豆子 さん プロフィール

  •  
豆子さん: きものよしなに
ハンドル名豆子 さん
ブログタイトルきものよしなに
ブログURLhttp://tokoton007.hatenablog.com/
サイト紹介文還暦目前、突如着物に目覚めた。拙くもひたすら着物を縫っては密かに着物で過ごす、楽しい日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 38日(平均7.9回/週) - 参加 2018/08/20 22:12

豆子 さんのブログ記事

  • 何はともあれ 必携の帯飾り?
  • NHK朝の連続ドラマ「わろてんか」、葵わかな扮する主人公のてんが、いつも身につけている小鳥の帯飾り。とっても可愛らしかったよね。帯飾りと言えば、帯の上から差し込むものだと思っていたけど、てんの持っていたのは帯締めに挟むものだった。小鳥が、塀か電線にでも泊まっているように見えて可愛さ倍増。あんな飾り方のものがあるのをあのドラマで初めて知ったわ。私の場合は、着物歴が短いこともあってまだ帯飾りを集 [続きを読む]
  • 結局、保多織木綿の季節
  • 昨日の朝。曇り空だし少しひんやりする気がしたの。それで、いつもの保多織木綿じゃないものを着ようと思い、うそつき衿の半衿付け替えも済ませてから引出しを漁った。まず久留米絣を着てみると、暑い。(以前着用時の画像)比べてみれば、久留米絣は保多織より生地も厚くて起毛したような感じがある。まだ季節が早いわ。ならば単の正絹だ、とあれこれ三枚くらい引っ張り出して着てみたのだけど、暑かったりサイズがイマイ [続きを読む]
  • 帯の収納 ハンガー掛け
  • 皆さん、帯はどのように収納されているんでしょう。私は基本、家着物なので毎日ほぼ半幅帯。くるくる丸めて引き出しに入れている。でも時には名古屋帯とのコーディネートを考えてみたい時があり、その度に手持ちの帯の、畳紙に入ったものをごっそり持ち出してはひとつずつ、一枚紙を開けてガーゼ紐をほどいて、、を繰り返す。まだ初心者なので(歳はくってるけど、、)組合せを頭の中でイメージすることが出来ず、やたらたく [続きを読む]
  • 袖口くけとハズキルーペ
  • 先日記事にした胴継ぎの単の、問題の袖口。攣れたようになってしまった。この端の耳は、こんな風に糸が出ているのだけど、こういうのはよくあるのでしょうか?ここを三つ折りにしてくけるのに、どうやら布に弾力があるためくけた部分がつれたようにみえるらしいと予想。この糸の束も邪魔しているかも知れないのでギリギリでカットして、袖口の三つ折りをアイロンでギュウギュウ押さえてから、ぐしくけ。改善しました [続きを読む]
  • 胸紐もコーリンベルトも無し、着物にいきなり麻の帯
  • 昨日の続き。圧迫されるところに汗が長時間当たることでひどい痒みや湿疹が起こるので、胸紐やすずろベルト、コーリンベルトも一切使わず着物の上は帯だけにしてみる実験。着物は木綿、帯は麻の半幅。(漁師の妻たち)てっきりこんなユルユルな感じになると思ったんだけど、今日一日過ごしてみた結果、何も問題なし!拍子抜けするほど問題なかった。木綿と麻の組み合わせはちゃんと形を維持できる。もっとも、写真の彼女た [続きを読む]
  • ベルトのかゆみに耐えかねて
  • 9月に入って和装ブラを付け始めた途端、いきなりかゆみに襲われブラは止めていたんだけど、ここ二日、ブラがないにも関わらずまた痒みが出るように。夜になっていよいよ我慢できず着物を脱いでボリボリボリ(>_元々アトピー体質で掻いた後にカンジダ皮膚炎も起こすこともしばしば、肌への刺激は要注意。でもでも着物を着ていたい。真冬しか着られないなんて寂しすぎる〜。今日もまた湿度が高そうだったので、圧迫を減らす [続きを読む]
  • コーリンベルトの工夫で右胸すっきりが続く
  • 着物って、右胸、右脇部分の布が出て来やすくはないですか。左はおはしょりを引けば簡単に直せる。でも右は、帯下のおはしょりの衿を開いてなんとか手を入れ探りつつ引っ張るとか、帯の上から伊達締めや胸紐の中に押し入れるとか。でも浅いところに押し入れたのってまたすぐ出てくる。きっちりと着付けている人はそもそも布が出るトラブルも少ないでしょうが、私のように日々楽ちん家着物で すずろベルト1本をゆるーく巻いて [続きを読む]
  • そういうの、日本人はキライです
  • 昨日、久しぶりにJRに乗ったの。夕方5時半ころ、車内はかなり混雑してた。外国人が多くてね。多分観光帰りなんでしょう。足の踏み場にも気を使うくらいだったんだけど、すぐ近くの30歳くらいの外国人カップルがほんと嫌だった。新婚旅行なのか、男性がずっと女性の肩を抱き顔を寄せている。そして事あるごとに(いや何もなくても)やたらキスしてる。オデコ、頬、そしてお口。。ちょっと揺れるとチュー。話が途切れたらま [続きを読む]
  • これはヒドイ
  • 先日の、胴継をした着物。結局単で縫うことにしたの。袖から作ってて、今、袖口をまつったところなんだけど、、ヒドイ引きつれ(^_^;) あまりに酷くてびっくりしたー。硬いミミを小さく三つ折りして一生懸命縫ったらこんな事に、、、。一体どうしたんだろう。いままでこんな風になったことないのに。激しくうろたえております。とにかくやり直しだ!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 配色であそぶ
  • 気圧が低いのかしら〜 なんだか調子が悪い。それでも午前中は動かねばならず。労働をこなして帰宅してからは、もう体がだるくて横になりたい。でも、私は昼寝の習慣がないので、横にはならずパソコンの前でウダウダ。着物の色の組み合わせで遊んで、なんとなく時間を過ごしたりする。日本の伝統色の名前とカラーコードが一目でわかるWEB色見本和色大辞典 ← で飛びます素敵な色と和名がわかる。これだけでも [続きを読む]
  • 斬新な着物リフォーム
  • 可愛くて、思わず購入したこの一冊。着物から――手ぬいでつくるシンプルラインの服・小物 (私のカントリー別冊)作者: 高橋恵美子出版社/メーカー: 主婦と生活社発売日: 2018/06/25メディア: 単行本(ソフトカバー)定番の『訪問着からドレス』みたいないかにも着物リフォームではなく、シンプルで着物と同じように手縫いでチクチク、楽しみながら日常着をというスタンスがいいの。ミシンを使えない私でも作れそうなもの [続きを読む]
  • 和装のまとめ髪 老ける確率高い
  • 着物ブログを覗くのはとても楽しい。勉強にもなるし目の保養にもなる。上級者の方のは自信喪失に直結もすることもあるけど(^_^;) でも向上心に繋がることもあるし。その中で、ときどき拝見する或る着物愛好家の方。いつも上質の、大人しくも品の良い着物を纏われ、ほぼ着物で生活されているご様子。その自然さは、もはや着物と身体が一体化しているかの如し。ああ私もこんな域に達することができれば、、と憧れる。ところが [続きを読む]
  • 縫うべきは、単か袷か
  • 驚くほど一気に涼しくなったでしょ?雨はザーザー降るし。今年小千谷縮の反物を2つ買ったのに、グズグズしていて結局縫わずじまい。着るの楽しみにしてたのになあ。仕方ない、縮は来年にしよ。さて、それでは何を縫おうか、、、と、反物を入れている引き出しを開けたら、解いて洗ったままのものが出てきた。tokoton007.hatenablog.comこれよ、記事にしたことがある気がして探したら、1年半前に書いてたわ。裏の変色が酷 [続きを読む]
  • よれよれのお婆さん?
  • 木綿の季節になってふと思い出した。買い物帰りの娘の口から出た言葉。娘「今日、すごい格好のお婆さんを見たよ。半分くらい白髪で、よれよれの着物で歩いてた。」私「へえ、どこか具合でも悪かったんだろうか。」娘「そんな感じじゃない。普通にスタスタ歩いてたもの。でもなんか、ぐしゃぐしゃというか、、、ああいう着物姿は見たことがないわ。」娘のため弁護しておくけど、娘はお年寄りを馬鹿にするような子ではない。それ [続きを読む]
  • つい、意地悪ぅ〜と思ってしまうこと
  • 西日本豪雨災害、大阪台風被害、北海道地震と短期間に立て続けに大きな天災に襲われてる。自然災害の多い日本、慣れているとは言えここまで甚大な被害だと心穏やかではいられない。どうか被災地の方々の生活が一日も早く戻りますように。大変な地域がたくさんある時に、着物のことを考えていられるのは実に幸せ。何から何まで独学の私、時間があれば情報を求めてネットを検索。着付けのコツ、帯結び、仕立てのポイントなど、習 [続きを読む]
  • 右のおはしょり、これでスッキリ
  • おはしょりの処理ってなかなか難しい。特に右側のおはしょりって、モコモコするよね。後ろ身頃が余ってしまうでしょ?私はいつも、そう。前衿の中に寄せて入れ込み、長さが余った分は下を折りたたんで前後のおはしょり位置を合わせるようにしていた。でもそうすると厚みがかなり出てスッキリしない。袖で隠れるとは言え気持ちよくないよね。それで紐やクリップを使ってさんざん検証した結果、一番簡単で納得できる方法として [続きを読む]
  • 麻から木綿へ、でもお尻や膝が抜けるのが嫌なの〜
  • 9月なので気分は麻から木綿。持っているのは全部で五枚、保多織、しじら織り、久留米紬、伊勢木綿、あと正体不明のもの。今日は一番軽やかで出しっぱなしの保多織で過ごした。(保多織:前回アップした画像)縫い付け半衿に下は肌着なしの和装ブラのみ、後ろコーリン、伊達締めもなく直にゆるゆる半幅帯。ほぼ極限に近い身軽な着付け。快適、楽ちん!でも木綿て、着てるとお尻や膝が抜けるでしょう?あれ、かっこ悪いよね [続きを読む]
  • かゆいかゆい
  • 9月!そうは言っても、おうちで着る着物は変わりません!今日はポリ麻、麻35%で結構暑いのだけど、今日は雨模様で急に気温が下がったからこれで快適。(ポリ麻↓これですーーー縫い上がったときの画像)しかし、朝から着ていたら夕食後くらいからムズムズ痒くなったの。身八つ口から身頃を引き上げ、手を突っ込んでボリボリ、、かゆいのは和装ブラで圧迫している辺り!そうよ、そうだった。7,8月は暑すぎるから、和 [続きを読む]
  • 母に聞いた昔のふだん着物
  • 85歳の母から聞いた。昔の人は、簡単に着物を着ていた。ちゃちゃっと纏って適当に帯を巻いて、動きやすいように楽に着てた。少々衿元が開こうが平気。裾を捲ってしゃがんで洗濯。さらに襷(たすき)で畑仕事。人気のない戸外では、女性も立ったまま、足を開いてちょっと腰を落としてそのまま用を足す。どうしたって飛沫が掛かるだろうにね。お婆さんがこたつで乾かすお腰から、何だか妙なニオイが漂ってきたものよ。着物は、 [続きを読む]
  • 肌着や襦袢はなぜ白い
  • もう透ける夏着物もシーズン終わりだから、こういう事考えるのも遅いのだろうけど、、、。夏用の襦袢は、わざと透かして見せるための粋な柄が入っているお洒落なものや、色物もあるらしい。外出時はこれらの襦袢を着るとして、一方の私のお家着物では、涼しさ第一で適当な着付けをしているがために下は見えない方が都合が良い。例えば今、着物は透ける縮。下にベージュの和装ブラにエアリズムのシームレス肌着を着て、うそつ [続きを読む]
  • 伊達締め無し、コーリンベルト1本にしてみたら
  • 一時の、殺人的な暑さは収まっとは言え、まだ33〜34度の日が続いている。エアコンを掛けてても(27度設定)少し動いていると汗ばんでくる。ことに着物を着ていると。それで、更に涼しくするために、腰紐の他はコーリンベルト1本使うだけで着付けてみたわ。愛用のすずろベルトは無し!あれ、幅広でゴムメッシュで、装着が楽だしゴムの摩擦で着物をしっかりグリップしてくれる優れもの。メッシュなので多分通気性もかな [続きを読む]
  • 少しでも涼しく その弐 その後
  • 前記事での課題、衣紋抜きが半幅帯の上から覗き易い事の対応策、あっさり解決。衣紋抜きを、内側につければ良い。内側に腰紐を付けてたのと同様に。コーリンベルトは外に付けるものと思い込んでいたのが間違いの元。やってみると、内側でも問題なく用を成す。内側の衣紋抜きを通して、両衿を止めれば良いだけのこと。その上に、伊達締めなりすずろベルトなりして帯をするのもこれまで通り。衣紋抜きの止め糸が外に出るけど [続きを読む]
  • 少しでも涼しく その弐
  • 八月も下旬、涼しさ追求の気分が減少して来たこの頃。とは言え、暑いよ!ここ一週間、着物着られてないもの(-_-) 着ても暑さに耐えられず、ものの10分で脱いでしまうという情け無い有様で。でも着たいからクーラーガンガンかけるか?!で、涼しくする工夫の続き。半襟は、衿芯に半襟を巻き付けたものを衿に取り付けた。衿合わせの近くを4センチ位、半衿テープを使って衿とくっつけることで安定性はばっちり。ここまでが壱。た [続きを読む]
  • 立てば芍薬座れば牡丹
  • 着物のブログを探してネットをうろつくことはよくある。着物友達もいないし、着物好きな人の記事を読んでは、勉強したり、感心したり。楽しく貴重な時間なの。そんな中、あるブログを見つけた。お母様が亡くなった年齢に自分も近づいた、自分もあとどのくらい生きるかとあり、お母様やお祖母様の着物を着るため、2年前から和裁と着付けを始めたと。そして着物は普段着ばかり。全く私と同じ! 年齢的にもきっと同じくらいに違 [続きを読む]
  • 燃焼テストやってみた
  • 去年、古着屋で買った素材不明の縮。顔映りは良いものの、糊が強いのか硬くて裃(かみしも)みたい。更に予想外に暑いので化繊に違いないと判断、帯に作り直すことに。それから一年。異常な猛暑から此の所急に涼しくなって、夏物を整理しようとしてこの縮が目に入った。改めて点検してみると、よく汚れてる。袖口に背中全体、お尻や太もも辺りの黄色い汚れは汗ジミ?変な臭いもなく柄のせいで誤魔化されたけど、こんなのあの [続きを読む]