プンクス さん プロフィール

  •  
プンクスさん: 企業内公認会計士のプンクス転職ナビ
ハンドル名プンクス さん
ブログタイトル企業内公認会計士のプンクス転職ナビ
ブログURLhttps://cpa-world.com/
サイト紹介文年収、スキルアップ、家族の時間。人それぞれの道を応援するブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 30日(平均7.7回/週) - 参加 2018/08/22 21:02

プンクス さんのブログ記事

  • 企業内会計士として、内部監査も経験して思うこと
  • 皆さまこんばんは、プンクスです。外部監査と転職後の内部監査を両方経験して、この両者について強く実感したことがありますので、今回は企業内会計士の視点でお話しします。会計士の皆さまは説明の必要もないですが、外部監査とはいわゆる会計士監査で、大きく法定監査と任意監査があります。これに対し、内部監査は企業が独自に行う監査で、監査の主体は社員で、会計士とは限りません。海外ではすべての会社に対して会計士の外部 [続きを読む]
  • 将来の年収期待値が高いAI業界
  • 皆さまこんばんは、プンクスです。先月のブログ、経理財務以外の道にて、手書きの文章を正確に読み取る技術が飛躍的に進歩しているというお話をしました。今回はこの業界のお話です。本年も、AIを巡る技術が日々確実に、進歩しています。官公庁、大企業、メガバンク及び大手監査法人でも、設立後数年しか間もない会社のサービスを積極的に採用しつつあり、驚かされます。ここで、40歳前後の会計士の方であれば、失礼ながら20年前の [続きを読む]
  • ラマダン中のUAEでの仕事
  • 皆様こんばんは、プンクスです。私は仕事上、UAEとは非常に縁深く、小規模ながらUAEに会社設立して、現場指揮しています。この過程で、数多くUAEに行く機会があるのですが、日本とアラブは国際関係も良く、また実際の国際取引も多いです。私もこの国が好きで居心地が良いです。夏は暑いですけどね!(ピークでは50度近くに達し、半年ぐらいずっと暑いです。)UAEについては語ることは非常に多いのですが、今回はラマダンについてお [続きを読む]
  • 監査法人から企業内会計士へ転職後の年収増減
  • 皆さま、こんばんは。プンクスです。今回は、監査法人の年収と勤務年数から、企業内会計士へ転職後の年収増減を推定し、有利なタイミングを検討します。監査法人で何年経験したかによって、転職時の待遇も影響を受けます。もちろん人それぞれ、案件しだいなのですが、監査法人で1年ほど経験したスタッフでも、本当に優秀な方であれば転職で大幅年収UPし、それなりの会社のマネージャー職につけるか、というとそのような可能性は低 [続きを読む]
  • フリーランスの会計士という生き方
  • みなさんこんばんは、プンクスです。今回は転職との比較で、フリーランスという生き方です。転職というと企業に属することになりますが、それを望まない方も多くいるでしょう。監査法人から出た会計士は、自由です。相対でクライアントが見つかれば、週一からでもなんでもできます。フリーランサーは、中世ヨーロッパにおいて主人を持たない槍をもった傭兵を語源としているようです。一方、現代においては、特定の組織に従事せず、 [続きを読む]
  • 転職活動中の、監査法人内の立ち回り方
  • 皆さま、こんばんは。プンクスです。今回は転職活動中の監査法人内での立ち回り方です。皆さま、多くの方は働きながら転職活動をされると思います転職活動に関して、民間の事業会社ですと、通常は絶対に会社にばれないように、半休を取って会社の面接に行ったり、良くないことですが空き時間に会社の面接に行ったりと、ごまかしながら対応するのが多数派と思われます。これは、自由に外で動ける時間が少ない方が多い、平日日中しか [続きを読む]
  • 監査法人会計士と企業内会計士のワークライフ比較
  • こんばんは、プンクスです。本日は、監査法人から民間へ転職後、経営企画をモデルケースとして、ワークライフがどのように変わるか比較します。時間軸ですと何パターンか示す必要があるので、違いがみられる下記の区分ごとに比較していきます。・就業時間・勤務地・仕事と評価・長期休暇【就業時間】監査法人は7時間に対して、通常民間の就業時間は8時間であることが多いです。シンプルながら、かなり影響が大きいところですね。監 [続きを読む]
  • 監査の限界:企業内会計士の考える不正リスクの所在と発見方法
  • こんばんは、プンクスです。今回は民間に転職したことで改めて実感した監査の限界と、不正リスクについてお話したいと思います。皆さま、監査の限界については同様の考えをお持ちではないでしょうか。受験生時代に監査論を勉強しながら思ったこと、監査実務をしながら改めて実感すること、世間一般の方が非難することは同様で、今もこの問題は解決できずにいます。そもそも、監査人は監査対象につき、全てを監査するわけでもないし [続きを読む]
  • 会計士の結婚と転職
  • こんばんは、プンクスです。今回のテーマは結婚です。まず、身の回りの結婚事情から、、、会計士の多くは監査法人からスタートしますが、実に会計士の凡そ9割が未婚。何故でしょう?答えは単純です。会計士は、誇るほどの資格ではないですが、色々なものを捨てて勉強しなければならないことは事実です。合格者ですと、毎日朝7時〜夜9時目途でWスクールなどで通学し、勉強するのが平均的で、この前後もまた勉強しています。このため [続きを読む]
  • 今後減っていくと予想される経理職
  • こんばんは、プンクスです。今回は、厚生労働省が毎月発表している有効求人倍率を基に、会計士の方が転職する可能性がある経理職の実需と照らして最新情報をお届けします。図:厚生労働省 一般職業紹介状況(平成30年7月分)についてより抜粋https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00006.htmlまず、平成30年7月の有効求人倍率は1.63倍(前月比+0.01%増)と、継続して上昇し続けています。上記グラフの通り、安定推移して [続きを読む]
  • 問答無用の英語の鍛え方
  • 監査法人でもマネージャーに上がるためTOEICの点数などが必要ですよね。概ね目標を700, 800として勉強されている方は多いのではないでしょうか。転職においても、最初にお伝えした通り、会計士+英語堪能のスキルを持っている方はまだ非常に貴重です。また、面白いポストに就ける可能性が高い。私も監査法人時代、結局700止まりでした。ただ、今はTOEICなど受けてませんが、誰とでも不自由なく話せます。(まだ完全なビジネスレベ [続きを読む]
  • 企業内会計士の銀行との付き合い方
  • こんばんは、プンクスです。今日のテーマは、銀行の付き合い方。私の得意分野です。会計士であれば皆、やりやすいポジションですけどね。私は凡そ7年、銀行対応の責任者として、某区のメガバンク3行他、お取引があり、各支社長、支店長様と3,4代にわたり懇意にさせて頂いております。詳細は語りませんが、楽ではない時もありましたので、色々語れることがあります。まず、銀行との付き合い方は下記のように分けられると思います。 [続きを読む]
  • 会計士の経験が活かせる部署
  • こんばんは、プンクスです。今回の表記のテーマ、恣意性が混入してしまってますが「転職したい方」に限ればほぼ当てはまると考えています。まず、監査法人からコンサルを除く転職先業務ですが、募集する案件や100程度の転職事例から、下記の感覚でいます。・経理 40%・財務 15%・税務 15%・内部監査 10%・M&A 10%・その他企画系など 10%やはり多くは経理。会社側も経理スペシャリストとして、迎えるケースが多いです。しか [続きを読む]
  • 実質倍率で有利になる転職エージェントとの付き合い方
  • こんばんは、プンクスです。皆さま、転職エージェントに登録した際、複数のエージェントからオファーが来たことはないですか?面接において、どこの会社も通常、人事の方は複数の採用ルートを持っています。採用企業にとっては大きく分けて、下記のような募集方法があります。大手の人材紹介会社で募集→毎日複数紹介中小規模だが、信頼ある人材紹介会社で募集→一本釣りで紹介つまり、前者の場合は、会社の方が多くの中から選ぶこ [続きを読む]
  • 企業内公認会計士の海外小ネタ②フィリピン人会計士
  • こんばんは、プンクスです。当社グループには私の他に日本人会計士はいませんが、フィリピン人会計士が複数います。在留カードを取って日本に来てもらった者もいて、よくランチへ行きます。皆さま、フィリピン人にどのようなイメージをお持ちでしょうか。英語圏、従順な性格、情報処理能力ともに本当に優秀です。これは海外にて経験豊かな方であれば、同じ意見の方は多いのではないでしょうか。特に狙い目はCA。フィリピンは会計士 [続きを読む]
  • 転職する可能性がある場合に、今日から始めること
  • こんばんは、プンクスです。監査法人で働く方で、数年以内に転職することは決まっているが、まだしない。という方は非常に多いと思います。まだ先であっても、可能性の高い方は専門能力、実務能力研鑽のようなスキル向上以外に、やっておくべきことがあります。それは、履歴書と職務経歴書作りです。聞くと当たり前ですが、やっていない方は意外に多いと思います。監査法人ですと、6月ごろにさあ動くか!と思い立った後、皆さん作 [続きを読む]
  • なぜ監査法人からの転職は早いほうが良いのか
  • こんばんは、プンクスです。本日は良く噂になり、ネット上でもはびこり続ける転職タイミングのテーマです。まず私の結論から申し上げると、遅いからといって、直接的に採用において不利になることはないと考えます。それどころか、マネージャー以上の経験を積んで、信頼を積み上げてそれを基に転職していく方もいます。ではこの説はどこから来るのでしょうか。それは、「転職すると決めているのであれば、早いほうが将来の幅が広が [続きを読む]
  • 監査法人出身者が面接で控えるべきこと
  • こんばんは、プンクスです。今回は面接の一担当者として、面接実例から留意すべき対応を2点に絞って挙げておきます。・土壇場での条件面釣り上げをしない。現在の売り手市場を反映して、散見されます。最終面接後、気持ちよく終わった後に、人材紹介会社から来るパターンですね。これは、評価に応じて通ることもあるわけですが、入社後、求められる期待値が上がるしっぺ返しが来ます。これを意思決定する上席が必ずいるわけで、そ [続きを読む]
  • 売り手市場はいつまで続くか
  • ここ数年、本当に売り手市場が続いていますね。実際、当社も人手確保に大変です。なぜなら、このご時世、もっと条件のいい会社は世にいくらでも存在するからです。数年前は、面接する我々が確実に選んでいたのですが、今は面接が進むに従い、選ばれる側になってしまうことが多いです。これは特に内定前後に顕著に現れ、あれだけいい感じで終わったのに、急に辞退というケースは日常茶飯事。最近は内定後の条件提示時に条件をつりあ [続きを読む]
  • 会計士が経営企画に転職後、最初にすべきこと
  • こんばんは。プンクスです。ブログも無事一週間が経過しました。皆さま私がゆったりとした日々を送っていると思っている方がいるかもしれません。こんなブログ書いてますしね。厳密には、夜に30分程度打つこのブログ含めて、公私ともに物理的にはいつも何かしているのですが、精神的にはゆとりがある状態です。長期的には毎日は厳しいでしょうが、定期的に情報を発信していこうと思います。さて、今回のテーマです。監査法人と、民 [続きを読む]
  • 日本の不動産価格と業界展望
  • 凡そ9年前、若かりし私はリーマンの直後に港区某所駅前に不動産を購入しました。当時は今よりも知識・経験が浅い状態でしたが、東京の一分エリアは底堅く、いずれ回復し、ニューヨークやパリのように高値安定するという自信がありました。3,000万控除の関係で昨年売却してしまいましたが、購入時より3割高く売却できたので、通常は減価することを踏まえれば結果として当たったことになります。不動産市況は現在もまだ粘ってますね [続きを読む]
  • 面接担当が重視するポイント(経理・財務系)①
  • 私は面接対応にて、これまで百人程度、履歴書に至っては1000枚以上見てきたと思います。履歴書は幅がやや広いですが、面接において私が担当するのは経理・財務系が中心となります。紹介ペースは依頼している人材紹介会社によりますが、平均的に毎日2,3紹介してもらえます。平均的に2,3人に一人通過するイメージでしたので、書類通過率は10%〜15%でしょうか。興味がなければそこで終わりで、長くて数十秒のことが多いです。タイミ [続きを読む]