中川 さん プロフィール

  •  
中川さん: あがり症を克服せよ
ハンドル名中川 さん
ブログタイトルあがり症を克服せよ
ブログURLhttp://agarishou-kokuhuku.info/
サイト紹介文人前で緊張して震えたり、うまく話せないあがり症。その他、不安障害、自律神経についての情報もあります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 104日(平均2.0回/週) - 参加 2018/08/23 18:44

中川 さんのブログ記事

  • 午前中のだるさは、睡眠の質を上げ自律神経を整えられば克服できる
  • 自律神経が乱れて午前中がだるいのは睡眠のせい?自律神経が乱れるとしんどく感じてしまうのが、午前中じゃないでしょうか?朝起きてスッキリ、今日も清々しい朝だーなんて感じることなど皆無。むしろ頭が重く、体はしんどい、食欲もなく、頭がスッキリせず、むしろ寝る前より疲れてないか?!と思うほど。その原因はズバリ睡眠の質にあります。1、朝目が覚めてもしばらく起き上がれない2、頭がボーッとした感じが続く3、頭痛がす [続きを読む]
  • Sexy Zoneの松島聡さん、パニック障害を告白で活動休止
  • ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「Sexy Zone」。最近はテレビでの露出も増え、それぞれが活躍している姿もの松島聡(21)さんが11月28日、パニック障害で活動を休止することを発表ました。以下が松島さんのコメントです。この度は皆様には突然の発表となってしまい誠に申し訳ございません。実は1年前くらいから体調を崩し始め1ヵ月前より不調が酷くなった為受診いたしました。診断結果は突発性パニック障害です。病名もです [続きを読む]
  • 嘔吐恐怖症と克服方法
  • 体調へも様々な影響を及ぼす恐怖症の一つ、嘔吐恐怖症高所恐怖症、閉所恐怖症などは、昔からもよく知られた恐怖症です。最近では、恐怖症も細分化され、恐怖症も様々な恐怖症があります。その中で嘔吐恐怖症というものがあります。その名の通り、嘔吐に対して異常な恐怖を覚えてしまいます。嘔吐恐怖症の症状は以下のようなものです。1、吐くこと自体が怖くて仕方ない2、他人が吐くことすらも怖く、身近な方が嘔吐しているところを [続きを読む]
  • パニック障害や不安神経症の具体的な行動療法
  • パニック発作はどうすれば乗り越えられる?この記事をご覧の方は、パニック症がや様々な神経症の症状に悩んでいるのはないでしょうか。私自身も、パニック障害の厄介な動悸、もやもやした不安感、吐き気などの症状があり、行動を制限されたり、外出ができなくなったことが多々ありました。特に外出先などでパニック症状が起こると、同じような状況でまた発作が起きたり、発作が起きるのではという不安に襲われます。そうなると、い [続きを読む]
  • パニック障害や不安神経症の具体的な行動療法
  • パニック発作はどうすれば乗り越えられる?この記事をご覧の方は、パニック症がや様々な神経症の症状に悩んでいるのはないでしょうか。私自身も、パニック障害の厄介な動悸、もやもやした不安感、吐き気などの症状があり、行動を制限されたり、外出ができなくなったことが多々ありました。特に外出先などでパニック症状が起こると、同じような状況でまた発作が起きたり、発作が起きるのではという不安に襲われます。そうなると、い [続きを読む]
  • 風邪は自律神経の天敵。風邪予防法を徹底的に考えてみた
  • 風邪をひくと自律神経は盛大に乱れる寒い季節になると厄介なのが風邪です。季節の変わり目は体がその環境に適応しようとしたり、体力、そして脳を酷使します。寒い日や気温差が激しい日が続くと、自律神経が体の調節を頻繁に行うことで乱れてしまいます。自律神経が乱れてうまく働かなくなると免疫力が下がり、風邪を引きやすくなってしまうのです。また、風邪を引くと自律神経も乱れるというように、風邪と自律神経の関係は深く関 [続きを読む]
  • 人前でキョドってしまうのは対人恐怖症?
  • キョドりって何が原因で起こる?人前で話したり会話をしようとすると挙動不審になってしまう、いわゆるキョドり。キョドりの原因にはさまざまなことがありますが、落ち着いて会話できればというのが本音ではないでしょうか。一般的に挙動不審になると次のような症状が現れます。目が泳ぐ視点が定まらず落ち着きがないようにキョロキョロしてしまったり、目が泳いでしまう吃ってしまったり、滑舌が悪くなる発音が上手くできなかった [続きを読む]
  • 人前でキョドってしまうのは対人恐怖症?
  • キョドりって何が原因で起こる?人前で話したり会話をしようとすると挙動不審になってしまう、いわゆるキョドり。キョドりの原因にはさまざまなことがありますが、落ち着いて会話できればというのが本音ではないでしょうか。一般的に挙動不審になると次のような症状が現れます。目が泳ぐ視点が定まらず落ち着きがないようにキョロキョロしてしまったり、目が泳いでしまう吃ってしまったり、滑舌が悪くなる発音が上手くできなかった [続きを読む]
  • 高速道路に乗るのが怖い、これって高速道路恐怖症?
  • 高速道路が怖いのは高速道路恐怖症乗り物が苦手、という方は多いですが、中でも高速道路が苦手な人も多いと思います。高速道路が怖いというのは、・すぐに下りたり自由がきかない・高速で走ることに物理的な疲労感を覚える・乗り物酔いをする・次のインターまで降りることができない、という恐怖・周りの車」も100キロ以上の高速で走っているという恐怖・事故などの経験から起こる恐怖・信号がないため、止まることができない恐怖 [続きを読む]
  • king&prince岩橋さんがパニック障害を告白
  • キンプリの岩橋さん、パニック障害を告白キンプリの岩橋さん、パニック障害を告白されましたね。ご本人によれば、昔からからパニック障害の症状があったようです。岩橋さんのメッセージ「この度は僕のことでファンの皆さま、そして関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけいたしまして、本当に申し訳ありません。しばらくの間お休みをいただくことになりますが、病を克服し、今よりもたくましい岩橋玄樹になって必ず戻ってきます。 [続きを読む]
  • 自律神経の乱れと体調不良は気圧の変化で起こる?
  • 気圧は耳から自律神経を乱れさせる台風が来たり、天気が不安定になると、なんとなく気分がもやもやして不安定になったり、体調を崩したり片頭痛を起こす方いますよね。最近では、この気圧が及ぼす体への変化が徐々に明らかになってきました。このような症状は「気象病」と言われ、気圧の変化が激しいほど症状が強くなります。一般的には、気圧が下がるときに体調を崩す場合が多く、以下のような症状訴えます。1、頭痛が起きる2、気 [続きを読む]
  • 薬に頼らずパニック障害を治す方法
  • パニックは逃げ場を作ってあげればいい起こるな起こるなと思うと不安になり、そこから動悸や不快な症状が起こるパニック障害。このパニック障害は、あがり症、対人恐怖症、会食恐怖症、嘔吐恐怖症など、さまざまな恐怖症とメカニズムが似ていて、それらを併発している例も少なくありません。困ったことに、パニック障害は一度はましまうと、その無限ループに引きずり込まれるように、同じ症状を繰り返してしまいます。パニックを抑 [続きを読む]
  • パニック障害の治療について
  • パニック障害の治療は焦らず時間をかけてパニック症の不快な症状。早く治そう治そうとすればするほど、なかなか治らず、最終的には薬物治療に進んでしまうのがよくあるパターンですよね。私自身の人体実験によれば、パニックに陥る状況にあえて少しずつ立ち向かって行くことで、克服の光が見えてきます。では具体的に。電車の中でパニックが起きたとします。すると脳の中では、この状況は身の危険だとご認知をして、動機、不安感が [続きを読む]
  • 不安が不安を呼ぶ心気症の治し方
  • 不安に思えば思うほど、ドツボにはハマってしまう心気症病は気からという言葉がありますが、気分的に気持ちが乗れないと具合が悪くなることもありますよね。実際に心気症という精神面から体調を崩す病気があります。誰でも体に異変があれば病気かと気なりますが、心気症の場合,例えば、小さなイボを見つけてガンに違いない、お腹を下して大腸ガンかもしれない、と本気で心配してしまいます。そして、心配だけにとどまらず不安に押 [続きを読む]
  • 不安が不安を呼ぶ心気症の治し方
  • 不安に思えば思うほど、ドツボにはハマってしまう心気症病は気からという言葉がありますが、気分的に気持ちが乗れないと具合が悪くなることもありますよね。実際に心気症という精神面から体調を崩す病気があります。誰でも体に異変があれば病気かと気なりますが、心気症の場合例えば、小さなイボを見つけてガンに違いない、お腹を下して大腸ガンかもしれない、と本気で心配してしまいます。そして、心配だけにとどまらず不安に押し [続きを読む]
  • 自律神経の天敵、ストレスを解消する方法を思いつく限り考えてみた
  • ストレスが自律神経や体に与える影響私たちの日常にある様々なストレス。仕事、家庭、恋人など、ストレスの原因となるものは無限にあり、心理的、感情的、環境的、物理的な物による負荷や刺激により引き起こされるとされています。ストレスを感じると、臨戦態勢に入るため、以下のような反応が起こります。・血液を全身に送ろうとして鼓動が早くなる・その状況、脳神経は興奮し目がさえるため、眠気はなくなります・戦闘態勢で機敏 [続きを読む]
  • 腸の働きを活性化させると自律神経が整うってホント?
  • 自律神経と血液と腸の関係私たちの体のさまざまな臓器の働きなどをコントロールする自律神経。この自律神経は乱れてしまうとなかなか改善が難しく、パニック障害やその他の社会不安障害、最悪うつ病にまでなってしまうこともあるようです。最近、この自律神経と腸の働きとの関係がとても深いとテレビでも言われています。実は、腸、自律神経、血液は互いに影響し合っていて、そのうちいずれかのバランスが崩れれば、連鎖的にほかの [続きを読む]
  • 人前での食事が苦手、できない会食恐怖症と克服方法
  • 人前で食事が怖い、会食恐怖症とは一般には、何でも無い事に対して異常な恐怖を感じてしまう、恐怖症。その恐怖症の中に、会食恐怖症というものがあります。会食恐怖症は、精神医学的には「社交不安障害(SAD)」の一種と考えられています。この記事を読んでいるあなたは、少なからず外食や友人と食事に行くことが苦手、または怖いという方でしょう。この会食恐怖症は、他人と一緒に食事をすると、異常にに緊張したり、他人の目が [続きを読む]
  • 私は、あの瞬間からあがり症になった。-第八章-
  • 海外で起こったパニック症、そして先の見えない不安私は、海外での慣れない生活の中で大パニックを起こしてから、外へ出ることが恐怖になりました。その時は、「これがパニック障害」ということはわかりませんでした。外に出ると、異常な動悸がする、息苦しくてどこを歩いても不安で頭がおかしくなる感じが起こる、そんな感じでした。これがパニック障害だと気が付くのはそれからまだ先の事で、当時パニック障害という存在を知らな [続きを読む]
  • おなか一杯になる事が怖い、満腹恐怖症とは?
  • 不安神経症の一つ、満腹恐怖症とは普段何気ないことに異常な恐怖を感じてしまう、恐怖症。よく聞くものには、高所恐怖症や閉所恐怖症などがありますよね。そもそも、恐怖症とは特定の場所や事柄に異常な恐怖を覚えてしまう神経症です。あることがきっかけで怒ったり、トラウマなどが起因しているものもあります。その中で満腹恐怖症というものがあります。これは、その名の通り満腹感をえること、お腹がいっぱいになることに恐怖心 [続きを読む]
  • 水分が足りないと自律神経が乱れるってホント?
  • 自律神経と水分の関係パニック障害を含む神経症。その原因の一つと言われているのが、自律神経の乱れです。現代人は自律神経の乱れている人が多く、自律神経失調症を患う人も増えています。自律神経は私達の意思ではコントロールできません。しかし、「水を飲む」という方法で自律神経を整えることができます。私たちは普段、何気なく水分を体内に取り入れています。私達が1日に水を飲む量は、約1〜1.5リットル以上と言われていま [続きを読む]