンビニを出発する前にGoogleマップを調べて道を確認する。ここら辺は全く土地勘がなく、道をいちいち調べながら進まなくてはならない。その為あちこち道を間違えながら進み、なんとかよみうりランドの麓辺りまで到着する。『京王よみうりランド駅』から坂に入ってくルートだったと覚えてる。初めてのちゃんとした坂道。初めてフロントをインナーに入れて進む。とりあえずはこの坂を足をつかずに登りきる目標をたてて出発?? [続きを読む]
  • 【昔話】多摩川CRをツーリング その①
  • サイクリング用パンツを購入してお尻の痛みも改善した為、当然遠出をしたくなる。レイル700を購入したM尾(M男…??)と話して川越まで荒川サイクリングロードを経由して行ってみようと予定をたてる。当日約束時間に間に合うように早起きして携帯をみると一件のメールが…『体調不良の為参加できません。ごめんなさい。』とのM尾からのメール??この日は平日で、お互いに休みをとってツーリング行くことになっていた。なので中 [続きを読む]
  • 【昔話】ロードバイクのお尻の痛みについて
  • 『TREK EMONDA S5』を購入してから何度か乗るが、そのうち慣れると思っていたが痛みは変わらず痛いまま??対策を調べるとパット付きサイクルジャージという商品の存在を知る。正直痛すぎて自分の中で自転車に乗ることを敬遠しだしかけていたので、早速購入しにショップまで行ってみることにした。最初店員さんに進められたのはパット付きのビブショーツ。一目で(当時の感覚で)…『ダサい…??』の一言。。今考えると、この感覚 [続きを読む]
  • 【昔話】TREK EMONDA S5の購入 その③
  • 予定より早めに自宅へ到着してしまったので先に夕食をとることに。M尾(M男ではないと願いたい…??)が到着する予定時間にはあと30分以上ある。確かこの時の夕食は汁物系の夕食だったとおもう。いつも通り腹一杯まで食べる。そうこうしてるとM尾が到着しそうなのであわてて出発の準備に取りかかる。当時はサイクルジャージ等を持っていなく、半袖半ズボンのジャージを着てサイクリングに出ていた。あのピタピタのジャージにかな [続きを読む]
  • 【昔話】TREK EMONDA S5の購入 その②
  • 車体購入から一週間。引渡し当日を迎える。この日の予定は平日のため仕事帰りに上野のショップに引き取りに行き自宅まで自走。そしてそれまでの愛車の『khodaa bloomレイル700』をこれまた仕事帰りのM尾(M男ではないはず…??)に筆者の自宅まで来てもらい引き渡す。その後川口に住んでいるM尾の家の近くまでEMONDAとレイル700でサイクリングに出る。といった流れ??既にショップには金額の支払いを済ませている。なので車体 [続きを読む]
  • 【昔話】TREK EMONDA S5の購入 その①
  • ロードバイクを購入する決意を固めてから色々とインターネットを駆使して、気に入る車体を探しはじめる。有名どころのブランドでも『ビアンキ』『ジャイアント』『スペシャライズド』くらいしか知らなかったはず…選択肢に中古のロードバイクがあることも知らない位の無知さ。こんな知識で探しても何を買って良いのか全くわからない。。そんな中、とあるブランドに目がいく。『TREK』だ。最初は何か見たことあるなー…位の印 [続きを読む]
  • 【昔話】khodaa bloomレイル700 その②
  • この荒川サイクリングロードでの出来事から一週間で、『TREK EMONDA S5』を購入することになる。『khodaa bloom レイル700』はスポーツサイクルという世界の入りとしてはとても良い車体だ。仲間内で年式の違う『レイル700』を乗っているものがいるので、久しぶりに跨がらさせてもらったが本当によく走る。そしてなかなか速い。走るためのクロスバイクとしては上級ランクだとおもう。速度もでる巡航性能も良い操作性も申し分が [続きを読む]
  • 【昔話】khodaa bloom レイル700 その①
  • このクロスバイクを購入してからしばらくは、夜間に暇さえあれば20キロ〜40キロ位の距離の街中を走っていた。夜間は空気も冷たく走行しているととても気持ちがいい??車も少ないし静かというのもいい。今まで自転車で遠出というものがしたことがなかった。恐らく最長で自宅から水道橋にあるキックボクシングのジムの間の7〜8キロが最長だと思う。当時はこの距離がとても遠く感じたが、クロスバイクを手にいれてからは近所に感 [続きを読む]
  • 【昔話】スポーツサイクル購入のきっかけ
  • 前回の記事で、とうとう現代に追い付いてしまいましたので話を遡ろうかと。。まずはスポーツサイクルを始めようとしたきっかけから。2013年ごろ筆者は車を購入したてで、駐車場代金をけちって2キロ離れた実家に駐車させていた(今も??)。車を使用するときは当時ママチャリしか持っておらず、ママチャリで実家に行き、車に乗り換えるといった感じ。帰りは当然その逆といった、なかなか面倒くさい運用方法。ある時『ママチャ [続きを読む]
  • EMONDAと再会
  • 二代目愛車である、『TREK EMONDA S5』を知人に売却して早くも2ヶ月半が経過した。やはりどこか心残りもあり、何回かご購入していただいた方にお誘いするもお互いにタイミングが合わず、これだけの期間が過ぎてしまった。先日夜中に時間がとれた為、ダメ元でお誘いしたところ奇跡的にタイミングがあう??ついでに、ご購入者様(U田さん)共通の知人で『目指す会』のメンバーである、M尾(M男ではない??)も誘うと参加できると [続きを読む]
  • 都民の森を目指したあと… その⑦
  • 『和田峠』の頂上につくと平日なせいか売店も営業されてなく無人であった。自転車を立て掛けると、上のサイクルジャージを脱いで近くのベンチで横になって動けなくなる…。横になりながら皆で話しているなかでT野が『キツすぎて自転車辞めようかと思った…』と話していたのが印象的??少し落ち着いたので近くに設置されているトイレにビブショーツ(レスリングの人みたいな格好??)のみの格好で向かう。入ってみると…び [続きを読む]
  • 都民の森を目指したあと… その⑥
  • そして終盤の終盤に差し掛かりK野田いわく『最後のキツイところ』に差し掛かる。ここまではギリギリのところで登れてきたが、いよいよ体力的に厳しくなってくる。おまけにこのルートは初めての挑戦の為、どこまで頑張ればいいのか分からない??いつ終わるかわからない苦行を強いられてるといった精神状態だ。。K野田からは真っ直ぐのライン取りをアドバイスされるが、直線で走ることができなくなってきた。。相変わらず唸るよ [続きを読む]
  • 都民の森を目指したあと… その⑤
  • 商店を出発してすぐの交差点を左折して、しばらくすると緩やかながら斜面を登っていくことになる。『ここはまだ峠ではなく前座ですよー』とK野田は言う。そうは言うものの…つ…つらい…??休憩はとったがここまでの道程でかなりの脚への疲労の蓄積が…??序盤は下から2枚目で登っていたが、途中から早くも1枚目を使用している??まだ峠にすら入ってないのにこの体たらく。。しかしながらこの前座の坂に関してはゆっくり [続きを読む]
  • 都民の森を目指したあと… その④
  • 山梨県に入るとまたさらにもうひとつトンネルを抜ける。このトンネルを抜けると基本峠のような下り道。道路の舗装も悪く、狭めなので注意深く下っていく。ここら辺でブレーキを握ってる手の筋肉にかなりの疲労感が。。ブラケット部分でハンドルを握っていると、握り続ける事がつらくなるくらい、握力が低下してきている…??仕方ないので下ハンドルポジションで、ブレーキをかけながら降りていくことにする。(正直下ハンでの下り [続きを読む]
  • 都民の森を目指したあと… その③
  • 休憩を終了し『都民の森』からの出発の準備を始める。ここからかなり先まで補給するようなコンビニが無いとのことでドリンクを多めに補給する。順調に『風張峠』を登れた為、少しテンションが高い??ここまで前回の『風返峠』と比べると格段の出来映え。言葉に出さないものの『俺らこの流れならどんな坂でも上れるんじゃね???』と勘違いし出す。今振り返って思い出すと恥ずかしいし、思い上がりも甚だしい??準備も完了 [続きを読む]
  • 都民の森を目指す会のあと… その②
  • 『都民の森』を出発し『風張峠』を登る。ここから約3キロ程とのこと。しばらくすると『都民の森』とくらべて斜度がきつくなってきている気がする。さすが有名な『風張峠』だ??先頭はT野で順調に登っている。自分の今までの感覚だが、置いていかれることに不安感があり、いつもつい無理をしてペースをあげてしまう。大分先頭と距離が広がって来たので、強くクランクを回していると息が上がってくる。ここでK野田が『ここ [続きを読む]
  • 都民の森を目指す会の後… その①
  • 『都民の森』に到着すると休憩と写真撮影を始める??到着時刻は8:00前位だったと思う。かの有名なユリート君??身内の自転車?K野田と??今回は休憩ついでに『とちのみ売店』にて販売してる、『みとう団子』と『カレーパン』を楽しみにしていた??ところが売店にて聞くと団子は土日のみ、カレーパンは9:00〜販売とのこと??団子は食べれなくて、カレーパンも一時間位お預けか…??????残念??本来のルートは『風 [続きを読む]
  • 都民の森を目指す会 その③
  • ショートカットした道を抜け、本線に復帰する。ここも登り基調ながらも斜度が緩いので走りやすい??しばらくすると『奥多摩周遊道路』の看板がでてくる。右手の上の方を見るとこれから我々が登る道の折り返しが。(写真がうまくとれてなかったです。。)た…高い??あんなとこまで登るの…?とスタート前から心が折られかける??しばらくその高さを呆然と眺めるも、止まっていても仕方ないので出発することに??しばら [続きを読む]
  • 都民の森を目指す会 その②
  • 武蔵五日市駅を出発し、しばらくは登り基調の緩やかなアップダウンが続く。天気は快晴??6:00頃の気温は24度位。半袖のサイクルジャージで走行していると気持ちいい涼しさ??駅から『都民の森』20キロ位あるとのことなので脚を疲れさせないように速度を抑えて走行する。前回の『風返峠』で二人とも痛い目を見ているからだ??のどかな街並みと豊かな緑、それときれいな青い空?ところどころで信号で止まる度に写真を撮影す [続きを読む]
  • 都民の森を目指す会 その①
  • 筆者はこういったイベント前日は睡眠導入剤を服用している。翌日の事を考え出すと興奮して眠れなくなってしまうためだ??今までは医者から出されたものを使用していたが、今回もらいにいけなくて市販の睡眠導入剤の『ド◯エル』というものを使ってみた。結果全く寝付けない??薬のせいなのか興奮しすぎてるのか…??21:00には布団に入るものの時間がたつにつれ目が冴えてしまう…??こりゃヤバい…明日5:30武蔵五日市駅集 [続きを読む]
  • 都民の森を目指す会 前日
  • I藤兄弟の挑戦から3週間。8月の終盤の平日に休みを取り、『都民の森』さらにはその上の『風張峠』を制覇して東京都で一番高い道路の標識と写真を撮るという予定。構想を初めてからかなりのメンバーに声をかけたが平日だということと、夏期休暇をとった後ということと、峠はちょっと…という理由で断られ続けた??唯一、T野だけが賛同してくれ、二人だけでのイベントとなる。当日前に『目指す会』のメンバーではない周囲に話 [続きを読む]
  • サイクリングの事故について
  • 仲間内にI藤というものが二人いる。彼らは双子で行動を共にすることが多い。この8月初旬にこの二人が武蔵五日市駅から『都民の森』の往復というルートを挑戦をした。後から筆者はこの挑戦を知ることになるのだが…。兄弟二人とも無事に『都民の森』を登りきるが、下りでI藤(兄)が熱中症になり、意識が朦朧とした際にコーナーリングを誤り転倒した。その際、運が良いことにガードレールに引っ掛かり大怪我はするものの、崖下 [続きを読む]
  • 荒川ツーリングとBBQ その②
  • BBQ中も何度もトイレにいく。久々に本格的にお腹を壊したか??程度にこのときは思っていた。外はものすごい暑さ。タープしたにいても汗が吹き出てくる。おまけに鉄板の熱が風にのって体を暑くする。正直きつい…??BBQ終わりに差し掛かる辺りに、少し先の公園内の道路に救急車や消防車、パトカーが突然集結する。みんなでどうしたんだと見ているが状況がわからない。恐らく熱中症になった人がいるのかと思い、水をもって近く [続きを読む]
  • 荒川ツーリングとBBQ その①
  • 仲間内からもうちょっと軽いイベントを開催してほしいとの要望があり、ツーリングとBBQを合わせたイベントを企画した。内容としては、各自荒川沿いにある秋ヶ瀬公園に集合して事前に『手ぶらでBBQ』を予約して、たらふく食べた後に帰路につくというもの。予定は8月の最終週。事前に準備は完了しており当日を迎える。参加人数は全部で9人。そのうち筆者を含めた5人が南砂町駅から出発することになっている。早朝から無事にメン [続きを読む]
  • マドンにはディープリムが似合う?
  • マドンを購入してから基本『フルクラム レーシングゼロ(C15)』を履かせている。このホイールは数ヶ月前にひょんなことからお知り合いになった方より格安で売っていただいたもの。軽い上によく回り、カンパ製品のラチェット音よりも小気味良い。初めて装着した時はペダリングが下手だというのもあるが、ホイールが軽いのにそれ迄と同じように強く踏み込みすぎて疲れきってしまったくらいだ??慣れると自分の足にとてもフィットして [続きを読む]