edwalk さん プロフィール

  •  
edwalkさん: 子供の頃のように
ハンドル名edwalk さん
ブログタイトル子供の頃のように
ブログURLhttps://edwalk.hatenablog.com
サイト紹介文好きなように散歩したり、本を読んだり、昔のことを思い出したり、気ままな生活の日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 152日(平均10.0回/週) - 参加 2018/08/24 16:47

edwalk さんのブログ記事

  • 稀勢の里のこととか、その他お相撲変なこと
  • 変なこと書きますが、許して下さい。ぼくは、横綱鶴竜の付き人で、白い枠のメガネ掛けてる人、割合気に入ってます。鶴竜が取り組みのために土俵へ向かう時、後ろに立っているのですが、はっきり言って横綱より目立ちます。若くはなさそうで、古田新太的なオーラ放っています。今場所は、鶴竜が途中休場したので、見れなくなって残念に思ってます。で、本題のことは今日、温泉に浸かりながら、ふと気がついたのですが、稀勢 [続きを読む]
  • 健康保険もいろいろあるからね。保険料は高いよ。
  • 社会保険の任意継続期間が終わり、去年の暮れから国民健康保険に加入したのです。最初から国民健康保険に入ろうとしたら、市役所の担当の落ち着いた年齢の女性が、任意継続にしなさいと言うのです。なんか国民健康保険の保険料は高いみたいで。ご存知の通り、社会保険に入っていて、退職すると2年間は任意継続できます。もちろん退職後なので、それまで事業主が負担していた約半分の保険料も自前になります。保険料の算定基礎と [続きを読む]
  • 平成最後の天覧相撲
  • 天皇陛下が国技館に入ってきた時点から、雰囲気が変わりましたね。いい感じ。天皇制がどうこうという事はあると思いますが、みんな喜んでお迎えしている光景は、やはり良いです。八角理事長が、お迎えし、先導して案内してましたが、もし不心得者が切りかかったり、銃弾が飛んできたら、八角、お前の体で受け止めてお守りしろよ、そしてその場で死んでしまえ。しかし、案外、ささっと避けて、陛下をお守りしようなんてしないんだろ [続きを読む]
  • 年金の心配しなくて良いようです。年金信じてましょう。
  • 地元の地方紙を購読する理由の1つは、おくやみ欄。知り合いの葬式、或いは亡くなったという事実を把握する都合。幸い、そうそう知り合いの出番に出くわさないですが。今朝の新聞に載ったおくやみは、82歳、89歳、94歳、96歳、93歳、96歳、72歳。70代は、早いねって感じがしますね。でも、隣の市に移ると、いきなり59歳と書いてある。早過ぎ。ジムで時々挨拶程度の話をしてた70代のお爺さん、最近見ないなと思っていたら、2ヶ [続きを読む]
  • 相撲放送見ながら飲む酒は
  • 皆さん休場なので、相撲がさみしいけど、今日は白塗りのお姉さん達が客席に座っていて、ああ初場所だなという気分。好きな力士ということとは別に、今場所応援しているのは、魁星、碧山の外人コンビ。特に魁星は、頑張れブラジリアンと叫びながら見ています。今日は、その魁星と好きな阿武咲の取り組み。どっち応援しようかなんて迷うことなく、阿武咲を応援したけど、体の大きさの違いか、負けちゃった。ま、それもよし。明日は [続きを読む]
  • 本日の日本酒
  • はい、薄紙を巻いたままですが、福井の酒、北ノ庄の純米吟醸です。吟醸は、あまり・・・と言いながらの吟醸ですね。1日、煎茶の茶碗に一杯程度しか飲まないので、こういうペースです。一人引退、皆さん休場みたいな大相撲見ながら、今日は一杯では終わらないな。 [続きを読む]
  • 水仙は福井県の花。水仙むすめってのもいますよ。生け花展。
  • 1 文章を書く2 図書館で借りてきた本を読む3 散歩この前、家内がネットで見つけた金のかからない時間の過ごし方のいくつか。ぼくの日常だなと笑ってしまいました。そして、これに、無料の展示会に行くというのも付け加えです。第35回ふるさとの花をいける 水仙いけ花展そういうのが福井新聞社の本社社屋1階風の森ゾーンで開かれるそうです。家内が行きたいと言うので、午前中に行ってきました。福井新聞社は、郊外に引 [続きを読む]
  • 携帯会社変えました。今度はUQ。安いです。
  • 去年の暮れ、20日に契約満了となったiPad mini4は、21日に解約しようと思っていましたが、わずか1日だけでも丸々1ヶ月分の料金を取られてしまうので、今月の15日過ぎくらいまでは契約をそのままにしていました。さて、そろそろ良いかとソフトバンクの店に行き、「解約します」と伝えると、メガネをかけた小柄な男性店員が、ぼくの本人確認をしたら、非常にせかせかと手続きをしてくれました。で、「最終月の料金は、全てのキャンペ [続きを読む]
  • 稀勢の里ゆっくり休んで、良い指導者になってよね
  • 稀勢の里、引退しましたね。ここんとこ、「どうなる」から「いつだ」に変わってきて、ようやくハッキリして、残念というよりむしろスッキリしたというのが正直なところです。もう、モヤモヤ、ハラハラせずに相撲見れます。以前から、琴桜のことが頭に浮かんできて、今日改めてネットで調べてみると、琴桜も横綱8場所で引退したんですよね。横綱昇進直前に「無気力相撲」で注意を受けて、昇進時には「え?」と思いました。ただ、 [続きを読む]
  • 錦織見て、相撲も見て、稀勢の里の顔を見てたら、なんだかなあ
  • 次が結びになるので、負け残りで土俵際に座って待つ時に、顔のアップがテレビに映ります。もしかしたら、新弟子時代から今日までが走馬灯のように頭の中を駆け巡っているのかなと思わせるような表情でした。実際どうなるのか、今夜ニュース速報を見ることになるのか、わかりませんが、ぼくの気持ちもある程度一段落で、落ち着いたものになりました。次の結びは錦木が勝つんじゃ無いかと言っていましたが、思った通り鶴竜は負けま [続きを読む]
  • 相撲中継、見てるのけっこうドキドキします
  • 「おい、おれに聞くなよ」琴欧洲の鳴門親方が、そんな雰囲気を出しまくり。NHKのアナウンサーが、「やめて」というぼくらの気持ちを軽く無視して稀勢の里のことを質問します。もう一人、今日の解説の立田川親方にもアナウンサーは質問を振りました。さすがに2人とも舞の海みたいにバカではありませんから、なんか訳がわかったような分からないような答えをムニャムニャ言って、なんとなくごまかします。それでもアナウンサーは、 [続きを読む]
  • 時間つぶしに読書でも、と思うんだけど。
  • 車の半年点検。小一時間ほど掛かると言われて、文庫本を持ってきたけど、よそのブログ読み出しました。店の中、無料Wi-Fiが飛んでいます。読者になっているブログは、未読がそれほど残っておらず、それなら本を読めよということなのですが、うちの読者で、ぼくか先方の読者登録をしていないブログを読み始めてしまいました。そういうブログがあることは申し訳ないのですが、まあ、とにかくそういうブログはあるのです。更新が [続きを読む]
  • 運転には注意して、安全を確保しましょう
  • 外出先からの帰りです。家内を乗せて、車を運転していました。信号の少し手前に右折して入る道があります。ぼくは、その道に入ろうとしていました。先の信号は赤なので、対向車は途切れてました。安全です。右折しました。突然、後ろから軽自動車が、うちの車の鼻先に車体を差し込んできました。そっちの方向から車が来る事は、通常考えられなかったのですが、フロント部分が目に入ったので、急ブレーキ踏みました。おそらく、先 [続きを読む]
  • 吉田沙保里をめぐる田舎の年寄り夫婦の無責任な会話
  • ネット見てたら、吉田沙保里は参議院選挙に出て、当選するからオリンピック大臣になるんだって。と家内。確かに、それは良い。抜群のアイデア。でも、昨日は、「綺麗になったから、そろそろ結婚かな、女の幸せを手に入れて欲しい」というのが、国民の願いだったのでは無いのか。しかし、オリンピック大臣は良いなあ。結婚遅くなるかもだけど。そしたら、貴乃花は参議院議員として、相撲協会改善特化のスポーツ庁長官か、文科省関 [続きを読む]
  • 寒いのは季節のせいだけでは無かったりして
  • 寒いですね。散歩に出ても道に氷が残っています。冬の寒さを写真に撮ろうと思うのですが、どうもうまくいきません。気温はおいといて、福井の町は歯が抜けるように建物が無くなり駐車場になっています。写真にしたのは、表通りから裏の通りまでスコンと建物が無くなっている駐車場です。福井の景気が悪い証拠ですね。これまた寒々しい光景。寒々しいと言えば、昨日から不愉快になるニュースが新聞やテレビに載っています。今日、 [続きを読む]
  • iPadに接続するApple magic keyboardが届いた
  • iPadは画面の中にソフトウェアキーボードが表示されて、それを指で押すと文字入力ができます。しかしながら、画面の上を指で触れるだけなので、当然押し心地なんてものはありませんし、それほど快適では無いです。iPad mini4の場合は、図体が小さいので、両端をつかんで、左右の親指で画面のソフトウェアキーボードを押して文字入力をしていました。この場合、寝転んで入力できるのが大きなメリットなのですが、親指の付け根が疲労 [続きを読む]
  • 坂本龍馬の足跡
  • 墓石に見えないこともない石碑と説明板。この説明板にを拡大すると、こんな風に書かれています。ここは莨屋(たばこや)という名前の旅館の跡です。墓石みたいな石碑にそう彫られています。坂本龍馬は2、3回福井を訪れています。幕末の主要な登場人物の一人である松平春嶽が福井の殿様だったからです。この説明板によると、当時山町と呼ばれたこの辺りに、莨屋という旅館があり、慶応3年(1867)に坂本龍馬が、ここで福井の由利 [続きを読む]
  • 晴天散歩と書道展
  • 夜には崩れるらしいですが、今日は晴天。そうそう無い天気です。気分良く歩けました。下を向くと、川というか用水に鳥がいます。水冷たいだろうに、羽毛で遮断しているのか。家を出るときに、寒いなと思いましたが、途中から汗ばんできます。ウィンドブレイカー脱いだり着たり。けっこうしっかり歩いて帰ると、家内が県立美術館に行きたいと言います。県内の選抜書道展というのが開かれているのを新聞で見つけたんです。正直、 [続きを読む]