内向太郎 さん プロフィール

  •  
内向太郎さん: 人生に飽きたから本気出す
ハンドル名内向太郎 さん
ブログタイトル人生に飽きたから本気出す
ブログURLhttps://jinsei-akita.hatenadiary.jp/
サイト紹介文内向的かつ内気かつ自己肯定感が低い男が人生の飽きに耐えかねて楽しくなる方法を模索するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 47日(平均3.3回/週) - 参加 2018/08/23 00:34

内向太郎 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 30歳になる僕が20代にやっておけばよかったこと
  • 今日、僕は30歳を迎えた。アンケートの年齢欄に〇をつける時、もう「20代」にはつけられない。30歳になる前に、人生に飽きが来たと称してブログを始めた。「20代でやっておけばよかったこと」を記録として残そうと思う。検索等をかければ出てくる「投資をすればよかった」とか、「健康に気を付ければよかった」とか、「大恋愛すればよかった」とか、細かいことはいろいろあるが、僕は3つだけ、記録として残したい。もっと真剣に [続きを読む]
  • ブログの更新が滞る理由【書くネタがない?】
  • ブログを始めて数か月でぶち当たる壁が、ブログを書くネタがないことである。「書くことないなー」で3日、1週間、1か月とブログを更新しないまま、いつの間にかブログ自体辞めてしまうこともあるだろう。しかし、本当に書くネタがないから更新しないのだろうか。ブログの更新を滞らせている私が、言い訳がましくその理由について考え、対処法を考えてみることとする。 なぜブログの更新が滞るのか4つの理由 ① [続きを読む]
  • ブログを書く最大のメリットは「思考は現実化する」
  • 出典:Pixabayブログを書くのは時間がかかる。メソッドが固まっていない中、1記事2〜3時間もかけて書いたところで、全くアクセス数は伸びない。この作業に何の意味があるのだろうと辞めたくなるが、それでも書くのは、メリットがあるからである。ブログを始めて1か月半。記事数19、平均PV数10前後の私が、それでもブログを書くメリットを紹介したい。 言語化された思考は、現実のものになる 今の自分は思考の結果 [続きを読む]
  • 人と比べることの無意味さを知る
  • 他人と比較して落ち込むことは往々にしてある。子どもの頃よりも、社会人のほうが比較対象は多い。なぜなら、30歳くらいにもなれば、生き方が多様化してくるからである。例えば、すでに結婚して子供がおり、大企業勤めで出世コースの人がいる。一方就職がうまくいかずにフリーターを続けている人もいる。ステータスだけではない。マインドも多様化してくる。世間体の良い会社に勤めては毎日残業で愚痴を言い続る人もいれば、はた [続きを読む]
  • 1か月後に改めて考えるブログを始めた理由とプロフィール
  • 出典:Browse Free HD Images of Mountain Goat On Top Of Rocky Terrainブログを書き始めて1か月が経ちました。そして、昨日初めて読者がつきました。ありがとうございます。大変うれしいです。読者がいることで書く気持ちも倍増しますね。1か月経ってもいまだプロフィールのページがなかったので、書くことにしました。本ブログについて本ブログは、人生にめちゃくちゃ飽きてしまった30歳の独身男性が、自分の心と対話して [続きを読む]
  • 優柔不断を解決する最もラクな方法はやらないことリストを作ることである
  • 日本には「空気を読む」文化があるため、自分の意志にそぐわず、周りの様子をうかがってから行動する機会も少なくない。しかし、その結果、自分のやりたくないことをやって疲れ切っているのみならず、他人に合わせた生き方をしているために、優柔不断になっているように思える。私も優柔不断だった。いつも自分の行動に迷いがあった。本当はやりたくないことも他人の顔色を窺って生きてきたために、「自分で決める」ということ [続きを読む]
  • 今やる思考
  • やりたいことはたくさんできた。でも、やれない自分がいる。自分への戒めのために書く。なんでいつもやろうって決めたのに動かねぇんだよ。なんでいつもインプットから始めるんだよ。なんでいつも考えるのが先とか言っていつまでたってもやらねぇんだよ。やろうって決めたモチベーションはいつ再燃するんだよ。お金がないって?時間がないって?やっぱりそんなにやりたいわけじゃないって?この年になって恥ずかしいって?や [続きを読む]
  • 若年性セカンドライフ(第2の人生)の始め方
  • 人生やり直したい、と思ったことはないだろうか。つらい時、後悔した時、うまくいってないと思った時、もう一度何もかもリセットして人生を新たな気持ちでスタートさせたいと思うものである。あるいは、高校と大学、社会人などのステージごとに人間関係をリセットしたいリセット癖がある人もいるだろう。そんなセカンドライフ(第2の人生)を歩みたい、今までと違う人生にして、自分なりの成功をしたい、と思っている方へ、 [続きを読む]
  • 夏休み明けに自殺しようとしている学生に想いをはせて
  • 今年もまた夏休みが終わり、2学期がやってくる。毎年、夏休み明けに中学生が自殺したというニュースを聞くたび、胸が苦しくなる。最近は小学生でもそういったニュースを見かける。まだ生まれて10年しかたってないのに、自ら命を絶つって人間を創った神様もビックリだろう。私は今から15年前の中学2〜3年生の時に初めていじめを受けた。見えている世界は彩度0で、聞こえる世界はすべて悪口にしか思えず、自分自身は一言も言葉 [続きを読む]
  • 内向的な人はなぜ頑張るのか
  •       内向的な人は頑張りがちである。相手を傷つけたくない思いからはっきりと断れなかったり、相談できなかったりして、自分で解決しようとする。そして、自分の中にたくさんのものをため込んでいった結果、鬱となったりする。内気な人はなぜそうまでして頑張るのか。自分の今までの経験を冷静に分析し、今後の対処法とする。 頑張るとはどういう状態か なぜそこまでして頑張るのか 頑張らなかったらど [続きを読む]
  • ネガティブな自意識過剰をポジティブな自意識過剰で相殺する
  • 内気な人は他人の目を気にしがちだ。すなわち、自意識過剰である。電車で自分は座っていて、立っている人もいるのに、隣に座られないと、私の外見おかしいかなとか、体臭臭くないかなとか、色々思春期的な発想をしてしまう。そして、隣に若い女性が座るとホッとするのである。あぁ、自分はここに座ってていいんだ、と。こんな状態では人生楽しめるものも楽しめないので、解決策を考えることとする。 自意識過剰とは 自 [続きを読む]
  • なぜ自信がない人が着実に自信をつける一番の方法は筋トレなのか
  • よくメンタルを強くしたいなら筋トレしろだの、モテたいなら筋トレしろだの、言われている。筋肉がつくと見た目が良くなって自信がつくという話もある。しかし、自信がない人にとって、筋トレの本質は筋肉をメチャクチャつけることではない。筋トレをすることによって、自信を持てなかった自分にある種の成功体験などを積み重ねていくことにある。では、なぜ筋トレをすると着実に自信がつくのか、私が筋トレをしながらも冷静に [続きを読む]
  • 充実感とは結局何なのか(意味を真面目に考える)
  • 人生を楽しくするための一要素として、充実感を感じることが必要である。そもそも充実感とは何なのか。何がどうなると充実感を感じるのか。充実感の意味を再確認し、発生条件を明らかにすることで、自発的に充実感を得ることができるようになり、人生が楽しくなるはずだと考えるので、真面目に考えてみる。 充実感とはどういう意味か マズローの欲求五段階説、欠乏動機、成長動機 どうやって充実感を発生させるか [続きを読む]
  • 内気な人はステータスを全方向に振り直して自信を持とう
  • 内向的な人が世界中で持ち上げられつつある中、似て非なる言葉の「内気」な人は話題にもならない。内気な人は社会からマイナスイメージを持たれており、現代社会においては実際に損することが多い(ソースは自分)。学校生活では、内気であるがゆえに周りとなじめず、テスト勉強を一人でやり、就職活動においても積極性が求められ、仕事に出ても内気な人は営業成績を上げられない。そんな自分に嫌気がさし、内気な性格を治した [続きを読む]
  • 「人生を楽しくするための5つの方法」といったTipsはだいたい胸に響かない
  • 「人生 つまらない 楽しくする方法」の先にあるもの なぜTipsは実行に至らないのか 何が響くのか(もとい、何が人生を変えるきっかけとなり得るのか) まとめ「人生 つまらない 楽しくする方法」の先にあるもの人生がつまらないと感じた時、あるいは暇でしょうがない時など、「人生 つまらない 楽しくする方法」などとGoogle先生に聞いたことがあるだろうか。上記のキーワードで検索で引っかかるのは「人 [続きを読む]
  • 人生に猛烈に飽きたとき、人はブログを始める
  • 今年で30歳。特に不自由なく、敷かれたレールの上を歩いてきた。将来安泰の会社に入り、大企業特有の調整業務をひたすらやる毎日。自分の人生はこれでいいのだろうか。とにもかくにも人生に飽きてきた。だからこそブログをはじめてみる。 1 人生に飽きるとは 2 なぜ飽きるのか 仮説その① 仮説その② 仮説その③ 仮説その④ 仮説その⑤ [続きを読む]
  • 過去の記事 …