B.O.Bros さん プロフィール

  •  
B.O.Brosさん: バスケアメリカ現地観戦ブログ
ハンドル名B.O.Bros さん
ブログタイトルバスケアメリカ現地観戦ブログ
ブログURLhttps://ballotakuimport.wixsite.com/ballotakuimport/
サイト紹介文バスケ(NBAやNCAAなど)のアメリカ現地観戦を促進するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 29日(平均6.5回/週) - 参加 2018/08/22 12:14

B.O.Bros さんのブログ記事

  • LA近くの「ハーデンの母校」がある街フェニックス 1/1
  • フェニックスは初渡米でもオススメだ。というのも、フェニックスはロサンゼルス、サンディエゴ、ラスベガス、グランドキャニオンに近いからである。実はこのLA-LV-SD-GCはアメリカ西海岸旅行の王道プランだ。西海岸の心地よい気候とフォトジェニック感溢れる観光スポットがある。多くの人々にアメリカを好きになってほしいので、俺は初めてのアメリカ旅行にはここを勧めている。とは言え、再建が進んでいないサンズの本拠地とあっ [続きを読む]
  • 意外と「八村塁、UCLA、アメリカ代表」が観られる街ラスベガス 1/1
  • ラスベガスにNBAチームは無い。しかし、タイミング次第では他では見られないバスケが観られる。夏には渡邉雄太や富樫勇樹も参加したNBAサマーリーグが開催され、シーズンによってはアメリカ代表のキャンプやエキシビションマッチも行われる。さらに、カレッジバスケの強豪UNLVがあり、11月に2つのカレッジ・ショーケースが開催され、3月には3つのカンファレンストーナメントが行われる。バスケ旅でベガスへ行くのであれば、これら [続きを読む]
  • テキサス・トライアングル 3/4(サンアントニオ編)
  • テキサストライアングルと周辺都市のバスの移動時間と料金テキサスに行くならぜひヒューストンとダラスと共にサンアントニオにも行ってほしい。まあ、毎晩試合を観戦するように旅程を組もうとすると、否が応でもここを訪れることになると思うが。目次サンアントニオ(テキサス州)サンアントニオ・スパーズテキサス大学サンアントニオ校テキサス・ステイト大学サンアントニオ(テキサス州)◎熊本市の姉妹都市サンアントニオ市は熊 [続きを読む]
  • ロサンゼルス 3/5(カレッジ前編)
  • ロサンゼルスエリアにはD1大学がなんと9校も存在する。是非とも全校を観戦してほしいと思うが、いきなり中堅校の試合を見るのは、よっぽどのオタク気質が無ければ楽しめないし、「つまらない」と思われても癪だ。だから、今回はその中で観戦価値のある4校を紹介する。今回紹介する2校は強豪校が集まるパック12に所属している。パック12からは毎年多くのNBA選手が誕生している。例えば、2018年NBAドラフト1位指名のデアンドレ・エイ [続きを読む]
  • 試合会場のルール
  • 試合会場のルール、あるある、ハックについて紹介する。ルールは各アリーナによって微妙に異なり、なお且つ社会状況によって都度変化することもある。そのため、今回紹介することが必ずしも当てはまる訳では無い。目次タイムテーブルアクセス持ち物飲食その他アクセス◎公共交通機関でアリーナへは車では無く、バスや電車で行くことを強く推す。理由は以下の通りである。・駐車代で1000円は取られる。・行き帰り共に渋滞で時間がか [続きを読む]
  • ファジーカスの母校ネバダ大学
  • ネバダ州リノはカジノで賑わう町だ。バスでサンフランシスコから6時間、サクラメントから3時間程の場所にある。ここには日本の大黒柱ニック・ファジーカスが4年間プレーしたネバダ大学がある。そのネバダ大が18-19シーズンはかなり期待できそうなのだ。全米制覇も可能なレベルだ。もしニックと話す機会があったら母校について尋ねると良いだろう。喜んで話してくれると思う。もちろんジャベールでも同じだ。ネバダ大学リノ校正式名 [続きを読む]
  • SF近くの「ファジーカスの母校」ネバダ大学リノ校 1/1
  • ネバダ州リノはカジノで賑わう町だ。バスでサンフランシスコやオークランドから6時間程の場所にあり、その中間にはサクラメントがある。ここには日本の大黒柱ファジーカス・ニックが4年間プレーしたネバダ大学がある。そして、そのネバダ大が18-19シーズンはかなり期待できそうなのだ。全米制覇も可能なレベルだ。もしニックと話す機会があったら母校について尋ねると良いだろう。喜んで話してくれると思う。ネバダ大学リノ校正式 [続きを読む]
  • 意外とバスケが観戦できるラスベガス
  • バスケ旅にラスベガスは勧められない。NBAのチームが無く、D1カレッジも1校だけだからだ。しかし、「ラスベガスに行ってみたい!!」という気持ちは十二分にわかる。だから、気は進めないが、ラスベガスを含んだバスケ旅プランを2つ紹介する。端的に言えば、西海岸の都市を周る"王道プラン"とサマーリーグとPro-Amを観戦する"あいつスカウトだろ?プラン"だ。目次王道プランアクセスラスベガス(ネバダ州)ショッピングUNLVカレッジ [続きを読む]
  • 労働者の町クリーブランド 1/2
  • レブロンは去ってしまった。だからこそ今が安く観戦できるチャンスだ。目次クリーブランド(オハイオ州)アクセス宿泊キャバリアーズクリーブランド・ステイト大学MACトーナメントクリーブランド(オハイオ州)◎ダウンタウンに全てあるクリーブランドは全てがダウンタウンに集約されている。キャブスのクイッケン・ローンズ・アリーナも、クリーブランド・ステイト大学も、ショッピングモールも、Amtrackの駅も、グレイハウンドの [続きを読む]
  • テキサス3連戦 1/4(ヒューストン編)
  • テキサス3連戦とはテキサス州のダラス、サンアントニオ、ヒューストンを次々と訪れて試合をすることである。NBAの各チームはアウェイの試合が続く期間があるのだが、効率良く周るために、この3都市を一気に訪問するようにスケジュールされているのだ。00年代はマブス、スパーズ、ロケッツ全てが強く、そんなチームと4、5日中に1試合ずつ戦わなければならず、最もタフなロードトリップと呼ばれていた。テキサス3連戦はバスケ旅に応 [続きを読む]
  • 労働者の町クリーブランド 2/2
  • これは映画ドラフト・デイ(2015)のセリフだ。この映画はNFLクリーブランド・ブラウンズが舞台で、ドラフトまでのGMの苦悩や他のチームとの駆け引きを描いた作品だ。プロチームのフロント陣を描いた数少ない映画なので、NFLではあるがNBAファンでも楽しめる内容だと思う。そして、これは事実だ。実際にクリーブランドにはスポーツ以外は何もない。だから、こう考えてほしい、スポーツならあるのだと。そのスポーツを思いっきり楽 [続きを読む]
  • ルート66を巡る 1/3(オクラホマシティー編)
  • "ルート66"この標識を一度は目にしたことがあるだろう。そう、法律で古着屋のアメカジコーナーに掲示が固く義務付けられているアレだ。それが何なのか、というのは今回どうでも良い。しかし、このルート66がオクラホマ州を横切っていたということ、そして、それによって同州のオクラホマシティ−とタルサは発展を遂げたことは頭の片隅に入れておいてほしい。目次オクラホマシティーアクセス宿泊オクラホマシティー・サンダーオクラ [続きを読む]
  • ベイエリア 3/3(シリコンバレー編)
  • ベイエリアの最後にサンノゼを紹介する。ここはサンフランシスコやオークランドからバスで1時間程だ。いわゆる"シリコンバレー"と呼ばれるエリアで、グーグルやインテルなどの超有名なIT企業の本社が軒を連ねている。しかし、バスケオタクとして注目すべきは、そういった企業の研究機関として大学も集中的に存在していることだ。サンノゼ・ステイト大学、サンタクララ大学、そしてスタンフォード大学、全ての運動部はD1に所属して [続きを読む]
  • カリフォルニアの州都サクラメント
  • サクラメントはマイトップ5に入る街だ。というのも、街全体が落ち着いている。キングスの会場も静かで心地が良い。観客のリアクションからファンの目が肥えているのも分かる。しかも、サンフランシスコからバスで3時間程の距離にあり、ファジーカスの母校ネバダ大学リノへもバスで3時間程で行くことができる。目次サクラメント・キングスサクラメント・ステイト大学UCデイビスサクラメント・ショーケースサクラメント・キングス◎ [続きを読む]
  • ベイエリア 1/3(サンフランシスコ編)
  • 八村塁を見る機会が多いのがこのベイエリアだ。ベイエリアとは北カリフォルニアの入り江のことである。この地域の代表的な都市はサンフランシスコ、バークレー、オークランド、サンノゼだ。サンノゼ付近はシリコンバレーとしても知られている。ここにはゴンザガ大と同じウエスト・コースト・カンファレンス(WCC)の大学が3校(サンフランシスコ大学、セント・メアリーズ大学カリフォルニア校、サンタ・クララ大学)もある。毎年ザ [続きを読む]
  • ルート66を巡る 3/3(ノーマン編)
  • ノーマンはオクラホマシティーの隣町だ。オクラホマ大学がある。タルサ&スティルウォーター編で紹介したオクラホマ・ステイト大学のライバルだ。ブレイク・グリフィンとトレイ・ヤングはこの辺り出身で、2人共オクラホマ大学に進学した。ちなみに、この町にルート66は通っていない。目次オクラホマ大学 オクラホマ大学正式名称: University of Oklahoma愛称: Sooners 所在地: Norman 所属: Big 12 実績: 16'ファイナル4 出身者: [続きを読む]
  • ルート66を巡る 2/3(タルサ&スティルウォーター編)
  • タルサはルート66が建設される理由になった街だ。オクラホマシティーに次いで同州第二位の都市だ。街には2つのD1カレッジがあり、つい数年前まではGリーグとWNBAのチームがあった程にバスケが盛んだ。また、隣町のスティルウォーターにはNBA選手を多く輩出しているオクラホマ・ステイト大学がある。目次タルサ市タルサ大学オーラル・ロバーツ大学オクラホマ・ステイト大学 タルサ市◎第二の都市タルサ市はオクラホマ州第二の都市だ [続きを読む]
  • バスケを2度変えた街(シカゴ中編)
  • 今回の中編ではNBAシカゴ・ブルズとNCAAディヴィジョン1に所属する大学4校を紹介する。シカゴへのアクセス、買い物、宿泊については前編を参考にしてくれ。目次シカゴ・ブルズロヨラ大学シカゴ校デポール大学イリノイ大学シカゴシカゴステイト大学シカゴ・ブルズ◎エース候補2人ザック・ラビーンとラウリ・マルカネンは見る価値がある選手だ。ラビーンはサイズと身体能力を兼ね備えたハンドラーだ。すでに彼と対等にマッチアップで [続きを読む]
  • バスケを2度変えた街(シカゴ前編)
  • シカゴは初渡米で行くべき街ではない。確かに初心者でも行きやすい。日本との直通便が出ているし、バスケが盛んな土地で、観光する場所もあって、何よりここでしか買えない物がある。しかし、寒い。俺がオススメするのは順番にカリフォルニア(ロサンゼルスとサンフランシスコ)、東海岸(ニューヨークとワシントンDC)、フロリダ(マイアミとオーランド)だ。特別な理由が無ければ、まずはシカゴよりもこの上位4都市を周ることを [続きを読む]