バルト さん プロフィール

  •  
バルトさん: 関西有名進学校進学実績リサーチ
ハンドル名バルト さん
ブログタイトル関西有名進学校進学実績リサーチ
ブログURLhttps://kansai-shingakuko-shingaku.com/
サイト紹介文大阪・京都・兵庫・奈良など関西圏の有名高校の進学先を紹介
自由文大阪・京都・兵庫・奈良など関西圏の有名高校の進学先を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 90日(平均24.1回/週) - 参加 2018/08/21 15:45

バルト さんのブログ記事

  • 同志社香里高校偏差値2019と合格最低点
  • 同志社香里高校偏差値2019と合格最低点●偏差値専願 66※進研V模試や五木模試の偏差値を参考に独自に算定※一般入試の形態ではないので参考程度●合格最低点2018年117/1502017年117.5/1502016年106.3/146総評同志社香里高は以前は80名程度一般入試で外部募集を行っていたが、現在通常の5科目での入試は中止し、面接・作文・書類・特別活動で合否を決めている。いわゆる推薦入試のような形態をとっているので、一般で同志社の付属 [続きを読む]
  • 大阪星光学院高校偏差値2019と合格最低点
  • 大阪星光学院高校偏差値2019と合格最低点●偏差値73※進研V模試や五木模試の偏差値を参考に独自に算定●合格最低点※非公表総評大阪私学不動の1位大阪星光学院。各高校が選抜クラスや特進クラスを設置している中星光だけは一貫して普通科のみの募集。以前高校からの外部募集を一時中止していたが、近年は10名程度募集を再開。今年専願で3名全員、併願で2名全員合格している。 [続きを読む]
  • 早稲田摂陵高校偏差値2019と合格最低点
  • 早稲田摂陵高校偏差値2019と合格最低点●偏差値普通科B専願 58併願 60普通科A専願 55併願 57※進研模試と五木模試の偏差値を参考に独自に算定●合格最低点非公表総評早稲田摂陵は早稲田大の付属高校ではなく系属校なので早稲田大へ進学できるのは毎年30名前後で今年は136名中28名しか早稲田大に進学していない。他は関関同立・産近甲龍へ進学する生徒が圧倒的に多いので注意が必要。早稲田大に進学するにはBクラスに入って成績上位 [続きを読む]
  • 関西学院高等部偏差値2019と合格最低点
  • 関西学院高等部偏差値2019と合格最低点●偏差値66※進研V模試や五木模試の偏差値を参考に独自に算定●合格最低点非公表総評関学高等部は今年115/204名が合格で競争率1.77倍となった。関学の付属高でほとんどが関学に内部進学出来るので人気が高く、関関同立の付属校の中でも同志社高校と並んで最も難しい学校に入る。関学高等部が難しい場合、継続高校である啓明学院から関学に入るのも良い。 [続きを読む]
  • 同志社女子高校偏差値2019と合格最低点
  • 同志社女子高校偏差値2019と合格最低点●偏差値62※進研V模試や五木模試の偏差値を参考※一般入試の形態ではないので参考程度●合格最低点非公表総評同志社女子高は同志社香里高と同じく作文・調査書・面接・中学時代の活動歴等で合否を決める推薦入試の形を取っている。今年は24名中24名全員が合格。一般入試からは募集しておらず、同志社の付属高校に行きたい場合同志社高校か同志社国際高校(若干名)の受験をするか中学受験で同 [続きを読む]
  • 関大一高偏差値2019と合格最低点
  • 関大一高偏差値2019と合格最低点●偏差値専願 64併願 67※進研V模試・五木模試の偏差値を参考に独自に算定●合格最低点※専願A2018年400/5002017年404/5002016年400/500総評関大系の高校の中では最も難しい関大一高。入試方式ががらっと変わり専願A方式は入試成績以上に学校内での実力テストの結果や内申などが合否に直結する。募集概要をよく確認の上、出身中学や塾の先生とも相談し、出願するかどうか決めると良い。専願Bの合格 [続きを読む]
  • 灘高校偏差値2019と合格最低点
  • 灘高校偏差値2019と合格最低点●偏差値77※進研V模試と五木模試の偏差値を参考に独自に算定●合格最低点2018年234/4002017年243/4002016年242/400総評全国で1位2位を争う難易度の灘高校。高校からは40名の募集で内部進学者と合流。入試は6割強の250点を取っていればまず合格といったところ。今年69/146名が合格。競争率は2.12倍。 [続きを読む]
  • 清風高校理Ⅲ編入偏差値2019と合格最低点
  • 清風高校理Ⅲ編入偏差値2019と合格最低点●偏差値専願 理Ⅲ 67併願 理Ⅲ 69※進研V模試・五木模試の偏差値を参考に独自に算定●合格最低点※2018年専願365/500併願385/500総評清風理Ⅲは大阪の私立高校の中でもトップクラス。星光・清風南海に次ぐ難易度。理数科の偏差値と4ほど上回る。合格ラインも専願で7割3分必要でかなり高く、本番でのケアレスミスは許されない。北野高校や天王寺高校の文理科の私立の主要併願先でもあ [続きを読む]
  • 開明高校入試結果2018
  • 開明高校入試結果20181次入試専願受験者数9名 合格者数7名併願受験者数47名 合格者数41名合格最低点専願 300/500併願 315/500※開明高校HPより総評開明高校は高校からの外部募集は80名で2006年より男女共学化。高校から3か年でも難関大を目指す環境が整っており、特に近年京大・阪大・神大合格実績を伸ばしてきている。明星や清風に追いつけ追い越せの勢いがある。 [続きを読む]
  • 白陵高校入試結果2018
  • 白陵高校入試結果2018志願者数5名男子志願者数4名 女子志願者数1名合格者数 男子3名 女子1名 倍率 1.3倍※参考文献 白陵高HPより総評白陵高校は数年前に40名の外部募集定員から若干名に変更。それによって志願者数も一桁まで減少し、今年の合格者は4名のみとなった。あくまで中学からの6か年教育メインで中退者などの欠員募集として高校入試が行われている。播州地区では頭一つ抜けた進学実績を誇る白陵だけに合格できる学力 [続きを読む]
  • 奈良学園高校入試結果2018
  • 奈良学園高校入試結果2018募集人員 理数コース40名専願受験者数12名 合格者数6名併願受験者数402名 合格者数308名合格最低点 専願 313/500併願 319/500※奈良学園高校HPより総評奈良学は1クラス40名のみ外部募集あり。帝塚山同様専願受験者数は少ないが、奈良では5本の指に入る進学実績を持ち、国公立進学率や医学部進学率を考えると奈良高校以外の公立に進学するよりおすすめである。大阪・兵庫・京都と試験日が違うので、 [続きを読む]
  • 灘高校塾別合格者数ランキング2018
  • 灘高校塾別合格者数ランキング2018英進館 24名(昨年22名)馬渕教室 19名(昨年22名)関西志学館 6名(昨年5名)能開センター 4名(昨年3名)早稲田スクール3名※各塾HPより総評灘高校は九州の英進館が8年連続合格者数NO.1達成。ラ・サールや久留米大付設と併願する受験生が多い。関西では浜学園が高校受験部を廃止して以来関西志学館がしばらく灘高校合格者数1位を独走。近年は馬渕教室が灘高受験専門クラスを設置するなど改革が進 [続きを読む]
  • 東大寺学園高校入試結果2018
  • 東大寺学園高校入試結果2018募集40名受験者数244名合格者数206名競争率1.18倍合格最低点 未公表※参考文献東大寺学園HPより総評今年の東大寺学園高校の入試は例年よりやや合格者数が増えており、競争率も1.4倍前後から1.2倍弱まで減少。合格最低点は現在のところ公表されていないが、合格者平均点は294/500となっている。ただし、数学には基準点があるのでそこは注意したい。東大寺など奈良の入試は灘・大阪星光・洛南などと併願 [続きを読む]
  • 清風南海高校入試結果2018
  • 清風南海高校入試結果2018募集人員 男子20名 女子20名専願男子受験者数16名 合格者数12名女子受験者数12名 合格者数10名併願男子受験者数144名 合格者数142名女子受験者数107名 合格者数102名合格最低点男子・女子ともに専願290点、併願295点※参考文献清風南海高HPより総評外部募集人数が昨年から80名から40名に削減されたのが影響してか専願受験者数が男女合計28名とやや敬遠された結果となり、合格最低点も以前より下がっ [続きを読む]
  • 大阪星光学院高校入試結果2018
  • 大阪星光学院高校入試結果2018専願受験者数3名 専願合格者3名併願受験者数2名 併願合格者2名合計受験者数5名 合格者5名倍率 1.00倍大阪星光学院は一時外部からの募集を停止していたが、近年は10名〜15名の募集で復活している。一昨年は募集したものの全員不合格、昨年は5名中4名が合格、今年5名全員合格という結果に。星光は北野・天王寺よりも東大・京大・医学部合格実績は上回っており、大阪NO.1の進学校なので、最優秀層の [続きを読む]
  • 灘高校入試結果2018
  • 灘高校入試結果2018募集人員40名志願者数150名受験者数146名受験者数69名倍率2.1倍合格最低点 234/400※参考文献灘高HPより総評灘高校は例年通り、70名前後の合格者数で合格最低点もおよそ6割となった。昨年に比べるとやや志願者数が減っている。都道府県別合格者数は最多が福岡県の20名、2位が大阪府の11名、3位が兵庫県の10名。九州の大手塾が遠征で灘高を例年受験することが多く、今年福岡県が合格者数最多となっている。中学受 [続きを読む]
  • 夕陽丘高校主な併願私立受験校
  • 夕陽丘高校主な併願私立●男子・女子上宮浪速大阪学芸追手門学院大手前常翔学園上宮太子金光八尾阪南大大阪夕陽丘学園夕陽丘高校は近隣の上宮から大阪夕陽丘学園まで併願先はやや幅広い。近大付属や桃山学院などはやや難易度が高いので併願はややランクを下げて大阪学芸や阪南大などを併願する受験生も多い。旧第五学区4番手校で関大・近大に強い。 [続きを読む]
  • 畝傍高校主な併願私立受験校
  • 畝傍高校主な併願私立受験校男子明星文理選抜・文理清風理Ⅲ・理数帝塚山男子英数智辯学園編入近大付属S文理桃山学院S英数上宮パワー奈良学園理数奈良育英選抜ほか女子四天王寺英数帝塚山女子英数奈良学園理数近大付属S文理桃山学院S英数大阪女学院プール学院ほか総評畝傍は清風・明星・四天王寺・奈良学・帝塚山あたりを併願する受験生が多く安全に行きたい場合、近大付属・桃山学院・上宮・プール・智辯学園・奈良育英などを受験 [続きを読む]
  • 清水谷高校主な併願私立受験校
  • 清水谷高校主な併願私立受験校男子・女子上宮近大付属桃山学院浪速東海大学付属仰星追手門学院大手前大阪国際大和田常翔学園清水谷高校は玉造にあり、交通アクセスがかなり良く、旧第五学区では3番手の公立高校であったが、学区制撤廃により、2番手の八尾高校に追いつきそうな勢いがある。併願先は上宮・桃山・近大付属の普通科を併願する受験生がもっとも多く、浪速・追手門学院大手前といった中堅私学を併願する受験生が多い。 [続きを読む]
  • 奈良県有名高校難関国公立現役進学率一覧
  • 奈良県有名高校難関国公立現役進学率一覧※2017年版高校名(卒業者数)東大・京大・阪大・神大現役合格者数現役進学率東大寺学園(216人)67人31.0%奈良(394人)77人19.5%奈良女子大付属(124人)18人14.5%奈良学園(226人)21人9.3%帝塚山(385人)33人8.6%畝傍(395人)34人8.6%奈良学園登美々丘(104人)14人13.5%智辯奈良カレッジ(122人)8人6.6%智辯学園(171人)6人3.5%郡山(390人)16人4.1% [続きを読む]
  • 関西有名高校国公立大医学部合格者数ランキング2018
  • 関西有名高校国公立大医学部合格者数ランキング2018関西圏の有名高校の医学部合格者数ランキングは上位10位以内はすべて中高一貫の私立がランクイン。すべて偏差値70以上の各県のトップ校がランクインしており、公立高校は1校もランクインしなかった。1位 洛南(京都) 94名1位 灘(兵庫) 94名3位 四天王寺(大阪) 61名4位 東大寺学園(奈良) 58名5位 西大和学園(奈良) 54名6位 智辯和歌山(和歌山) 50名7位 甲陽学院(兵庫) 45 [続きを読む]
  • 四条畷高校主な併願私立受験校
  • 四条畷高校を受ける場合主に以下の私立高校を併願先にしています男子清風開明大阪桐蔭関西大倉近大付属桃山学院女子大阪桐蔭四天王寺大阪国際大和田京都女子総評四条畷は学研都市沿線だけに大阪桐蔭を併願受験する人が多く、市内にある明星などは受験する人は少ない。他、京都女子など京都の高校を受験する人も一定数いる。近大付属・桃山学院は大阪の私立併願先としてレベルがちょうどよくコースも多彩なので、トップ校から中堅校 [続きを読む]
  • 大手前高校主な併願私立受験校
  • 大手前高校を受ける場合主に以下の私立高校を併願先にしています。●文理清風明星開明大阪桐蔭四天王寺帝塚山大阪女学院近大付属桃山学院総評大阪NO.3の大手前高校は文理学科で大阪・奈良の難関私立や清風・明星・四天王寺が多い。北野や天高のように大阪星光・清風南海・西大和などの最難関との併願は避ける傾向にあり、ワンランク落として明星(文理選抜)・清風(理3・理数)などと開明(6年編入)・四天王寺(英数)などと併願 [続きを読む]
  • 高校から外部募集を行わない関西圏の私立高校一覧
  • 以下の学校は高校からの外部募集は行わず、中学からの6か年教育になっております。●大阪高槻高校大谷高校金蘭千里高校●京都洛星高校●兵庫甲陽学院六甲学院淳心学院小林聖心女子学院甲南女子神戸海星女子学院、神戸女学院神戸国際●奈良奈良学園登美々丘智辯学園奈良カレッジ総評共通して言えるのが、甲陽学院、洛星、六甲、神戸女学院など最難関の私立は外部募集を行わないか灘や星光、東大寺のように若干名〜40名程度の募集が [続きを読む]