Automne さん プロフィール

  •  
Automneさん: さよならいつか
ハンドル名Automne さん
ブログタイトルさよならいつか
ブログURLhttp://gkdste.blog.fc2.com/
サイト紹介文はじめて同性を好きになりました。 既婚者は無理と切り捨てられたのに未だ独身の君を想っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 38日(平均4.6回/週) - 参加 2018/08/20 23:09

Automne さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 零れる砂
  • 朝方に目が覚めて雨の降る音を布団のなかで聞いている。去年の10月にはじめて君に出会って色々なことがあったけど君だけが好きでした。でももう手放す時がきたみたい。サラサラの砂を自分に向かって掻き集めたら砂は指の間からすり抜けて向こうへ流れる。逆に砂を向こうへと押しやったら指の間から砂は自然にこちらに流れてくる。人も同じ。相手に砂を押しやるようにお前も生きなさい父は生前よくそう言いました。君が誰とどこにい [続きを読む]
  • 伝えること
  • 君に投げた言葉で勝手に落ち込んでるなんて私はなんて馬鹿なんだろう。「会うのは止めて」と言って欲しいならどうしてそう口に出して言えないんだろう。なにも言わないのにわかってほしいだなんて君はエスパーじゃない。思ってることも言えないのに君が思い通りの反応をしてくれないと嘆いてる。感情を伝えるのは怖いけど、伝える努力を私からしなければいけなかった。週末に会う約束のあの子には会えないことをちゃんと伝えた。も [続きを読む]
  • 今からおいでよ その2〜
  • 最寄駅から君のマンションは徒歩1分の便利な場所で夜道を心配せずにいられるのは有難い。夕ご飯を食べ損ねた私はコンビニに寄って貰いお酒やおつまみを買ってマンションに着いた。家の玄関を開けると流れる「おかえりなさい」の自動音声が懐かしくて、なぜか胸がギュとなる。こうして君と此処にいることがまだ不思議でとりあえず買ってきたビールを飲んだ。ビールとおつまみを食べながら君が編集した家族のDVDを観て「可愛くて仕方 [続きを読む]
  • 今からおいでよ
  • 朝帰りの電車に揺られてこの記事を書いている。「お店で飲んでるから、今からおいでよ」家で晩御飯の準備をはじめようとしていたら君からLINEが届いた。友達といるというのに随分酔っている様子の途切れ途切れの返事に迷うより先にシャワーを浴びて家を飛び出した。今から行けばきっと今夜は帰れない...自転車を漕ぎながら、電車に乗っている間、お店に向かう途中、おいでよの一言で家のことを放ったらかして君の元に飛んで行くな [続きを読む]
  • 貴女のブログ
  • そのブログを知ったのはつい最近のこと。真夜中だというのに、引き込まれて結局すべて読まずにはいられなかった。どうしてこんなに琴線に触れるのかある意味恐々と、それがなにか確かめたくて最初から丁寧に読み始めたが、三ページ目で感情が共鳴して涙がこぼれそうになる。彼女との、とある日常の記憶を綴ったそのブログは続きを更新されることはない。それでも懐かしいドラマの再放送のように色褪せてもまた読み返してしまうだろ [続きを読む]
  • 限られた時間
  • 私の心を見透かしたように君から連絡がきた。特別な用事があるわけでもないことが嬉しい。涼しくなったね今日秋刀魚を食べた君に私の名前の由来を話して数回のやりとり会話を終わらすのはいつも私。連絡をしないことが君への唯一の愛情表現と思って耐えたすべてのことがこうして連絡がくると嬉しくて話を続けると君を大事に思っている証が崩れてしまいそう。どんなに思っても付き合えないんでしょ?若いならのんびりだけど私たちも [続きを読む]
  • 暗闇の中
  • 私はもう無理かもしれない。好きにならずとも関係をもったら戻れない。寂しさを癒してくれた人と今月会う約束をしている。君とはもうとっくに終わっているのだから迷いなんていらないのに...話したところで止めてとは言わないだろう。君との繋がりが途絶えても私が変わらなければ、いつかまた繋がっていられると思ってた。だから自分を守ることに必死だった。君への想いは誰にも触らせたくなかった。ずっと君だけが好きな私でいた [続きを読む]
  • 秋の風
  • まだ昼間は暑いけれど、夜になれば吹く風がひんやりとして季節の移り変わりを感じます。コメントを下さった方、その後いかがお過ごしですか?友人のなかには、恋人と別れても切り替えが早い人が多いです。そもそも、引きずらないらしいです。新しい気になる人はできた?と聞いてきます。こんなにグチグチいつまでも引きずっていてはいい加減、恥ずかしくなります。でも、大切な人をすぐ過去の人にできるほうが不思議でなりません。 [続きを読む]
  • 愛しくて
  • 私より7歳年下の君の髪の毛に白髪を見つけたり日焼けを嫌がる私と違って太陽の下駆け回る君の化粧っ気のない頬にシミができていたりなんだか、ぎゅと抱きしめたくなる。感情を抑えられず誰彼に怒りをぶつけるそのバランスの悪さや気難しい性格も「こんなうちのどこが好きなの?」としつこく聞いてくる不安定さも純粋さも堪らなく愛しくて君が幸せでいて欲しいにほんブログ村 [続きを読む]
  • 君の洋服
  • ショートで中性的な君はシンプルで上質な洋服を好んで着ていた。特にネイビーのギンガムチェックのシャツとても似合っていたよ。私たちの服の趣味はまったく違うのにお互いのセンスはわりと好きだったね。君がよく買うブランドショップは一度も入ったことがない所ばかりだったけど教えてもらってから時々入るようになって君に似合いそうだけどサイズどうだろう?って散々悩んだりして私なにやってるんだろって...にほんブログ村 [続きを読む]
  • 虚しい夜
  • 恋ってどうするんだっけ。大勢の輪の中にいると、ここに居ない君の姿が鮮明に浮かんできて、帰りの電車を待ってる間寂しくて仕方ない。あの日、私の隣にちょこんと座って照れ臭そうに下から顔を見て話しかけてくれた君に一瞬で恋をした。沢山の人に会えば、また心動かされる出会いがあって恋はすぐにできると思いたいけど現実は虚しい夜が続いてる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • さよならいつか
  • 「さよならいつか」君も私もこの関係に名前をつけるのが怖い。わからないと曖昧にしていたらもう少し何も見ずに繋がっていられそうな気がするから。失うリスクを背負ってでも欲しがることができないなら...君にさよならを、そしてまたいつか私もと願ったはず。タイトル通り進んでもいいですか。教えてほしい、私は間違っていませんか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 恋と風邪
  • 恋と風邪は似ています。風邪のウイルスはいつの間にか体を冒し気づいたら発熱している。軽くすむ人もいれば重症化する人もいる。でも時が経つと、その熱は徐々に失われ熱があったことが嘘のように思える日がやってくる。体が軽くなって見える景色が変わる。あの苦しかった日々さえいつか懐かしく思える日がくる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 好きだから
  • デートの帰りには泊まってと、以前の君は私をよく困らせた。急には無理なのと言うと寂しそうに黙って駅の中に消えていく姿をいつも見送った。帰り際、私を振り返ることはなかった君が今はわがままも言わず、笑顔で手を振って足早に駅の中に消えていく。感情をぶつけて困らせた君はもういない。君も耐えているなら私も耐えなきゃダメだよね...笑顔で手を振ったよ。今日はありがとう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 言えたなら
  • 好きだから傍にいたいよ他の人に目移りなんてしないで私だけ好きでい続けて欲しいよ他の誰かと寄り添って写真なんて撮ったり、ブログ始めちゃったりやだやだそんなの嫌だよ 君が好きなんだよ、本当に変わらないんだよ、ずっとヤキモチも独占欲も君だけなんだよ可愛いあの顔で私を求めて欲しいよあの頃みたいににほんブログ村 [続きを読む]
  • 私たちどうなるの
  • イベントに参加したり、仲間の多い君だから気に入ったら自分から声をかけれる君だから新しい恋もすぐにはじめられそうだよね...もうそんな人がいるのか、いないのかわからないけれど、どうして会いたがるの?期待しないように、なにも望まないように負担にならないように軽い調子で振る舞うのも少し疲れてしまう。他の人を好きにならないで...誰ともエッチしないで...君との約束は守り続けているよ。だけどもう、他の人を好きにな [続きを読む]
  • ありがとう
  • これ以上 何を失えば 心は許されるのどれ程の痛みならば もういちど君に会える更に寂しさが増したとして逢えるって幸せですあなたの言葉が胸にとても沁みています。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 酔っ払いの女
  • セクマイの友人と飲みに行った。ポジティブで明るい友人と話しているとなんだかこちらまで強気になって悩んでいるのさえ馬鹿らしくなってくる。こんないい女をなんども振っておいて何様なんだよ、あいつは!今更なんだ!いい加減にしろって言ってやれ!たくさん笑いあって言いたいこと言って酔っ払いの女ふたり。あちこちぶつかって、大はしゃぎしても誰かからの連絡が気になってしまうよね。一人になると見上げた月がとても綺麗で [続きを読む]
  • どうしたいの
  • 飲みに行ってから頻繁に連絡がくるようになって戸惑っています。はじめて恋は幸せばかりではなかったから。既婚者とは付き合えない...ずっと一緒に居られる人がいい...会えてとても楽しい時間を過ごした帰り道どうにもならない現実を突きつけられても悲しくなるだけ。触らないでと言われた日、私もなにか壊れてしまったきがします。君にあげたかったのは安心や変わらない心。私に出来る精一杯も君を苦しませてごめんね。もう好きに [続きを読む]
  • ありがとう
  • 君との関係が幸せに満ちていたら私はこうしてブログを書いていたかなとふと思う。キラキラとハートが飛び出してきそうなカップルのあんな日常を書けていたかなと想像しても虚しい。いまの自分とあまりにかけ離れていて読み進められず閉じてしまう。君を失って、行き場がない想いを吐き出すだけのこのブログに拍手をくださったり共感してくれる方がいることに驚いています。スピードが速いと感じる世界で、ダメなら次へ。そんなふう [続きを読む]
  • 寂しい
  • 寂しい...君にとっての幸せはなんですか?別の誰かを好きにならずとも関係をもったらもう戻れない。他の人を好きにならないでって言ったよね。進んでもいいの?君も進んでるの?友達になるの?それでいいの?寂しいよ。 [続きを読む]
  • がんばれ
  • また今日からゆっくり気持ちを落ち着けていこう。寂しくなればここに書き込めばいい。新しい出逢いだって前向きに考えればいい。振り出しにもどったわけじゃない。がんばれ...わたし。 [続きを読む]
  • 飲みに行こうよ
  • 君と飲みにいくことになった。会わなかった時間にどうしてたなんてお互い聞きもしないで、くだらない話に笑い合い、たくさんお酒を飲んだ。酔っ払って、手を繋いで。酔っ払って、キスをした。このお店、はじめてふたりで会った所だよ。覚えてないよね...記憶に残る君の顔が笑顔で上塗りされていく。 [続きを読む]
  • 悲しいDestiny
  • ねぇ、どうしてたまに連絡くれるの?やり直したい?そんな気がないことわかってる。寂しくなった?違うよね。なんとなくだよね、深い意味なんてないってこと。君から拒否されて、私がどれだけ一人の長い長い時間を踏ん張って小さなプライドを支えてきたかわかる?連絡がたとえ一ヶ月に一回だとしてもその一回の連絡で次の一ヶ月先を、その日から待つ。会えるかもしれない、その日のために綺麗でいる。いつかのために。ユーミンの曲 [続きを読む]
  • 過去の記事 …