kazu さん プロフィール

  •  
kazuさん: 日々新たに
ハンドル名kazu さん
ブログタイトル日々新たに
ブログURLhttps://starlightland.com
サイト紹介文ニュース、面白い本、貧乏体験談等を投稿していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 34日(平均6.8回/週) - 参加 2018/08/20 20:13

kazu さんのブログ記事

  • 幸せは、自分の心の中にある?幸福になるためのルール
  • 私が幸せになるために実践していることは複数あります。それらについて紹介します。○他人と比較しない、他人に振り回されない不幸な人ほど、他人と自分を比べてしまいます。隣の田が青く見えるからと言って羨ましがったり、嫉妬したり、張り合ったりすることほど無駄なことはありません。自分は自分、他人は他人であり、それぞれ違う人生を歩んでいるのです。他人を意識するために自分のエネルギーや時間を消費するのはもったいな [続きを読む]
  • 学生時代の極貧生活
  • 小さい頃から行きたい大学があり、両親の反対を押し切って入学し一人暮らしを始めました。もちろん反対されていたため自分の生活の手助けをしてくれることもなく、自分で生活費を捻出することが必要となりました。はじめの頃はある程度の貯金もあり学生生活を満喫していましたが、家賃や、食費、生活費などが嵩んできてしまい、1年目が終わりそうな時には、貯金も残りわずかとなっていました。そろそろバイトをしなければやってい [続きを読む]
  • 安室奈美恵さん、山下智久さんと共演!
  • 引退された安室奈美恵さんですが、今だトップニュースになるほど話題性があります。9月16日に25年の芸能活動に終止符を打ち引退した歌手の安室奈美恵さんのラストライブとなるイベント「WE NAMIE HANABI SHOW 前夜祭〜 I OKINAWA/I MUSIC〜 supported by セブン-イレブン」が15日、沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市)で開催されました。会場は3000人という超小規模で関係者席も用意されていたためプラチナチケットを [続きを読む]
  • 中高生のネット依存、5年で40万人増。
  • オンラインゲームやSNSのやりすぎなど、インターネット依存が疑われる中高生は全国に93万人いるとする推計を、8月31日厚生労働省の研究班が発表したというニュースを見ました。この数字は、前回調査した5年前に比べて約40万人、およそ2倍だそうです。しかし、この傾向は中高生だけではないと思います。この調査を20歳以上の大人に行っても、同じような結果が出るのではないでしょうか。電車に乗っている9割以上の人 [続きを読む]
  • マスカレードナイト
  • 今日お薦めしたい本は、東野圭吾さんの作品でマスカレードナイトです。マスカレードホテルの続編になります。主人公は、新田さんという刑事がまた出ており、ホテルマンになりすまして事件の解決にいどみます。あらすじは、ある殺人事件が起きてその殺人事件の目撃者から匿名で警察にタレコミが入ります。そのタレコミというのが、犯人がホテルコルテシアで行われる年末カウントダウンパーティの仮装パーティーに現れるというもので [続きを読む]
  • 質素倹約で幸福感を得やすくなりました
  • 私が最近、幸福になるために実践していることは、質素倹約です。質素倹約をするとお金との付き合い方が変わるので、お金が貯まりやすくなります。お金の面だけの幸福だけではなく、他にも精神面でも良い効果をもたらしています。それは食事が以前よりも美味しく感じられるようになりました。食習慣は贅沢をすれば、それが当たり前になってしまいますし、もっと美味しいものが食べたくなってしまいます。人間の欲には限りがないので [続きを読む]
  • 貧しかった大学時代
  • 私は4人兄弟の長女です。割と勉強が好きだったため、高校時代は成績も良く、学校の先生から東京の大学に進学することを勧められました。しかし父は公務員で、母も土日もパートに出ていたので、生活に余裕がないということは自分でもよく分かっていました。ただ、憧れの東京で、行きたい大学に通い、一人暮らしをしてみたいという気持ちはどんどん強くなっていきました。高校3年の夏休み前に先生と進路の話をしたときに、その大学 [続きを読む]
  • 日本体操協会における一連の問題
  • 今世間を騒がせているニュースの中で、個人的に一番気になるのが、日本体操協会に巻き起こっている一連の問題です。この問題の何が厄介かって、暴力を受けていた選手が、暴力を振るっていたコーチをかばっているという点です。普通、逆ですよね。毎日毎日、暴力を振るわれて、それをなかなか周りに打ち明けられなくて、どんどん精神的に追い詰められていく。そうこうしているうちに、マスコミが騒ぎ立てて、問題が発覚し、晴れて選 [続きを読む]
  • 「殺人鬼フジコの衝動」感想
  • 「殺人鬼フジコの衝動」は2008年に刊行された真梨幸子さんの50万部を超えるミステリー小説です。ミステリーではありますが、個人的にはサイコサスペンスの要素が強い作品だと思います。またこの作品は「フジコ」のタイトルでドラマ化されました。2015年11月にHuluとJ:COMにて全6話が配信されました。(アイキャッチ画像)一言でいえば、一家殺人事件の生き残りだったフジコが、殺人鬼になる過程が描かれた小説です。 [続きを読む]
  • 幸福になるために実践していることはシンプルに生きること
  • 私が幸福になるために実践していることはシンプルに生きることだと言えるかもしれません。もし、どんな人生を送りたいか自分に問いかけた場合、多くの人は「学歴もあり、家柄も良く美貌にも恵まれ、周囲の人に賞賛される人生を送りたい」と考えるのではないでしょうか。そして、周りの人と比較してそのようなものが得られていないと思うとき、あまり幸せじゃないと感じるのかもしれません。確かにそういったものがあればよいのかも [続きを読む]
  • 小学校の教科書の「置き勉」ができるようになる?
  • 小学生用の教科書の大きさや種類がだんだんと増えたことでランドセルが重くなり、子どもの体に負担をかけているのではないかと、かねてから問題になることもありましたが、ここへきて文部科学省が教室へ教科書を置いておくこと認める方針だというニュースを見ました。教科書をその都度家に持って帰るというのは、家に帰ったあとの予習や復習をする必要性や持ち物を忘れないようにする訓練も含まれているように感じますが、それにし [続きを読む]
  • 食パン生活
  • 某国立大学へ現役合格、ストレートで卒業し、大手アパレルブランドのショップ店員(正社員)として就職しました。ここまでは一見すると人生のレールへ見事に乗っかった順風満帆な航海でした。しかしそんな私を待っていたのは社会という荒波でした。女性社会特有のいわゆる「派閥」に早い段階で属することができなかった私はたちまちはみ出し者となり、陰口、悪口のターゲットとしてロックオンされてしまいます。元来声が大きく活発 [続きを読む]
  • 自分が幸せになるために実践していること
  • 誰でも幸せになりたいと願っているように私も幸せを望んでいます。幸福は向こうからやってくるものですが、何も努力しないで手に入れられるものではないと思っています。誰でも完璧な人間はいないですし、私も完璧な人間ではありません。だからこそ心がけが必要です。幸福は自分のものさしで測れるものですから、私が感じる幸せは他の人にとっては幸せではないかもしれません。ただ、私は心が満たされていれば幸せだと感じています [続きを読む]
  • 今年はサンマがたくさん食べられそうです
  • 秋の味覚の代表と言えばサンマです。以前、あるイベントで三陸沖の美味しいサンマの炭火焼を頂いたことがありました。今まで食べた中で最もそのサンマが美味しく、今でも忘れられない味になっています。ニュースによるとサンマが値下がりしていて、特売価格まで下がっているようです。地元のスーパーではサンマが売っていますが、まだまだ安い価格とは言えません。徐々に安くなっていくことを期待したいです。サンマは焼きたてが美 [続きを読む]
  • よく生きていたなと思う新婚時代
  • 私は、ものすごく早く子供を授かってしまったので、元夫は当時まだ17歳だったりしました。住まいは、お互いの実家を点々とした後、市営住宅とゆう家賃数千円のオンボロアパートに入居して、三人で生活していました。旦那は、家業の建設業でしたが、塗装を担当しており、雨が降ったら休みになるとゆう最悪に稼げない仕事をしていました。一方私は、保育園に子供を預ける事が出来ずに、無職でした。もちろん、お互いに貯金もなく、旦 [続きを読む]
  • 全公立小中学校冷房設備の設置は半数
  • 全公立小中学校の冷房設備の設置が半数というニュースを知りました。まだ冷房が設置されていない学校が多数あることに少し驚きました。また都道府県格差が激しいのにも驚きました。東京が99.9%設置されているのに対して6道県はいまだ1割未満だそうです。はるか昔、私が小中学校で学んでいた頃は冷房がないのが当たり前でした。しかし、暑い期間は夏休みだったので、それほど苦にはなりませんでした。夏は毎日のようにプール [続きを読む]
  • 愛が返ってくる、魔法の言葉
  • 仕事や人間関係の疲れ、なんとなく感じる孤独感、色んなことから逃れたいし、私は幸せじゃないのかな…?と思ってしまうことありますよね。ここでは私の母から聞いた、幸福を呼ぶ素敵な言葉と、愛されるコツをお伝えしたいと思います。「幸せになる努力をしなさい」母が結婚した時から、ずっと大事にしてきた言葉をそっと教えてもらいました。母はこの言葉で幸福を掴んできたのです。この言葉の意味を捉えるには時間がかかりました [続きを読む]
  • バスケ選手の記者会見を見て
  • ジャカルタで開かれているアジア大会に参加していた、男子バスケットボールの選手が、買春をした、ということで、20日緊急帰国をし、記者会見をしていました。この記者会見、そして、ニュースを見て、かなり頭にきました。一つは、選手に対して、です。日本の歴史を考えたとき、戦時中、アジアの人々に対して、特に、女性に対してどのような仕打ちをしたのか、わかっているのでしょうか。慰安婦問題、慰安婦像の問題、未だに多く [続きを読む]
  • 私が何度か経験した貧乏話
  • 私が生まれ育った実家は貧乏そのものという感じでした。小学生になって、靴下や下着に穴が開いても買ってもらえなかったり学校で使う50円の道具さえ買ってもらえませんでした。洋服や靴は近所の子供や従姉妹のお下がりばかりで、我が家は貧乏なんだろうなと子供ながらに感じていました。お風呂にも満足に入れてもらえなくて不潔な子供時代だったのが忘れられません。中学、高校時代にも同じような思いをする事はありましたが、アル [続きを読む]
  • ボランティアについて思うこと
  • 78歳のおじいちゃんが2歳の男の子を助けた話はとても感動的でした。世の中には悪い人がたくさんいて、悪いニュースばかりが流れていますが、同じくらい良い人がたくさんいるのだと思いました。ボランティア活動をしている人もたくさんいますが、普段はなかなかメディアに取り上げられることはありません。しかし、蔭で活躍しているボランティアの皆さんの働きがあってこそ、さまざまな災害の救助ができているのだと思います。組織 [続きを読む]
  • 100回記念高校野球大会より
  • 高校野球が21日に終わりました。昔と変わらない青春の一コマが毎日報道されました。いつ見てもプロ野球にはない一途な姿が見られます。野球の好きな人は、もちろん、目を注ぎますが、野球を知らない人でも、画面から感じる、一生懸命な姿にくぎ付けになります。中でも、特に気にとまったのが、金足農業高校のチームです。投手の二桁三振奪取もさることながら、マウンドで相手バッターに向かうところは、一層目を引きます。特にピン [続きを読む]
  • 食べるものがなくて困った時
  • 女性の一人暮らしで、なお且つ非正規雇用の不安定な仕事に就いていると、どうしても貧乏な暮らしになりがちです。以前の私もそのような生活をしていました。お金が無くても無いなりに工夫をすれば何とか生活することができます。しかし、それよりも大変だったのは借金の返済でした。不安定な収入だと、さらに借金が増えてしまうこともあり、利息だけでもかなりの金額になってしまいます。私の借金の原因は車の予想外の故障による修 [続きを読む]
  • 大塚家具が経営危機に陥っています
  • 先週ヤフーニュースに配信されている複数の報道によると、家具販売大手の大塚家具が経営危機に陥っており、複数の企業と資本提携交渉をおこなっている模様です。大塚家具の経営状態は窮迫しており、かつては潤沢な有価証券資産などを有していましたが、資金繰りを円滑にするために次々と手元に保有する資産を売却し続け、現在では手元資金が約10億円にまで減少しているとの報道さえあります。ニュース記事を読む限りでは、ヨドバシ [続きを読む]
  • あまり気にせず生きることが大事
  • 私は小さいころから他人の顔色をうかがいながら生きてきました。またとても真面目な性格で、勉強などもきちんとやったり、なるべく礼儀正しく、先生や親から褒められるような言動を心がけてきました。しかしある時、ふと疲れてしまいました。常に他人から褒められることばかり意識して、自分のやりたいことは常に後回し。まさに「忖度」することに必死で、自分自身はいったいどんな人間なのか、さっぱりわからなくなってしまったの [続きを読む]
  • 『とりあえずウミガメのスープを仕込もう』を読んで
  • 今回お薦めしたい本は、宮下奈都さんの『とりあえずウミガメのスープを仕込もう』です。ESSEという雑誌の2011年9月から80回弱分の連載がまとめられています。宮下さんのご飯にまつわるエッセイがカテゴリーごとにまとめられていて、見開き2ページほどに1話ずつ載っています。友達のお母さんが作ってくれた大人になっても忘れられないマドレーヌ、子供達が美味しいと行ってくれた高校の教科書のレシピで作るハンバーグ、子育て [続きを読む]